おすすめ映画・書籍/コメント2

Last-modified: 2017-08-16 (水) 10:04:00

おすすめ映画・書籍

  • しおいさんがウチの鎮守府に来たので『さらば海底空母イ401 幻のパナマ運河大爆撃』を追加してみました -- 2015-04-01 (水) 21:07:07
  • ネット架空戦記で「暁のデッドヒート」をお勧めしたい。西村艦隊(というか扶桑型)が活躍しつつ、結果として大和型のモンスターぶりが異様なまでに際立ったレイテ改変物 -- 2015-04-11 (土) 14:04:29
  • 戦場まんがシリーズはおすすめ、二式大艇の話が個人的に好きだ -- 2015-04-12 (日) 00:54:56
  • 田中光二さんのミリタリーの本っすべてをおすすめしたい -- 2015-04-17 (金) 19:43:14
  • 亡国のイージスはどうかな? -- 2015-04-23 (木) 22:59:18
  • 今月発売のミリタリークラシックは特型駆逐艦特集ですよ、奥さん -- 2015-04-26 (日) 15:55:24
  • 直接史実の艦艇が出てくるわけではないけど、「宇宙戦艦ヤマト 完結編」とかいかがでしょうか?史実のオマージュシーンが多いので… -- 2015-04-29 (水) 21:02:34
  • 古本市で「海軍めしたき物語」と吉村昭の「戦艦武蔵」「陸奥爆沈」を入手。「めしたき物語」は¥300だった -- 2015-05-02 (土) 19:33:41
    • この本に限らず絶版書籍は電子化する規則でもあるといいんですけどねぇ〜。 -- 2015-05-02 (土) 19:56:36
    • 続編の「海軍めしたき総決算」では出世して飯を炊かなくなって、経理ばっかりやっているんだ、それも主計科のお仕事、それに、吉村昭の本は発行部数が多いので今でも古本屋に残っている可能性も高いよ -- 2015-05-03 (日) 10:48:22
  • 青春の棺←おすすめ -- 2015-05-03 (日) 14:49:43
    • 開戦当初のウェーク島攻略からキスカ島撤退辺りま出を書いた作品 -- 2015-05-03 (日) 14:54:14
  • 完全に無関係だが「バトルシップ」はおすすめ。 -- 2015-05-04 (月) 08:05:13
    • 映画の方だけど録画したバトルシップ超面白かった…上映からそれなりに経ってるのにまだここに載ってなかったのにも驚いた -- 2015-05-04 (月) 15:08:31
      • 日本のフネでてこないんで却下されたんじゃなかった? -- 2015-05-04 (月) 19:59:48
      • 実装されている艦が出てこないことに加えて、一応WW2前後を舞台にする作品の紹介がメインなのに完全現代ものだと範囲広がり過ぎない?という懸念があったはず -- 2015-05-05 (火) 09:43:20
  • 今日のヒストリア伊400スペシャルでもちょくちょく出てくる『轟沈』いいと思う。伊10号はまだ実装されてないけど -- 2015-05-06 (水) 22:59:56
  • 『巡洋艦アルテミス』なんだが、たぶん、第1次シルテ湾海戦がモデルなんだろうな。リットリオさん、敵役で出てるねえ -- 2015-05-07 (木) 01:49:15
  • 昨日のNHKのヒストリアで伊400・晴嵐が大々的に取り上げられ、少しですが著者まで取り上げられてたのでここらでもう一度 •神龍特別攻撃隊―潜水空母搭載「晴嵐」操縦員の手記 (光人社NF文庫) をお勧めしたいと思います。書いても良いなら喜んで紹介文書かせてもらうけど編集や追加の仕方がサッパリなので書くに書けない・・・ちなみに著者の方は伊400の艦長や特別攻撃隊の司令官からも一目置かれ、酔っ払って宮様の車を止めた事すらある手練の水上偵察機乗りです -- 2015-05-07 (木) 06:35:33
  • 新戦史シリーズ「激闘艦爆隊」、小瀬本國雄著。ハワイ攻撃からレイテ沖海戦までを空母艦爆隊搭乗員として過ごし(加賀>蒼龍>隼鷹>教官配置>隼鷹>瑞鶴>攻撃第五飛行隊)、乗機も九九艦爆12型>同22型>彗星11型>流星と海軍の艦爆ほぼ全て実戦参加を持つ方による著作。 -- 2015-05-10 (日) 18:47:26
  • ※9の三式中戦車に関する「装甲がヤスリで削れた」というのは使用している装甲鈑が九七式中戦車のような表面硬化(滲炭)鋼板ではなく通常の防弾鋼鈑で、ビッカース硬度が300〜370の防弾鋼鈑であればヤスリで普通に削れる。加えて溶接部分であればステンレスなのでこちらも普通に削れてしまう。 -- 2015-05-10 (日) 18:59:09
  • 「修羅の波濤」をおすすめに入れてほしい。少なくとも瑞鶴と飛龍が嫁の提督にはおすすめできるw(一航戦と蒼龍、翔鶴が嫁の提督は読まない方がいいかもしれんが……) あと、何気にちとちよ(空母に改装されてない水母のままの)が結構重要なポジションだったりする。 -- 2015-05-12 (火) 00:24:26
  • 海軍要素は殆ど無いけど「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」の2作は是非ともお勧めしたいです(「硫黄島の星条旗」が削除されてるみたいなので厳しいかな?) -- 2015-05-12 (火) 01:21:35
    • っと過去ログ見返してみたらちょっと議論になってたみたいですね...すいません -- 2015-05-12 (火) 01:24:30
  • 森史朗の珊瑚海海戦を扱った「暁の珊瑚海」と「勇者の海」の続編「空母瑞鶴の南太平洋海戦」 -- 2015-05-12 (火) 21:56:55
  • 空母零戦隊、もよかった。 -- 2015-05-18 (月) 20:58:03
  • せっかく二式飛行艇が実装されたんだし"最後の二式大艇"を推したい -- 2015-05-19 (火) 15:15:43
  • コラボイベントがあったからと言い訳しても、アルペジオは明らかにWW2が舞台じゃ無く、仮にアルペジオをセーフにするために艦これにて実装済みの艦載機と同じ名前を使っている艦や、もしくはWW2にて活躍した艦や、それによく似た見た目の艦の出ている現代が舞台の作品もセーフだとしたらバトルシップや亡国のイージス、アイオワ級と思われる艦が複数シリーズ出てくるエースコンバットシリーズ(戦艦「タナガー」など)などもセーフになるので、アルペジオわ無くした方が良いと思います。 -- 2015-05-22 (金) 13:55:35
  • コラボイベントがあったからと言い訳しても、アルペジオは明らかにWW2が舞台じゃ無く、仮にアルペジオをセーフにするために艦これにて実装済みの艦載機と同じ名前を使っている艦や、もしくはWW2にて活躍した艦や、それによく似た見た目の艦の出ている現代が舞台の作品もセーフだとしたらバトルシップや亡国のイージス、アイオワ級と思われる艦が複数シリーズ出てくるエースコンバットシリーズ(戦艦「タナガー」など)などもセーフになるので、アルペジオはここから無くすか、もしくは先程言ったような現代戦も有りにするようににした方が良いと思います。 -- 2015-05-22 (金) 13:58:12
    • 公式の重みも理解してください。『アルペジオ』は公式のコラボイベントだったのですから、お挙げになった作品と同列の比較は出来ないでしょう。仮にそれらの公式コラボが来たら、当然『バトルシップ』だろうと『エスコン』だろうと対象に含まれるのでそれまでお待ちください -- 2015-05-22 (金) 23:00:12
    • 長々とケチつける前にまともな日本語を書けるようになってから来い -- 2015-05-25 (月) 05:02:36
  • 堀元美さんの専門書とか… -- 2015-05-22 (金) 15:39:46
  • 「駆逐艦雪風」という、「雪風」を主役にした映画があるそうです。誰か解説してください。 -- 2015-05-26 (火) 03:36:46
  • 書籍や映画ではないのですが、毎日新聞のWebサイトで公開されている「戦後70年 数字は証言する データで見る太平洋戦争」をおすすめします。第5回では大和について数値やデータで誕生から戦没までの経緯と同時代の戦艦の話(なぜかルーデル出没)です。Webは対象外かもしれませんが、結構衝撃的なデータもあるので太平洋戦争について知りたい人向きですね -- 2015-05-28 (木) 00:20:07
  • 伊401の姉妹艦である伊400の歴史秘話ヒストリアは、ここに掲載しても大丈夫でしょうか? -- 2015-05-30 (土) 21:45:20
  • スカーレットストームシリーズを入れたいと考えているのですがよろしいでしょうか。 -- 2015-06-05 (金) 21:51:11
