Top > -戦闘編-

-戦闘編-

Last-modified: 2015-04-20 (月) 08:51:34

編集:coco

 

戦闘編〜射撃〜 Edit

試合に勝つためにすること、何がありますか?
偵察?cap?いえいえ、射撃です。この射撃を成功させないと試合には負けてしまいます。
当たり前ですがとても大事です。
敵を撃ったのに当たらなかった。とても勿体無いと思いませんか?
だって当たればそれだけHPが減って敵も行動が制限されるのに。
HPが低い状態で戦場をうろうろしたいですか?HPの低い状態で前線に出たいとは思いませんよねー。
お金も勿体無いです。

では射撃を成功させる極意、教えちゃいます!

射撃をするときは停止して、サークル(移動すると広がるやつ)が完全に収束するのを待ちます。
射撃目標を視界に捕らえ発砲します。
キャプチャ62a.png

 
敵に照準を合わせた状態で右クリックすると自動で照準が敵を追ってくれますが、
動いている敵相手では上手く当たらなかったり、弱点をしっかり狙えません。
出来る限り自力で敵の弱点を狙いましょう。

走行中の敵を撃つのは至難の業です。これを偏差射撃といいます。
焦らず相手の速度と自車両との距離を見極め、射撃をしましょう。
戦車によって砲弾の速度は変わるので、経験がものを言うかも。
コツとしてはこっちに向かってくる時に撃つか、ターンの瞬間に撃つようにすれば
誤差もあまり無くて当たりやすいです。
キャプチャ63a.png

戦闘編〜立ち回り〜 Edit

これは戦車によって異なってくるのですが主にHT(重戦車/Heavy Tank)について話していきます。
 
HTは装甲の厚さと高火力が売りの戦場で1番重要な戦車です。
その反面、足は早くないので立ち回りが重要になってきます。
基本、軽/中戦車に視界を取ってもらい前線で戦います。
絶対に前に出過ぎないようにして下さい。初期砲でも大切な戦力です。
1両いるかいないかでは雲泥の差、月とすっぽんです。
 
当たり前ですが、何も無いところで交戦すれば集中砲火を食らうので
岩や建物などのあるところで交戦して下さい。撃ったら隠れる、コレゼッタイ。
交戦中は基本昼飯の角度を取って下さい。
相手が高火力なら尚更です。下の画像がちょうどいい例ですね。
8e0c8559n1.jpg

今回はヒメルズドルフを例に昼飯・豚飯・ハルダウンについて解説します。
ヒメルズドルフは主にC3・C7またはG3・G7で重戦車による砲撃戦が行われます。
ここを突破されると街への侵攻を許し、一気に戦線が崩壊します。
侵攻を許さないためにも昼飯・豚飯を活用して損害を最小限に抑えます。
これが基本となる昼飯です。側面を隠しての狙撃です。
正面から見た場合、見える部分が極端に少ないことがわかります。
それでいて角度がついていますので、跳弾しやすくなります。
shot_002_1.jpg

 

こちらは砲塔が後ろについている場合に有効な豚飯です。
または正面に弱点がある場合にも有効です。
この場合、低い障害物でも砲塔だけを晒すといった応用もできます。
shot_004_0.jpg

 

こちらは初心者の方でよく見られる悪い例です。
側面をさらけ出しているので、履帯を切られるといい的になってしまいます。
もし敵がこのような格好をしていたら、飛び出した所で履帯を切って味方に倒してもらうなどしましょう。
shot_005_0.jpg

 

続いてハルダウンの説明です。
ハルダウンは坂や稜線を越える、または頂上付近から砲塔だけを出して攻撃することです。
画像のT20(アメリカtier7中戦車)のような頭が低く俯角の取れる戦車だと車体を晒すことなく一方的に攻撃できます。
相手からしてみれば俯角のない戦車では攻撃できず、逃げるしかありません。
この場合は一旦下がり誘き出すか、側面をとるなどして対処しましょう。
ハルダウンする場合は、T29のような俯角が取れる砲塔の硬い戦車がお勧めです。
shot_012.jpg

