Top > Splatoon指南
HTML convert time to 0.299 sec.


Splatoon指南

Last-modified: 2016-05-19 (木) 00:45:04

初心者指南 Edit

XMoR459f_400x400.jpeg
よく来たなペーペーのイカども!
ここでは右も左もわからん貴様ら田舎モンの為に、イカに上達するかのコツを教えよう!
ハッキリ言って…まだキミはダサイ!

このページをよく読んでイカした上級者イカになってくれ!

基本操作編 Edit

最初に操作の仕方を熟知しよう Edit

操作方法は基本中の基本だ。
まずは本サイトにある「操作方法」ページと「Splatoonの取扱説明書」に一度目を通しておこう。
操作方法」ページにはジャイロ操作のコツについても書かれているぞ!
またオプション項目のカメラ感度で、カメラの動くスピード調節ができる!
人によって最適な操作設定は違ってくる。自分の好みで調節するといいぞ。
他にも設定等で困ったら、説明書だけでなく本サイトの「FAQ」ページも参考にしてほしい。

一人でもイカせる練習場所があるぞ! Edit

操作に不安や疑問があるだって?それならブキチの店にある「試しうち場」*1
それにロビーでYボタンを押すことでいける「さんぽモード」がオススメだ!
あせらず、ゆっくりと練習できるぞ!まずは自分を知るところからだ!
特に試しうち場ではテキのダミーになるイカフーセンが設置されている。
ブキの弾がどこから届くのか?威力は?インクはどれだけ使う?いろいろなことが実験できる。

フーセンから学ぶ基礎知識

もう一段上の操作に慣れるなら、「ヒーローモード」を利用するのもいいだろう!

ヒトとイカの切り替えを使いこなせ! Edit

イカで潜ってぇ!ヒトで塗るっ!
CMでおなじみのイカしたプレイヤーの基本動作だ!
ヒト状態でブキを使ってインクをビチャビチャ飛ばしたら、ZLボタンでイカ状態になってインクに潜ってセンプクだ!
インクにセンプクした状態でのイカした動きはすご〜く重要だ!

  • センプク移動はとにかく速い!
  • 塗った後なら壁も登れる!
  • イカダッシュからのジャンプは遠くまで飛べる!ステージの意外なところを渡っていけるぞ。
  • 戦闘でもイカ状態なら見つかりづらい!
    センプクを活かして相手の横や後ろに回り込めば一方的に勝つこともできる。
    正面から撃ち合って勝ってもそれはただの運だ。上を目指すのなら相手の虚をついて無傷で勝て!

こまめなインク補給で持久戦をこなせ! Edit

インクにセンプク中は動きだけでなくインクの回復もスピーディ!
こまめに潜ってインクの補充は欠かさないようにしよう!
撃ちすぎてインクが少なくなったら物陰や角などの安全な場所でセンプクして素早く補充しよう。
インクがなくなってしまうと、塗れない戦えないとイカしたバトルに参加できないぞ。

ちなみに残りのインク量は背中にあるタンクでも確認出来る。
また、タンクのランプが点灯中はサブウェポンが使える合図だ!

効率の良い塗り方を身につけよう! Edit

塗るときに地面の塗り残しが気になってうつむいてばっかりになっていなイカ?
ほとんどのブキは水平〜少し上寄りにすると一番広く塗れるぞ!イカした顔を上げてプレイしよう!
細かい塗り残しが気になるだろうが、いくらきれいに塗っても後で相手のインクが塗られるかもしれない。
塗り返しは日常茶飯事!細かい塗り残しなら無視するぐらいが効率的だ!

また、Yボタンで向いた方向を固定したまま真横に移動する"カニ歩き"をしながら塗ると無駄が少ないぞ!
他にも塗る→イカ移動→塗る→イカ移動→…と繰り返しながらこまめに塗る動作を覚えよう。
塗って減ったインクが移動中に回復することで無駄がない!う〜んイカしておる!
 
どんなブキでも、塗りを重視すればナワバリバトルで600ポイントは稼げるぞ。
はじめは低くても良い!300→400→500ポイントと徐々に目標ラインを上げて試行錯誤しよう。
次第に目標を超えるためには、相手を倒す必要が出てくることに気付くだろう。
つまり戦闘の技術とは、塗りができた次のステップの話しだ。
まずはキチンと塗り広げる基本を身に付けよう!