    • ストーリーは、「大変化」と呼ばれる20世紀初頭の変化で、出生率が女性の側に大きく傾いた世界で、日本はこれに対し「第二海軍」と呼ばれる、女性将兵を中心とし、空母機動部隊を主体とした海軍を創設します。これと反対に従来の大艦巨砲主義を中心とした海軍は「第一海軍」なるところから話が始まります。 -- 2015-06-05 (金) 21:55:44
      • おお懐かしい、自分も持ってますよ。個人的には賛成です。 -- 2015-06-07 (日) 01:26:33
  • 9割方、「いや。これは無理だろ…」とは思うけど一応聞いてみる流れとして「コハエース」うん、だいぶ無茶なのはわかってるから否定してほしいだけだろというのは否めない -- 2015-06-06 (土) 19:24:50
    • 完全に畑違いだけど、「ガールズ&パンツァー」はアウトかな?一応、「学園艦」という空母型学園都市が出てくるけど・・・・ -- 2015-07-07 (火) 01:04:34
    • バージンフリートというアニメも架空の第二次世界大戦を描いてますよ。 -- 2015-07-22 (水) 20:46:31
  • 宇宙戦争1941は、1941、1943、1945と買って読んでみたけど「SF要素が強い」というよりも、「宇宙戦争の二次創作」という感じが強いですね。 -- 2015-06-06 (土) 19:36:57
    • おすすめとされている夢の共闘も、敵の都合上彼らの技術が活かせない搭乗機に乗ることになっているので同名の別人の奮闘に見えてしまうのが残念。(爆撃機に乗らず戦闘機に乗るルーデル、艦上爆撃機ではなく戦略爆撃機にのる江草など。) -- 2015-06-06 (土) 19:44:49
  • 上の方でもどなたかが挙げていましたが、久野 潤『帝国海軍と艦内神社』(祥伝社 2014)はいかがでしょう。第二次大戦期日本海軍の巡洋艦、戦艦、空母など各艦の艦内神社を、分霊元の神社への取材などによって調査した書籍です。著者の歴史認識や思想にやや偏りがある感は否めませんが、艦内神社に関する学術資料としては唯一のものだと思います。艦これの聖地巡礼にも使えそう。 -- 2015-06-27 (土) 02:28:41
    • モノがモノだけに、聖地と表現するのはいかがなものかとは思いますが、艦内神社分霊元を巡礼している身として、個人的には賛成です。  -- 2015-07-01 (水) 21:30:21
  • 出来の善し悪しや賛否はさておき、「零戦燃ゆ」辺りも結構基本だと思うんだけどどうだろ?艦船が出てこないからダメ? -- 2015-06-28 (日) 22:19:16
    • このページの一番上の説明>「「艦娘さんが入浴中、なんかヒマだなー」ってな時には、艦娘さん(本物)が出てくる映画や本を見よう!」 -- 2015-06-28 (日) 22:31:13
  • いちゃもんつけるわけじゃないんだけど 『征途』の”この作家にしては珍しい完結した作品。” というよりも御大が複数巻構成で完結させられたのはこの作品だけなんだよなw -- 2015-07-03 (金) 00:28:35
    • RSBCはいつ完結するんですかねぇ、楽しみに待っているんですがその前に私の寿命が尽きそうです>< -- 2015-07-04 (土) 14:15:20
      • それより家康どのはいつまで突撃しつづけるのかということのほうが気になるんだが。 -- 2015-07-20 (月) 23:00:46
  • 『空母飛龍の追憶』を入れたいと考えているのですがどうでしょうか? -- 2015-07-03 (金) 21:53:30
    • 悪かないとは思うんだけどさ、「おすすめ映画・書籍」のページで非売品の書籍が増え続けるのってどうなのかなって気はするんだw そりゃ戦史叢書や海軍砲術史なんて定番もあるけどさ・・・ いっそ別項作るべきなのかもなー -- 2015-07-09 (木) 06:33:53
      • 確かに仰る通りで絶版で勿論非売品ではあります。ですが、図書館で借りることで容易に読むことは可能ですし、日本の軍艦を知るにあたって様々な良書がある中で、飛龍を深く知るに適した本はこの「空母飛龍の追憶」と「飛龍天に在り」が群を抜けていると私は考えています。如何でしょうか? -- 2015-07-10 (金) 19:41:57
    • 読み物としての「おすすめ」とは別に真面目な参考文献入れる記事あってもいいかもね -- 2015-07-21 (火) 19:13:57
  • 陸奥爆沈の後に雪風ハ沈マズを並べるのはやめてさしあげろww  ・・・それはそれとしてだいぶ数も多くなってきたし五十音順なりで整理した方が良くないですかね? -- 2015-07-04 (土) 00:30:15
    • 俺は特に問題感じないから賛成 -- 2015-07-04 (土) 23:17:07
  • 春風亭柳昇「与太郎戦記」好きなんだけど出てくるのは「初雁」と「栗」だけ。両方とも生存組だし実装ないかな -- 2015-07-09 (木) 23:19:47
  • おすすめに入れて欲しい〜 に書かれているファントム無頼ってフネ出てきましたっけ? ゼロ戦の幽霊が出る話は覚えてるんですがフネは記憶にないなぁ? -- 2015-07-22 (水) 23:13:06
  • 戦艦大和最後の乗組員の遺言をぜひ入れて欲しい… -- 2015-07-27 (月) 23:08:09
  • 最近創刊された『第二次世界大戦映画DVDコレクション』これからWW�の映画集めるならいいかもね。上で紹介されてる映画もいくつか収録されるみたいだし -- 2015-07-30 (木) 00:02:00
  • 店頭で見かけた学研ムックの新刊「超ワイド&精密図解 日本海軍艦艇図鑑」を買ってきてパラパラめくってるとこだけど折込多すぎて乱丁かと思った・・・こんな形態初めてみたわw  内容は広く浅く、歴史群像からの再録?で構成されたよくある系の艦艇紹介本なんだけども、執拗なまでの折込と戦艦の砲戦射法から機動部隊の陣形および航空甲板運用、水雷戦隊の雷撃戦とその機動あたりがコラム程度とはいえ一冊にまとまってるのはあまり無い気がする。いい本だと思った。 -- 2015-07-31 (金) 15:37:14
  • 『戦艦大和講義 』(人文書院、2015年) 明治の海軍創設から「宇宙戦艦ヤマト」「艦これ」に至るまでを扱ってる稀有な本なのではなかろうか。 -- 2015-07-31 (金) 15:53:50
    • 割と最近出た本なんやね。おもしろそう -- 2015-08-06 (木) 03:18:12
  • 「風立ちぬ」に雪風も登場してないですか?堀越さんたちが鳳翔に着艦するシーンで。 -- 2015-08-05 (水) 00:05:07
    • ごめんなさい。勘違いでした。 -- 2015-08-05 (水) 00:16:35
  • うぇ、阿川弘之亡くなったのか -- 2015-08-06 (木) 03:07:03
    • マジか・・・。ちょうど今この人の書いた『米内光政』を読んでいたんだけどショックだ。 -- 2015-08-09 (日) 17:02:23
  • 伊402潜らしきものが発見されたとか?402について書かれた書籍なりドラマなりってないのかな? -- 2015-08-07 (金) 20:53:51
  • ドラマとドキュメンタリーは別にしても良いのでは? -- 2015-08-08 (土) 00:30:21
  • 「舞廠造機部の昭和史」を入れて欲しいです。 -- 2015-08-13 (木) 00:18:07
  • ミッドウェイって流用が多いし真珠湾映画はトラトラトラと太平洋の嵐(次点でハワイ・マレー沖)で事足りる気もするし勧めるものにしてはなんとも。。。削除はまあどっちでもいいのですが、「太平洋の翼」を入れたいですね。主に艦隊ではなく紫電改の話ですがまごうことなき名作です。 --  ? 2015-09-04 (金) 08:16:13
    • 前は項目であったんですけど言われて見ればいつの間にか消えてますね。言いだしっぺの法則ですからw、自分のお勧めとして書いてみてもいいのではないでしょうか? -- 2015-09-05 (土) 21:08:00
  • 岩本徹三さんの零戦撃墜王はどうでしょうか -- 2015-09-07 (月) 18:57:38
    • 岩井勉氏の空母零戦隊も、意外にも入ってないね。共にネームド装備に出て来たし、入れといても良いかも。 -- 2015-11-05 (木) 01:07:38
  • ちばてつやの「紫電改のタカ」と貝塚ひろしの「烈風」を追加してください。 -- 2015-09-10 (木) 04:08:54
  • 「大和撫子紫電改」という作品をご存知ですか?パゴダマストや主砲をそのままに、空母に魔改造された「扶桑」と「山城」が活躍するとか・・・・・ -- 2015-09-10 (木) 04:11:44
