Top > Ext > interface > Navigation Keys
HTML convert time to 0.006 sec.


Navigation Keys

Last-modified: 2014-02-05 (水) 06:31:44

拡張機能 - Navigation Keys Edit

ジャンル操作
バージョン
特徴ページ内移動キーを各サイトに適用する[e]
人気投票数 0  [投票ボタン]
対応Fx
edit/refer
edit/refer
対応Tb
edit/refer
edit/refer
日本語
edit/refer
最新版入手先Navigation Keys :: Versions :: Add-ons for Firefox [e]
ミラーサイトAdd-ons for Firefox[e]
制作者サイトfotodio.de|fotos, ideas and other stuff [e]
英語
非公式版サイト[e]
関連サイトNavigation Keys|fotodio.de [e]

説明・詳細 Edit

ページ内の見出し間を上下に移動するキーを割り当てて、コンテキストメニューから各サイトに適用可能にします。
ページ内の見出しを構成する要素等を選択したり任意で指定する事もできます。
NextPleaseと併用しNextPleaseのキー設定をNavigation Keysのキー設定に合わせた場合、見出し間の移動と前後ページ間の移動を同じキーで連続的に実行する事ができます。

 

設定項目

  • Key for next element
    ページ内で次の要素(セレクタ)へ移動するキーを記入する。
  • Key for previous element
    ページ内で前の要素(セレクタ)へ移動するキーを記入する。
  • Reload preferences into addon
    変更したキー設定を適用する。
 

未設定時のコンテキストメニュー項目

  • Add this website
    ここに記入した半角数字に近い数値を持つ出現回数のセレクタを、設定したキーで移動する箇所に決定する。
  • List all selectors
    • no
      各セレクタの番号が表示される。
      ここの番号と同じ半角数字を下の入力欄に記入して「OK」を押すと、設定したキーで移動する箇所のセレクタが決定される。
  • occurrence
    各セレクタの閲覧ページでの出現回数が表示される。
  • selector
    閲覧ページで使用されている要素やクラス名のセレクタ(タイプセレクタ/クラスセレクタ)が表示される。
  • Enter own selector
    セレクタを記入して「OK」を押すと閲覧ページで使用されているセレクタの出現回数が表示され、
    更に「OK」を押すと記入したセレクタが閲覧サイトで使用される。
 

設定時のコンテキストメニュー項目

  • Remove this website
    閲覧サイトの設定を削除する。
 

NextPleaseの設定項目

  • General
    • Next Key
      Navigation Keysの「Key for next element」と同じキーに設定する。
      設定は再起動後に反映される。
  • Prev Key
    Navigation Keysの「Key for previous element」と同じキーに設定する。
    設定は再起動後に反映される。
 

関連拡張機能:NextPlease

 

コメントはありません。 :Comment/Navigation Keys?

コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White