Top > ブキ > スクリュースロッシャー
HTML convert time to 0.294 sec.


スクリュースロッシャー

Last-modified: 2017-06-09 (金) 17:46:22

基本性能 Edit

スクリュースロッシャー振りかぶり12F
連射間隔34F
ダメージ76.0〜38.0, 38.0〜38.0
インク消費7.0%
移動速度0.80*1
補足シューターで言う拡散値は地上、空中ともに0°
その他補正なし

何とも個性的、かつ強烈な見た目をした新型のスロッシャー
その「軽さ」のパラメータの低さとは裏腹に取り回しは良いらしく、機動力が他のスロッシャーよりも高い。
そして何よりも「スクリュー弾」という全ブキ中でも類を見ない特殊な性質を持つ、かなり異質なスロッシャー

マイナーチェンジ版である【スクリュースロッシャーネオ】も存在する。

セット情報 Edit

スクリュースロッシャーサブウェポンスプラッシュボム
スペシャルウェポンボムラッシュ
スペシャル減少量小(40%)
射程55
攻撃力95
軽さ45
開放条件ランク12
備考2015/11/28アップデートで追加

ゲーム内紹介 Edit

洗タク機を軽量化し、ナワバリバトルに
使えるように改良したブキ。
発射する弾に回転する力が伝わり、
弾の周囲にも攻撃できる。

ブキチ解説 Edit

メインのスクリュースロッシャー
スロッシャータイプに新発想で
ヒネリを効かせたアイデアブキでし!

シロモノ家電の王様、洗タク機の機構から
着想を得ることで、ヒネリの効いた
スクリュー弾が撃てるでし!

スクリュー弾は直撃による攻撃力と
ウズになって飛び散るインクでの
けん制がミリョクのブキでし!

サブのスプラッシュボムと、
スペシャルのボムラッシュとの
組み合わせで戦場を混乱のウズに
おとしいれるでし!

運用 Edit

メインウェポン性能】
インク消費量はバケットスロッシャーとほぼ同じ。
他のスロッシャーと比べると撃ちながら歩く速度が速く、また正面に撃った際に足元を素早く塗れる。
そのため総じて機動力が高いのが長所。1発のダメージも若干ながら高い。
対して、後述するが有効射程はバケットスロッシャーよりも短く、連射もバケットスロッシャーより遅いため、その分キルタイムも遅くなっている。
しかも、直撃判定の攻撃範囲までもがスロッシャーにしては極端に狭く、単純な平面での戦闘能力ではバケットスロッシャーにかなり劣っている。
しかしながら、その攻撃判定の狭さが逆に糸を通すような攻撃を可能にしている。具体的には、バケットスロッシャーが肩出し射撃を狙ったり壁の多い場所で戦ったりすると弾がかなりカベに吸われやすいが、スクリュースロッシャーではほとんど吸われず、狙った場所に撃ち込みやすい。
ガチヤグラにおいても同様で、ヤグラを正面や横から狙う際、バケットスロッシャーのインク判定が柱に吸われやすいのに対し、スクリュースロッシャーのインク判定は柱に吸われにくい。ただし、柱の上からヤグラ全体にインクを被せる場合は、バケットスロッシャーの方が当てやすく強力である。

 

最大の特徴は【スクリュー弾】
弾の周りに渦が発生する特殊な形状であり、「弾」と「渦」の二種類のダメージ判定がある。

  • 渦部分のダメージは、弾の最大ダメージの半分で固定(ギアパワーによる補正がない場合、38.0)
    高さ減衰などの影響も受けない。
  • 渦の判定がヒットしても弾は消えずそのまま飛びつづける。(試し打ち場の並んだイカ風船に連続ヒットできる)
  • 金網を貫通することと、軌道の周囲にも渦のダメージ判定があることを除けば、弾の軌道や、着弾と当時に直撃部分とその周囲にダメージ判定が発生する点など、その特徴はクイックボムに似ている。斜めに打ち上げると最大射程に達した後、急速に弾が落下する特徴がある*2
  • 当たり判定は少しずつ拡大していって、最大射程で最も大きくなる。その後は縮んでいくようだ。
  • 弾の部分が当たるとガキンというクリティカルヒット音が鳴る。
    照準が×になっていなくても(斜めに打ち上げても)、弾の部分が当たればクリーンヒット音が鳴る。
    相手との高低差によりダメージ減衰がかかった場合、クリーンヒット音は鳴らない。
  • 弾の部分の当たり判定は狭く、きちんとエイムしないと弾の部分に当たらない。
    バケットスロッシャーよりも正確なエイムが要求される。
  • 他のスロッシャーに比べると高所から低所へ撃った場合のダメージが減衰しにくい。
    • 試し撃ち場の一番高い金網の高さから近くにあるバルーンを攻撃すると、
      バケットスロッシャーヒッセンだと30〜35%ダメージが減る。
      これに対し、スクリュースロッシャーは10%も減らない。
      このくらいの高さからでも、弾が当たりさえすれば射程ギリギリでない限り確2の威力を維持できる。
      攻撃力アップを積むと、確2射程が伸びていく。
      また、かなりの高所でも、目標との水平距離が近いと直撃扱いとなり、ダメージの減衰は無くなる。
 