  • 須賀しのぶ先生の「紺碧の果てを見よ面白いけど艦船がメインではないしなぁ。序盤からマニアックな船がちらほら出てくるし、須賀先生のファンとしてはおすすめの一冊なんだけど。 -- 2015-09-13 (日) 01:11:12
  • 映画『トラトラトラ』に関して、長門影が福岡県に実物大で組まれたセットで撮影されたことを書き加えるのはいかがでしょう? -- 2015-09-13 (日) 02:04:18
  • ここで聞いて良いのかわかりませんが、オーストリア=ハンガリー帝国の艦艇に関して詳しい書籍をご存じないですか?設計図等があれば参考になるのですが -- 2015-09-15 (火) 11:48:02
  • 沈黙の艦隊はどうですかね -- 2015-09-16 (水) 08:14:46
  • まったく艦娘や、軍艦とは関係ないが第二次世界大戦時代の一兵士が如何にして収容所から脱走するかを描いた「大脱走」はどうだろうか -- 2015-09-17 (木) 19:18:46
    • それ入れちゃうと第二次大戦ものはなんでもアリになっちゃいそう -- 2015-09-21 (月) 14:38:41
  • 完結じゃなくてもよければ「南海蒼空戦記」。のっけから南方との行き来を潰される展開だけど、オーソドックスな航空戦メインの架空戦記。王道の面白さがある -- 2015-09-19 (土) 17:36:47
  • 「世界の艦載兵器 砲熕兵器編」太平洋戦争時の日米艦載砲(機銃含む)+戦後の各国艦載砲についての解説と写真が参考になります -- 2015-09-20 (日) 22:29:10
  • 架空戦記ものの古典「レッドサンブラッククロス」を誰か紹介して。 -- 2015-09-22 (火) 03:26:45
    • 未完の沼に引き込むのはためらわれるなぁw -- 2015-11-01 (日) 09:55:17
  • 「怒りの海 - 戦艦比叡・西田艦長の悲劇」はどうでしょうか?もう絶版になっているので読むなら図書館か古本屋で探すしかないですが -- 2015-09-23 (水) 22:17:06
  • 映画「海軍兵学校物語 あゝ江田島」は個人的におすすめ。ちなみに制作会社も大映(大昔に倒産して現在は角川に権利譲渡)ですし。 -- 2015-09-24 (木) 01:02:42
  • 面白い歴史書、おすすめがあったら教えてもらえませんか。世界史ならいくらでもあるのですが(英国目線で、植民地支配も部分的に肯定しているようなやつとか)。架空戦記ものを楽しむにも基礎が必要ですし。どうも明治維新以降がなおざりされてる気がするんで。 -- 2015-09-24 (木) 14:09:15
    • 戦前から勃発直だけど神風号について、飯沼飛行士の自伝とか 昔の航空機 -- 2016-01-12 (火) 21:24:47
      • ごめん、間違いだ。面白い歴史書(小説、自伝)なら、イワン・デニーソヴィチの一日(ソ連のラーゲリでの話)、単独飛行(英ハリケーンパイロットの話)、周平独言(エッセイ集で石原莞爾とか少し、軍人に触れてる。) -- 2016-01-12 (火) 21:41:01
  • 折りたたまれてるけど、大空のサムライかなぁ、あと、豊田穣さんのもいれてほしい -- 2015-09-27 (日) 15:12:13
  • 絶版本でも図書館(閉架や禁帯出も含む)である程度見られるものやデジタルアーカイブになっているものなら資料として羅列されている別項目があっても面白いかと。大規模な図書館の閉架で昭和40年代以前発行ものとかいくらでも出てきそうだけど。 -- 2015-10-04 (日) 06:39:58
  • やっちまった、「雪風ハ沈マズ」を古本屋で買ってきたのだが、すでに一冊持っていた。表紙の絵が違うから分からなかった。以前に買ったのが2000年、今日買ったのが1983年版だった。まあ、どっちも100円だったからいいけど。 -- 2015-10-18 (日) 14:04:45
    • ただ、気になったことが一つ。あとがきに永富の『駆逐艦雪風 誇り高き不沈艦の生涯』のウソという記述がある。どうやら永富が参考にした横井の「雪風ー誇り高き一駆逐艦の記録」が悪いらしいのだがかなりウソや間違いがあるらしい。ただ、そのあとがきが2000年版には無いのがなんとも。代わりにいろいろ足されていたが・・・。 -- 2015-10-18 (日) 14:19:55
      • 遅レスながら、1983年版の「雪風ハ沈マズ」は本文中にも横井氏の著書の間違いを指摘しを批判する記述が多い。新版(光人社NF文庫)ではここら辺ざっくり削除されてる。批判文が一々読者の腰を折る事もあるだろうけれど、「雪風ハ沈マズ」にも同様の間違いが大量にあって、横井氏に対する批判がそのまま豊田氏に跳ね返ってきてしまうからだと思われ。 -- 2015-11-14 (土) 09:02:31
      • なるほど、解説ありがとうございます。 -- 木主? 2016-01-09 (土) 18:58:58
  • 「巨大戦艦ビスマルク―独・英艦隊、最後の大海戦」 (ハヤカワ文庫NF) 、ビスマルクの出撃から轟沈までを、生還を遂げた乗組員が記した名作。ビス子嫁の人におすすめ。 -- 2015-10-18 (日) 17:25:55
  • https://m.facebook.com/battleshipgirl1←向こうで鋼鉄少女のゲームもβテストが -- 2015-10-23 (金) 13:44:29
  • 今日、神田古本街で『彗星夜襲隊』(100円)と『軍艦十二隻の悲劇』(450円ただし定価380円)を手に入れた〜。読むのが楽しみだ! -- 2015-10-24 (土) 18:57:58
  • 『零戦 最後の証言』『零戦 最後の証言2』がおすすめ。元零戦乗りへのインタビューも交えていて、2の方には先日実装された岩井小隊/岩井隊の岩井勉さんの記事もあります。 -- 2015-10-31 (土) 23:33:11
  • ×深く静かに潜行せよ ○深く静かに潜航せよ だと思うのですが -- 2015-11-01 (日) 09:53:49
    • 執筆者ではないのですが直しました。いままでスルーしていたというか、素で気付いてませんでした。感謝! -- 2015-11-02 (月) 23:49:11
  • 『最後のレストラン』6巻で戦艦大和と乗員たちがタイムスリップしてきて最後の晩餐的な事をして帰って行きます。明らかに艦これを意識したゲームのネタもw艦これに直接関係ない部分ですが4巻の澤村榮治や5巻の運動会の騎馬戦の話も個人的に興味深かったです -- 2015-11-01 (日) 22:55:33
  • 『青春天山雷撃隊』はどうだろうか。後半から六〇一空の苦闘の話になっていて、せめてゲームの中だけでも活躍させたくなってくる -- 2015-11-03 (火) 08:56:05
  • 『」完本 太平洋戦争』(文春文庫)は如何でしょうか? -- 2015-11-06 (金) 23:46:40
  • 「真・大東亜戦争」はどうでしょう? 「もしも、日本がWW1で総力戦を経験していたら…」というIfから始まる架空戦記ですが、突飛な兵器は登場しませんが、戦略は結構面白い展開を見せて興味深いです。 クソ長いけどオススメ -- 2015-11-21 (土) 11:52:53
  • 意外と水木先生の「駆逐艦魂」って無いんだね -- 2015-12-01 (火) 23:09:39
  • 「人間魚雷出撃す」もいいと思ったのだけど「潜水艦イ-57降伏せず」と被りますかね2015-12-06 (日) 02:56:44? --
  • よく見たら轟拳ヤマトまで入れてた時期があるのか、あれはあれで面白いけど、機体名が軍艦モチーフってのと一部の登場人物以外は全く持って史実や軍艦と無関係の空想科学冒険譚って感じだし、流石にここに入れるには無理があるだろうな。 -- 2015-12-06 (日) 14:21:17
  • ノンフィクションに柳田邦夫さんの「零戦燃ゆ」とかも入れてほしかったり。零戦を中心に開戦から終戦までを見ることができるやつ。 -- 2015-12-07 (月) 12:16:17
  • アニメーション編のところに、「艦隊これくしょんー艦これー」は入れないんですか? -- 2016-01-04 (月) 18:04:54
  • 「月の海のるあ」 女の子要素に大和、なにより主人公機が「零観」っていうミリ系男の子の夢が詰まった漫画ではあるんだが・・・流石に厳しいだろうか -- 2016-01-05 (火) 20:44:31
  • 『新戦艦高千穂』が記載されましたね。今までなかったのがふしぎなくらい?ところで戦艦『高千穂』と行動を共にする練習戦艦は書籍では『天城』なんですが、連載時はそのものズバリの『比叡』なんですよね。やっぱり実名出して沈めてしまったのが海軍から苦情来たんだろうか? -- 2016-01-06 (水) 11:37:20
