「遺構見物キャンプに行こう!」行って来ました!

Last-modified: 2017-05-03 (水) 16:46:19

今シーズンの社会科見学系キャンプ第1弾「「遺構見物」行って来ました!
JCJ北海道では毎年たくさんの林道ツーリングやキャンプをしているのですが、せっかくなのでプラスアルファの楽しみのあるキャンプをしよう!っと今回は産業遺構見学をテーマに道南は上ノ国まで足を伸ばしたのです。


集合場所に集まってみると天候は雪!

[000001]_R.jpg



中山峠はややシャーベットがありますが、この程度はオフロードタイヤならば問題なし。

[000007]_R.jpg



今回は途中合流組も含め5台の参加となりました。
さぁ、少しだけ長距離ですが楽しくコンボイしましょうね。

[000013]_R.jpg



・・・そして到着、「中外鉱業上ノ国鉱山跡」!
知る人ぞ知るこの遺構は当時は煤焼炉として稼動していて、マンガンなどを産出していたそうです。

[000018]_R.jpg



休山から30年以上建っていることもあり、かなり老朽化が進んでいます。

[000019]_R.jpg



撮影した炉の裏側を見ると、年数の割には金属が錆びていないのが判ります。
ジムニーもコレくらい錆に強ければ良いのに

[000029]_R.jpg



とは云っても亀裂も入り風化も進んでいるので、この威容を見られなくなるのも遠い未来では無さそうです。

[000027]_R.jpg



奥に進むと、当時に使用されていた建物があります。

[000037]_R.jpg



中には大きな機械や部品置き場等ありましたが、何の施設かは判りませんでした。
残されたカレンダーが時の流れを教えてくれます。

[000039]_R.jpg



歴史的遺構を楽しんだ我々は、本日のキャンプ地「夷王山キャンプ場」に向かいます。

[000048]_R.jpg



キャンプに入ってしまえば、いつもの通りジムニーやジムニーの話題で盛り上がります。(一部青少年には話せない内容もあったような?)
今回の一品は超熟成鹿肉!
只でさえ脂肪が少ない鹿肉から水分が抜けジャーキー風に。また、熟成により旨みがUP!

[000050]_R.jpg

スパイスと相まって上品な味わいとなってました。

KIMG0135_R.JPG



小雨の中の楽しい夜が明けると、見事に快晴!

[000057]_R.jpg



晴れ渡る空に屹立する風力発電をバックにパチリ。

[000070]_R.jpg



この風力発電の「JPOWER」ってなんだろ?

[000063]_R.jpg



さぁ、青い空のもと、今日も楽しい遺構見学に出発だ!

[000076]_R.jpg



途中、徳川幕府最強の戦艦を見学しましょう。

[000086]_R.jpg



開陽丸の威容!レプリカでも迫力を感じます。

[000090]_R.jpg



中に入ると、やはり軍艦。砲台がずらりと並びます。
奥にいる方々は乗組員のようです。

[000097]_R.jpg



乗組員人形、やけにリアルです。

[000099]_R.jpg



表情もリアルです。きっと営業時間が終わったら「お疲れ~」とか云いながらどこかに帰っていることでしょう。

[000098]_R.jpg



おぉ!これはガドリングガン!

[000100]_R.jpg

るろうに剣心が戦うやつですね。

[000101]_R.jpg



軍艦だけあり、弾薬庫等の施設が充実しています。

[000103]_R.jpg

引き上げられた武器弾薬も相当な量があり、当時の多大な作業に頭が下がります。

[000104]_R.jpg



見学を満喫し開陽丸を後にした我々は、寄り道しつつも「大金鉱山製錬所跡」を目指します。

[000130]_R.jpg

草木が生い茂らない春を狙っての探訪だったのですが。

[000158]_R.jpg

思ったよりも笹洗車な道を行き。

[000159]_R.jpg

到着しました「大金鉱山製錬所跡」

[000160]_R.jpg



この遺構、予備知識が無ければ城壁のようにしか見えず、ある年齢層の仲間達は
「○ピュタは本当にあったんだ」「バ○ス!!」などと盛り上がります。

[000161]_R.jpg



深く苔むす遺構が永い時間を過ごしたことを思わせます。

[000199]_R.jpg



所々崩れていますが、人が登れる程の強度があるので頂上を目指します。

[000164]_R.jpg



日ごろ運動不足のオッサンでも何とか登れる難易度。

[000170]_R.jpg



にしても、ますます城壁にしか見えない。
適度なボコボコ具合がボルダリングに良さそう。

[000177]_R.jpg



ソコソコ苦労して登った頂上はUFOが来そうな平らな広場。

[000182]_R.jpg



頂上に立ち、感無量(疲れてヘロヘロ)の我々はしばし大風景を楽しむ(休憩する)のでした。

[000183]_R.jpg



今回の旅の〆に遺構前で記念写真!

[000212]_R.jpg



今回は大満足の遺構キャンプ。次は何して遊びましょ?



  • 今度は、化石採掘とか面白そうじゃない? [hatena] -- ちの? 2017-05-03 (水) 16:46:19

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White