そのスーパージャンプ!ちょっと待て! Edit

前線に一直線に駆けつけられるスーパージャンプはイカしたワザだが、使いこなすのは難しいワザだ。
スーパージャンプ中は着地地点にマーカーが現れる!
それを見つけた相手に着地直後ヤられてしまうことも初心者にはありがちなミスだ。
さらに選んだ味方がイカセンプク状態で隠れていた場合、マーカーのせいで見つかってしまい二人ともやられてしまう事もある。

 

そういった事態を起こさないためにもスーパージャンプをする前にマップをじっくり見よう。
飛びたい仲間の周辺に相手のインクがあるかどうかの確認をすれば、着地点にテキはいないと判断できる!
それだけで着地狩りされる頻度を格段に落とすことができる。
安全にジャンプできない状況であれば、無理をせずに泳いで行った方が良い場合も多いのでキチンと判断しよう。
そして忘れてはならないのはスーパージャンプはいつでも可能なこと。
相手に囲まれてこのままではやられてしまう!倒されたらせっかく溜めたスペシャルもなくなっちゃう…。
そんな時はスーパージャンプでスタート地点へ帰ろう!
別にスタート地点限定のワザじゃないぞ!

立ち回り編 Edit

違うインクは敵近し! Edit

塗られてるインクが自陣のものとは別の場合、その近くに敵がいる可能性が非常に高い。
中央の主戦場以外にインクの道ができているからといって不用意に塗り直ししていると、センプクしていた相手にやられることもある。
壁際、曲がり角などこちらから見えない位置は特に要注意だ。
距離を置いて塗り直す、ボムなどの遠くからの範囲攻撃で確認のために攻撃してみるのも有効だ。
逆に自分の周りが安全なら、こちらから待ち伏せを仕掛けてみるのもいいぞ!

危なイカな?と思ったならすぐ逃げろ! Edit

今、キミが相手を見つけたとしたら最初に判断するのは何か? それは相手の向きだ!
相手が自分の方向を向いていたらまずは逃げろ! キミが正面から戦ったらまず負ける!
ヤられてからリスタートするまでの時間&前線に行くまでの時間を考えたらヤられないことが肝心だ!
逃げる際には後ろに逃げるだけじゃなく、障害物なども活用してとにかく距離をとれ!
逃げることは恥ではない、後で塗り返せばいいだけだ!

ゲームパッドをよく確認しよう! Edit

オンラインでは自分と仲間が4人、相手も4人居てフィールドではインクが目まぐるしく飛び交う!
自分の行動だけで精いっぱいになって、他のプレイヤーがどこで何をしているのか分からなくなりがちだ。
しかしイカしたプレイヤーになる為には3人の仲間の存在を意識することが大事だ!
テレビ画面の情報だけでなくゲームパッドの画面で戦況を確認していくことが上達への早道だ!
目を逸らす余裕がないというのであれば、仲間と一緒に行動してみよう。
そうすることで自然と攻め時・守り時を合わせることが出来るぞ!
操作に余裕がでてきたら、ルールやブキに応じた周りの助けになる行動を考えられるようになるだろう。
それまでに周りのプレイヤーを見て学び取っていこう!

落ち着いてマップが見れない?ならセンプクだ! Edit

戦況を知る上で非常に大切なのがゲームパッドのマップのチェックだ。
とは言え、棒立ちのままゲームパッドを見ていたらすぐにヤられてしまうのは当たり前。
そんな場合には物陰などでイカセンプク状態にすればいい。
インク補給をしつつ、マップをかなり安全にチェックできるようになるぞ。

 

そして相手にヤられた時でも復活までの数秒間はゲームパッドを確実にチェックできる。
ヤられたのは悔しい!でも一旦気持ちを切り替えて次の行動を最善のものになるよう情報収集しよう。
仲間と敵の位置や塗り範囲、攻められているエリア、安全なエリアなどを確認して、再スタート後からすぐに戦いを続けられるようにしよう。

イカした動きは壁にあり! Edit

壁を塗ってもナワバリバトルの勝敗判定に影響はない。
しかしバトルを有利に進めるためには要所要所の壁塗りは決して無駄じゃないぞ!。
バトル中で追っていた相手にいきなり後ろからやられたりしたことはなイカ?
それは障害物や壁に塗られたインクを伝って手早く周り込むテクニックだ。
有利な位置の確保や逃げからの反撃、目的地までのショートカットと様々な場面で利用できる。
キミが使わなくてもそこにインクの道があれば誰かが使ってくれるかも知れない。
特に壁が塗りにくいローラーやブラスターの味方は大助かりだ。
チーム戦では見えない貢献も必要だぞ!