    • 小説は紙媒体で読みたいんでパール出版の新版とやらにするかと思ったんだが、評判悪いみたいやね・・・うーむ -- 2016-01-13 (水) 02:07:15
      • 講談社の復刻版だと旧仮名漢字なので読みやすくていいと思いますよ。 -- 2016-01-14 (木) 10:35:31
      • 講談社の復刻版だと旧仮名漢字なので読みやすくていいと思いますよ。 -- 2016-01-14 (木) 10:35:32
      • ↑ごめんなさい。なぜか二重投稿になってしまいましたT_T (続き)ただ挿絵だけはいろいろとダメなので、そこは擁護できません^^; -- 2016-01-14 (木) 10:37:27
  • 『陽炎型駆逐艦』はどうでしょう。陽炎型駆逐艦の全作戦行動が各駆逐隊ごとに細かく載っていますし、巻末に帝国海軍の全駆逐艦の戦歴がおよそ100ページに渡って掲載されています。ですので駆逐艦関係ならこの本が良いかと。 -- 2016-01-07 (木) 18:45:36
  • 永松浅造 著 富永謙吾 監修 『海軍航空隊』 国会図書館で見つけました。戦時中の本で、大本営の監修なので、軍国主義の香しい当時の空気が感じられる内容です。 -- 2016-01-17 (日) 17:35:56
  • 平田晋作の『海軍読本』とかも面白いよ。序文書いているのが加藤寛治と大角岑生なのが驚きです!この本は国会図書館で読めますし古本でも結構出てきます。 -- 2016-01-18 (月) 20:18:07
  • 荻原浩の小説「僕たちの戦争」 タイムスリップ入れ替わりネタから始まり、現代サイドはやや邪魔かも、だけど戦中サイドの予科練飛曹視点は面白いと思うんです。 -- 2016-01-23 (土) 14:17:00
  • 戦前の解説書なんかは読んでいると結構ためになりますよ。特に少年向けに書かれているものは表現も平易ですし、旧漢字にルビ打ってあるので読みやすいです。私はそういった本読んでいて帝国海軍に「出港」って命令がないことを知ってびっくりしたことがあります。 -- 2016-01-23 (土) 20:05:59
  • 『1941』が今けっこうな人気みたいですね。理由はもちろんまさかのミフネ作戦をやったウサギさんチームのおかげ -- 2016-01-28 (木) 11:38:23
  • 候補に「ファントム無頼」があるなら「エリア88」も入れんとあかんやろ。 -- 2016-01-29 (金) 21:44:48
  • アイオワ級実装予定だし、映画「バトルシップ」を・・・というのは半分冗談として、ホリエカニコ先生の「第二次世界大戦紳士録」はどうだろう?当時の日独の軍人・政治家のエピソード集だから『艦艇の話』と考えると微妙かな? -- 2016-01-30 (土) 03:18:17
    • 艦長やいわゆる提督のエピソード、艦これのステージやイベントの元ネタになってる作戦/海戦の裏話なんかもふんだんに含んでるんでいいんじゃないかな。神重徳がなんかもう別人すぎるのが個人的にはアレなんだがw -- 2016-02-01 (月) 21:30:38
  • トム・クランシーの「レッド・オクトーバーを追え」を追加で。小説も映画も傑作。 -- 2016-01-31 (日) 00:25:33
    • 前にも挙がってた気はするけど太平洋戦争はおろか第二次大戦すら関係ないからねぇ・・・ -- 2016-02-01 (月) 21:25:30
  • 歴戦の提督諸氏は既知だと思いますが敷波や磯風に乗船した方の日記を公開した「わが青春の追憶」が本日休止との事です。今後はKindleで販売されているモノを読む形になりますが、まだサイトで閲覧可能だったので取り急ぎこちらに書いてみます。http://aimy.or.tv/book/ -- 2016-02-06 (土) 01:18:34
  • 男たちのYAMATOで敬礼について灰字で偉そうに語ってる専門家(笑)はいつソース提示するんですかね。脇を開ける敬礼と閉める敬礼の両方の写真が残ってるから、嘲笑われるのは自称専門家なんだけどね。 -- 2016-02-06 (土) 18:01:57
    • そもそもソースが無いんですから提示は出来ないでしょうねぇ。追記は良いとしても喧嘩売るような書き方はしなければいいのにと思う。 -- 2016-02-06 (土) 22:12:26
    • 門外漢なんでよくわかってないんだが、木主が求めているソースってのはどの記述に対するものなの?「脇をしめた海軍式(?)敬礼だけでなく脇を開けた陸軍式(?)敬礼も行われていた」(「専門家」側の主張はこうだよね)ことについてはリンク先の写真がソースになってるようにみえるんだけど。 -- 2016-02-06 (土) 22:59:05
      • 私は木主じゃないんですが、例えば「脇をしめる形は戦争末期に一部で流行した海軍での敬礼の一つである」って言う部分もその根拠が例示されてないんですね。「山本五十六は通常の敬礼を行った」「写真にも多々残っている」それは確かにその通りなんでしょうが、その事実は「脇をしめる形は戦争末期に一部で流行した海軍での敬礼の一つである」を証明している訳ではない訳です。ですから私なんかは追記者が何故そこまで言い切れるのかが不思議です。 -- 2016-02-08 (月) 21:13:07
      • そもそも追記された方は元記述者の「でもラストシーンの見事な陸軍式敬礼は多くのミリオタたちを笑わせたらしい」に対して書いている訳です。過去編の主人公(松山ケンイチ)は”海式敬礼”を行っているのに対し現代編の主人公(仲代達也)が見事なまでの”陸式敬礼”を行っているところから演出の不徹底を笑われたわけです。 -- 2016-02-08 (月) 21:14:04
      • 参考までに仲代達也は本職の軍人としてのキャリアを持たず、私の知る範囲では役者としても海軍軍人の役をやったことがありません。ただ学校時代に軍事教練は経験しており敬礼はそこで叩き込まれたでしょう。映画の監督から「そこで敬礼してください」と言われれば教わった通りに”陸式”の敬礼をするでしょう。演出を考えなければあの映像の敬礼は見事なものだったと思います。 -- 2016-02-08 (月) 21:15:40
      • 1葉についてだけど、「戦争末期に一部で流行した」という箇所が問題のひとつであるということかな。であれば、その部分を削除なり修正なりで解決するのでは?そのほかの箇所では時期については一切触れていないようだし。 -- 2枝? 2016-02-08 (月) 22:15:03
      • 2葉3葉については、ミリオタは演出の不徹底に対して笑ったのだ、敬礼について演技指導が行われなかったから役者である仲代達也自身が教わった陸軍式の敬礼をしたのだ、というソースを示して修正すればいいんじゃない? -- 2枝? 2016-02-08 (月) 22:22:34
  • 出ているかもしれませんが、10年近く前に出た横山信義作の巡洋戦艦「浅間」をいれて欲しいです。もし、ドイツのシャルンホルスト級巡洋戦艦が日本に売却されたらというセ設定なので -- 2016-02-06 (土) 18:31:57
    • 通信ミス。日本に来た外国の艦娘を連想します。あと、この作者の作品で珍しく、日本がアメリカに勝利する話でもあります。 -- 2016-02-06 (土) 18:35:17
  • 『さらば海底空母イ401 幻のパナマ運河大爆撃』川北氏について注釈で説明を追記。 『歴史秘話ヒストリア』の伊400回ですが、NHKアーカイブスなどで視聴できるかどうか確認できる方がおられましたら修正の上コメントアウト解除願います。自分は使い方がよくわからず・・・ -- 2016-02-16 (火) 01:32:58
    • 番組そのものは見られないようだ・・・。しかし、番組中でお話をしておられた方の取材の動画が、戦争証言アーカイブスというコンテンツで見られることが分かった。高塚一雄氏および山西義政氏のお二人の話が聞くことができる。なお、このお二人以外の証言も多数収められている。お爺さん達の戦争体験話をこれだけ収集していて無料で見させてくれるとは、NHK恐るべしと思った -- 2016-06-16 (木) 23:07:44
      • 4月に、該当する番組のDVDが販売されているのを確認。放送版との違いの有無は不明。所持されている提督がおられたら、情報提供求む -- 枝1? 2016-06-16 (木) 23:14:39
  • 家を掃除していたら「日本の軍艦―写真集 ありし日のわが海軍艦艇 (1970年)」が出てきた。なかなかのもの、さすがに夕雲型は長波1隻だが、間宮、明石の写真もあり。 -- 2016-02-27 (土) 05:50:55
