HTML convert time to 0.002 sec.


ヘルプ日本語訳/The Backdrop Object/Description

Last-modified: 2010-10-08 (金) 17:15:10

ヘルプ日本語訳 > The objects > Inventory > The Backdrop Object > Description

 

説明 Edit

背景オブジェクトは,主としてアプリケーションのためにビットマップイメージから背景を作成するのに使用されますが,単色背景を作成することもできます.背景を組み立てるために,いくつかの異なるオブジェクト使ったり,フレーム全体を埋めるために一つの背景をリサイズしたりする柔軟性があります.背景オブジェクトはアプリケーションの間,同じ位置にとどまっています.背景オブジェクトは,ゲームにおける壁やドアなどの障害物に利用できたり,アプリケーションにおいて他のオブジェクトに影響を及ぼさないようにしたりすることもできます.

 

フレームエディタで背景オブジェクトを障害物として定義することができます.そうするとアクティブオブジェクトが背景オブジェクトと衝突でき,様々なアクションを起こせます.また背景オブジェクトは,下からすり抜けられる障害物やはしごとして様々なタイプのゲームで扱うこともできます.

 

背景オブジェクトには条件,アクション,数式はありません.背景オブジェクトはイベントエディタに表示されません.

(原文)Description Edit

The Backdrop object is used primarily for creating backgrounds for your applications from bitmap images, but it can also be used to create simple color backgrounds. You have the flexibility of building your background using a number of different Backdrop objects or by resizing one backdrop to fill the entire frame. Backdrop objects remain in the same position for the duration of your application. They can be used for obstacles such as walls or doors in games or can have no effect on other objects in your application.

 

Backdrop objects can be defined as obstacles in the Frame editor, which means that Active objects can collide with them and trigger various actions. As an obstacle, the Backdrop object can also be used as platforms and ladders in different types of games.

 

There are no conditions, actions, or functions associated with the Backdrop object. The Backdrop object does not appear in the event editor.