Top > 必殺技
HTML convert time to 0.045 sec.


必殺技

Last-modified: 2013-12-21 (土) 22:15:13

必殺技 Edit

風の凶穴 Edit

風の凶穴_s.png

1.基本データ

風の凶穴
風の凶穴消費霊力300
±0±0+1
設置済みの皿へ移動し、周囲を旋風で乱打
複数の皿がある場合、回転中に
再度の実行で転移を繰り返すことが出来る
使用する皿は古い順番
規則正しい片付けの儀式である

2.詳細データ

DamageRateStun攻撃属性攻撃Lvガード削り相殺強度始動補正
体力霊力
1003%2%打撃2510%
400
(落下中)
3%20%打撃1005010%
発生F持続F全体FC可能F硬直差被CH
ガードヒットカウンターヒット
FFFF-1F26FFF
装備位置による変化4・6で古い皿から消費
2・8で新しい皿から消費
皿枚数による変化40枚で範囲増加
80枚で落下中に攻撃発生
備考

所感・注意点等

  • ヒットした場合はDAが繋がる。
  • 80枚まで落下中は完全無防備。
  • 布都が消えるまでの隙はおよそ3〜5F程度。なので上昇・降下(ガード不能フレーム3F)で抜けられない固めに使うとCHを貰うので注意。
  • 攻撃動作及び硬直が長いので外した場合だけでなく、ガードでも反撃が確定してしまう。
  • 画面端から逆側の端に移動した場合でも長い硬直に敵の攻撃が間にあう場面が多いので、逃げ目的での使用にはあまり適さない。

貴竜の矢 Edit

貴竜の矢_s.png

1.基本データ

貴竜の矢
貴竜の矢消費霊力300
+1±0±0
上空に向けて矢を射る射撃
狙える範囲に皿があるとそれへ向けて放ち
命中した矢は跳ね返ると同時に
無数に分離して敵へと襲い掛かる

いちいち的を用意した上、天から当てると
まわりくどい内容だが、儀式とは
面倒でまわりくどいほど効果的なのが常である

2.詳細データ

DamageRateStun攻撃属性攻撃Lvガード削り相殺強度始動補正
体力霊力
60010%10%射撃10050%
150
(小さい矢)
10%5%射撃3710%
発生F持続F全体FJC可能F硬直差被CH
ガードヒットカウンターヒット
21FFF38FFFFF
装備位置による変化矢を発射する角度が変化
皿枚数による変化20枚毎に皿反射時小さい矢追加
備考皿が無い状態だと自分の上方に矢を放つ。矢は放物線を描き前方へ落下する。
皿がある場合、前方の射程範囲内にある皿に矢が落下し、命中すると矢が分裂しつつ反射する。
反射した矢は再び放物線を描き、皿には命中せずに落下する。
また、反射した矢は若干誘導性を持ち、反射時の敵の位置周辺に大半の矢が降り注ぐ。

所感・注意点等

  • 20枚以上で追加される小さい矢は広く拡散するので意外と隙間が出来る。過信は禁物。
  • 上に設置された皿に反射された場合、拡散する地点も高くなるので、中央ラインの皿に反射させた場合より隙間が出来やすい。
  • 逆に、下の皿に反射させた場合は拡散地点が低くなるので、中央より下に対しては隙間が狭くなるが、皿が下過ぎると上の敵に届かない恐れが出てくる。
  • 皿の無い状態の4・8装備は、素早く下から上の敵へ攻撃できる数少ない攻撃。

抱水皿 Edit

抱水皿_s.png

1.基本データ

抱水皿
抱水皿消費霊力200
±0+1±0
設置した皿をへと周辺の水気の流れを集め
大量の水を相手に引っ掛ける
近くの皿全てが反応するため、配置で
水流は非常に強力となる

水は効く妖怪にはとことん効果的だし
放火の後始末にも最適である

2.詳細データ

DamageRateStun攻撃属性攻撃Lvガード削り相殺強度始動補正
体力霊力
1003%3%射撃25515%
発生F持続F全体FJC可能F硬直差被CH
ガードヒットカウンターヒット
泡:19F
水流:11F
FF39FFFFF
装備位置による変化4・8・6はその方向へ皿ごと移動する
2は起動範囲が広いが移動しない
皿枚数による変化20枚毎にヒット数増加
備考

所感・注意点等

  • このゲームでは珍しい下に強い攻撃。
  • 持続が長く最下までカバーしてくれる心強い技だが、発生が優れるわけでもなく硬直もしっかりあるので注意が必要。

天の磐舟 Edit

天の磐舟_s.png

1.基本データ

天の磐舟
天の磐舟消費霊力200
±0±0+1
天駆ける船を呼び出し豪快に突っ込む
設置済みの皿が後方にある場合
再入力で舟を乗り換えていける
見ての通り材料は皿なので
素焼きの物を使うと水に浮かばない
泥船が完成してしまう