    • 戦後25年目の本ですか。いまから25年前と言うと1991年…いまとさほど変わらない感じですが、当時の25年は大きかったんでしょうね。 -- 2016-02-27 (土) 22:51:25
  • ドラマ・ドキュメンタリー編に歴史秘話ヒストリアの「お菓子が戦地にやってきた 〜海軍のアイドル・給糧艦「間宮」〜」はどうでしょうか。400の方は載ってますし。 -- 2016-03-05 (土) 22:25:04
    • そいつは見たかったなぁ( ̄▽ ̄;)掲載してもいいかも。 -- 2016-06-27 (月) 20:45:15
  • 『幻の巨大戦艦』ってのはいかが? 戦艦大好き人間なら一度は想像したことのある、“大和クラスの戦艦と現代の最新鋭艦がドンパチしたらどうなるか"が描かれてるゾ。まぁ、最後はアイオワ級を引っ張り出してきて戦艦同士の殴り合いになるんだけど。 -- 2016-03-06 (日) 17:36:24
  • 何で独立愚連あk -- 2016-03-09 (水) 13:26:26
    • 間違えた、どうして独立愚連艦隊なんてマイナーなもんあるんすかww -- 2016-03-09 (水) 13:28:49
    • ここはやっぱり黎明の艦隊は欲しいとこですね。航空戦と水雷戦、砲撃戦がバランスよく描かれてオススメですよ。まあ、航空戦が多少多目な気もしますが -- 2016-03-09 (水) 13:33:02
  • 鯨統一郎の「タイムスリップ竜馬と五十六」も入れてほしいです。一応大和も出てくるし。 -- 2016-03-10 (木) 18:00:31
  • なんかさ、日本が幕藩体制のまんま近代化して太平洋戦争始まる小説もあったよな・・・軍令部や艦政本部の代わりに海軍奉行とかいるの。なんてタイトルだっけかな・・・ -- 2016-03-11 (金) 07:10:06
    • 空中戦艦大和、多分 -- 2016-04-20 (水) 14:16:38
    • 遅レスになるが、探してるのは青山智樹の「陸上戦艦大和」および「葵の太平洋戦争」だと思われる -- 2016-06-16 (木) 22:48:18
  • 水木しげるの戦記漫画をいくつか入れて欲しいです。特に講談社文庫『白い旗』収録の「田中頼三」(第三次ソロモン海戦・ルンが沖夜戦)と「特攻」(大和沈没)は必見の価値があると思います。 -- 2016-03-13 (日) 10:27:13
  • 戦艦「比叡」―高速戦艦悲劇の生涯 は如何だろう?金剛型の中でも数奇な運命にあるのを紹介してるし -- 2016-03-23 (水) 15:34:59
    • と思ったら比叡のページにも紹介が書いてあったな。 -- 木主? 2016-03-23 (水) 15:41:02
  • 第1次大戦のチャナッカレの戦い(ガリポリ戦)をオスマン側から描いた映画の邦題が「シー・バトル 戦艦クイーン・エリザベスを追え!!」なんてものにされていた…。クイーン・エリザベスの名前を出して艦これユーザーの気を惹く狙いなのだろうか…でも「シー・バトル」はひどすぎですし、これに限らずマイナー系な海外戦争映画の邦題のひどさは何とかならないものなのでしょうか(ちなみに映画の内容はオスマン側視点ということもありなかなか新鮮でよかったです) -- 2016-03-27 (日) 18:31:46
    • たしかに誇大タイトルかもしれんが、それをもって艦これファンの〜なんて言い出すのはちょいとアレじゃないかね。 -- 2016-04-03 (日) 05:58:30
      • そうですね、あまりにひどい邦題に少々暴言を吐いてしまいました、ごめんなさい -- 2016-04-15 (金) 19:15:05
  • あと、「戰艦大和」「ビスマルク号を撃沈せよ!」や「戦艦シュペー号の最後」といった古典的海戦映画をお勧めにあげたいのですが、どうでしょうか?(前者2作は大和やビスマルクといった艦これ実装艦が主役なので入れていいと思うのですが…) -- 2016-03-27 (日) 18:42:03
  • M.J.ホイットレー著、岩重多四郎訳「第二次大戦駆逐艦総覧 -- 2016-04-07 (木) 01:33:57
    • 送信ミス……。「第二次大戦駆逐艦総覧」、題名通り第二次大戦中に就役したほぼ全ての駆逐艦が網羅された本。日米英仏伊独ソといった大国は元より、ポーランドやペルー、コロンビアなど「こんな国まで駆逐艦を持っていたのか」というレベルのマイナー艦まで収録されてます。個艦レベルの戦闘などはありませんが、スペックデータや代表的な戦時改装等が判り易く書かれており駆逐艦を調べようとするならこれ1冊あればほぼ大丈夫。欠点はお値段が¥4200−と若干高めなこと……。 -- 2016-04-07 (木) 01:37:56
  • 「バトルシップ」は?やっぱ戦艦の舷側は人類最大のキルゾーンってことを教えてくれる -- 2016-04-09 (土) 10:29:46
    • だからぁ、それは第2次大戦と関係ないじゃん(呆れ -- 2016-05-24 (火) 16:08:02
  • 野上武志先生の同人誌『蒼海の世紀』はもう出ましたか…? 一応金剛型が四隻出てるけど… -- 2016-04-12 (火) 10:19:21
  • 「コレヒドール戦記(1945年アメリカ映画)」タイトル通りフィリピンの戦いを舞台にした映画ですが、魚雷艇乗組員が主役になっています。魚雷艇により重巡2軽空母1阿賀野型軽巡1撃沈とフィクション色は多少ありますが制作年代を思えば許容できる程度ですし、PT小鬼群が実装された中、魚雷艇がどのような戦いをするのか見ることができる、その意味で興味深い映画ではないでしょうか。 -- 2016-04-15 (金) 19:15:15
  • 『バトルシップ』は? 題名がそのまま『戦艦』だしミズーリの砲撃シーンは鳥肌物だよ。「俺も死ぬ。君だって死ぬ。みんないつか死ぬ -- 2016-04-17 (日) 15:40:49
    • 途中送信すまん。 だが今日じゃない!」っての凄い良い。ぜひとも追加してほしい -- 2016-04-17 (日) 15:41:46
    • 以前から何度か挙げられているけど毎回「3番艦ミズーリ実装まで待て」って結論だったからその時まで待とう -- 2016-09-10 (土) 20:07:06
  • ドキュメント太平洋戦争は陸海軍両方あるから -- 2016-04-21 (木) 19:27:35
    • ごめん途中送信 読みごたえもあって自分としては入れてほしい 厚さは国語辞典ぐらいあるけど -- 2016-04-21 (木) 19:30:33
  • オススメ書籍の『征途』を皮切りに佐藤大輔作品を古本屋で探して読んでいったらとても楽しめました。情報ありがとう!あとは気長にレッド(ryとパシフィ(ryと皇国(ryの続編を待ちます -- 2016-04-25 (月) 20:16:42
    • おまえは10年前からの俺か。 -- 2016-05-01 (日) 12:34:40
      • 佐藤大輔なら「地球連邦の興亡」っていうもの面白いぞ。最近改訂版が出たから比較的手に入りやすいはず(なお既出の半分が出た時点で御大は力尽きた模様) -- 2016-05-01 (日) 12:36:47
  • 佐藤大輔小説なら「地球連邦の興亡」っていうもの面白いで。 -- 2016-05-01 (日) 12:35:20
  • 直接は関係ないけど『ナバロンの要塞』とか見てると、「こいつら砲台小鬼とかぶっ飛ばしてくれたらいいのにな」って思う。装備「熟練爆破工作員」みたいな感じで。 -- 2016-05-05 (木) 22:11:17
    • 映画だと、駆逐艦がドカドカ撃たれるシーンがあったなぁ。ちなみに、映画版と原作版はほぼ別ものとなっていたりする。 -- 2016-05-26 (木) 13:30:31
    • 陸戦隊装備でワンチャン… -- 2016-10-12 (水) 18:21:41
  • 雪風の映画はかつてレンタルビデオ版があったけど・・・DVDはないのかなぁ? -- 2016-05-09 (月) 18:17:53
  • 昨年、ノーベル文学賞を受賞したスヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ『戦争は女の顔をしていない』っていかがでしょう? WW2で従軍したソ連の女性兵士達のインタビュー集。ソ連は女性が看護婦などの後方でなく、前線の一兵士として参戦した唯一の国。出てくるのは飛行士・戦車兵・高射砲兵・工兵・医師・看護婦・パルチザン、二等兵から尉官・部隊長まで多種多様。舞台は独ソ戦だし、海軍は一人出てくるのみ、だけれどWW2の最前線で戦った女性兵士達の実際の様子を知る事が出来る貴重な作品。「鶴翼の絆」の内田てんてーや速水螺旋人先生も「戦争×少女を知るにはマストの本」として絶賛してます。 艦これは軍艦・海戦が元ネタですが、少女の姿で戦っているのも大きな特徴。日本でも海軍でもないですが、「戦争で武器を手にして戦った少女たちの生の声」を知れる本は他にはありません。いかがでしょう? -- 2016-05-18 (水) 03:16:31