要所を意識しよう! Edit

ある程度慣れてきたらマップ・ルールごとの要所を意識しよう。
マップのどこも等しく戦場になるか?と言えばそうではないことが、プレイしていると分かってくるだろう。
レギュラーマッチガチマッチいずれにしても、抑えておきたい・取られるとやり辛い場所というのがある!
その要所が分かったら、更に自分のブキでそこに何ができるかも考えておくのがイカすプレイングの秘訣だ。

知識を蓄えよう! Edit

ブキ毎の特徴やルール、splatoonにおける悪手、良手といったセオリー(理論)
…を理解することはとても重要だ。
とりわけ初心者にとっては何が良い行動なのか、悪い行動なのかその判別すら難しいだろう。
なぜなら知識が経験者と比べれば少ないからだ!
ゲームをプレイする中で学ぶのもいいが、経験者からの知識、情報を頭にインプットすることも勝ちにつながるぞ!

経験者の話しに耳を傾けよう! Edit

さて、君の一番身近な経験者で知識豊富な頼れるお方を紹介しよう。
ズバリ、「ジャッジ君」その猫である!
審判をしてくれる「ジャッジ君」だが、普段はロビー前に寝ている。
彼からはたくさんの試合から見てきた中でこれがポイント!という非常にタメになる「知識」をしゃべってくれるぞ。
wikiでも「ジャッジくんのアドバイス」というページに発言がまとめられているので参考にしてほしい。
また、記事中で良くわからない用語や単語は「イカしたSplatoon用語」や、「小ネタ・テクニック」のページも知識の宝庫だ!知らにゃソンソン!

ブキの特徴を理解し、長所は避け、短所を攻めよう Edit

例えば最初から持っているブキ『わかばシューター』、これは連射が早くインクが長持ちするシューターだ。
サブのスプラッシュボムで射程と火力を補いつつ塗り進み、スペシャルが貯まったらバリアを使い仲間と共に一気に状況を変えられる。
攻め入るのが得意なブキか、守りを固めるのが得意なブキか、それぞれのブキの長所を活かしつつ相手のブキの弱点を突いていこう!
それぞれのブキセットについて有志がたくさんの記事を書いてくれているので当wikiの各ブキページを参考にしてみよう。

いろんな武器を使おう! Edit

ブキの特徴を理解するには自分で使うのが一番だ。
自分でブキを使うと、「これが強い!」「あれをされると困る!」という長所と短所が出てくるはずだ。
そして、そのブキが相手になった時は長所に気をつけ、短所をせめてやればいいというわけだ!
特に射程はわかりやすいのでまずは一通り試し撃ちしてみることをお勧めするぞ!

射程と引き撃ち Edit

長い射程の相手に短い射程のブキで挑むのは不利なのはわかっているかな?
相手の射程を確認することは有利に戦ううえで一番簡単で大事なことだ!
splatoonでは相手のインクが飛ぶ距離が地面から判断できる。
まずはセンプクして相手の射程を確認してから、どのように戦うか方針を決めよう。

