驕傲の神祖ルシファー の変更点


 読み:きょうごうのしんそるしふぁー
 **製品版 [#j0a24317]
  ゼクス
  7/黒/ディアボロス/10500
  [Lv]ディンギルLv2
  "[起]【有効】スクエア【コスト】あなたのチャージにあるカードを4枚トラッシュに置く。
     【効果】相手のチャージにあるカードを4枚選び、トラッシュに置く。4枚置いたならば、
         スクエアにあるすべてのコスト4以下のゼクスを破壊し、
         あなたのトラッシュにある[ディアボロス]を1枚まで選び、リブートでゼクスのないノーマルスクエアに登場させ、
         あなたのデッキの上から8枚のカードをチャージに置く。"
  
  
  イラスト:るいせんと
  フレーバーテキスト:
  あいつのいない世界など壊れてしまえばいい。黒の世界も、この世界もな。 ~驕傲の神祖ルシファー~ (B21-113)
  ----
  運命に打ち克ち生き延びていたとは……。堕落した私には合わせる顔が……アァア! ~驕傲の神祖ルシファー~ (P21-003)
 
 [[叛逆の狼煙]]で登場する[[黒]]の[[ゼクス]]。
 
 相手の[[チャージ]]除去、[[コスト]]4以下の[[ゼクス]]をすべて[[破壊]]、[[トラッシュ]]から[[ディアボロス]]を[[リブート]]で[[登場させる]]、[[デッキ]]の上から8枚を[[チャージに置く]]、という[[効果]]を一斉に行う。
 
 [[破壊する]][[効果]]は[[プレイヤースクエア]]や[[絶界]]にも有効だが、[[コスト]]4以下と対象が限られる上に自分の[[ゼクス]]も巻き込んでしまう。
 
 [[ディアボロス]]を[[登場させる]][[効果]]は[[コスト]]を選ばないため、可能な限り高い[[コスト]]の[[ディアボロス]]を用意したい。
 直後に[[チャージ]]が8枚も増えるため、[[チャージの上限]]をなくす[[悲嘆の堕天使ルシファー]]や[[宵闇の神翼クレプス]]が主な候補となる。
 特に[[悲嘆の堕天使ルシファー]]は増えた[[チャージ]]で相手の[[ライフ]]に2[[ダメージ]]を与えられ、状況次第ではそのまま決着も狙うことができる。
 
 ただし、条件として[[ディンギルLv2>ディンギルLvX]]を満たすだけでなく、自分と相手の[[チャージ]]が4枚も必要となる。
 中でも相手の[[チャージ]]が4枚がネックであり、基本的に相手に依存してしまう。
 相手の[[ゼクス]]を直前に[[破壊]]して[[チャージ]]に送るのは当然として、[[ぱちぱちするネイルクリッパー]]などで[[スクエア]]以外から相手の[[チャージ]]を増やすことも考えたい。
 また、相手の[[チャージ]]に[[白銀の忠臣ソマリ]]があるとどうやっても[[効果]]を解決できなくなるため、勝ち筋をこのカードに依存しない構築を心がけたい。
 
 -Z/XR版(B21-113)はカード名が「&color(red){傲慢};の神祖ルシファー」となっているが、「驕傲の神祖ルシファー」に修正するエラッタがかかっている。
 
 -同じ名前を持ち、フレーバーテキストで「驕傲の神祖」を自称していた[[悲嘆の堕天使ルシファー]]とは外見が大きく異なっている。
 
 ***収録 [#t6ceb0ab]
 -[[叛逆の狼煙]] B21-113 <Z/XR>
 -[[ゼクスポイントキャンペーン 叛逆の狼煙>プロモーションカード:キャンペーン]] P21-003 <PR>
 
 ***関連ページ [#s08616d9]
 -[[悲嘆の堕天使ルシファー]]
 -[[ディンギルLvX]]
 -種族
 [[ディアボロス]]
 -カードの効果
 [[トラッシュに置く]]
 [[破壊する]]
 [[登場させる]]
 [[チャージに置く]]
 
 -[[七大罪 驕傲の魔人スペルビア]]