Top > サーバー構築
HTML convert time to 0.002 sec.


サーバー構築

Last-modified: 2018-01-17 (水) 06:24:28

1.Ubuntuインストール

   公式サイトからISOイメージゲット
   http://www.ubuntu.com/server
   Ubuntu Server版をインストールする事を推奨
   ※  デスクトップ版は、サーバー運用にあまり必要無いリソースが多く含まれるため
       できればリソースは回せる限りMinecraftサーバーの方で使わせたい
   CD/DVDに焼いてPCで起動

2.OSのアップグレード

   最新のISOイメージでも、個別単位でのアップデートがあるのでやる
   >sudo apt-get update
   >sudo apt-get upgrade -y

3.サーバーの時間をNTPと同期

   キーボードの設定
   >sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration
   システム設定の変更
   >sudo dpkg-reconfigure tzdata
   asia - tokyoにセット
   標準設定をする
   /etc/default/rcS
   UTC=noにする、なければ、最終行に追記
   モジュール追加
   >sudo apt-get install ntp
   設定変更
   /etc/ntp.conf
   # You do need to talk to an NTP server or two (or three).
   #server ntp.ubuntu.com
   server ntp.nict.jp
   server ntp.nict.jp
   server ntp.nict.jp
   再起動
   >sudo /etc/init.d/ntp restart
   動作確認
   >sudo ntpq -p

3.サーバーIPアドレスを固定にする

   現状の確認
   >ifconfig
   設定を一か所にまとめるための追加モジュールのインストール
   >sudo apt-get install resolvconf
   各設定を変更
   /etc/network/interfaces
   iface eth0 inet dhcpの行から下を変更追加
   iface eth0 inet static
   address 192.168.0.3
   network 192.168.0.0
   netmask 255.255.255.0
   broadcast 192.168.0.255
   gateway 192.168.0.1
   dns-nameserver 192.168.0.1
   ネットワークの再起動
   >sudo service networking restart
   ※ネットワーク系の事なので、サーバーをリブートすることを推奨

4.SSHのインストール

   外部からサーバーコントロールする場合、サーバーのコンソール画面のみなら不必要
   >sudo apt-get install ssh
   セキュリティ強化
   /etc/ssh/sshd_config内の
   PermitRootLoginをnoに設定する

5.sambaインストール

   Windowsから、ファイルアクセスを行う場合にインストール
   >sudo apt-get install samba
   共有ディレクトリの作成
   >sudo mkdir /var/samba
   >sudo chown nobody:nogroup /var/samba
   >sudo chmod 777 /var/samba
   samba設定
   /etc/samba/smb.conf 内を適宜変更
   workgroup = WORKGROUP
   dos charset = CP932Windows 側の文字コード
   unix charset = UTF-8Linux 側の文字コード
   display charset = UTF-8swat で表示される文字コード
   map to guest = Bad UserLinux に存在しないユーザーでのアクセスはゲストとして扱う
   [share]
   path = /var/samba
   writeable = yes
   force create mode = 0666
   force directory mode = 0777
   guest ok = yes
   guest only = yes
   Samba再起動
   >sudo /etc/init.d/samba restart

6.Javaのインストール

   現行インストールされているJAVAの確認
   >java -version
   JAVA本体のインストール
   >sudo apt-get install -y openjdk-8-jre
   JAVA_HOMEの設定
   インストール済みのJAVAを確認
   >sudo update-alternatives --list java
   Profileの作成
   /etc/profile.d/java.shを作成し中に
   JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-8-openjdk-amd64
   Profileの読込
   >source /usr/profile.d/java.sh
   環境変数の確認
   >echo $JAVA_HOME

7.MySQLのインストール

   >sudo apt-get install mysql-server
   インストールしたバージョンの確認
   >mysql --version
   設定変更
   >cd /etc/mysql
   オリジナルのバックアップ
   >sudo cp my.cnf my.cnf.org
   my.cnf内編集追加
   [client]
   default-character-set = utf8
   [mysqld]
   set-character-set-client-handshake
   character-set-server = utf8
   collation-server     = utf8_general_ci
   init-connect         = SET NAMES utf8
   サービスの再起動
   >sudo service mysql restart

8.minecraftインストール

   spigotインストール前提モジュール追加
   >sudo apt-get install -y git
   ビルド用のフォルダを任意に作成、以下ビルドフォルダ内
   >wget https://hub.spigotmc.org/jenkins/job/BuildTools/lastSuccessfulBuild/artifact/target/BuildTools.jar
   spigotのビルド
   >java -jar BuildTools.jar --rev 1.11.2
   出来上がった、Spigot-1.11.2.jarを、サーバー起動用のフォルダに移動して、実行すれば完了

X.不要ファイルの削除

   sudo apt autoremove
   dpkg -l 'linux-image-*'
   uname -r
   dpkg -l 'linux-*' | sed '/^ii/!d;/'"$(uname -r | sed "s/\(.*\)-\([^0-9]\+\)/\1/")"'/d;s/^[^ ]* [^ ]* \([^ ]*\).*/\1/;/[0-9]/!d' | xargs sudo apt-get -y purge