  • 相手が自分より長い射程の場合。
    自分よりも遠くまでインクを飛ばしてくる相手に、初心者であるキミが戦っても勝算は低い!
    であれば逃げて他の場所を塗る方が試合に役立つだろう!
    もしボムのような遠くまで飛ばせるサブウェポンを持っているなら、
    それを投げつけてから逃げるのがより賢い逃げ方だ!
    消費したインクも逃げるうちに回復するし、けん制にはなっているはずだ。
    苦手な相手は他のプレイヤーに任せて自分の得意な相手と戦おう!
  • 相手が自分より短い射程の場合。
    これならキミでも勝算はある!
    相手の飛ばすインクが届かない位置から一方的に攻撃しよう!
    この際に役立つテクニックを教えよう。それは「引き撃ち」だ。
    相手を撃破するには、1発、2発、3発、と何度も弾を当てるために時間がかかる。
    とくに初心者は弾が正確に当たらないことも多く、撃破にかかる時間は長くなる。
    最初に相手の攻撃が届かない位置から攻撃し始めても、時間がたつにつれて相手が近づいてくれば安全ではなくなってしまう。
    そのために射撃する時は「後ろに移動しながら(引きながら)射撃」しよう!
    こうすれば相手が近づいてきても再び距離が離せるため、安全に撃つ時間が引き延ばせる。
    相手が逃げるようなら逆に近づけばオーケーだ。

無理に悪手をとらず、カンタンな良手を着実に。 Edit

どんな時でも悪い行動、良い行動というものがある。
例えば相手をキルすることは良い行動だ。
でもそのためにやられてしまったら…?一転して悪手、悪い行動となってしまう。
そのスーパージャンプ!ちょっと待て!でもあるようにリスクとリターンを考え行動しよう。
splatoonにおける一番の基礎で簡単な良手は「塗って陣地を広げること。スペシャルを発動すること」
つまり「デスしないこと」でもある。
リスクを取らずにまずは小さくても確実なリターンを集めて試合に貢献しよう。
また、本当にリスクを取る必要があるのか?他の手段はないのか?いっぱい考え、頭脳戦をも楽しもう!

落とし穴編 Edit

開幕の自陣塗りは逆効果!? Edit

開幕でスタート付近を熱心に塗っているプレイヤーは感謝されるどころか、むしろ足を引っ張るとみられることもあるぞ!
主な理由は、単純に時間効率が悪いこと。「要所を意識しろ!」の話を思い出してほしい。
開始直後はとりわけイカに要所を抑えるかが焦点となるのだ。
単純に前線に向かわないことで「味方3人vs相手4人」と数で不利になることも明らかだ。
それに敵にやられて復活したプレイヤーは必ずスタート地点からリスタートする。
つまりスタート付近は何度もプレイヤーが行きかうので塗るチャンスもたくさんある。
また、安全にスペシャルゲージを稼げるポイントでもあるため、開幕で浪費してしまうのはもったいないぞ!

ただし、これはあくまで「試合開始直後から、時間をかけて自陣を塗ろうとすること」であることに注意。
自陣塗りそのものは極めて重要で、自陣をおろそかにしたばかりに数%の差で負けてしまうこともままあるのだ!
試合中盤以降の、戦線への復帰を急ぐことばかりに気を取られてしまうことのないように注意しよう。

間違った団体行動は避けるべし! Edit

仲間と行動することのメリットは理解できているな?
しかし、仲間に近づきすぎるのはよくないぞ!
ボムやスペシャルウェポンでまとめて倒されてしまったり、塗る場所が被ってしまってはもったいない!
また、インクは味方にダメージは与えないが貫通もしない。仲間の射線を遮ってしまうと塗り効率が下がるし、攻撃における多人数のメリットも損なわれてしまう! 
4人で色んな角度から攻めるのがバトルを有利に進めるコツだ!

おわりに Edit

ここまで色々言ってきたが、いきなり全部のコツを掴むのは不可能だ!とにかく実践あるのみ!
どんなイカも失敗を繰り返して上手くなっていったのだ!キミもイカしたプレイヤーにきっとなれる!
また各ルールでの立ち回りをもっと知りたいなら、レギュラーマッチ指南ガチマッチ指南を読んでみてはイカがかな?
いつか同じフィールドで君と戦える日を楽しみにしているぞ!
イカ、よろしく〜〜〜!

ブキ指南動画(公式) Edit

ブキ毎のイカした立ち回りはこの動画でチェックだ!

脱・初心者指南 Edit

もう少し詳しい情報を知りたいときに
 

コメント Edit


旧コメント欄





*1 装備カスタマイズ画面からでも試し打ちができる。ブキチの店からなら購入していないブキも試し撃ちできる。
*2 シール1枚=メインギア1個相当、複数貼られているものほど防御力は高い。
*3 デス時にたまっていた量から40%、60%、75%減