Top > PIC32MXを使ってみよう


PIC32MXを使ってみよう

Last-modified: 2013-11-15 (金) 19:46:12

ことのおこり Edit

AVR派なので PIC を使う気はなかったのだが。USBを使える安価なマイコンとして PIC32MX というのが秋月で買えることに気がついた。さらに、ちょっとぐぐったらこいつは MIPS コアらしい。MIPS ならば GCC で開発できるはず。220円でUSBが使える MIPS コアなマイコン。

用意するハードウェア Edit

ターゲット Edit

ライタ Edit

プログラマが高いと元も子もない。純正品は4千円。

DIP なARM をライタとしてつかえるらしい。

  1. LPC1114に PIC32MXライタプログラムを書き込む
  2. PIC32MX にLチカプログラムを書き込む

LPC1114に PIC32MXライタプログラムを書き込む Edit

用意するもの

ハードウェア

  • LPC1114 : 書き込み対象 ARM Coretex-M0 8pin DIP
  • FT232RL : USB-シリアル変換IC基板

ソフトウェア

PIC32MX にLチカプログラムを書き込む Edit

用意するもの

開発環境 Edit

コンパイラは MIPS 用のGCCが使える。

Pinguino Edit

ユーザサイト Edit