Top > 取急電鉄


取急電鉄

Last-modified: 2019-10-03 (木) 17:43:14

基本情報 Edit

会社名 取喜川急行電鉄

運営者 あげから

設立日 2018/4/7

本社地 十葉県十葉市十葉一丁目一番1号

会社の成り立ち Edit

この会社は、もともと十葉市の取喜川沿いにある車両工場からこの国の鉄道crail(craftrailway)の所有する路線十葉線につながる連絡線を、
買収し、沿線住民の足となる鉄道を敷き、さらに大都市 搶嶺丘市を目指して森林都市開発をしていく鉄道です。

活動場所 Edit

Twitter  あげから  https://twitter.com/hlin84008?lang=ja

youtube あげから  https://www.youtube.com/channel/UCNGxTkJf3n5yDNMIdAlcjig?view_as=subscriber

 取急電鉄開発日記
  https://www.youtube.com/playlist?list=PLuzqbhZ8-jc4Ojf_hKZjvOuBukR3i9Io7

路線紹介 Edit

取喜川線
  十葉から取喜川を結ぶローカル線で、もともとcrailの連絡線を買収して旅客化した。

森林都市線

    十葉付近の宅地化事業に乗っかって建設された通勤新線のはずだが、収益はいまいち。

匠道線
 匠道から搶嶺丘県へ延びる路線で、実質森林都市線の末端区間といっていい。

路線図 Edit

取喜川急行電鉄路線図.png

車両紹介 Edit

 取急1000系
  水音車両Aタイプを使用した車両。
  計画中の新線での運用が決まったため、最近は取喜川線を引退して車庫で長期休暇中。
取急1000系.png

 取急2000系
  森林都市線開業時にデビューした車両。
  4両固定で、主に匠道~十葉間での運用につく。
取急2000系.png

 取急3000系前期車
  取急といえばこの車両!
  全線で活躍しており、4,6,8両編成が存在する。
  近日10両固定編成も導入が予定されている。
取急3000_1系.png

 取急3000系後期車
  イメージ一新のために導入された新車。
  車内は木目調となっており、落ち着いた雰囲気である。
  基本6両固定だが、1本のみ4両固定編成がある。
取急3000_2系.png

 取急4000系
  森林都市線が匠道に延伸したときに合わせ投入された車両。
  新急車両標準を使用している。
  4両が主流で、2000系と同じく線内運用がメインだが、たまに3000系と連結して8両になっている。
取急4000系.png