始め方

Last-modified: 2021-06-19 (土) 16:49:47

公式noteで画像つきで詳しく解説されているのでこちらも参照することをおすすめします: ユメグラガイド

始めるにあたって

ユメノグラフィアを始めるにあたっての大まかな流れをまず記載しておきます。
詳細は下を参照してください。

 

必要な物を用意する

ユメノグラフィアへの登録

チケットの購入

ユメノグラフィアクライアントのダウンロード
※マイページからダウンロードできます、チケットが無いとダウンロード出来ません

Oculusへユメノグラフィアクライアントの登録、設定
※ダウンロードしたものをOculusから起動できるようにします

ユメノグラフィア公式ページにログインしプロフィールを編集
※しなくても動きますが登録していないとキャストさんが誰かわからないので登録するようにしましょう

ユメノグラフィアをOculusRiftのホームから起動、ログイン
※ ユメノグラフィア公式ページにログインし「VRトークン生成」からトークンを生成しコピーしておきます
※「VRトークン生成」はユメノグラフィアの体験をしている際に、再度発行する場合があるのですぐにアクセス出来るようにした方が良いです
※トークンには制限時間がありますが、発行しなおせばいくらでも発行できます

デフォルト以外のアバターを使用する場合は、Vroid Hub連携を行います
※しなくても動きますが、アバターを設定する事が出来ます

入室した後にオンラインに変更し、キャストさんを待ちます
※購入したチケットとアバターをを選択することにより入室できます
※入室した後に、マイク入力の確認、姿勢の初期化をしておきます

必要な物を用意する

ユメノグラフィアを始める際に必要な物を準備します
VR機器に対応するPC要件に関しては、メーカー公式ページを参照して下さい(リンク先)

 
  • VR機器
  • 上記の物に対応するパソコン
  • インターネット環境

ユメノグラフィアへの登録

ユメノグラフィア公式に登録を行います

 
  1. ユメノグラフィア公式サイトへ登録・ログイン
    ※Googleアカウント+SMS認証が必要

チケット購入

チケットを購入します

 
  1. キャストのページチケットのページから行きたいキャスト・日時のチケットを選択
  2. チケットをカートにいれ、カートから決済画面に進む
    ※決済はクレカのみ

ユメノグラフィアクライアントのダウンロード

チケットを購入するとクライアントをダウンロード出来ます

 
  1. マイページにアクセスし、アプリダウンロードを押下してダウンロードします

Oculusへユメノグラフィアクライアントの登録、設定

ダウンロードしたファイルを解凍し、フォルダを配置

 
  1. ダウンロードしたファイルを解凍し、フォルダを配置します
    実行時に権限が必要なフォルダ(C:\Program Files (x86)等)に配置すると、権限が必要になり実行できない場合があります(PCの設定にもよります)
  2. Oculusソフトウェアの画面で[設定]→[一般]→[提供元不明]のオプションをONに変更します
  3. [ライブラリ❳→[アプリ]→フィルタの下の「+」を押下し、「アプリが見つからない場合はここに追加」を選択する
  4. ファイル選択画面が開くので、配置したフォルダを開きYumegra.exeを選択する

ユメノグラフィア公式ページにログインしプロフィールを編集

しなくても動きますが登録していないとキャストさんが誰かわからないので登録するようにしましょう

 
  1. ユメノグラフィア公式ホームページの右上のアイコンを押下し、「プロフィールを編集」を選択する→動画
  2. 名前と自己紹介を入力する
    自己紹介はチケットを購入したキャストさんにしか見えないそうです

ユメノグラフィアをOculusRiftのホームから起動、ログイン

ユメノグラフィアをOculusRiftのホームから起動し、トークンを貼り付けログインします
「VRトークン生成」はユメノグラフィアを体験している際に、再度発行する場合があるのですぐにアクセス出来るようにしておいた方が良いです
トークンには制限時間がありますが、発行しなおせばいくらでも発行できます

 
  1. マイページにアクセスし、「VRトークン取得」を押下してトークンを発行します
  2. OculusRift/Sを起動し、Oculus Homeからユメノグラフィアを起動します
  3. PCに戻りWindows上で画面サイズを選択するダイアログが表示されているのでOKを押下します
  4. ユメノグラフィアが起動し、ログイン画面でトークンを貼り付けログインします

VroidHub連携を設定

デフォルト以外のアバターを使用する場合は、Vroid連携を行います
事前にVroid Hubにアカウント登録し、アバターを登録しておく必要があります

 
  1. 右上に存在する、[Vroidボタン]を押下した後に表示されるWEBページの認可コードをコピーします
  2. ユメノグラフィアに認可コードを貼り付けます

入室した後にオンラインに変更し、キャストさんを待ちます

購入したチケットとアバターをを選択することにより入室できます
入室した後に、マイク入力の確認、姿勢の初期化をしておきしょう