文豪達のカフネ 第三巻 上東野独歩

Last-modified: 2019-11-24 (日) 16:31:02

製品情報 Edit

 

レビュー Edit

  • 様々な文化と価値観が日本に入り、人々も世間も混沌としていたどこかの時代。そんな時代において、人気・実力共に傑出しながらも、悩乱を抱えた文豪達がいた。ある者は己の生き様を、またある者は他人の生き様を、物語にして世に残した――。
  • 新進気鋭の作家である上東野独歩(かとうのどっぽ)は、多忙によって体調を崩し、茅ヶ崎で療養生活を送っていた。そこで出会った貴方に一目で心を奪われた独歩は、貴方に近づくため、家庭教師を請け負うことに。箱入り娘で世間知らずな貴方にとって 作家であり博識な独歩は、憧れの対象であり、やがてふたりは深い関係になってゆく。勉強と称してはあらぬことを教え込み貴方はそれを受け入れる日々。そんな純真無垢で健気な貴方と過ごすうちに 独歩の愛情は歪な執着心へと変貌を遂げる。甘い誘惑の先に待っていたものは、理想とはかけ離れた独歩からの寵愛だった。「君にはもう、俺しかいないんだよ」信じて取ったはずの手が、二度と戻れぬ暗闇へと貴方を引きずり込む――。『文豪達のカフネ』シリーズ第三弾。これは、狂気と執着で紡がれる愛と死の物語。
  • キャラクター:上東野 独歩(かとうの どっぽ)
    筆名:上東野 独歩(かとうの どっぽ)/本名:上東野 哲夫(かとうの てつお)/年齢:26歳/身長:172cm/職業:小説家、詩人/愛読書:『欺かざるの記』/著者_国木田独歩
  • 自然主義・浪漫主義の作家。同じ派閥のため園原とは交流がある。クリスチャンで、毎週末教会に通っている。思い出を大事にするロマンチストだが、良くも悪くも精神的に幼いところがある。普段は天真爛漫でフランクな性格。また頭の回転が速く、機転が利く。自分の考えには絶対の自信を持っており、旧態依然とした文壇を忌み嫌っている。幼い頃に両親が離婚し、母親が自分を置いていなくなった事が強烈なトラウマになっている。体調を崩し茅ケ崎で療養していたところ、下宿先で貴方と出会う。
  • アニメイト&ポケットドラマCD R(ポケドラR)共通:特典「嘱望の彼方」
    本編前日譚。いつものように上東野に《勉強》を教えてもらおうと部屋を訪ねる貴方。愉しそうに貴方の身体を触る上東野は、貴方に対し自慰の手解きを始める。
    「じゃあ、今日は一緒に気持ち良くなるお勉強をしよう」
  • ステラワース:特典CD「籠中へ」
    上東野に攫われ二日が経った頃。一瞬の隙をつき逃げ出そうとするものの、上東野に再び拘束され、《特別授業》を受けることに。
    「こっちの穴を拡げるお勉強もしていかないとな……」
  • 強制フェラ後に口開けさせて飲めたか確認するシーンあり -- 2018-05-19 (土) 06:19:09
  • フリートーク(キャストトーク)あり -- 2018-08-25 (土) 04:53:26

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White