リロードエフェクト の変更点

[[デッキ]]のカードがなくなった際に発生する処理。
[[トラッシュ]]のカードを全て[[デッキ]]に戻してシャッフルした後、相手が選択したライフを1枚チャージに置く。
[[トラッシュ]]のカードを全て[[デッキ]]に戻してシャッフルした後、相手が選んだ[[ライフ]]1枚を[[チャージ]]に移動させる。

デッキがなくなるのはゲームの終盤であるため、残りライフが1点の時にリロードエフェクトによって敗北するといった事態も少なくない。
ライフが少ない際はデッキの枚数に気を配り、[[イグニッション]]を控えるなどして対策したいところ。
この処理は[[ルールエフェクト]]の一種であり、[[効果]]の解決途中に[[デッキ]]が0枚になった際はそれを中断してリロードエフェクトを行い、その後で[[効果]]の解決を再開する。

この処理は[[ルールエフェクト]]の一種であり、カードの効果処理の途中にデッキが0枚になった際はカードの処理を中断してリロードエフェクトを行い、その後中断した処理を再開する。
-例:[[デッキ]]が残り2枚の時に[[第一種戦闘配備]]を[[プレイ>プレイする]]した場合。
 1. まずはカードを2枚引く。
 2. デッキが0枚になったのでリロードエフェクトが発生、効果解決を中断する。
 3. リロードエフェクトを処理する。トラッシュをデッキにしてシャッフルし、相手が選んだライフ1枚ををチャージに移動させる。
 4. 第一種戦闘配備の効果解決を再開する。カードを1枚引き、手札を2枚選んでデッキに戻す。

-例:残りデッキが2枚の時に[[第一種戦闘配備]]をプレイした場合。
+カードを2枚引く。
+デッキが残り0枚になったので処理を中断、リロードエフェクトが発生する。
+リロードエフェクト終了後、[[第一種戦闘配備]]の処理を再開。カードを1枚引き、手札を2枚選び、デッキに戻す。
また、この処理において[[ライフ]]が[[チャージ]]に移動する処理は[[ダメージ]]として扱われない。
そのため[[イグニッションアイコン]]を持つカードが公開されても[[プレイ>プレイする]]はできない。

また、この処理において[[ライフ]]が[[チャージ]]に置かれる処理は[[ダメージ]]として扱われない。
そのため[[イグニッションアイコン]]を持つカードがチャージに置かれても[[プレイ]]できない。
-[[デッキ]]の枚数はゲームの終盤になるほど少なくなるため、残り[[ライフ]]が1枚の時にリロードエフェクトによって敗北するといった事態になりやすい。
[[デッキ]]のカードを積極的に削ることが多い[[デッキ]]ほど、[[ライフ]]が少なくなるにつれて[[デッキ]]の枚数にも気を配る必要がある。

***関連ページ [#e0182fa7]
-[[ルールエフェクト]]