【射程について】
カタログスペック上の射程はバケットスロッシャーよりも若干長いが、これは渦部分のカス当たりを含めたもの。
渦部分のダメージは確3であり、連射が遅いこのブキで確3では、有効射程とはとても言えない。
実質的に撃ち合いでの有効射程と言えるのは、直撃できる(確2が取れる)射程だろう。
そうなると、試し撃ちライン3本分まで相手に近付かなければならない。試し撃ちライン3本分より少しでも遠くなると、直撃は難しくなる。
長射程シューターにはもちろん劣り、有効射程で考えればL3リールガンスプラスピナーバケットスロッシャーにも劣る(バケットスロッシャーは先端に掠るだけでも最大ダメージが入るため、確2が保証されている)。
中射程シューターにも、少しでも近付かれると危ない。
このように、戦闘力と射程が共に劣るブキであるため、中射程以上のブキと正面から接敵した際には、まずは退却することを基本とし、慎重に立ち回りたい。
スロッシャーのセオリー通り、障害物を利用しつつ立ち回れば、渦によるクリアリング性能やスロッシャーの特性により先手を取りやすい。もし先手を取れたなら、そのまま相手の射線を通さずに一方的に攻撃しやすい。ただしカス当たりでは逃げられやすいため、倒すなら予め攻撃をガン積みしておくか、あるいはキチンと弾を当てたい。

 

【塗り性能】
塗り範囲はスロッシャーよりもブラスターに近く、軌跡の塗りは細いが着弾点の塗りは広い。
よって、他のスロッシャーとは違った塗り方が求められる。
また地面に向けて直接撃っても塗り範囲が狭くならないため、ブラスターともまた違った塗り方が可能。
いずれにせよ、着弾点の塗りの広さを生かして塗ると、かなり効率良く塗れるだろう。カニ歩き塗りをしても、効率良く塗れないので注意。
他のスロッシャーと同様、高さと距離が合わさると塗り範囲が狭くなる。
だが、スクリュースロッシャーの場合は着弾点付近の塗り範囲の減衰が非常に大きい。
高所から低所へ、かつ遠くに放つと、着弾点付近の塗りがかなり弱くなってしまう。
同じ高さの場所を塗る分には、遠くに撃っても着弾点の塗りはそれほど狭くならない。
また、壁塗りはそれほど得意ではない。壁を塗る場合は壁に近づかないと広く塗れない。

 

【ブラスターとの違い】
このブキの特性はブラスター系、特にラピッドブラスターに近いものとなっている。

 

【ブラスター系と比べて良い点】

  • 機動力が高く、足回りが良い
  • 連射力はノヴァブラスターRブラスターエリート並に高いので、ガンガン撃てる
  • 撃った後の隙もラピッドブラスター並に小さい
  • 壁の裏にも曲射で攻撃が届く
  • 時間で炸裂することなく必ず床に着弾するので、落差のある段差直下でも狙いやすい
    渦に関しては発射から着弾まで攻撃判定があるため、即効性と持続性で優位性がある
    • ただし落差のある場所だと着弾点付近の塗り範囲は狭くなる点には注意
  • スクリュースロッシャーの球は、高所からでない限り、床に直接当てても塗り範囲が広い
    • 着弾点の塗りの広さも相まって、塗り効率はブラスターに比べて段違いに良い
  • 軌跡の攻撃判定が横に広めで、近距離でも渦が当たる
    • ブラスターは爆発射程よりも近距離に入られると直撃でしか当たらなくなるが、スクリュースロッシャーは近距離で直撃できずとも渦は当たる。ただし、渦を当てられるからといって近距離に強いというわけではない。既にダメージを負った敵を倒しやすい、という程度。
  • ブラスターは弾が直撃した場合は爆風が出なくなるのに対しこちらは途中までは渦が出るため、直撃した相手以外にも渦でダメージを与える事が出来る。

【ブラスター系と比べて悪い点】

  • 有効射程は、ラピッドブラスターはおろかロングブラスターよりも短く、ホットブラスターよりも若干長い程度。それなのにダメージもラピブラより若干劣る。
  • 軌跡部分とは逆に、着弾点付近の攻撃範囲は、ラピッドブラスターにも劣るほど狭い。
  • 連射力もラピブラに比べると若干遅い。すなわちキルタイムも遅い。
    • インク消費はラピブラより軽いが、肝心の射程もキルタイムも劣るので、基本的な対人性能はほぼラピブラの劣化。機動力の高さや独特の弾の軌道など、特殊な対人性能をイカして戦いたい。
  • 渦のダメージが低め
    • ラピッドブラスターのカス当たりよりは威力があるが、着弾点近くの部分でもダメージは増えない。安定の確3。
  • 弾の軌道が直進ではなく放物線なので、慣れないうちは狙いにくい
  • 高所から低所へ放つと塗り範囲が狭くなる
    • 落差が大きい場所だと、ブラスターよりも塗り範囲が狭くなる
  • 連打する必要があるため、ブラスターに比べて指が疲れやすい
    攻撃ごとにボタンを押す性質上、最速で連射しようとしてもムラが入る余地がある
     

