Top > Type-62
HTML convert time to 0.065 sec.


Type-62

Last-modified: 2017-02-03 (金) 19:41:52

ソビエト RankIV 軽戦車 Type-62 Edit

shot 2017.01.11 12.26.17(1).jpg

概要 Edit

ソ連陸ツリーのランクIV軽戦車。日本時間で2016年12月24日00:00〜2017年1月16日16:00の間に開催されたイベント、『War Thunder Winter Holiday』にて景品として登場。イベント期間中に陸タスク12個のうち10個を獲得することで入手できた。
同じくイベント報酬のLVT(A)(4) Zis-2と並んで、WarThunder初の中華車両である。

車両情報(v1.65) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)-
車両購入費(SL)-
乗員訓練費(SL)87,000
エキスパート化(SL)300,000
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)10
護符(GE)1,700

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング6.7 / 6.7 / 6.7
RP倍率1.72
SL倍率0.9 / 1.3 / 1.5
最大修理費(SL)2,300⇒*** / 3,050⇒*** / 4,000⇒***

車両性能 Edit

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)5.9⇒10.9 / 5.9⇒9.3
俯角/仰角(°)-5/22
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
11.2⇒***
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
25 / 25 / 16
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
50 / 35 / 32
重量(t)20.5
エンジン出力(hp)666⇒954 / 380⇒500
2,000rpm
最高速度(km/h)78 / 70
最大登坂能力(°)27⇒41 / 30⇒41
視界(%)83
乗員数(人)4

武装 Edit

名称搭載弾薬数
主砲85mm Type-62-85-TC 戦車砲47
機銃12.7mm DshK 機関銃300
機銃7.62mm SGMT 機関銃3,200

弾薬*1 Edit

名称弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入
費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
BR-365AAPHEBC9.21647921421391231059181
BR-367APCBC9.274.8792159155143131122110100
BR-367PAPCR5.4-1020230229202173147125290
3BK2HEATFS7.31590842300600
O-365KHE9.56467809

車両改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯5,2008,900
修理キット
砲塔駆動機構
IIサスペンション3,500***
ブレーキシステム
手動消火器
火砲調整
BR-367P
IIIフィルター6,500***
救急セット
昇降機構
IV変速機6,400***
エンジン
追加装甲
砲撃支援
BR-367P

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前車両
派生車両
次車両
 
 

解説 Edit

特徴 Edit

85mm砲を備える中国国産の軽戦車。イベントで入手できる車両だが未改修で護符は付かず、通常ツリーにも組み込まれない特殊車両扱いとなっている。当初BR5.7で実装されたが、直後にHEATFSを追加しBR6.7に昇格した。

 

【火力】
85mm砲はこのBR帯では平均的な火力だが、初期状態では砲塔旋回がかなり遅く、至近距離に回り込まれると苦戦するだろう。まずは砲塔駆動機構の改修を優先したい。主砲の俯角は-5度しか取れず、地形を慎重に選ぶ戦闘を強いられる。初期砲弾のBR-365Aは炸薬こそ多いが貫徹力が劣るので、BR-367に置き換えたい。開発を進めると、貫徹力300mmを誇るHEATFSを使用できるようになる。機銃関係は充実しており、7.62mm同軸機銃に加え砲塔上に強力な12.7mm機銃を持ち、対空能力も備える。

 

【装甲】
装甲は軽戦車らしく機銃を防げる程度で、特に車体は薄い。
だが車体前面や砲塔は避弾経始に優れた形状になっており、ある程度の跳弾は期待できる。
弱点として車体各所に砲弾が搭載されている。搭載弾薬数を37発以下にすると砲塔から砲弾を無くす事ができ、さらに21発まで減らすと車体側面からも砲弾が無くなり、操縦席横の砲弾ラックのみとなる。

 

【機動性】
初期加速が良く平地ではABで60km/h弱、RBでは43km/h前後でスムーズに走行できる。
特にRBではT-34-85よりもトップスピードに優れ、ワンランク上の走行性能と言える。
後退速度も10〜11km/h出せ、重量の軽い軽戦車ならではの良好な機動性を持つ。

 

史実 Edit

62式軽戦車(62しきけいせんしゃ 62式轻型坦克・WZ-131)は、ソ連からの技術供与の元開発に成功した59式戦車(T-54のライセンス生産)を小型化したような外観の中国初の国産戦車である。
中国は59式戦車での戦車生産を元に、本格的に自国での戦車開発が開始されたが、技術的限界から59式戦車、つまりT-54を元に企画された。

59式戦車では山岳、水田、河川などの劣悪な環境では運用しづらく、62式戦車はそこでの運用に耐えうるように設計された。
兵装は59式戦車に搭載された105mmライフル砲より小型の62式54口径85mmライフル砲を採用。
1978年までに1,200輌以上が生産され国内だけでなく海外にも数多く輸出された。現在でも500輌近くが運用されている。

小ネタ Edit

説明通りT-54をそのまま小型化したような戦車である。
これは劣悪な環境にて運用できることを意識した設計であるが、T-54の生みの親であるソ連でも同じようなT-54軽量版が構想されていた。
これは、冬季にベーリング海峡が凍結しアメリカ軍がここから陸上部隊を派遣してくると考えていたため、泥濘地であるシベリアにてT-54軽量版で迎え撃つためである。
しかし、実際はそこを通って侵入されるなど杞憂であり、元々T-54は配備数が多かったためにシベリアに常駐させれば済む話となり、この計画は破綻してしまった。

 

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら兵器データ編集状況まとめのコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)




*1 爆薬量はTNT換算