Top > 動作環境
HTML convert time to 0.022 sec.


動作環境

Last-modified: 2014-08-19 (火) 00:25:18

公式動作環境(2014.04.09 日本公式) Edit

 
必要動作環境推奨動作環境
CPUAMD Athlon64 3200+以上
IntelPentium 4 3.20GHz
AMD Athlon 64 X2 6000+以上
Intel Core2 Duo E6750 2.66GHz
メモリ2GB以上
グラフィックカードRadeon X1600XT以上
GeForce 7600GT
Radeon HD 3870以上
Geforce 8800GT
HDDの空き容量フォルダダウンロード時:30GB以上
DVDインストール時:60GB以上
※インストール時に一時的に必要になる作業用容量も含みます
対応OS日本語版 Windows Windows Vista(SP2)/Windows 7(SP1)/Windows 8.x
DirectXDirectX 9.0c以上

※この動作環境は2014年4月9日時点のものです。今後のアップデートにより変更になる場合があります。
※この動作環境を満たしているパソコンでも、パーツ構成などによりゲームが正常に起動しない場合があります。
※TERAのインストールは、Windowsの管理者権限で行う必要があります。
仕様を満たさない利用環境からサービスを利用しようとする行為は利用規約により禁止されています。

 

※推奨環境とは快適にプレイできる環境の事ではないので、混雑した大都市や大規模な戦闘エリアなどでは、推奨スペックPCでも重かったりタイムラグが発生する場合が多くあります。快適にプレイしたい人は推奨スペックよりかなり高い性能を搭載したPCでプレイする事をオススメします!


新規購入であれば、Windows7 64bitがオススメ
※32bitOSに起因すると思われるメモリ関係の不具合があるため。蔵落ちが頻繁に発生します。

グラフィックカード Edit

最近のグラフィックカードにおける性能判断参考例

必要動作環境以上推奨動作環境以上
GeForceRADEONGeForceRADEON
GT520HD5450GTX550TiHD6750
GT620HD6450GTX650TiHD7750



最近のPCであればほとんどの場合CPUは必要動作環境以上の性能を持っており、
デスクトップであればスリムPC対応の安価でロープロファイル対応のグラフィックカードを増設するだけで
簡単に必要動作環境を満たすことができます。
※ただし、快適にプレイするには推奨動作環境よりかなり高い性能のグラフィックカードを搭載できるPCで、
そのグラフィックカードの性能を活かせるだけの高性能なCPUが搭載されている必要があります。

自分のパソコン性能を調べる方法。 Edit

  • XPの場合
    スタート→名前(ファイル名)を指定して実行→dxdiag と入力→OKを押す→一覧が現れます。
  • 7/Vistaユーザーの場合
    スタート→「プログラムとファイルの検索」で→パフォーマンスの情報とツール と入力
    →「パフォーマンスの情報とツール」をクリック
    →「パフォーマンスとシステムに関する詳細情報を表示および印刷します」をクリック→一覧が現れます。
  • ツールを使ってもっと詳しく見る方法。
    http://hardware-navi.com/hw32_343.zipにアクセスして HWiNFO32 というツールをダウンロードします。
    ダウンロードをしてきたら、ファイルを解凍→hwinfo32.exeファイルをダブルクリックします。→RUNをクリックすると、hwinfo32が使用PCのハードウェア情報を収集し始めます。→PCで使用されているハードウェアの情報が出てきます。

オプション設定 Edit

  • 設定項目
  • 撮影者スペック
    (Windows7[64bit],IntelCorei7-2600,RAM4GB,GTX550Ti,1920x1080)
    ※通常プレイ時は自動設定でプリセット5に設定されます。
     
  • 最低オプション時 (プリセット0)
    File not found: "Preset0.jpg" at page "動作環境"[添付]
     
  • 最高オプション時 (プリセット6)
    File not found: "Preset6.jpg" at page "動作環境"[添付]
     
     

実動作例 Edit

TERAは、クライアント側でfps80までしか出ないようになっています。GPU温度があまりにも高い場合は、60前後に固定した方が負荷が少なくなり動作が軽くなる場合があります。*やり方はデータを弄るのでここには載せません。

実動作例
 

HDD vs SSD Edit

起動時間とペガサス移動時のフレーム比較表 引用: it毎日記事

SSD:Intel X25 - M G2 MainStream
SATA SSD 80GB
HDD:普通のハードディスク
キャラ選択画面までの起動時間18秒38秒
キャラ選択からゲーム接続までの時間25秒50秒
ペガサス移動時フレーム8050代〜60代
 

■比較動画1(ゲーム起動〜ゲーム内接続 引用:it毎日)

Error: Flash Player Cannot Installed.

 

■比較動画2(ゲーム起動〜ゲーム内接続、フィールド移動)

Error: Flash Player Cannot Installed.

 

通信環境 Edit

■ping値の差
下の動画は迅速の契約(攻撃速度上昇)を使用し、ping値の異なるソーサラーの通常攻撃連打を比較したもの
ping値はエリーンが20〜50、キャスタニックが250〜300

Error: Flash Player Cannot Installed.

 
 

コメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • Win7 64bit i7-2600 RAM4G GTX550Ti 1920x1080 でヴェリカ、カンストリアはカクカク。プリセット5 -- 2013-04-05 (金) 17:20:29
    • →GTX660に変更でカクカク解消。RAMのほうはTERAのみで常時3.8G程度使用してました。 -- 2013-04-05 (金) 17:23:50
  • ちなみにGTX680では3画面サラウンド表示でプリセット6に設定した場合でもどこでもヌルヌル。 -- 2013-05-13 (月) 16:32:27
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White