    • 戦場での恋、微笑ましい女らしいエピソード、から、苛烈な戦闘と凄惨な死の記憶、戦後の風当たり辛い差別、までありとあらゆる女性兵士達の「記憶・感情」が語られている本です。 -- 2016-05-18 (水) 03:38:09
      • まあ、うん、いい本だし女の子x軍事メソッドが氾濫し片っ端から消費されていくバブルな昨今だからこそ一読して心の片隅に留めておいて欲しい内容ではあるんだが。 ここって「艦娘さん(本物)が出てくる映画や本を見よう!」という趣旨のページなのよね。 -- 2016-05-24 (火) 15:35:41
      • Oh, よく見たらトップにそう書いてたね。なんとなく「史実などに関連する映画や本」位の認識になってた。提督諸兄には是非ともオススメしたい書籍だが、その枠だと確かに入らないわなぁ。むむむむ・・・ -- 2016-05-24 (火) 22:59:57
      • ストパンやアルペジオがあるのに何を今さら…… -- 2016-08-27 (土) 00:44:26
  • 「地獄の戦艦(2001年アメリカ映画)」戦艦アイオワで1989年に発生した砲塔爆発事故を題材としたテレビ映画。主砲発射シーンなど当時の戦艦内部の様子をある程度見ることができ、その点でも興味深い映画です。アイオワが実装されたので、彼女の実話を扱ったこちらも入れていいのではないでしょうか。 -- 2016-05-22 (日) 22:17:48
    • 製作国はアメリカ・カナダでした -- 2016-05-22 (日) 22:18:35
  • ヤングマガジンでやってる「アルキメデスの大戦」はそろそろ足した方がいいんだろうか。今週は友鶴事件で龍田も出てきたけど、まだ様子見な雰囲気? -- 2016-05-24 (火) 16:25:02
    • あれは面白い、物凄く面白いんだけど、パラレルワールドである事を作中で全くことわってないのがなぁw 世間的にはガチの歴史マンガだと思われてそうな節がw 単行本だとなんかしら注釈入ってるのかね。 -- 2016-05-24 (火) 17:40:59
    • 個人的には賛成ですが、もう少し作品として量が増えてからでもよいかもしれませんね。 -- 2016-06-03 (金) 12:06:43
  • 架空戦記と言えば「レッドサン・ブラッククロス」が超有名だけど、誰か紹介してくれないかなぁ?|д゚)チラッ -- 2016-05-26 (木) 13:33:30
    • 私も好きなんですが簡潔の見込みが全然ないのがちょっと…未完の沼に引き込むわけにはいきませんしねぇ^^; -- 2016-06-07 (火) 20:20:19
    • 同じ作者なら「戦艦大和夜襲命令」「目標!砲戦距離四万」が完結していますね。入手は非常に困難ですが。 -- 2016-07-24 (日) 05:30:06
  • はいふりも入れてほしいです… -- 2016-06-02 (木) 05:39:21
    • 禿同 -- 2016-07-28 (木) 00:51:42
    • 大昔のアルペイベみたいにコラボしないかぎりは難しそうだなあ -- 2016-11-11 (金) 22:35:19
      • しかしストライクウィッチーズも紹介されていますしはいふりも艦これ登場艦が出ているのでリストに入れるのは問題はないかと…あとは誰かが紹介文を書いてくれれば、というところかと… -- 2016-11-11 (金) 22:41:27
  • 暗い波濤(阿川弘之)がお薦め。 -- 2016-06-05 (日) 10:56:31
  • 幼児の頃、親父に連れて行ってもらった劇場作品なのですが、軍艦マーチに乗ってたくさんの軍艦がオープニングに登場する作品の題名をどなたかご存じないでしょうか? 昭和40年頃の作品だと思うのですが、幼児だった自分は「軍艦マーチで軍艦の行進ってカッコイイ!!」しか記憶にないのです。あのオープニングだけでももう一度観てみたいです。 -- 2016-06-06 (月) 08:50:58
  • 安永弘著のサムライ索敵機 敵空母見ゆ がお勧め。元、零式水偵のパイロットで、羽黒、妙高,熊野、筑摩と乗り継ぎ、最後は彩雲に乗っていた人。題名は勇ましいが中身は割とユーモラスで面白い。 -- 2016-06-19 (日) 21:32:11
  • 森恒英著、「軍艦メカニズム図鑑 日本の駆逐艦」は船体から兵装までの仕組みが詳細に書かれてるのでお勧めしたいけど、絶版な上入手困難なのが難点 -- 2016-06-23 (木) 16:04:48
    • それな。あのシリーズは評価も高い名著なのにグランプリ出版が頑なに復刊しないのは何故なんだろう。 -- 2016-06-23 (木) 17:58:24
  • 長らく絶版だった萩風と凉月の元砲術長、倉橋友二郎氏の「激闘駆逐艦隊」が河出文庫から7月6日に発売されます。隠れた名著の一つだと思います。超お勧めですので、大勢の人に読んでもらいたいです。 -- 2016-06-27 (月) 17:48:14
    • 日本の古本屋で検索しても見つからなかった本が再販・・・wktk。 -- 2016-06-29 (水) 20:03:03
  • 家具の戦艦映画ポスターの元ネタ「戦艦ポチョムキン」 -- 2016-06-28 (火) 00:30:27
  • 入手は大変だろうけど光人社が出していた「記録写真集」全25巻 軍艦だと11〜21巻 -- 2016-06-30 (木) 00:15:59
    • 編集は雑誌「丸」編集部 -- 2016-06-30 (木) 00:18:44
  • 翔べ!空の巡洋艦 -- 2016-07-24 (日) 22:57:51
    • 二重投稿すみませんでした -- 2016-07-24 (日) 22:59:18
  • 翔べ!空の巡洋艦「二式大艇」を本屋で手に入れた。色々な戦記を集めた本だけど、大艇ちゃんの扱いとかあるから読み終えたら項目に追加するかも! -- 2016-07-24 (日) 22:59:06
    • ということで先ほど書きました。ダダダッと書いただけですので、他にも読まれた方がいらっしゃればどんどん加筆していただけたら幸いです -- 2016-07-26 (火) 23:20:47
  • 既出かもしれないが「重巡洋艦戦記」が入ってなかったのでここに書き込む。発行は↑3と同じく光人社、「丸」編集部編。内容は「丸」に掲載された記事をまとめたもので、艦これに実装されている全ての日本重巡の乗組員の証言と、米戦略爆撃調査団に対する栗田中将のレイテ沖海戦の証言記録。三川中将が語る「第一次ソロモン海戦の思い出」も掲載。お値段1800円。 -- 2016-07-27 (水) 00:12:44
  • 初心者向けの日本艦の本は結構あるのに、海外艦の本は少ないよね -- 2016-07-29 (金) 22:19:06
    • 近刊だと光人社NF文庫の「世界の大艦巨砲―八八艦隊平賀デザインと列強の計画案」が面白かった。 -- 2016-07-30 (土) 01:34:15
    • 木俣滋郎の欧州海戦記ぐらいしか勧められないぐらい、初心者向けの海外艦読み物については少ないもんなあ -- 2016-08-19 (金) 01:34:08
  • 既出かもしれないけど『陽炎型駆逐艦』はどうだろう。個人的には読み応えもあるし、戦記だけじゃなくて設計関係の話もあるいい本だとおもう -- 2016-08-08 (月) 20:17:50
  • ここで質問するのが適切かわからないのですが、戦艦山城について詳しく調べられる本をどなたかご存じないでしょうか? -- 2016-08-09 (火) 20:53:00
    • たぶんもうちょっと具体的に書いた方が返事を期待できると思う。 -- 2016-08-15 (月) 20:37:09
      • すみません、そうですよね。ちょっと長くなりますが事情を書きます。某所の骨董市で戦艦山城が描かれた絵皿を買ったのですが、艦橋下部にどういうわけか「521」という数字が書かれているのです。皿の出来は大したものではなく、おそらく素人同然の個人が作ったもののようで、公式な記念品などではありません。ですが作者は何か根拠があって521と書いたのだろうと思い、それが何なのか知りたくて資料を探しています。ただ、何の数字か見当がつかないので、まずは概観的な本から読んでいこうと考えています。以上を踏まえて何かご紹介いただけないでしょうか。 -- 木主? 2016-08-21 (日) 10:13:41
    • 初版2001年とかなり古いが、学研のムック本で出てる「扶桑型戦艦」がいいんじゃなかろうか。あんまり時代錯誤な事は書いてないし・・・いやでもあれ初心者向けか -- 2016-08-19 (金) 01:31:18
