遊女悲恋 ~緋衣草の章~

Last-modified: 2020-06-05 (金) 08:09:55

製品情報

  • タイトル:遊女悲恋 ~緋衣草の章~
  • シリーズ:遊女悲恋
  • 発売日:2016/06/24
  • 価格:2,300円+税(ENT-010)
  • 対象:18歳以上推奨
  • 発売元:entremets
  • P:[[]] D:やの シナリオ:堀川ごぼこ キャラクターデザイン・イラスト:yukihime
  • キャスト:土門熱
  • ジャンル:江戸時代 遊郭 教師(宗匠) 遊女(ヒロイン) 悲恋 調教(指南) 言葉責め 足コキ ごっくん 手マン クンニ 処女 中出し 二点責め
    初回ロット&DLsiteがるまに&ポケットドラマCD R(ポケドラR)共通特典:大人のおもちゃ アナル(玩具)
  • 収録時間:69:05

    トラックリスト

    トラックリスト  

    1 秘め事の指南
    2 偽りの悦び方を
    3 唯の男
    4 間夫になりたい
    5 忘我の狭間で
  • 特典:
    ・初回ロット:特典CD「小間物屋のからくり道具」(26:32)
    ・ステラワース特典:ブロマイド
    ・DLsiteがるまに&ポケットドラマCD R(ポケドラR)共通早期購入:特典音声「小間物屋のからくり道具」(26:32)
  • 備考:
    ・2020/04/16よりDLsiteがるまににてサンプルボイス視聴、収録トラックセットのダウンロード配信販売あり
     └早期購入(2020/4/16~2020/6/30 23:59)で特典ドラマ「小間物屋のからくり道具」をプレゼント
     └「遊女悲恋」シリーズ1巻~3巻を通常よりお得にお買い求めいただける「まとめ買いパック」あり
    ・2020/04/16よりポケットドラマCD R(ポケドラR)にてサンプルボイス視聴、収録トラックセットのダウンロード配信販売あり
     └早期購入(2020/4/16~2020/6/30 23:59)で特典ドラマ「小間物屋のからくり道具」をプレゼント
     └「遊女悲恋」シリーズ1巻~3巻を10%OFFでお買い求めいただける「まとめ買いパック」あり
 

レビュー

  • 花街で花魁として生きる女たち。苦界に喘ぎ、本当の愛を捨て仮初の恋に乱れ、華やかに廓に咲き誇る。そこへ女を愛する男が現れる……
    遊郭街『艶原(よしわら)』にあるきらびやかな遊里の中でもひときわ目を引く楼閣は舛花屋(ますはなや)。艶原の中でも一流の花魁たちが並ぶ御店。しかし、華やかな舛花屋に代々語り継がれる悲恋物語があった。
  • 今作はシリーズ全3作予定の2作目となります
    全編ダミーヘッドマイクで収録。甘い囁きを愉しむのはヘッドホン推奨です。静かな場所でお一人で聴いてください。
    彼の吐息が貴女の耳をくすぐります。
    淫らな言葉も、甘い囁きも、快楽の声もひとりじめ。
    大人な貴女に贈る秘密のドラマCD。
  • 時は文化文政時代の始め。
    艶原(よしわら)遊郭の初出し前の遊女たちに客を悦ばせる性技を仕込む師匠、『宗匠』として生計を立てている緋扇(ひせん)は貴女の仕込みを任される。
    専門家として決して遊女に特別な思いを抱くことはなかった緋扇だったが、貴女には何故か他の女には感じなかった『何か』を感じていた。
    その思いは一体何なのか。
    数ヶ月後、緋扇は貴女の座敷に客として上がることに決めた――。
    「オレがお前さんに仕込むのは……夜具の上で男を悶えさせるための手練手管だよ」
    「まずは……接吻の仕方だ。オレの唇を吸いなさい」
    「今だけオレに惚れてるフリをすればいい……」
    「……ああ……いいよ……。そう、オレの目を見て……。ああ……その目も舌も……たまんないねぇ……」
    「……どこがいいんだい? 教えなさい……」
    「……ま、ここに上がったら、もうオレは宗匠でも緋扇でもねぇ、ただの客だ。さあ……」
    「ああ……やっと……お前さんの中を味わえた……」
    「……そんなにオレのでイキたいのかい?」
    「誰と肌を重ねても、思い出すのは――。……もし、お前さんもそうだったら……」
    「……どんな男にも連れてけね、深ぇ深ぇところに連れてってやるよ」
    初めて契りを交わし、ふたりは互いが激しく求め合っていたことに気付いてしまう。しかし、艶原で生きていく限り結ばれることは叶わない。
    数カ月後、なんとか理由を見つけて登楼した緋扇と貴女は貪るように愛し合っていた。そんなとき、けたたましい鐘の音が鳴り響く――――。
  • キャラクター:緋扇(ひせん)
    艶原にて、新人遊女に客を悦ばせる手練手管を調教する “宗匠” と呼ばれる職に就いている男。
    普通の町人の家(父は大工・母は和菓子屋の大店に勤務)に生まれる。十代前半よりその美貌が女性たちの目を引くようになり、色事にはまりだす。
    そんな中、元艶原の高級遊女であった某大店主人の妾に “宗匠としての才能がある” と言われ、この仕事に興味を持ち、後に師匠となる宗匠“緋笙”に弟子入り。修行を積み二十歳前後で一本立ちした。
    容姿の良さを最大限に利用し、新人遊女たちの気持ちを逆手に取るように “色恋” を利用した調教が得意で、彼に指導された遊女は最高の “艶” を見につけることができたため、艶原では人気の宗匠となった。
  • 《宗匠》とは
    遊郭で遊女たちに閨房術を仕込む業師のこと。
    男性を喜ばせる性技(手・舌・膣・唇等全身を使った愛撫)を教える。
    宗匠として遊女を仕込む際は本番行為はしてはならないという掟がある。従って膣を使用した技を教える際は処女を破らないよう気を配り、浅めの位置のみで感覚を覚えさせる。
    なお、客として店に上がることに関する縛りはない。まれに楼主に請われ、初出し後の遊女の接客をチェックしたり、再教育を施すこともある。
  • 《緋衣草》
    花言葉:燃ゆる想い
  • 一人称「俺」、「お前さん」呼び。 -- 2020-01-21 (火) 21:21:02

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White