気まぐれ王ミケ の変更点

読み:きまぐれおうみけ
読み:気まぐれおうみけ
**製品版 [#dd127377]
 ゼクス
 6/白/ケット・シー/9000
 [起]<手札にある「ケット・シー」を1枚トラッシュに置く。>
 ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを-4000する。
 この能力は1ターンに1回しかプレイできない。
 [起]<スクエアにある「ケット・シー」を1枚トラッシュに置く。>
 カードを1枚引く。(コストはあなたのカードでしか支払えない。)
 [起]<トラッシュにある「ケット・シー」を7枚ゲームから除外する。>
 ノーマルスクエアにあるゼクスを1枚選び、ゲームから除外する。
 
 イラスト:
 イラスト:ソガミナベ
 フレーバーテキスト:
 「にゃあは国民の国民による国民のための王国づくりを宣言するのにゃ!」しかし、誰も聞いていなかった。 (B15-103)
 ----
 「あ゛ー……だめになるにゃ」「ミケ王はもともと……いえ、失言でしたにゃ」こたつの魔力には抗えない。 (P15-003)

[[起動!超神器]]で登場する[[白]]の[[ゼクス]]。
[[起動!超神器]]で登場した[[白]]の[[ゼクス]]。

起動能力を3つ持ち、それぞれの能力で[[ケット・シー]]を使用する。
いずれの能力もコストとして使用するため、[[イグニッションアイコン]]持ちなどコストの軽い[[ケット・シー]]を多くデッキに入れるとよいだろう。
[[起動能力]]を3つ持っているが、どれも[[コスト]]に[[ケット・シー]]を要求する。
そのため、最大限に活かすには[[デッキ]]に[[イグニッションアイコン]]持ちも含めて[[ケット・シー]]を多く投入する必要がある。

1つ目の能力は、手札からトラッシュに[[ケット・シー]]を置くことでノーマルスクエアにある相手の[[ゼクス]]のパワーを-4000する。このカードを破壊するには相手は合わせて13000のパワーが必要となる。手札から[[ケット・シー]]をトラッシュに置くことによって3つ目の効果のコストを増やせ、3つ目の能力と合わせればこのカードをバトルで破壊することは難しくなるだろう。
1つ目の[[能力]]は、[[ケット・シー]]を[[手札コスト]]に相手の[[ゼクス]]の[[パワー]]を4000下げる。
[[攻撃]]のサポートはもちろん、このカードを[[攻撃]]で[[破壊]]しようとする相手に合計[[パワー]]13000を要求できる。

2つ目の能力は、スクエアの[[ケット・シー]]をトラッシュに置くことでカードを1枚引くことができる。この能力は1ターンに何度でも使用することができ、相手の[[ゼクス]]の攻撃に合わせて使用したり、自分のターンにも攻撃済みの[[ケット・シー]]に対して使用することで連続攻撃を行える。
1つ目の能力で減ってしまった手札を補うことができるだろう。
また、このカード自身にも使用できるが、使用しすぎるとチャージが増えないことに注意が必要である。
2つ目の[[能力]]は、[[スクエア]]の[[ケット・シー]]を[[トラッシュ]]に置くことで1枚[[ドロー]]する。
自分のターンには[[攻撃]]した[[ケット・シー]]を[[コスト]]にしつつ連続[[攻撃]]を行うことができ、相手のターンには[[攻撃]]で[[破壊]]される[[ケット・シー]]を[[ドロー]]に変換できる。
1つ目の[[能力]]で減った[[手札]]を補うことができるだけでなく、このカード自身を[[コスト]]にできる点も覚えておくと役に立つ場面があるだろう。
ただし、[[チャージ]]が増えない点には注意しておきたい。

3つ目の能力は、トラッシュの[[ケット・シー]]を7枚除外してノーマルスクエアにある相手の[[ゼクス]]を除外する。
除外枚数の関係上、何度も使用することはできないが、手札やリソースを消費せずに除去を行えることは強力である。
プレイヤーを[[蝶ヶ崎ほのめ]]または[[都城出雲]]にすれば、それぞれ[[アタシの話、聞けですの!]]・[[アロー・コンセントレーション]]を使用することで除外された[[ケット・シー]]をトラッシュに戻して再度この能力のコストとして使用することができる。
3つ目の[[能力]]は、[[トラッシュ]]の[[ケット・シー]]を7枚[[除外]]することで相手の[[ゼクス]]を[[除外する]]。
[[コスト]]の関係から何度も使用することはできないが、[[手札]]や[[リソース]]を消費せずに[[除去]]を行えるのは強力。
他2つの[[能力]]の[[コスト]]がこの[[能力]]の[[コスト]]に直結しているため、咄嗟に[[コスト]]を用意しやすい点も優秀と言える。

[[色]]は異なるが、[[プレイヤー]]を[[蝶ヶ崎ほのめ]]にすると[[アタシの話、聞けですの!]]、[[都城出雲]]にすると[[アロー・コンセントレーション]]で3つ目の[[能力]]の[[コスト]]を再利用できる。
前者は[[除外]]から[[トラッシュに置く]]枚数が6枚だが、[[ダメージを与える]][[効果]]であるため1つ目の[[能力]]とも相性が良い。
後者は[[トラッシュに置く]]枚数こそ8枚と多いが、「[[ガーンデーヴァ]]」がなければアドバンテージを取れず、自分のターンにしか使えないと使い勝手が良いとは言えない。

***収録 [#m4d320d6]
-[[起動!超神器]] B15-104 <Z/XR>
-[[ゼクスポイントキャンペーン第15弾>プロモーションカード:キャンペーン]] P15-003 <PR>

***関連ページ [#ic324f09]
-種族
[[ケット・シー]]
-カードの効果
[[パワーをマイナスする]]
[[カードを引く]]
[[除外する]]