Top > BМ-8-24
HTML convert time to 0.010 sec.


BМ-8-24

Last-modified: 2017-08-17 (木) 12:34:17

車両名 Edit

shot 2015.11.05 21.47.01.jpg

車両情報(v.1.53) Edit

必要経費 Edit

必要開発費(RP)-
車輌購入費(GE)3850
乗員訓練費(SL)2300
[予備役]購入費(GE)40
[護符]購入費(GE)-

基本性能情報 Edit

報酬・修理関係 Edit

ABRBSB
リワード(%)50+5070+7080+80
開発ボーナス(%)+124
最大修理費(SL)---
最大修理費(SL)
最大改良状態
7609701100

車両性能 Edit

ABRBSB
Battle Rating2.32.32.3
RankI
車種TD
 
初期最終
重量(ton)5.8
エンジン出力(hp)63
3,400rpm
最高速度(km/h)43
最大登坂能力(°)33
砲塔旋回速度(°/s)8.9
仰俯角(°)-3/40
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
35/15/25
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
25/25/25
再装填時間(sec)10.4**.*
武装プリセット1

基本武装 Edit

名称(戦車砲)搭載弾薬数
主砲M8 rocket launcher24

弾薬 Edit

名称弾種弾頭重量
(kg)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
M8SSM7.8260242424242424

車両改良 Edit

車両改良

スキン Edit

名称条件説明
Standard初期スキン
 
スキン画像(クリックで表示)

研究ツリー Edit

前車体
派生車体
次車体

解説 Edit

ソ連のプレミアム車両で、イベント配布のカチューシャを除けばソ連唯一のロケット装備車両。いつでも入手可能なロケットランチャー車輛としては唯一となる。ロケットは24発でABならば撃ちきってもリロードが可能なため積極的にばら撒いていこう。ロケットは精度が悪く、爆破範囲も大きくはないので近距離から直撃狙いでばら撒くのが良いかと思われる。
俯角がほとんど取れず、ロケットの位置も高いため密着されると当てられなくなるので注意が必要。また、装甲はほぼ無いも同然、乗員も2名だけのため殺られるまえに殺るという戦法を徹底することが推奨される。

史実 Edit

本車両は第二次世界大戦においてソビエト連邦が開発・運用した自走式多連装ロケット砲の一つで、『82mm BM-8ロケット砲』の24連装発射機をT-60軽戦車に搭載している。愛称は後述する『BM-13』と同じく『カチューシャ』。

このロケット砲の構造は非常にシンプルで、ロケットの燃料には黒色火薬またはダブルベース火薬(ニトログリセリンとニトロセルロースの混合薬)が使用され、発射機はロケット弾を上下に載せられる鉄製レールを平行に並べて柵状にしたガイドレールと、それを支え、方向と射角を調整するための支持架で構成されている。
またシンプル過ぎるあまり、発射機にもロケット弾にも照準器はついておらず、発射するロケット弾の重量や射程距離から射角を算出しおおよその方角に向けて発射された。
その上、ジャイロ効果によって弾道を安定させる為の回転も無く、大量生産によって品質の悪化したロケット弾には全く持って命中精度が期待できなかった。
だがしかし、ソビエト的物量はこのロケット砲の命中精度の悪さを十二分に補える圧倒的弾量を常に供給し続け、1945年までに545万発に及ぶロケット弾を生産した。
特に戦車部隊を用いても攻略の難しい防衛陣地に対して飽和攻撃することで、防衛施設をピンポイントに破壊することはほぼ無理だったものの、突撃する味方部隊を強力に支援した。数多くの弾が止むことなく振り続けるので兵士の心理的ダメージも大きかった。

また、搭載している『82mm BM-8ロケット砲』や、拡大版の『132mm BM-13ロケット砲』の発射機は戦車の車体の他、トラックや装甲列車にも搭載され、さらには発射機のみを地面に設置されて運用される場合もあった。

コメント Edit

誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモードの明記をお願いします。

旧コメント欄(クリックで展開)

情報提供 Edit

車輌データ提供・ページ編集などについての話題はこちら