リアニメイト の変更点

''リアニメイト''(Reanimater / Reanimation)とは、[[トラッシュ]]から[[ゼクス]]を[[登場させる]]ことを指す俗称。
語源は英語の「Re(再び)」+「Animate(魂を吹き込む)」。 
他のカードゲームにおいても、墓地などのいわゆる捨て札置き場にあるカードを場に移動させる意味で使用される。
他のTCGにおいても、墓地などのいわゆる捨て札置き場にあるカードを場に移動させる意味で使用される。

カードの[[能力]]やカードそのものに対して呼称する他、リアニメイトをコンセプトとする[[デッキ]]そのものの呼称として用いられる場合もある。
また、人によってはアニメイト、リアニ、リアニメイターと表現することも。

-主に[[黒]]のカードがこの戦術を得意としている。
--これはZ/Xに限った話ではなく、他のTCGでも[[黒]]のカードが得意とする場合が多い。
TCG全体における[[黒]]という[[色]]が持つイメージが、ある程度共通の物となっているのだろう。

-[[滅神騎王アーサー]]など、間接的に[[トラッシュ]]の[[ゼクス]]を[[登場させる]]カードのこともリアニメイトカードと呼ぶことがある。
-[[滅神騎王アーサー]]など、間接的に[[トラッシュ]]の[[ゼクス]]を[[登場させる]]ことができるカードのこともリアニメイトカードと呼ぶことがある。

-環境においても、リアニメイトをコンセプトにした[[デッキ]]は比較的初期から存在した。
[[【アマディウスダンサー】]]に始まり、[[【アセディアソリトゥス】]]、[[神域との邂逅]]以降は【ベインシュート】、[[まだ見ぬ明日へ]]を採用した[[【ハイウェイカー】]]など、長きに渡ってリアニメイトを軸とした[[デッキ]]が存在し続けている。
-環境において、リアニメイトをコンセプトにした[[デッキ]]は比較的初期から存在した。
[[【アマディウスダンサー】]]や[[【アセディアソリトゥス】]]、[[神域との邂逅]]以降は【ベインシュート】、[[まだ見ぬ明日へ]]を採用した[[【ハイウェイカー】]]など、長きに渡ってリアニメイトを軸とした[[デッキ]]は存在し続けている。

**リアニメイトを行う代表的なカード [#v1299f1e]
-[[クレプス]]

-[[舞踏骸骨スケルタルダンサー]]
-[[七大罪 怠惰の魔人アセディア]]
-[[煉獄竜ファーガトライ]]
-[[まだ見ぬ明日へ]]

***関連ページ [#y19eb454]
-[[トラッシュ]]
-[[登場させる]]

-[[用語集]]