  • 鉄底海峡―重巡「加古」艦長回想記がないやん! -- 2016-08-11 (木) 21:51:43
  • 「ローレライ」を「終戦のローレライ」に改訂しましたです。 -- 2016-08-30 (火) 01:06:15
  • ここで『財部彪日記』をおすすめしたい。出版されてるのは海軍次官時代のぶんだけど、金剛型、扶桑型、伊勢型の建造裏話(っていうかその予算周りで案の定盛大にやらかす海軍)が書かれてて楽しい -- 2016-08-30 (火) 18:48:00
  • 艦これ登場艦も登場する漫画作品を三つ紹介しておきます -- 2016-08-31 (水) 23:13:36
    • 「赤城と比叡」(黒井緑・白泉社楽園コミックス)日清戦争から第二次大戦までのさまざまな海戦を描いたノンフィクション作品。タイトルの赤城と比叡は日清戦争時の先代の話で、艦これに登場する艦としては夕立の話が掲載されている他、大戦末期のUボートの話もあります -- 2016-08-31 (水) 23:13:50
    • 「ユトラント沖海戦」(黒井緑・白泉社楽園コミックス)戊辰戦争から第二次大戦までのさまざまな海戦を描いたノンフィクション作品。タイトル通りウォースパイトも参加したユトランド沖海戦を描いた話が収録されているほか、艦これにはまだ未登場な涼月から見た天一号作戦、護衛潜水艦から見たビスマルク追撃戦も掲載されています。この2作品は漫画形態なので読みやすく、海戦・艦艇に興味があれば一読の価値ありです -- 2016-08-31 (水) 23:14:38
      • ほー この人新刊でたのか -- 2016-09-01 (木) 15:15:24
      • 涼月の頁が読みたくて購入したけど、どの話もなかなか良い。 -- 2016-09-19 (月) 08:34:06
      • 話はいいんだけど、絵の好き嫌いで評価が分かれるかな?結構、癖のある絵&台詞だし。 -- 2016-12-11 (日) 02:09:46
    • 「水瀬まりんの航海日誌」(全2巻・フクハラマサヤ・芳文社まんがタイムKRコミックス)女子高生が異世界に迷い込むいわゆる萌え4コマ漫画。その異世界では第二次大戦期の艦艇が使用されており主人公は陽炎に乗ることになり、他にも大和などが登場します。上2作品とは明らかに毛色の違うファンタジー作品ですが、艦これにも登場する艦艇の登場する漫画ということで一応 -- 2016-08-31 (水) 23:15:18
  • 北海の堕天使が復刊されたの良いな -- 2016-09-03 (土) 21:31:44
    • 『凍てる波濤』も復刊されるんですかね?ただもともとソノラマ文庫(つまり安価)だったのが随分高くなってしまったTT -- 2016-09-05 (月) 22:59:30
      • 感じとしては売上次第らしいがねえ -- 2016-09-12 (月) 16:34:43
  • 『空母瑞鳳の生涯―われ等かく闘えり』とかどうでしょう。瑞鳳にだけスポットを当てた珍しい本です。友人に教えてもらいました。 -- 2016-09-07 (水) 22:27:08
    • 自分もその本を読んでみようと図書館・書店を駆けずり回ったが、どうやらヤフオクとかでしか現在入手手段がなさそう。あと出版社に連絡とれば手に入るかも(なお原価2800円で高めではあるが、1999年出版なので他に比べ読みやすそう?と思われ) -- 2016-09-08 (木) 22:13:52
      • 今見たら、アマゾンと出版元の霞出版社のネットショップで在庫あるっぽいよ -- 2016-09-19 (月) 15:16:39
  • 漫画の項にある「この世界の片隅に」映画(アニメ)公開を前に、公式アートブックが出ました。青葉、大和のほかRJが出るシーンがいくつか紹介されてます。戦艦は作品自体のメインではないものの原作・映画共に相当な考証がされているため、関連書籍やインタビューのほうが艦これ的に興味深いかも。映画のクラウドファンディングで使われていたポスターの青葉は、あまりに精密に描きすぎてCGだと勘違いされたためにわざと崩したとの監督コメント。 -- 2016-09-21 (水) 04:10:03
    • 漫画の項、じゃなくて書籍の項ね。作品自体は漫画。 -- 2016-09-21 (水) 04:17:01
    • 漫画は主人公が大和の巨大な艦影にもらす「なんですかあれは、船ですか?」という台詞が印象に残ってるな。 -- 2016-09-25 (日) 22:47:53
    • 映画版は兵器に限らず地理や生活などあらゆるリサーチが徹底していました。監督が航空史研究家でもあるそうですが、航空や兵器に限らない全方位への「研究家気質」の現れた素晴らしい -- 2016-11-15 (火) 22:44:03
      • (途中送信してた)→素晴らしい仕事でした。当然兵器・戦闘描写も出番は少ないのにそこらの雑な戦争ものが裸足で逃げ出すリアリティです。 -- 2016-11-15 (火) 22:47:57
    • 映画版は戦闘を描かずに戦争を感じさせる傑作です。今、漫画版を読んでいますが、最初の数ページから泣けてきてなかなか進みません。 -- 2016-11-30 (水) 15:41:41
    • 舞台は呉。主人公の義父が呉鎮守府第11航空蔽に勤める技師という設定のため、漫画版では呉鎮守府の歴史を扱うエピソードが一話あり、呉出身艦の名前多数。また、呉空襲時に停泊していた艦の位置などもわかる。 -- 2016-12-07 (水) 20:31:42
  • 「連合艦隊」→「ハワイ・マレー沖海戦」の順に見た。40年も前の作品なのに、「ハワイ・マレー沖海戦」の方が戦闘シーンのリアリティが数段上な件。当時の文化を知る上での資料的な意味でも「ハワイ・マレー沖海戦」の方が見どころが多かった。「かしこくも・・・」というたびに、頭下げたりとか。「連合艦隊」の方は・・・正直見どころなかったな。 -- 2016-09-30 (金) 20:06:49
  • 古本屋で「軍艦「矢矧」海戦記」見つけたので買ってみた。内容は特に問題なさそうだけど、2年前に2回提案が出たものの特に議論された形跡なし。どうしたものか…… -- 2016-10-08 (土) 00:00:15
    • たしか霞ヶ関ビルの設計者の本でしたっけ?項目追加は言いだしっぺがやらないとなかなか追加されないと思います^^; -- 2016-10-17 (月) 21:49:11
      • やっぱりか……本文編集やったことないんで練習してこないと -- 2016-10-17 (月) 23:12:43
  • 猫の記者が主人公の帝国海軍ウンチク漫画「ねこ艦」はどうでしょうか -- 2016-10-19 (水) 03:26:27
  • 飯山幸伸2014『WW�イタリア軍用機入門 イタリア空軍を知るための50機の航跡』光人社NF文庫 はいかが? -- 2016-10-26 (水) 13:51:12
  • 世界戦艦大和列伝(吉田親司)はすでに議論されたんですかね(小声) あと、西田艦長に関して記した「怒りの海」が文庫化で復刊されましたね -- 2016-11-06 (日) 23:46:07
  • 柳田邦夫の「零式戦闘機」続く「零戦燃ゆ」は技術開発史がメインになってるけど日米双方の考証に基づいてるし、入手も容易なので提督諸氏には読んでもらいたい1冊 -- 2016-11-22 (火) 01:44:57
  • 草鹿龍之介「一海軍士官の半生記」 を推しておきます。何故か出身高校の図書室にありまして読んだことがあります。入手困難みたいですが…。 -- 2016-11-26 (土) 23:40:46
  • 角川文庫から出てる、『太平洋戦争 日本の敗因シリーズ』って既出でしょうか -- 2016-12-03 (土) 14:03:44
  • 遂に「五月雨出撃」手に入れた〜、何年か前に「五月雨」の方が売ってたけど100円じゃなかったから買わなかったんだよな〜(300円立ち読み済み)、艦これ始めて五月雨選んだから買おうとしたら売り切れてて。イベクリアした日に買えるとは運がいいぜ!(E4から眼を逸らしつつ、ドロップも無し) -- 2016-12-04 (日) 17:28:11
  • 歴史秘話ヒストリアの伊400と間宮の回。HNKの有料放送で見ることができるかと -- 2016-12-11 (日) 02:16:50
  • 噴式機が実装されたということで、全て戦後を舞台にしておりなおかつ艦これにはもちろん登場しないのでリストに載せることはできないかと思いますが、ジェット機の空母運用場面の観れる映画として「頭上の脅威(1965年・仏)」「ファイナル・カウントダウン(1980年・米)」「イントルーダー 怒りの翼(1990年・米)」を紹介しておきます。前者2作品はSFですが、それぞれクレマンソーとエタンダール、ニミッツとトムキャット、インディペンデンスとイントルーダー等が実艦実機で登場し発着艦シーンなど空母や艦載機の実写映像を十分に観られる作品になっていますのでそのあたりに興味のある方は一見の価値ありかと思います -- 2016-12-14 (水) 20:07:53