スプラッシュボム Edit

メインは壁むこうや障害物、高低差に有効な放物線を描く攻撃を得意とする。
このサブも似た放物線を描く攻撃手段のバリエーションとなっている。
ボムの爆風ダメージが入ればメインの直撃ダメージで倒せる可能性が上がるため相性は良い。
だが、すぐにインクが枯渇するのが悩みどころ。
メインだけでも十分牽制が出来る上スペシャルで大量に投げられるため、ボムラッシュ時以外はメインでの塗りを優先する方が良いだろう。
しかしメインだけだと単調になりがち。
近距離に近寄られた際の置きボムといった小技も覚えておくと役立つだろう。

 

ボムラッシュ Edit

他のスプラッシュボムラッシュ持ちに比べ、メインでの足場確保が容易でゲージも貯めやすいので比較的安全に発動できる。
ボムで中〜遠距離を牽制、攻撃しつつ、足元が悪くなればすぐにメインでフォローできるため崩されにくい。
ラッシュ中でもすぐにメインに切り替えられる柔軟さを身に付けよう。

 

オススメギアパワー Edit

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
以下はほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。
 

  • 攻撃力アップ
    99.9でカンストさせたいが、57積んで1.3倍ダメージにしても98.8止まり。ウズダメージも49.4である。
    とは言え、わざわざ限界まで積まずとも、直撃ダメージを95前後にするだけでも擬似1確は望める。
    ウズダメージはインク踏みダメージが50でストップする関係で擬似1確にはならない。
    ウズを当てると相手の足元を塗りやすいためスリップダメージを与えやすく、擬似2確は容易に望める。
    攻撃3(サブ1個)積むことで防御33に直撃+ウズで倒せる。防御メタとして数個積むのも効果的。
     
    他のボムラッシュでも言えることだが、攻撃13でスプラッシュボムカス当たりの30.0ダメージを33.4にすることができる。袋小路に追い込んだ相手を倒せる頻度が増すので、ここを一つのラインとするのも良いだろう。
    もちろん防御力アップで崩されるので、プラスアルファを積むとより効果的。
     
    攻撃力アップ防御力アップによる確定数の変化は以下の表の通り。
     
    攻撃力アップ確定数変化備考
    0防御29まで
    3防御33まで
    6防御42までスプリンクラー、ビーコンをウズダメージで壊せる
    9防御無視
    13スプラッシュボムカス当たり33.4ダメージ
    57直撃98.8ダメージ
     
  • ボム飛距離アップ
    遠距離に対応したいなら必須。これが無いと遠距離攻撃手段が無くなる。
    メインでは届かない距離まで牽制出来るようになるため、敵の前線を下げて味方をサポートするなら最適。
    ボムラッシュでの塗り範囲を大きく増やすことができる。遠距離をボムで制圧し、近距離はメインでカバー出来るため、ギアパワーを存分にイカせる。
     
  • インク効率アップ(メイン)
    渦という特殊な当たり判定がある関係で射撃継続時間を伸ばして相手に攻撃し続ける時間を拡張することは有効。
    倒せたかもしれない相手にインク不足で空振りして倒せなかった経験のあるイカは検討の余地があるだろう。
     
  • イカダッシュ速度アップ
    塗りを重視しつつ、メインの機動力をイカすなら。
    必須というわけではないので、無理に積む必要はない。
     
  • 安全シューズ
    メイン一振りの隙が大きく、足を取られた際に即座に動く事が出来ない為、それを軽減出来る恩恵は大きい。また、得意とするシューターとの撃ち合いをさらに強化出来るのも魅力的。

小技等/その他 Edit

イカバルーンがダメージを回復する瞬間はダメージを受けない。
その瞬間に弾を直撃させると多段ヒットしてヤバい音が鳴る。かなり痛そう。
また、バリアダイオウイカ等の無敵スペシャルに対しても渦が多段ヒットするため、ヤグラの上の無敵スペシャルには強い。

 

試し打ちの巨大風船に密着して真上に打ち上げると上昇時の渦と下降時の直撃が順番に命中する。
しかし、直撃のダメージが半減するため合計ダメージは普通に直撃させた場合と同じ。
直撃のダメージが単純に本体+渦の合計ダメージとなっているか、他のスロッシャー同様に一振りの上限ダメージが設定されていると思われる。
高台から撃ったダメージ減衰の緩やかさから見るに、威力固定の渦と高度で威力減衰する本体で構成されていると思われる。

 

余談
追加前は基本軽量の流れを汲み、重量級スロッシャーだと思われていた。

 

コメント Edit


旧コメント欄





*1 Ver.2.7.0で0.72から上方修正
*2 シューターの弾やボム投擲でも同様の処理がされる。おそらくこのゲーム内での物理法則がそうさせているのだろう。