ユウマの作中における行動

Last-modified: 2021-03-05 (金) 14:12:47

ユウマの作中における行動ではこれまで、ユウマが長編第1作『ユウマとなかまはずれ』から真・長編第5作『雄馬 イレイザーサタン・ロコモーティブ』までの時点で行動を行ったことを指す。

長編第1作(ユウマとなかまはずれ)

1966年、姉のマアヤと共に日本で働いた。その後、マサヒロに衝突して、マサヒロのディーゼルエンジンを取り付けられて、車体の色が黒から青に塗りなおされて記憶を失ったため、自分が蒸気とディーゼルのハイブリッドの機関車に生まれ変わったことを知らない。それから54年後の2020年に日本から相棒の客車のエイミーと共にイギリスのイングランドの田舎の鉄道に所属して、そこで働くことになるが、2020年に田舎の鉄道が閉鎖されて、自分が日本へ送り返されそうになったところをトップハム・ハット卿に助けられてソドー島のノース・ウェスタン鉄道で新しく働くことになり、そこでトーマスや自分と同じ日本出身である大型テンダー機関車のヒロシと知り合い、自分が小型タンク機関車とは思えない驚異的なパワーと強力なスピードを発揮して、急行列車の仕事も任される。そのころ、昔ユウマに衝突してタンク式蒸気機関車に改造されたマサヒロも日本からイギリスに移って、ユウマを連れ去ろうと目論んでいた。そんなことも知らないユウマは急行列車の牽引をエイミーと共に連結して牽引するが、その本当の仕事はヒロシの仕事であったため、ヒロシ自身はユウマに自分の仕事を奪われて嫉妬してユウマをその先の線路へ進むように仕向けられて、ユウマがパーシーに衝突しそうになったところで線路から外れて、とんでもない脱線事故を起こしてしまい、ヒロシはトーマスや蒸気機関車達にソドー島から追放されてしまう。そこでヒロシの目の前にマサヒロの手下のディーゼル機関車である。ディム(きかんしゃやえもんのキャラクター)とサブロー(本名:サブロウ)とキヨが現れてヒロシを仲間に取り込んだ。ユウマとエイミーはソドー島で平和な日々を過ごしているものの、突如目の前にディムが現れて全速力で逃れて、逃げ込んだ石切り場で、今度はキヨと格闘を挑んで大乱闘を巻き起こした。何とかキヨを貨車で強く押して石切り場の倉庫に衝突させて、倒すことに成功した。自分のそばにいてはエイミーが危険にさらされていることに判断したユウマはトーマスに彼女をイギリス本土行きの旅客列車に連結させて、避難させたが、そこにはマサヒロの手下になったヒロシがいたため、人質にされてユウマはヒロシにマサヒロのところへ呼び出されて連れてこられる。しかし、ユウマは自分が記憶を失って、自分がマサヒロのことも知らなかったため、マサヒロに自分との因縁の話を聞かされてマサヒロはユウマから自分のエンジンを奪い返すためであったためユウマは軟禁されて、脱出を考えるが、ヒロシが見張り役のため、ソドー島に帰ることができなくなるが、ヒロシがユウマとの会話で良心を取り戻したため、一緒に脱出する。しかし、途中でディムとサブローに見つかってしまい全速力で逃走するものの、操車場の道が貨車でふさがれていたため、ヒロシがサブローに捕らえられて、ヒロシがサブローを食い止めている間にユウマは貨車をどかそうとする。何とか貨車をどかし、ヒロシと一緒に逃げようとするが、後ろからディムがやってきてヒロシとサブローはディムに押されてガスボイラーに衝突して命を落とす。ユウマはヒロシが死亡してすごく悲しくなり、ソドー島に戻ってトーマスたちにすべてを話し、1週間後にマサヒロ率いるディーゼル機関車軍団がソドー島にやってきて、ユウマは蒸気機関車たちとマサヒロ率いるディーゼル機関車軍団を相手に戦う。激しい戦いの中、マサヒロとディムはエイミーを再び人質にしてトーマスとパーシーと共に追いかけるが、ジェームスとエドワードがディーゼル機関車軍団に押されているため、ディーゼル機関車軍団はトーマスとパーシーに任せて自分一人でマサヒロとディムを追いかけて断崖へ追い詰める。無事エイミーを救出できない状態になってマサヒロに2つの選択肢を与えられるが、マサヒロがエイミーを連れてユウマのところへ引こうとしたところでエイミーがブレーキをかけてディムがマサヒロを連結しようとしたところでユウマがディムを連結してユウマがマサヒロとディムごと引っ張ってエイミーの連結器が外れて煙の中に入ってディムを煙の中で脱線させて、最後までエンジンを奪い返そうとしたマサヒロを半ば不可抗力的海へつき落として、完全にマサヒロを倒すことに成功した。その後ディーゼル機関車が蒸気機関車と和解してユウマとエイミーも平和な日々を取り戻して、ユウマとエイミーのコンビはまだまだ続くようになり、今日もエイミーとともどこかへと走っていくのだった。

長編第2作(ユウマとなぞのしょうにん)

マサヒロとの戦いから半年後、平和な日々を過ごしていたが、パシナブルーに狙われている為、彼と戦う。

長編第3作(ユウマとさいごのたたかい)

パシナブルーとの戦いから6年後、復活したマサヒロやディーゼルブルーサタンやダークユウマと戦う。

真・長編第4作(雄馬 メカニック・フューチャー・レイルウェイ)

ダークユウマを撃破し、ディーゼルブルーサタンを消滅させた直後、2100年の未来へタイムスリップし、メカニックなマシンたちが存在する未来世界でかつて行方不明となっていた自分の双子の姉のマアヤと再会し、新しい仲間のEF81形電気機関車のヨシツグ、女性のDD51形ディーゼル機関車のアヤネ、N700系新幹線のムツミ、通勤電車の陽子と知り合った。イレイザー(ディーゼルイレイザーサタン)が繰り出すディーゼル10と同型機の大型ディーゼル機関車デビルディゲライやディーゼル機関車軍団を相手に戦う。

真・長編第5作(雄馬 イレイザーサタン・ロコモーティブ)

デビルディゲライとの戦いから数カ月、デビルディゲライを送り込んだ黒幕であるイレイザー(ディーゼルイレイザーサタン)を倒すために姉のマアヤ、ヨシツグ、アヤネ、ムツミ、陽子と共にイレイザーと戦う。そして彼は魔法の世界の鉄道からきたクラリス・マジカルイノセントという魔法の力を持つ女の子のタンク機関車に出会う。