月下美人

Last-modified: 2019-04-29 (月) 17:11:40
月下美人(ゲッカビジン) 闇★7
コスト53売値7950神具3
奥義薄命恋香
[固有]味方の闇と光属性式神の防御力がが超上がる
(闇光壁結界)
秘術光属性ボスのダメージを半減
入手方法大荒神戦~真昼の月下美人~?
★7★7+★7++★7MAX
攻撃力15800~20250攻撃力17850~22900攻撃力18950~24300攻撃力20800~26650
防御力20100~25750防御力22700~29100防御力24100~30900防御力26450~33900
月下美人月下美人+月下美人++月下美人MAX


★7 Edit

獅郎が育てた月下美人の花から生まれた精。まだ力が弱く、昼間は眠りについている。自分を育ててくれた獅郎のことを大切に思っており、彼を笑顔にできるはずの新月の夜を心待ちにしている。

「私の小さな主様。私が咲けば主様の母君もきっと、貴方を褒めてくれるわ」

★7+ Edit

進化した月下美人。獅郎が育てた月下美人の花から生まれた精。まだ力が弱く、昼間は眠りについている。自分を育ててくれた獅郎のことを大切に思っており、彼を笑顔にできるはずの新月の夜を心待ちにしている。毎夜、月下美人の元に訪れては愛を囁いていた蝙蝠のことを最初は疎ましく思っていたが、現在は求婚を受け入れるほどに愛しく思っている。

「一夜限りの花であるはずの私が、花開いた日に妖となって、お嫁に行けるなんて……」

★7++ Edit

進化した月下美人。獅郎が育てた月下美人の花から生まれた精。新月の夜に開花するはずだったが、自分を育ててくれた獅郎の母が亡くなってしまったことから、泣きじゃくる獅郎のために真昼に花を咲かせた。獅郎のことを大切に思っており、彼を笑顔にできるはずの新月の夜を心待ちにしていた。毎夜、月下美人の元に訪れては愛を囁いていた蝙蝠のことを最初は疎ましく思っていたが、現在は求婚を受け入れるほどに愛しく思っている。

「間に合わなかった。私が、もう少し早く咲けばよかったのに……」

★7MAX Edit

進化した月下美人。獅郎が育てた月下美人の花から生まれた精。新月の夜に開花するはずだったが、自分を育ててくれた獅郎の母が亡くなってしまったことから、泣きじゃくる獅郎のために真昼に花を咲かせ、恋人である蝙蝠が迎えに来る前に枯れてしまった。獅郎のことを大切に思っており、彼を笑顔にできるはずの新月の夜を心待ちにしていた。毎夜、月下美人の元に訪れては愛を囁いていた蝙蝠のことを最初は疎ましく思っていたが、現在は求婚を受け入れるほどに愛しく思っていた。

「泣かないで、私の小さな主様、私の愛しい蝙蝠さん。どうか、みんな、笑っていて……」


入手条件 Edit

月下美人を自発で20体討伐
特別指令4日目条件達成
50,000,000討伐pt達成
討伐ptランキング500位以内
討伐ptランキング777位