狸辺りには効果的かもしれない

2.詳細データ

DamageRateStun攻撃属性攻撃Lvガード削り相殺強度始動補正
体力霊力
80010%40%打撃200100%
発生F持続F全体FC可能F硬直差被CH
ガードヒットカウンターヒット
34FFFFFFFF
装備位置による変化8と2で船の軌道が上下に変化
皿枚数による変化20枚:移動距離アップ
40枚:グラ変化範囲増、乗り捨てた船が消えずに画面端まで飛んで行く、乗っている船に限り1ヒット追加
80枚:グラ変化範囲大幅増
備考

所感・注意点等

  • 80枚では舟が宝船になりゴージャスに!今まで船体にしか無かった攻撃判定が、舟に帆が付いたことにより上までぎっしり!
  • 40枚からは受身不可能時間が増え、TAでの追撃が可能。
  • 乗り捨てた舟が飛び道具であるにも関わらず打撃判定、という珍しい技。

六壬神火 Edit

六壬神火_s.png

1.基本データ

六壬神火
六壬神火消費霊力400
+1±0±0
火気の流れを集め、火を放つ
火は設置された皿をつなぐ道に沿って流れ
経路上の皿は爆ぜて炎上する

緻密な配置で使用すれば遠隔地から放火も
容易であるが、仕掛けが目立つのが難

2.詳細データ

DamageRateStun攻撃属性攻撃Lvガード削り相殺強度始動補正
体力霊力
10010%20%射撃25105%
60010%20%射撃2550%
600
(皿爆発)
5%20%射撃12050%
発生F持続F全体FJC可能F硬直差被CH
ガードヒットカウンターヒット
18FFF39FFFFF
装備位置による変化8と2で火球の軌道が上下に変化
皿枚数による変化40枚:皿反射時に爆発追加
80枚:発生保障
備考皿が無い状態だと自分の前方に小さな火球を飛ばすだけ。
皿がある場合、皿の位置をトレースして皿に向かっていく。2枚以上ある場合は皿→皿→敵といったように向かう。
皿から跳ね返った火球はグレイズで消えないぽい。
皿→敵の場合、ある程度敵の位置に誘導性あり。

所感・注意点等

  • 硬直がそこそこあり、被弾で消えるので、接近戦での防御には向かない。
  • 強度が高く、射撃を打ち消す攻撃(聖のヴィルーパークシャの目・一輪の各種必殺技、等)と射撃と相殺せずすり抜ける射撃(こいしの仏信仰弱射撃・神子のテンフォールドの垂聴、等)以外には最低でも相殺、大抵は撃ち勝つことができる。

立向坐山 Edit

立向坐山_s.png

1.基本データ

立向坐山
立向坐山消費霊力400
±0+1±0
地中の龍脈を引き寄せ
地形の隆起で周囲を吹き飛ばす
動かざるものの操作は風水の十八番だが
大きな変化は長く維持が出来ず
大地はすぐに有るべき姿へ戻る

2.詳細データ

DamageRateStun攻撃属性攻撃Lvガード削り相殺強度始動補正
体力霊力
80010%40%打撃20075%
100
(皿破片)
3%0%射撃20080%
発生F持続F全体FC可能F硬直差被CH
ガードヒットカウンターヒット
40FFFFFFFF
装備位置による変化6と4で山の発生する位置が前後に変化・山の判定が斜めに変化
皿枚数による変化40枚:グラ変化横範囲増、ダメージ900、体力削り225、霊力削り100に増加
80枚:グラ変化横範囲増、ダメージ1000、体力削り250に増加
※発生Fは発動側中央ライン・ダメージ側最下の場合(ダメージ側中央ラインでは45F)
備考土柱が皿に当たると周囲に破片が飛散する

所感・注意点等

  • 画面下に到達するまでは完全無防備
  • 強化される毎に高くなって行くので表ヒット時の追撃が難しくなる。
  • 破片の飛び方はランダムであり、やたらと遠くまで飛んでしまうので、土柱を外した時のフォローにはならないことが多い。
  • 矢と違い強化で破片の数は増えないが、皿0枚でも破片が5つ飛ぶので、矢が使えるようになるまでは代わりとして使えないことも無い。

合局風 Edit

合局風_s.png

1.基本データ

合局風
合局風消費霊力300
+1±0±0
皿を吸引する風の渦を引き起こす
渦は何の攻撃力も持たないが
設置された皿を吸い込むと竜巻に成長
敵を巻き込み荒れ狂う

2.詳細データ

DamageRateStun攻撃属性攻撃Lvガード削り相殺強度始動補正
体力霊力
3003%5%射撃75%
発生F持続F全体FC可能F硬直差被CH
ガードヒットカウンターヒット
FFFFFFFF
装備位置による変化6と4で竜巻が発生する場所が前後に変化
8と2で竜巻が発生する場所が上下に変化・竜巻の向きが変化
皿枚数による変化20枚毎に竜巻のグラ変化横範囲増
備考皿を一枚吸い込むごとに発生する竜巻が強化され、最大で80枚時と同性能になる
発生した竜巻は相手を引き寄せる効果あり
一つの竜巻で最大3Hit・竜巻発生中に新たに皿を吸い込んだ場合持続が延長されHit数が増加

注意点等