瀬田電気鉄道

Last-modified: 2020-05-30 (土) 14:44:31

会社ロゴ

目次

  • 会社情報
  • 歴史
    現在情報が更新できていません。後日大幅修正します。
 

当社リンク

動画リンク備考
Season:01 初回【Minecraft RTM】瀬田電鉄開発記 Part.01記念すべき初回。
Season:02 初回【Minecraft RTM】瀬田電鉄開発記 Part:10湾岸線の建設開始。
:R(evolution) 初回【Minecraft RTM】瀬田電鉄開発記:R Part:01計画は地方単位へ。
最新話(:R Part:02)【Minecraft RTM】瀬田電鉄開発記:R Part:02新線計画が浮上…?
 

歴史

元々は鳥丘県内の国鉄新線となるはずだった路線を譲り受け(一部)、瀬田急行電鉄として運行を開始したのが始まりである。運行開始時には国鉄製車両を主に使用していたが、社名変更後は自社車両での運用に切り替えられている。

瀬田電気鉄道という名称は瀬田駅の使用開始とともに瀬田急行電鉄から変更されたものであるが、元々の由来として創業者の旧瀬田郡への強い思い入れがあったからとされているが、当時の資料からは、瀬田~鳥丘の路線着工時に北鳥丘急行電鉄という名前に変更する案も持ち上がっており、社内では概ね良好な評価を受けていたにもかかわらず、会合の結果としては瀬田という名称が残ったことが記されている。

 
 

会社情報

概要

鳥丘県新瀬田市に本社を置く、関南地方西部に位置する私鉄である。略称は瀬田電鉄。現在は瀬田~鳥丘を結んでいる。

基本情報

社名
 瀬田電気鉄道株式会社

 

社長
 Triple-Zeta

 

設立
 1964年3月1日

 

本社所在地
 鳥丘県新瀬田市中央区220-1

 

駅数
 25(内完成5,計画段階15,未着手10)

 

路線数
 4(企画段階も含む)

 

事業計画

・瀬田駅の大規模改修工事:進行中
・瀬田本線の営業最高速度の上昇(115km/h→130km/hに変更):現在検討中
・湾岸線系統の車両拡充:大体進行中

 

使用車両

・2200系

宝条帝都製HT1100を採用し、それまでの主力であった1500系の置き換え用に投入された。
湾岸線系統に初期車が投入された後、二次車として量産更新車が全線に配備されつつある。
・2600系

1700系の後継として、ほぼすべての路線に対応する汎用車として瀬田本線および烏倉線系統に投入された。
三次車からは、2200系と同様の塗装パターンに変更された。

編集中

 

路線図

近日改定予定