根裏鉄道

Last-modified: 2021-09-22 (水) 22:46:44

会社ロゴ


 青緑は沿線の自然を表し、茶色は錆びた軌道(永代続く鉄道)を表す。

目次 [添付]

 

当社リンク

 YouTube、Twiter共に鉄道以外のことも呟いています。

動画リンクを載せる場所
準備中

 

会社情報

基本情報


社名
 根裏鉄道株式会社

 

略称
 裏鉄

 

代表者名
 藤酉(ふぢゆー)
 
 地下区間でブランチマイニングをする藤酉の画像。
 スキンは副業でやっている音楽サークルの看板娘(オリキャラ)だそうです。

 

設立
 2000年1月9日 (前身の横山電気軌道は1928年)

 

本社所在地
 卯京都 湊市 旭町 3丁目 7番地 1

 

駅数 32(設定上の数字であって、実際に建築した駅数ではありません)

路線・運行形態など

 

 

路線について

開業当初の雰囲気を残す湊駅

 裏鉄線
 裏鉄線は根裏市にある西光町駅から、同市の根裏本町駅、湊市の湊駅を経由して森田市の森田駅に至る路線である。
 横山電気軌道時代に西山線からの貨物輸送を行う為に、湊市にあった市内線を延長する形で敷設された。
 貨物の取り扱いが終わった後は、湊市の観光路線として再開発された。
 駅ナンバリングで使われる路線記号はUH。


花火大会で有名な根裏川駅。川の上にホームがあることでも知られる。

 西山線
 西山線は根裏市にある根裏本町駅から、湊市の湊新開を経由して、八又市の西山へ至る路線である。
 横山電気軌道時代、西山地域で採れる木材や石灰を輸出する目的で敷設されたが、貨物の取り扱いが終わった後は
 湊市のニュータウンへのアクセス路線として再開発され、現代に至る。
 出田駅のスイッチバックは、貨物を取り扱っていた際に響急根裏駅に線路がつながっていた名残である。
 駅ナンバリングで使われる路線記号はUN。

 

軌間について
 全線標準軌 1425mmとなっている。
 これは、反野地方からの貨物を、そのまま流せる形式にしたため。
 森林鉄道は勾配がきつく、機材を積むスペースが多く必要。
 その為、標準軌が採用された。

 

架線電圧、架線高
 W51規格 架空電車線方式
 直流1500V
 

 

事業計画

  • 路線延伸:進行中
  • 他社との直通運転:響西急行線相互直通乗り入れ中
  • 沿線の宅地開発:進行中

現在進行中の事業について

裏鉄では、響西急行電鉄及び工事区間の地方自治体と共に、
湊駅~下白沢駅付近にかけて高架複々線化事業を行っております。
この事業により、白沢地域へのアクセス向上と複々線による速達性や
周辺道路の混雑緩和を目的としています。

2021/09/22 22:44 響急根裏駅の再建がほぼ終了したため、大きな問題が見つからない限り、再び高架複々線化に取りかかります。

 

路線図


湊~反野八又までは響急線との複々線区間となる予定。

主力車両



 1000系
 水音車両様より許可を得て可変。
 2,4,6両が在籍中で
 2021年現在で活躍している車両の中で最も古い形式である。
 また、白い車体が西山線 コルゲートのある車体が裏鉄線と言う使い方をされていたが
 近年両用に改造された。


 2000系(写真右側)
 DTR車両様より許可を得て可変。
 4,6両が在籍中で全路線の有料列車以外の種別で活躍する。
 構造上他の列車と連結が出来ない為、
 4両は西山線6両は西山線の優等種別として運用されることが多い。


 4000系
 水音車両より可変。
 2,4,6両が在籍中で2・4両は湊駅や根裏本町駅で分割・増結をする運用に使用される。
 元々は1000系と同じように路線ごとに制御機器などが異なっていたが
 近年両用に改造された。
 有料列車以外の種別で使用される。


 5000系(写真左側)
 水音車両より可変。
 4,6両が在籍中で4000系の特徴を生かしつつ、ライナー運用が出来る利点を持つ。
 西山線・裏鉄線共に全種別で運用される。

裏話・あとがき

響急は裏鉄鯖(藤酉の運営するサーバー)内にある鉄道会社です。
当サーバ内では参加者全員が鉄道会社を運営できるようにしてあります。
駅数などは未だ計画であり、ゲーム上ではまだ完成はしていなかったりします。

※裏鉄鯖は現在鯖民を募集しておりません。(藤酉がPCを新調したら募集するかもしれません。)