HTML convert time to 0.007 sec.


ヘルプ日本語訳/The Active object/Conditions

Last-modified: 2010-10-02 (土) 08:14:37

ヘルプ日本語訳 > The objects > Inventory > The Active object > Conditions

 

条件 Edit

アクティブオブジェクトの条件メニューは,他のオブジェクトに見られる動作やスプライトや変数属性といった,すべてのデフォルトの条件を含んでいます.したがってこれらのメニューは多くの別のオブジェクトで見かけることになります.

衝突 Edit

別のオブジェクト Edit

この条件はオブジェクトが別のオブジェクトに衝突しているときに真になります.「ファイン判定を使う」を選択したオブジェクトは画素どおりに衝突検出を行います.そうでないオブジェクトに関してはオブジェクトを囲む長方形で衝突検出を行います.この条件は衝突の始まりに一度だけ真になることに注意してください,連続した検出には次の条件を使用してください.

別のオブジェクトに重なっている Edit

連続して他のオブジェクトとの衝突を検出します.上記の条件と同様に,「ファイン判定を使う」を選択したオブジェクトは画素どおりに衝突検出を行います.そうでないオブジェクトに関してはオブジェクトを囲む長方形で衝突検出を行います.

背景 Edit

この条件はオブジェクトが「障害物」に指定した背景オブジェクトに衝突したときに真になります.この条件は衝突の始まりに一度だけ真になります,連続した検出には次の条件を使用してください.

背景に重なっている Edit

この条件はオブジェクトが「障害物」に指定した背景オブジェクトに衝突している間連続して真になります.

動作 Edit

"オブジェクト"が停止 Edit

この条件はオブジェクトが動いていないとき(オブジェクトの速度が0のとき)真になります.

"オブジェクト"がバウンス Edit

オブジェクトがバウンスする瞬間に真になります.オブジェクトがバウンスできる動作だけにおいて有効です.

"オブジェクト"の速度を指定値と比較 Edit

その名のとおり,速度を指定値と比較します.比較が正しい場合,真になります.

"オブジェクト"の加速を指定値と比較 Edit

この条件はオブジェクトの加速値(0-100)を指定値と比較するのに使用します.加速がある動作だけにおいて有効です.

"オブジェクト"の減速を指定値と比較 Edit

この条件はオブジェクトの減速値(0-100)を指定値と比較するのに使用します.減速がある動作だけにおいて有効です.

パス動作>"オブジェクト"がパス内のノードに到達 Edit

この条件はオブジェクトがパス内のノードに到達するたびに真になります.

パス動作>"オブジェクト"がパスの終点に到達 Edit

この条件はオブジェクトがパスの終点に到達したとき真になります.

パス動作>"オブジェクト"のパス動作が指定のノードに到達 Edit

Multimedia Fusion 2 以降,パス動作のノードは名前を付けることができます.この条件は到達したノードの名前と指定した名前が等しいとき真になります.

位置 Edit

"オブジェクト"の位置を判定 Edit

この条件はスクリーン上のオブジェクトの動作領域の境界に関しての位置の判定に使用します.オブジェクトが動作領域に入るか動作領域から出るか,あるいは動作領域の中にいるか外にいるかを判定できます.たとえば,バウンスボール動作において,この条件はボールが動作領域から出ていくのを検出しボールをバウンスさせるのに向いています.

"オブジェクト"が表示領域の端に近づいている Edit

この条件は X の距離と Y の距離の2つのパラメータを要求します.*1オブジェクトが表示領域の垂直の境界から距離 X より近くにあるときや,表示領域の水平の境界から距離 Y より近くにあるとき真になります.

X座標を指定値と比較 Edit

その名が示すとおり,この条件はオブジェクトの X 座標を指定値と比較します.この条件は比較が正しいとき真になります.

Y座標を指定値と比較 Edit

上記の条件と同様に Y 座標を指定値と比較します.

方向 Edit

"オブジェクト"の方向を比較 Edit

オブジェクトの方向と指定した方向を比較します.比較する方向を入力するための方向選択画面が開きます.1つ以上の方向を選択した場合,オブジェクトの方向が選択したいずれかの方向である場合に真になります.比較する方向を数式で入力することもできます.

アニメーション Edit

"オブジェクト"のアニメーションが再生中 Edit

この条件はオブジェクトのアニメーションが指定した状態のとき真になります.比較する状態は数式で指定することもでき,この場合,数がアニメーションを表します.

  • 0:停止
  • 1:歩く
  • 2:走る
  • 3:現れる
  • 4:消える
  • 5:バウンス
  • 6:発射
  • 7:ジャンプ
  • 8:落ちる
  • 9:登る
  • 10:しゃがむ
  • 11:立ち上がる
  • 12以上:ユーザーアニメーション

アニメーションが終了 Edit

この条件は指定したアニメーションが完了したとき真になります.気を付けてください,ループするアニメーションは終了することはありません!

オブジェクト"の現在のフレームを指定値と比較 Edit

アニメーションが現在特定のフレームを表示しているかを検出できます.フレーム番号を要求します.フレーム番号は0から始まりますので気を付けてください(アニメーションの最初のフレームは0です).

選択またはカウント Edit

ランダムに"オブジェクト"を1つ選択 Edit

この条件は少なくとも1つの"オブジェクト"がフレーム上に存在するなら常に真となります.指定したオブジェクトの1つをランダムに選択し,アクションはこのオブジェクトにのみ作用します.

すべての"オブジェクト"が破壊されている Edit

この条件は最後の"オブジェクト"が破壊されたときにだけ真になります.1 ループだけ真になります.

"オブジェクト"の数と比較 Edit

その名の通り,フレーム上に存在する"オブジェクト"の数と比較します.比較が真ならば条件は真になります.

範囲内に"オブジェクト"が存在しない Edit

フレーム上の範囲を設定するよう要求します.指定した範囲内に"オブジェクト"がない場合に真になります.

範囲内の"オブジェクト"の数と比較 Edit

フレーム上の範囲と比較する数を設定するよう要求します.この条件は指定範囲内の"オブジェクト"の数が指定した数に等しいときに真になります.*2

表示/非表示 Edit

"オブジェクト"は表示 Edit

この条件はオブジェクトがフレーム内で表示されている時に真になります.

"オブジェクト"は非表示 Edit

この条件はオブジェクトが非表示のときに真になります.

変数 Edit

変数の1つと比較 Edit

オブジェクトの内部変数の一つと比較することができます.比較が真のときこの条件は真になります.

固定値と比較 Edit

固定値はオブジェクト固有の数です.この数はフレーム全体で固有で指定したオブジェクトのインスタンスでも特有です.指定値と固定値を比較し,比較が真の場合この条件は真になります.

フラグ>フラグが有効 Edit

指定した内部フラグが有効なら,真です

フラグ>フラグが無効 Edit

指定した内部フラグが無効なら,真です






*1 MMF2通常版では1パラメータしか要求されない。Dev版は未確認
*2 =以外の比較(<>, <=, <, >=, > )もできます。