ALICE with MADHATTER

Last-modified: 2020-03-07 (土) 05:56:55

製品情報 Edit

 
 

レビュー Edit

  • 気がつくとあなたは森の中を歩いていた。ただ闇雲に歩を進めていると、浮かれた鼻歌が聞こえてくる。音の方向に駆け出すと、広場に出た。広場の真ん中には、真っ白なテーブルクロスをかけられた大きなテーブルが鎮座している。テーブルの上には、ティーカップやティースタンドが所狭しと並んでいて、皿に乗せられた山盛りのお菓子の所為で、広場は甘い匂いに包まれていた。
    「……あれ? お客さん?」テーブルの脇には値札が付いたままの帽子を被った男が、ティーポットを持って立っていた。
    「アリスだろう? ここに来た女はみんな『アリス』だと相場が決まってるんだ。違うと言うなら、名前思い出してみなよ? ……ほら、もう思い出せない……」
  • 場面切り替え無し! あなたが不思議の国に迷い込んだ瞬間から始まる、淫靡なリアルタイムティーパーティーへようこそ!
    ※本作には淫語・卑語が修正なしで含まれます。
  • キャラクター:いかれ帽子屋(いかれぼうしや)
    不思議の国に迷い込んだあなたが、最初に出会った男性。表向きは被っている帽子を売っているのだが、実は……。
    普段は終わらないお茶会で人を小馬鹿にしたような謎かけをしては、困惑する相手を見て楽しんでいる。
  • アニメイト&DLsiteがるまに共通:特典CD「狂乱のお茶会編」
    脱力したあなたの隣で、帽子屋は紅茶に口をつける。
    「ふむ……なんてことだ。すっかり冷めてしまっている」
    帽子屋は、おもむろに手にしていた紅茶をあなたへかけた。悲鳴を上げて驚くあなたに、帽子屋は口を開く。
    「こんなに冷めきって渋みが出ているお茶なんて、飲めたものじゃないだろう? だから君にかけたんだ。……あぁ、まだ分からないのか? いらないからかけた訳ではない。飲むつもりだから君にかけたんだよ。こうやって……」
    帽子屋はあなたのびしょびしょに濡れた頬に舌を這わせる。
    「ほら、アリスの香りのフレーバーティーが出来上がり。……さぁ、大人しくして」
  • ステラワース:特典CD「無限のお茶会編」
    いつまでもここにいる訳にはいかない。あなたはこの世界から脱出する為の手掛かりを探しに、さっさとお茶を飲んで広場を出て行こうとするが、帽子屋に『ゲームをしないか?』と、提案される。
    「紅茶が蒸れるまでの三分間。アリスは僕のお膝に座る。……大人しく座っていることが出来たらアリスの勝ち。フフッ、立ち上がったら負けだよ、アリス……。……君が勝ったらお茶を淹れてあげよう。負けたらお茶はおあずけだ」
  • 最後のトラックにキャストコールあり -- 2017-11-17 (金) 19:24:04
  • 帽子屋に目の前のビンに跨ぐような格好を指示され、ビン中に愛液を出すような指示オナ強要エロいです -- 2019-02-06 (水) 10:33:10
  • クレイジーだけどゾクゾクするほど理知的な演技、さすが佐和真中さんです! -- 2020-03-07 (土) 05:56:55

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White