Top > 古墳時代のできごと
HTML convert time to 0.002 sec.


古墳時代のできごと

Last-modified: 2013-10-23 (水) 00:30:05

古墳時代の年表
285年
漢字が中国から伝わる。

350年
この頃、大和朝廷が国内統一をほぼ統一する。

391年
大和朝廷の軍が朝鮮の高句麗と戦い、任那に日本府を設ける。

404年
倭国が海を渡り、百済・新羅を攻める。

413年
倭国王が東晋に使者を送る。

421年
倭王讃が中国の宋に使者を送る。

438年
倭王珍が中国の宋に使者を送る。

443年
倭王済が中国の宋に使者を送り「安東将軍倭国王」の称号を授けられる。

462年
倭王興が中国の宋に使者を送る。

478年
倭王武が中国の宋に国書を送り「安東大将軍倭王」の称号を授けられる。

502年
倭王武が中国の梁から「征東大将軍」の称号を授けられる。

512年
大伴金村が任那四県を百済に割譲する。

513年
百済から五経博士が来朝し儒教が伝わる。

527年〜528年
磐井の乱が勃発。

534年
武蔵国造の乱が勃発。

538年(552年の説も)
百済から仏教が伝わる。

562年
任那の日本府が滅びる。

祐筆 Edit

一番手・・・鱒