HTML convert time to 0.007 sec.


ヘルプ日本語訳/The Active Picture Object/Actions

Last-modified: 2011-01-26 (水) 17:58:18

ヘルプ日本語訳 > The objects > Inventory > The Active Picture Object > Actions

 

アクション Edit

共通のアクション Edit

  • 動作サブメニュー
  • 位置サブメニュー
  • 方向サブメニュー
  • 表示/非表示サブメニュー
  • オブジェクトを発射…
  • 変数サブメニュー
  • フラグサブメニュー
  • 破壊

これらのアクションの詳細は、アクティブオブジェクトを参照してください。

新しいピクチャ(N) Edit

このアクションは画像のパス名を要求します。新しい画像をオブジェクトに読み込みます。

ファイルを選択して新しいピクチャ(P) Edit

このアクションはアプリケーション実行時にファイルセレクタを開き、オブジェクトに読み込ませる画像をユーザーに選択させます。

ホットスポット(H) Edit

「ホットスポット」のアクションでオブジェクトのホットスポットの位置を決めます。ホットスポットは、オブジェクトがフレームに表示されている位置を示します。ホットスポットがゼロの場合、画像の左上のピクセルがオブジェクトの座標になります。

カスタム(U)... Edit

2つの座標を要求します。与えられた値にホットスポットを変更します。

左上(L) Edit

ホットスポットを画像の左上の隅に変更します。

中央上(C) Edit

ホットスポットを画像の中央上に変更します。

右上(R) Edit

ホットスポットを画像の右上の隅に変更します。

中央左(E) Edit

ホットスポットを画像の中央左に変更します。

中央(N) Edit

ホットスポットを画像の中央に変更します。

中央右(I) Edit

ホットスポットを画像の中央右に変更します。

左下(B) Edit

ホットスポットを画像の左下の隅に変更します。

中央下(O) Edit

ホットスポットを画像の中央下に変更します。

右下(T) Edit

ホットスポットを画像の右下の隅に変更します。

サイズ(S) Edit

サイズを変更(S)... Edit

オブジェクトの幅と高さをピクセル単位で変更します。

拡大/縮小(Z) > パーセント(P) Edit

指定した比率(パーセント)に画像をリサイズします。

拡大/縮小(Z) > 幅(W) Edit

指定した幅(ピクセル)になるような比率で画像をリサイズします。

拡大/縮小(Z) > 高さ(H) Edit

指定した高さ(ピクセル)になるような比率で画像をリサイズします。

拡大/縮小(Z) > 矩形(R) Edit

指定した矩形に合わせて画像をリサイズします。パラメータは、矩形の幅と高さ、3つ目のパラメータは、画像が矩形よりも小さくてもリサイズする(1)か、画像が矩形よりも小さい場合はリサイズしない(0、デフォルト)かを決定します。

自動サイズ変更(A) > 有効(O) Edit

フレームエディタで設定したサイズに画像をリサイズします。

自動サイズ変更(A) > 無効(F) Edit

フレームエディタで設定したサイズを無視します。

サイズ変更モード(M) > 高速(T) Edit

画像のサイズ変更モードを高速で低品質なものにします。

サイズ変更モード(M) > 補間(R) Edit

画像のサイズ変更モードをやや低速で高品質なものにします。

反転(F) Edit

水平反転(H) Edit

画像を水平反転します。

垂直反転(V) Edit

画像を垂直反転します。

回転(R) Edit

角度を変更(S)... Edit

画像を回転させます。パラメータは回転させる角度です。(0-359°)

オブジェクトの方向にリンク(L) Edit

自動的にオブジェクトの角度をオブジェクトの方向に合わせて変更する状態にします。とりうる角度は32方向に限定されます。(0°, 11°, 22°, 34°, 45°など)

オブジェクトの方向からリンク解除(U) Edit

自動的に角度を変更する状態を解除します。

座標の方向に変更(O)... Edit

座標の方を向くように角度を変更します。*1

余白(O) Edit

余白(O) > 水平方向(H) Edit

画像を水平方向に移動させて余白を作ります。ラップモードが有効だと余白の部分に水平移動した画像のもう一端が表示されます。パラメータは余白の幅です。正の数なら画像の右側、負の数なら画像の左側に余白を作ります。画像が回転している場合、回転した画像に対して指定した幅の余白をとります。

余白(O) > 垂直方向(V) Edit

画像を垂直方向に移動させて余白を作ります。ラップモードが有効だと余白の部分に垂直移動した画像のもう一端が表示されます。パラメータは余白の高さです。正の数なら画像の下側、負の数なら画像の上側に余白を作ります。画像が回転している場合、回転した画像に対して指定した高さの余白をとります。

余白(O) > ラップモード(W) > 有効(N)(既定) Edit

ラップモード有効にします。デフォルトではラップモードが有効です。

余白(O) > ラップモード(W) > 無効(F) Edit

ラップモードを無効にします。

半透明率を変更(Y) Edit

アクティブピクチャオブジェクトの半透明率を変更します。0は不透明、100は透明です。

背景オブジェクトを作成 Edit

画像の一部または全体を背景オブジェクトにします。パラメータは、背景オブジェクトの位置、背景オブジェクトにする矩形の始点の画像中での座標(画像の左上の隅が0,0)、矩形の幅と高さ、衝突属性です。






*1 ホットスポットが中央からずれていると角度が安定しない場合があるようです。