horrorシリーズ

Last-modified: 2023-11-29 (水) 01:22:08

horrorシリーズ

horrorシリーズ.png

シリーズ紹介

まだきれい兄貴の単発ホラー淫夢劇場シリーズ。BGMを多用せず、SEを駆使して視聴者を怖がらせるのが本作の特徴。話の内容はオリジナルと原作ありの怖い話(洒落怖等)を融合させた話や、友人の恐怖体験を再現した話など、目新しさが強いものが多く、数多くのホラーを読み漁った兄貴達でも楽しむことができる。

制作者紹介

まだきれい兄貴

代表作

短編ホラー劇場(まだきれい兄貴)(2016-2019)
・本作(2019-)

シリーズ本編

守る先輩.horror

鈴木に肝試しに誘われた三浦と木村は、一足早く集合場所の下北沢駅に到着する。寝不足になるほど幽霊が怖がっている三浦が何故今回の肝試しの誘いに乗ったのか…、気になった木村は三浦に質問してみる。すると、三浦は鈴木がいるからだと答え…。

大晦日の怪.horror

1か月以上前から、鈴木は深夜の1時~2時辺りに聞こえる鐘の音に悩まされていた。三浦と木村に相談をしてみるも、そんな音は聞こえない、耳鳴りか何かではないかと一蹴されてしまう。鈴木自身も夜更かしが良くないのかと考え、早く床に着いてみるものの効果はなかった。その鐘の音はそれほど大きくなく、音の変化も起きなかったため、最初は無視できていたが…。

追突&海岸沿いの道.horror

原作:海岸沿いの道(元記事不明)
ドライブを楽しんでいた野球部は、運転手のDBのよそ見により不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう。DBに代わって、車から降りて運転手に謝罪しに行くTDNであったが、相手の運転座席を見て見ると…。

おりろ!・・・おりたな.horror

原作:洒落怖 変な駅
高校生の三浦は八王子駅に帰るために、電車に乗っていた。ゲームに気をとられているうちに、気が付くと車内に居るのが自分だけになっているのに気付いた三浦は、次第に今置かれている状況が異常であることに気づく。二時間近く経つのに一度も止まらない電車、見覚えのない景色…。不安を感じていた所、電車は見覚えのない駅に到着し…。

ニンジャなんで?(殺意).horror

原作:洒落怖 忍者ごっこ禁止令
木村がまだ保育園児だった頃、共働きの両親に代わって祖母が保育園への送り迎えを始め、木村の身の回りの世話をしてくれていた。祖母が化粧などをして構ってくれないとき、木村は”にんじゃごっこ”という遊びをやっていた。にんじゃごっこは何のことはない単調な遊びだったが、ある日祖母がこの遊びをやらない方がよいと言い始め…。

コメント

  • ①ストーリー★★★(短い中でそれなりの満足感を得られる)②編集★★★(普通。特筆点なし)③ちんちん★★(やや大きめだが火星人。完全白板で輪着用。)④投稿者の態度★★★★(人なつっこいけど、ちょっとたりなさそう)床は一部弱っていて赤テープで×印がつけられていた。マネージャーの対応は良好だった。 -- 2023-11-27 (月) 22:10:06
  • 編シュー…者兄貴の太い追記が入ってる入ってる…お疲れ様です。体調に気をつけて毎秒編集しろ(豹変) -- MDKRI? 2023-11-29 (水) 01:22:08