私の彼は絶倫さん ~アクションスターに抱き潰されて~

Last-modified: 2021-01-26 (火) 19:41:38

製品情報

  • タイトル:私の彼は絶倫さん ~アクションスターに抱き潰されて~
  • シリーズ:私の彼は絶倫さん
  • 発売2020/12/04(DLsiteがるまに版)
  • 価格:1,000円+税
  • 対象:18歳以上推奨
  • 発売元:Sacrifice
  • P:[[]] D:[[]] シナリオ:蒼凪美郷 イラスト:あきらこまち ロゴ:T奈
  • キャスト:白薔薇麗(岩附 義人)
  • ジャンル:年上 芸能人 芸能マネージャー(ヒロイン) ソフトSM(スパンキング) 中出し 拘束 目隠し 大人のおもちゃ(電マ) メリバ(分岐)
  • 収録時間:約80分

    トラックリスト

    トラックリスト  

    1 よろしく、新しいマネージャーさん。
    2 俺の好きな人は――
    3 秘密の恋人、恋人の秘密
    4 君を逃がさない
    5 グッドエンド_生涯、共に
    6 メリーバッドエンド_歪んだ愛情の行く先
    7 フリートーク
  • 備考:
    ※メリーバッドは少し暴力行為がある&ヒロインを物扱いしております。お嫌いな方はお手に取らない、もしくはメリーバッドのみ聞かないようにお願いします。
    ※今回は海外AVイメージで作っておりますので、喘ぎ等がいつもよりモリモリな感じになっております。苦手な方はお手に取らないようご注意ください。
    フリートークあり
    ・2020/12/04よりDLsiteがるまににてサンプルボイス視聴、ダウンロード配信販売あり(SEなしトラック同梱)
 

レビュー

  • 「ああ、そうだ。 俺は嫉妬してるよ。 相手があのゲス野郎でも」
    元々のマネージャーが退社することになり、新しいマネージャーを探すことになった岩槻。
    事務所の稼ぎ頭である彼は、新しいマネージャーにまだ業界3年生の貴方を指名する。
    憧れの岩槻のマネージャーになった貴方は、献身的に彼を支えていく。
    献身が恋に変わっていくのに、時間はさほどかからなかった。
    ※メリーバッドはヒロインを物扱いしております。(愛はあります)
     お嫌いな方はお手に取らない、もしくはメリーバッドのみ聞かないようにお願いします。
  • キャラクター:岩附 義人(いわつき よしひと)
    35歳。貴方がマネージャーとして担当するアクションスター。普段は穏やかで優しい、好青年。
    以前、別の現場で貴方を見かけたことがあり、それから気になっていた。
    担当マネージャーが退職するのをきっかけに、自ら貴方を次のマネージャーに希望した。
    普段は本来の性癖を押し殺しているが、実は――
  • 主人公 (リスナー)
    芸能事務所のマネージャ。20代後半の女性。
    岩附に憧れて、この事務所に入ってきた。
    きめ細やかな仕事ができる、芸能マネージャー3年目。
  • トラック01_よろしく、新しいマネージャーさん。
    貴方は芸能事務所に所属するマネージャー。
    急に社長室に呼び出された貴方は、事務所の稼ぎ頭、アクションスターの岩槻と対面する。
    緊張する貴方に、彼は新しいマネージャーになってくれないか?と言って――。
    「俺のことは知ってると思うけど、一応自己紹介しとこうかな。岩附義人です。以後、よろしく」
    「俺の今のマネージャーが、旦那さんの仕事の都合で退職するんでね。新しいマネージャーは君が良いって、事務所に掛け合ったんだ」
  • トラック02_俺の好きな人は――
    岩槻が出演した映画の打ち上げの帰り。
    監督にかなり飲まされてしまった岩槻を彼の部屋に送る貴方。
    終電が無くなってしまった貴方に対し、謝る岩槻。
    ふとした話の延長線上で、貴方は岩槻に「恋人」について尋ねられて――。
    「──なぁ、マネージャー。そういえば、恋人はいいのか?仕事相手とは言え、男の部屋にあがるのは良い顔しないだろ」
    「自惚れだったら、悪い。その、憧れている人って、俺のことか──?」
  • トラック03_秘密の恋人、恋人の秘密
    岩槻と秘密の恋人になって、3ヶ月。
    貴方は悩んでいた。
    岩槻は貴方を大切にしてくれる。でも――、一度もセッ〇スで射精されていなかった。
    自分は魅力がないのではないかと悩んでいる貴方に、岩槻は心配そうに声をかけて――。
    「でも、好きな子がそんな顔をしてるのは放っておけない。何か悩みか? 俺でよければ話を──」
    「──あー、流石に引いたよな。今まで付き合ってきた相手とも、この性癖のせいでだめになったんだ」
    「──そうだ。いいぞ。素直なイイコは好きだ。追い詰め甲斐がある」
  • トラック04_君を逃がさない
    岩槻との仲を深めていく貴方。
    彼との秘密の恋愛に溺れることなく、貴方はマネージャーとして日夜仕事に励んでいた。
    そんなある日、貴方は人気ドラマを手掛けたプロデューサーから誘いを受ける。
    「僕と食事をしてくれれば、岩槻を使ってあげるよ」
    プロデューサーにそう言われた貴方は、岩槻に秘密を抱えて――。
    「──あ。そういえば今日、酒井さんに声を掛けられたんだ。知ってるか? 人気ドラマを手掛けた、酒井プロデューサー」
    「動かないほうがいい。ベルトキツく締めたから、手首に痕がついちまう」
    「仕事欲しさにアイツの要望に応えようとしたんだろ?「きっと大丈夫、下心くらい躱(かわ)せる」と思って。それが、甘いんだよ。何年この業界にいるんだ? ん?」
    「もうさ、俺もギンギンなんだ。お前のイキ狂って泣く様を見てたら、早くお前に突っ込みたくて勃起しちまってる」
  • トラック05_グッドエンド_生涯、共に
  • トラック06_メリーバッドエンド_歪んだ愛情の行く先