HTML convert time to 0.003 sec.


ヘルプ日本語訳/Display

Last-modified: 2010-09-29 (水) 20:24:59

ヘルプ日本語訳 > The objects > The common properties > Display

 

The Display Properties Edit

表示プロパティ

 

表示プロパティフォルダはあなたのオブジェクトをどう画面に表示するかを定義するのに必要なすべてを含んでいます。

 

開始時に表示
このボックスにチェックするとあなたのオブジェクトはフレーム開始時やそれが作成された時に表示されるでしょう。しかし、ボックスがチェックされていない時、それは隠れます。

 

背景オプション
背景オプションで、あなたはオブジェクトの後ろの背景がどう保持されて、回復するかを調整できます。

  • 背景を保持
    このマークがチェックされるなら、オブジェクトが移動するとき、オブジェクトの後ろの背景は、バッファの中に保存されて、自動的に復元されます。 通常、このプロパティはスプライトオブジェクトのために定義されます。 それがチェックされないなら、背景は保存されません、そして、これは画面への特別なおもしろい効果を与えるかもしれません。 オブジェクトが画面上で移動せず、また画像が変化しないなら、あなたは、表示を高速化するためにこのオプションのチェックを外すことができます。
  • 色で塗りつぶし
    オブジェクトが動くとき、このチェックマークがチェックされていると、前に居た場所は単色で塗りつぶされます、一種の「絵筆」効果を与えます。 カラーセレクタを使用して、使用する色を選んでください。 特徴:このオプションはメモリを節約して、アプリケーションを高速化するために役に立つかもしれません: あなたのオブジェクトが単色の背景の前面を動くなら、このこのプロパティを使用しても、表示に害を及ぼさず、表示を速くするでしょう。
 

インクエフェクト
インクエフェクトプロパティで、あなたはオブジェクトがどう画面に描画されるかを定義できます。

  • 透過
    このプロパティがチェックされると、イメージエディタで透明であると定義された色は、アプリケーションで透明になるでしょう。 人は背面にあるものを見るでしょう。 チェックしないなら、透明色を表示するでしょう。
  • インクエフェクト
    インクエフェクトのプロパティで、あなたはアプリケーションにどうあなたのオブジェクトを表示するかを制御できます。 このプロパティはコンボボックスです:そこでは、あなたはいくつかのオプションを選ぶことができます。
  • なし
    デフォルトモード。オブジェクトには背面のものと置き換える透過データはありません。
  • 半透明
    このモードで、あなたは半透明性係数(次のプロパティ)を0から128の間で定義しなければなりません。 0は不透明(「なし」インクエフェクトと同じです)、128が、オブジェクトが完全に透明であることを意味して、それは見えないでしょう。0と128の間では、オブジェクトの非透過の領域は表示に溶け込むでしょう: あなたはオブジェクトの後ろにあるものを区別できるでしょう。
  • 反転
    反転モードはネガフィルムのようにオブジェクトの色のそれぞれを逆にします。
  • XOR
    XOR設定は、背景に関するデータでXOR論理演算子を使用することでオブジェクトに関するデータを計算するためにディスプレイ・プロセッサを作ります。 あるカラースキームのために、これはおもしろい結果を与えるかもしれません。
  • AND
    ANDモードはXORモードと同様で、AND論理演算子を使用します。
  • OR
    上記と同じで、OR論理演算子を使用します。
  • 加算
    オブジェクトのピクセルのRGBの要素は背景のピクセルのRGBの要素に加算されます。
  • 減算
    オブジェクトのピクセルのRGBの要素は背景のピクセルのRGBの要素に減算されます。
  • アンチエイリアス
    色の特別な計算を使用して、画面上のエッジを少なくします。
 

警告: インクエフェクトのプロパティはすべて、画面上にあなたのオブジェクトを表示するたびに複雑な計算を伴います。 大きなオブジェクトに関しては、インクエフェクトはあなたのアプリケーションの速度をかなり落とすことなります、特にDirectX+VRAMモードがアプリケーションプロパティで選択されるなら。

 

フェードイン
フェードインプロパティで、あなたはあなたのスプライトが作成されるとき使用される、トランジション効果を定義できます。 編集ボタンをクリックして、トランジション設定ダイアログボックスを開いてください。

 

フェードアウト
フェードアウトプロパティで、あなたはあなたのオブジェクトを画面から見えなくならせるのに使用されるトランジション効果を定義できます。 イベントエディタでの破壊アクションでオブジェクトが破壊されたときにだけ、このフェードアウトは起こります。 編集ボタンをクリックして、トランジションダイアログボックスを開いてください。