Top > ストーリー
HTML convert time to 0.001 sec.


ストーリー

Last-modified: 2017-07-23 (日) 00:30:24
 

遠い未来のこと。

かつて人間が持っていた魂の最後の名残として、ロボットだけが感覚を持つものとして残っていました。

しかし、人類は滅んだわけではありませんでした。

こうしたロボットたちに記憶を転送できるテクノロジーが、その空間には限りはあるものの、

新しい記憶が古い記憶を徐々に置き換えていくのです。

人間の記憶に残る感情が薄れてなくなることがないように、ロボットたちはその感情を音楽に変換し、Cytusと呼ばれた場所に保存し始めました。

 
 

彼らは、音楽を用いて人間の感情を体験することで、それぞれの魂の存在を夢見ているのです……。