神様と…太陽の神アレッド

Last-modified: 2020-04-30 (木) 19:42:07

製品情報

 

レビュー

  • あなたは巫女として、太陽の神アレッドと月の神セリアラのもとに仕えることになる。
    これは太陽の神アレッドとの物語――。
    荒々しいアレッドはその性格ゆえに自分には巫女が寄り付かないこともわかっていた。
    強引で押しの強いアレッドに戸惑いながらも、触れる指先の優しさに甘えてしまう。
    太陽の神らしい激しい独占欲と愛に、求めあう日々を送る。
  • キャラクター:アレッド
    勝気で尊大な太陽の化身。気に入ったものはどんなものでも自分のものにしたい。
    そしてそれが当然だと思っている傲慢な所も。
    しかしHの際は自分の快楽を求めつつ、相手を想いやる優しさが見え隠れする。
  • トラック1:太陽の神アレッド
    「神である俺にそのような言葉を告げる意味を、お前はわかっているのか?」
  • トラック2:もう一度あの顔を
    「俺の巫女になれてよかったと思っているなら、お前を本格的に巫女として扱ってもいいか?」
  • トラック3:巫女の役目
    「服を脱がされて、誰にも触られたことがない肌をこうやして俺にさわられるのはどんな気持ちだ?」
  • トラック4:焼き尽くすほどに
    「そのままだとお前の肌に傷がつく。お前に痕を残すのは俺だけでいい」
  • トラック5:俺のことだけ見ていろ 
    「あいつの指で、中も可愛がられてるんだろう。じっくりならされた後であいつのものを挿れられて」
  • トラック6:お前のそばを離れない
    「はぁ、はぁ…お前の身体、すごく熱い。まるで俺の熱がお前に宿ったみたいだ」

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White