Top > Type 94
HTML convert time to 0.066 sec.


Type 94

Last-modified: 2017-01-14 (土) 01:35:14

日本 RankI 自走式対空砲 九四式六輪自動貨車(九八式二十粍高射機関砲装備仕様) Edit

k0uSWxJ.jpg

概要 Edit

Ver1.65にて実装された日本戦車ツリーのランクI対空車両(日本版テクニカル)。初期車両相手であればある程度活躍できる20mm機関砲を備えている。ぶっちゃけこれが同格日本車両で一番強い

車両情報(v1.65) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)***
車両購入費(SL)***
乗員訓練費(SL)200
エキスパート化(SL)1000
エース化(GE)20
エース化無料(RP)96000
バックアップ(GE)20
護符(GE)190

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング1.3 / 1.3 / 1.3
RP倍率1.0
SL倍率0.2 / 0.3 / 0.4
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

車両性能 Edit

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)28.2⇒41.2 / 24.5⇒35.2
俯角/仰角(°)-9/82
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
3.9⇒*.*
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
15 / 1 / 15
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
0 / 0 / 0
重量(t)5.3
エンジン出力(hp)99⇒122 / 62⇒70
2,000rpm
最高速度(km/h)65 / 60
最大登坂能力(°)36⇒43 / 39⇒41
視界(%)75
乗員数(人)3

武装 Edit

名称搭載弾薬数
主砲20mm Type98 cannon400

弾薬*1 Edit

名称弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入
費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
既定API-T/HEFI-T/HEFI-T---464533231511
Type 100 HE-THEFI-T0.136.082921
Type 100 AP-TAPI-T0.6-8294645332315111

車両改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯******
修理キット
砲塔駆動機構
弾薬開発1
IIサスペンション******
ブレーキシステム
手動消火器
火砲調整
弾薬開発2
IIIフィルター******
救急セット
昇降機構
弾薬開発3
IV変速機******
エンジン
追加装甲
砲撃支援

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前車両
派生車両
次車両Ta-Se
 
 

解説 Edit

特徴 Edit

−−加筆求む−−

 

【火力】
ランク1相手なら徹甲弾で対戦車戦闘が可能。また、20mmなので、対空戦闘もしっかりこなせる。

 

【装甲】
装甲は無に等しい。乗員3人のうち、2人は外にさらされているため、機銃掃射を受け残り1人になって、撃破・乗員交代待ちになりかねない。動き回って弾を回避しよう。
なお、後ろが砲手と車長と銃座しかなく、当り判定が小さいので弾を横にすり抜けさせるというような器用なこともできなくはない。

 

【機動性】
トラックなのでこのランクでは比較的高速である。

 

史実 Edit

−−加筆求む−−
九四式六輪自動貨車(きゅうよんしきろくりんじどうかしゃ)は、1930年代中頃に大日本帝国陸軍が開発・採用したトラック(自動貨車)。通称は九四式自動貨車、九四式トラックなどとも呼ばれる。
本車は日中戦争(支那事変)・ノモンハン事件・太平洋戦争(大東亜戦争)において、日本軍における主力軍用トラックとして使用された代表的な貨物・人員の輸送用車輛である。開発時、機甲部隊や自動車化歩兵などの機械化部隊に追従できること、また特殊な地形でも行動できる兵站自動車部隊(輜重兵)で使用できること、構造が堅牢であることが要求されており、帝国陸軍のバックアップ(潤沢な資金力・開発生産体制 )、厳しい検査基準、頑丈な統制型エンジンなどにより、当時の国産車としては極めて良好な性能・信頼性を備えていた。また、商工省の決定した標準自動車の部品を使用しており、九三式乗用車や九三式六輪乗用車との部品の互換性も高かった。

積載量は舗装路では2.5t、未舗装路の場合1.5t

歩兵部隊・輜重部隊・砲兵部隊・工兵部隊・機甲部隊・航空部隊(飛行戦隊・飛行場大隊)や後方支援部隊などにおける輸送用途だけでなく、軽量の野戦砲・速射砲・高射砲の牽引車、荷台に九八式二十粍高射機関砲を搭載しての自走式対空砲など、各兵科(兵種)では改修を施して特殊用途にも用いられた。

なお本車のベースとなった6輪トラックは、自動車工業株式会社(現・いすゞ自動車)他の企業が1926年(昭和元年)頃からおのおの民間向けに製造していたものであった(いすゞ TU10型)。軍用保護自動車として選定されたトラックは、軍用自動車補助法に基づき、民間へ販売される際に政府が補助金を交付しており、これにより自動車産業の育成と、自動車そのものの保有台数の強化に努めていた。有事の際には軍が民間の車両を買い上げて使用する計画であったが、大部分は期限が切れ、民有のままであった。

小ネタ Edit

 弾倉はいずこ…?

本車両は旧動車工業株式会社(現・いすゞ自動車)他が民間用に開発した六輪トラックが元になっている。
その為本車を見ればわかる通り、荷台に20ミリ機銃(正式名:九八式二十粍高射機関砲)がポン付けされただけの非常にシンプr…いや、質素で簡素な設計になっている。
が、その関係かは解らないが予備弾倉(マガジン)が何処にも存在していない。
(実装されている他の対空トラックにおいて、予備弾薬や予備弾倉が搭載されていないのは独対空ハーフトラックの「sd.kfz. 6/2 with 3.7-cm Flak 36」のみ)

…これは「誘爆の危険が無い」と見るか、「リアリティが無い」と見るかはプレイヤー達の判断に任せようと思う。

 

 「私は車」

本車両機銃の横に何をするわけでもなく突っ立って戦闘中は空を眺め装填の手伝いもしない。
しかも恐ろしい事に機銃が旋回すると姿勢を変えずすり足で旋回する彼。
恐らく史実では装填手か指揮者のどちらかであろう。(資料が足りません、情報求ム)

だが実装されたばかりの現在、X線表示で何者なのかカーソルを合わせると、何と表記は「車」*2
彼は本車に宿る妖精か、それとも付喪神の一種なのかも…?

 

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら兵器データ編集状況まとめのコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)




*1 爆薬量はTNT換算
*2 2016年12月24日現在全ての車両で車長は車表記であることを注釈しておく