Top > 悪神の贄嫁

悪神の贄嫁

Last-modified: 2019-12-14 (土) 16:13:30

製品情報 Edit

 

レビュー Edit

  • 貴方は久々に実家に帰省し、たまたま家に来ていた従妹と古びた神社で遊んでいた。
    しかし、ふと気が付くと従妹の姿がどこにもない。
    もしかして、神社の裏の森に入っていってしまったかもしれないと貴方は森に入り従妹を探す。
    しかし、探せど探せど見つからず焦り始めた頃何処かから声がする。貴方は不思議に思いきょろきょろとあたりを見回すと、頭上から男性が降ってきた。
    降ってきた男はアマネと名乗り、貴方の従妹を探してくれると言う。
    焦っていた貴方が提案に乗るとアマネは大きな翼を広げ、自分が悪神であることを告げ貴方に迫る。
    「私は善神ではございません故、後ほど見返りを頂きにまいります」と。
  • キャラクター:アマネ
    どこかの神社に祀られている土地神様。
    元々は悪神として人間を苦しめていたが、神社に祀られるようになって若干会心した。
    昔は大勢の者に祀られ生贄も捧げられていたが今はもうほぼ信仰する者がいない。
    ​性格が悪く、相手を挑発するような慇懃無礼な敬語を好んで使うが興奮すると崩れる。
  • 貴方
    百合宮家の第三令嬢。庶民出身でお嬢様という身分が自分に合わないと常々感じている。
    家の窮屈さと百鬼への恐怖で家を飛び出し、今は身分を詐称して普通の会社でOLをしている。
    行動力の塊のような活発な女性。
  • 百合宮家と百鬼家
    昔、アマネが祀られている神社の近くに住んでおり
    神社には人がいなくて静かでいいと思って足しげく通っていた女性。
    ​アマネの存在は知らなかった。

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White