Top > ヘルプ日本語訳 > The basics
HTML convert time to 0.003 sec.


ヘルプ日本語訳/The basics

Last-modified: 2011-02-05 (土) 14:34:33

ヘルプ日本語訳 > Welcome! > The basics

 

The basics of Multimedia Fusion 2 Developer Edit

Multimedia Fusion 2 Developer の基礎

Multimedia Fusion 2 Developer は、マルチメディアアプリケーション、ゲーム、スクリーンセーバなどの多種多様なプログラムを作成することができます。Multimedia Fusion 2 Developer の細かいところを調べる前に、いくつかの専門用語を説明します。

 

アプリケーション
アプリケーションとは Multimedia Fusion 2 Developer で作成したものです。アプリケーションファイルは「.MFA」という拡張子付きでディスクに保存されます。
アプリケーションには1つ以上のフレームが含まれます。

 

プロジェクト
プロジェクトとはアプリケーションの集まりであり、一度にロードできます。それぞれのアプリケーションのリストはワークスペースツールバー内に表示されます。プロジェクトファイルは「.MFW」という拡張子付きでディスクに保存されます。プロジェクトの各アプリケーションは、それぞれのMFAファイルに保存されます。

 

フレーム
フレームはアプリケーションのそれぞれ違った場面に相当します。フレームは、ゲームのステージにしたり、マルチメディアプレゼンテーションの章にしたりできます。シンプルなゲームを例に挙げると、最初のフレームはタイトルページ、2番目のフレームはゲーム本体、3番目のフレームはハイスコアテーブルという具合です。
フレームにはオブジェクトとイベントが含まれます。

 

オブジェクト
オブジェクトはフレームに配置されるものであり、アプリケーションの「役者」のようなものです。Multimedia Fusion 2 Developer にはたくさんの種類のオブジェクトがあり、それぞれ違った目的に即しています。例えば、アクティブオブジェクトはゲーム中のキャラクターに使えて、文字列オブジェクトはテキストを表示し、ダイアログボックスにボタンオブジェクト使います。オブジェクトはフレームエディタでフレームに配置します。各オブジェクトは精密制御のためのプロパティと、制御のための条件アクション数式を有しています。

 

プロパティ
プロパティツールバーからプロパティにアクセスします。プロパティはオブジェクトのふるまいを定義する複数の項目(テキスト、オプション、色、フォントなど)から成り立っています。全てのオブジェクトにプロパティがあって、アプリケーションやフレームにもプロパティがあります。

 

イベント
イベントでアプリケーションのロジックを定義します。オブジェクトの破壊、オブジェクトの作成、計算の実行などがイベントです。アプリケーションはイベントでプログラムします。イベントの入力と編集はイベントエディタで行います。
イベントは条件アクションから成り立ちます。

 

条件
条件は、かを決定する質問です。例えば、「"A"キーを押した時」という条件は、アプリケーション実行時にユーザーがキーボードの A を押した場合に真になります。一つのイベントは一つ以上の条件を含むことができ、それらの条件が同時に真になる場合にイベントが真になります。
イベントのすべての条件が真になった時、アクションが実行されます。

 

アクション
アクションは、条件が真となった時実行される仕事です。「プレイヤー1のスコアを10増加」というアクションを例にとると、このアクションにでくわした時、プレイヤー1のスコアに10ポイントが加算されます。一つのイベントは一つ以上のアクションを含むことができます。複数のアクションを設定した場合はそれらのアクションが次々と実行されていきます。

(原文)The basics of Multimedia Fusion 2 Developer Edit

Multimedia Fusion 2 Developer is a program that allows you to create multimedia applications, games, screen savers and a great variety of programs. Before exploring in details the different parts of Multimedia Fusion 2 Developer, we must explain a few terms.

 

The application
applications are what Multimedia Fusion 2 Developer creates. They are files saved on the disk, with a ".MFA" extension. applications contain several frames.

 

The Project
Projects are simply a set of <applications>, loaded all at once. The different <applications> are listed in the workspace toolbar. The project files are saved on the disk with the ".MFW" extension. Each application of the project is saved in its own ".MFA" file.

 

The frames
Frames correspond to the different screens of your application. They can be levels of a game, chapters in a multimedia presentation, etc. Let's take a simple game as an example : the first frame would be the title page, the second frame would be the game itself, and the third frame would be the high score table.
Frames contain objects, and events.

 

The objects
Objects are dropped in a frame : they are the different "actors" of your application. Multimedia Fusion 2 Developer contains a lot of different objects, to suit the different tasks. For example, the active object would be used as a character in a game, the string object to display some text, the button object in a dialog box etc. Objects are dropped on the frame in the frame editor. Each object contains a number of different properties for a fine control. Each object also has a number of conditions, actions and expressions to control them.

 

The properties
You access the properties in the properties toolbar. Properties consist of different values (texts, options, colors, fonts etc.) that precisely define your object behavior. All the objects have properties, the application and the frame also have properties.

 

The events
The logic of your application is defined with events. It is the events that destroy this or that object, create another here or there, perform calculation etc. Events are the way to program your application. You enter and edit the events in the event editor .
An event is made of conditions and actions.

 

The conditions
A condition is a question that can be true or false. For example, "Is key A pressed?" is a condition, and it will be true when your application is running if the user presses the key A. An event can contain more than one condition one after the other: they must all be true at the same time for the event to be true.
When all the conditions of an event are true, the actions are executed.

 

The actions
An action is a task to perform when the conditions are true. Example of an action : "Add 10 to score of player 1".When this action is encountered, 10 points are added to the score of player 1. An event can contain more than one action : in the case, they will be executed one after the other.