戦闘編〜待ち伏せ〜 Edit

さて待ち伏せについてですが、これ自体は別に難しいことでもなんでもありません。
ただ単に敵が来るのを止まって待てばいいのです。
FPSのゲームでは基本待ち伏せした側が圧倒的に有利です。
こちらは照準を定めていれば敵が自分から来てくれるのだから、とてもうまうま。
WOT、戦車戦でも待ち伏せはとても有効な戦術です。
草むらに隠れれば、大抵相手を先に見つけられ、先に攻撃可能ですから。

待ち伏せ方法、次の内多くが当てはまる待ち伏せはとても安全で効果的な待ち伏せとなります。
・草むらで、待ち伏せ
・後述する15mルールを駆使する、待ち伏せ
・射撃後に見つかる可能性も考えてすぐ車体を隠せる場所で、待ち伏せ
・スカウトしてくれるLT、MTと一緒の、待ち伏せ

街マップでも待ち伏せ
待ち伏せは草むらが生い茂る郊外じゃないとダメだって?
そんなことはありません、街マップだって待ち伏せは有効です!

まずこのように敵が来る道から離れた壁に陣取り、車体前部(車体の露出が少ないほう)だけをだしておきます。
前述した豚飯を使用するのもありですが、味方が周りに居る場合、特に自分よりtier上の車両が来たら邪魔になるので、豚飯は時と場合を選んで使用してください。
後は敵が来るであろう方向に砲身を向け、照準しておけばオーケー
この時敵車両から50m以上離れていればより有効です。(図1)
zu11.png

もし気づかれていなかった場合、敵はこちらに横っ腹を見せてくれます。
そこを射撃!!
すかさず全力後退!!
敵がこちらに砲塔を回す前に離脱できます。

もし気づかれていた場合でも、こちらは照準完璧状態、相手は移動後に照準を絞るのでこちらが圧倒的に有利となります。(図2)

またこの時敵の駆動輪を撃ち抜けば、敵の履帯が壊れ、避難の時間稼ぎか履帯ハメの可能性が出てきます。
zu22.png
 

戦闘編〜弱点〜 Edit

黒森峰の学校からティーガーIを借りてきたのでこの戦車を使って説明します
f0d27543n_1.jpg
 まほさんが居る場所、キューポラと呼ばれる部位。
基本的にキューポラの装甲は低いのがほとんどです。(例外あり)
ティーガーはほかの戦車に比べてキューポラが出っ張っているのでこまめに砲塔を回転させると良いでしょう。
 
車体下部は基本的にどの戦車も脆いです。
履帯の上の部分に弾薬庫、車体正面下部の予備履帯裏にトランスミッションがあるので出火の原因にもなります。(ver更新で出火判定は無くなりました)

しかしながらティーガーIとタイマンするときは注意して下さい。
HPは1500とティア7中1位のHP保有量です。装甲が薄いからといって侮っていると痛い目に会いますよ。

戦車によって弱点は異なります。正面は硬ーい戦車でも、実はこんなところが薄いんだよ、というポイントもあったります。WoT日本語wikiに書いてあることが多いです。

戦闘編〜意外と知らない15mルール〜 Edit

茂みに隠れてると見つからない。これはもうご存知ですよね?
ではワンランク上の技を教えちゃいます!
それは15mルールというスキルです。
茂みに隠れていたら見つからない、でも発砲すればその効果は消えてて敵に見られてしまいます。
ここで15mルールを知っている人は茂みに入らず茂みの後ろ15m(スコープ除いて茂みが透明にならない位置,柿Pさん談)に陣取って発砲します。そうすれば敵に見られないまま攻撃を加え続けられます。
bandicam 2014-08-07 10-21-03-830_1.jpg
しかし、その敵を自分の視界によってスポットしている場合は、しばらくするとスポットが切れてしまう場合があるので、基本的に他の味方が視界をとっているときに使いましょう。