誘惑(いいなり)5 −ピアニスト、匝瑳の賞翫−

Last-modified: 2020-02-14 (金) 21:19:32

製品情報 Edit

 

レビュー Edit

  • 耳で高まるオトナCD =S氏シリーズ第5弾!=
    「S氏シリーズ」とは、サディスティックな性癖を持つS氏が、パートナーたる貴女をキケンなセリフで導いていく、アブナイ刺激の過激シチュエーションCD。
    S氏が吐息交じりに耳元で囁くイケナイ命令は、キケンなコミュニケーションの合図です。甘いだけではもの足りないそんな貴女へお届けします。
    全編ダミーヘッドマイクで収録。耳から悩殺されそうなボイスはヘッドフォン推奨です。静かな場所でおひとりでご堪能ください。
  • 「ここが私たちの思い出の場所です」
    男は、事前に聞かされたことを繰り返すように、ご主人様の母の弟「匝瑳(そうさ)」であることを貴女に告げた。ドイツを中心に各国で演奏活動をしているピアニストであるという。
    やがて、彼の妻が運んできたというお茶を飲み干すと、二人きりの部屋で細くしなやかな指が貴女の肢体に触れはじめる。
    「そう。ローターを君の頬から……唇……ブラウス越しの乳首にゆっくりと這わされたのか。ああ、服の上からでもここが固く尖ってきているのがよくわかるよ」
    「そして白洲君がやってきた……舌で愛撫されたのかい? こうやって? そうだ。君は裸だったのだから脱がせてあげないとね」
    「どうだい? 私の妻は可愛いだろう? 少女のように見えるが、年は君のご主人様より大分上なんだ。女性に貫かれるのは初めてかい? ああ、いい音だ。君と妻の蜜と声が織りなすハーモニー」
    「いっそ君の秘肉に食い込む縄が濡れて光っているところをずっと見られるように……足を開いたまま縛ってしまおう。ああ、濡れてどんどん縄の色が変わっていく……。汗かな? それともさっきと同じ? これは撮影して君のご主人様に見てもらわないといけないね」
    貴女の身体(楽器)で再現される「課せられた行為の記録」、演奏の合間に語られるご主人様の知られざる過去。
    貴女は恍惚の中で、自分の記憶がご主人様の歴史へ昇華することを感じとっていた。
    ダミーヘッドマイクで再現されるリアルな吐息、囁かれるのは淫猥な台詞。
    立ち上がり、移動して、耳元に、胸元に、足元に。
    吹きかけられる息も、這う舌使いも、怖いぐらいにそのまま体感。
    否応なしにゾクゾクさせられる〈耳で高まるオトナCD〉
  • アニメイト:限定版特典CD「愛神編」
    心の内を表現できる様になりつつある『あなた』だったが、匝瑳は帰国しなければならず。
  • ステラワース:限定版特典CD「桂冠編」
    現在、『あなた』は匝瑳をシアタールームで待っていた、手足は拘束されたまま、そして。
  • シーガル&Amazon(シーガル)共通:限定版特典CD「妖精編」
    約三十年前、匝瑳はベルリン郊外の恩師の家で『あなた』と出会う、そして。

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White