  • おお、宇宙戦争1941シリーズの記述があるじゃないか、確か3巻で野中隊が登場しなかったっけ? -- 2016-12-15 (木) 21:33:51
  • 1回上がってましたが、ハイスクールフリートは入れていいんじゃなかろうか。嫁艦が出てる方も居るだろうし。 -- 2016-12-21 (水) 16:50:19
    • もちろん何の問題もなくむしろ入れるべきかとは思いますが、紹介文を書いてくれる人がいるかというところが問題になっているのかと… -- 2016-12-21 (水) 18:39:29
      • 暫定で作ってみました。ほとんど、Wikipediaからのコピペですが…。 -- 鷹城? 2017-02-05 (日) 00:43:15
      • 賛同がありませんでしたので削除しました。 -- 鷹城? 2017-03-05 (日) 13:09:57
      • もう遅いですがここで賛否を募っていたのですか?ここを見る人はそう多くはないので意見は集まらないと思うのですが…否定意見がないなら問題なかった気がします -- 2017-03-05 (日) 13:34:53
      • 他に掲載する場所が思い当たりませんので、こちらに再掲してみる事にします。「**『ハイスクール・フリート』 2016年(全12話)、OVA:2017年(全2話予定)、日本 監督:信田ユウ 製作:海上安全整備局(アニプレックス、KADOKAWA、アスミックエース、BS11、コンテンツシード、クロメア) 略称は「はいふり」。 飛行機が存在せず、日本の低地の大半が海中に沈んだパラレルワールドを舞台に、海を護る職業に就くことを目指す高校に入学した女子生徒たちの姿を描く。海が舞台ゆえに多数の艦船が登場するが、生徒の練習艦として大日本帝国海軍時代に建造された艦艇も登場する。主舞台となる艦は、陽炎型の架空艦「晴風(はれかぜ)」。史実で、大和型建造の予算確保のため架空計上されていた陽炎型3隻が建造されていたという設定。 艦これと同じ角川系であり、漫画としては、テレビアニメ本編の前日譚・幕間を描いた「はいふり(Peaceful Diary of HIGH SCHOOL FLEET)」、スピンオフ「ハイスクール・フリート ローレライの乙女たち」、小説としては前日譚・幕間を描いた「ハイスクール・フリート いんたーばるっ」がある。艦これ関連で艦影が実際に確認できる艦は多くはない(事実上、大和・武蔵・明石・間宮・比叡位で、他は物語中でモニター画面に名前のみの艦とか。(はいふりWikiにてスペースを頂きまして、登場艦のリストを作成中です。まだ、あまりお薦めできるものではありませんが、興味のある方はお越し下さい。))ので、嫁艦を期待すると、ちょっと残念に感じる人も出て来るかも…。」以上、長文失礼しました。 -- 鷹城? 2017-03-26 (日) 20:27:40
  • フィクションで「真・大東亜戦争」(林信吾、清谷信一)などは如何か? 誤字が酷いけどw -- 2016-12-25 (日) 20:46:16
  • アメリカ映画の「機動部隊」とかもいれていいのかな? -- 2016-12-31 (土) 17:44:38
  • アメリカ映画の「機動部隊」とかもいれていいのかな?サラトガもきたから、米海軍映画もいいと思うの。 -- 2016-12-31 (土) 17:45:23
    • あと、「雷撃隊出動」の空母現物を用いた撮影ですが米国以外と加えた方がいいのかな?米国では意外にあるからなぁ。ミッドウェイなんかは記録映画だけど -- 2016-12-31 (土) 17:47:35
      • 少し上の木を書いた者ですが、「頭上の脅威」はフランス空母クレマンソーの実艦で撮影してますし、そうなると第二次大戦中の、というコメントも必要かも -- 2016-12-31 (土) 18:08:20
  • 連投ごめんなさい。 -- 2016-12-31 (土) 17:45:43
  • 坂井三郎(妖精さん) -- 2017-01-06 (金) 14:37:01
  • ドイッチュラント級の日常生活が楽しく読める「ポケット戦艦」(ハヤカワ) -- 2017-01-10 (火) 17:34:00
  • 劇場版「この世界の片隅に」も、ロードショー終了したあたりで追加希望 -- 2017-01-21 (土) 21:05:56
  • 劇場版艦これはどうです…?(小声) まだ円盤にもなってないから書くに書けないか -- 2017-01-24 (火) 01:32:41
  • いつの間にか『連合艦隊』の項目が物凄く長文になっていたんですけど、後半のレイテ沖海戦絡みの注釈必要ですか? 「着艦出来ない搭乗員」も「ガラガラの格納庫」も当時の大日本帝国の戯画でしょう? 制作者に意図がない以上「実際と比べてどうだった」と言うのに意味があるとは思えないんですが。 -- 2017-02-03 (金) 09:37:00
    • 「戯画なんですよ?史実とは違いますからね?」という意味があるんじゃね。知ってる人にはそもそも紹介自体が蛇足、知らない人にとっては「ふむふむ」ってなもんでさ。少なくとも俺は読んでて面白かったよ。 -- 2017-02-06 (月) 01:48:14
      • 本文に倍する批判的な注釈が気になったものですから。バッサリ削ろうかと思いましたが役に立ったのだったら注釈は残しておきます。 -- 2017-02-13 (月) 16:23:28
  • [潜水空母 伊号第14潜水艦: パナマ運河攻撃と彩雲輸送「光」作戦 -- 2017-02-04 (土) 09:24:41
    • 途中送信スマソ!ずばりこんな本あるんですね。 -- 木主? 2017-02-04 (土) 09:25:43
  • 恵隆之介「敵兵を救助せよ!」見かけたので買ってみた。スラバヤ沖のスケッチや写真の他、電の救助話がなぜあまり取り上げられないか、アンビリーバボーで割愛された話が多く興味深い -- 2017-02-06 (月) 23:24:07
    • (続き)電の救助した将兵は(雷の救助を拒否、救命艇の曳航にこだわった)米兵がギブアップ、「やっぱ助けてくれ!」と泣きを入れたのが発端。ボートを曳航したのでは4ノットほどしか出せず、雷もさじを投げたみたいね -- 2017-02-06 (月) 23:27:15
    • あと、サー・フォールの観艦式観閲時のルポで登場するT氏(本文中では実名)は工藤艦長の部下でありながら、非常に狡く、工藤の功績を何度も横取りしようとしようとして、海軍、自衛隊に白眼視され、著者もかなり怒り気味に書いているので、序盤とスラバヤのくだりでは多少不愉快な文面が鼻につく -- 2017-02-06 (月) 23:30:16
    • まだ『敵兵を救助せよ!』の項目が無いので、できれば執筆して頂けるとうれしい -- 2017-02-22 (水) 10:42:45
      • 木主です。そのつもりで読破中ですが、いかんせん時間がなくちまちま読み進めているので、しばらくお待ちください -- 2017-02-24 (金) 08:25:21
    • ノンフィクション書籍の項目に『敵兵を救助せよ!英国兵422名を救助した駆逐艦「雷」工藤艦長を追加しました。スラバヤ沖海戦のシーンのみではなく、雷の艦内生活や工藤艦長の憲兵さんこっちですな逸話なども収録されているので、雷提督のみならず幅広くお読みいただけると嬉しいです -- 2017-02-26 (日) 23:19:33
      • 乙です -- 2017-03-02 (木) 04:25:13
  • 週刊ヤングマガジンで連載中の「アルキメデスの大戦」はどう? 数学の天才(という以外にも色々チートな能力を持つ)主人公が、平山(明らかに平賀<s>不</s>譲がモデル)氏の大型戦艦建造計画を潰すところから始まって歴史を変えようとするマンガ -- 2017-02-19 (日) 23:06:56
    • いいと思います。私も今買い集めています。 -- 2017-06-15 (木) 21:57:13
  • 「連合艦隊」のDVD見て感想。MMD動画作っている艦これファンです。実写の凄さを勉強中です。1.多くの役者が登場しても覚えられる。CGでは服装が変わると別人と認識される。2.船は如何にも模型、だが水上で揺れる船の質量を感じる。CGは細密だが軽い薄いペラい。こんな映像作りたいですねぇ -- 2017-02-24 (金) 11:21:20
    • CGってのは別に細密でもなんでもなくて実写に比べると情報量が圧倒的に少ない。いまだにCGよりも特撮の方がいいといオッサンが多いのも実はそこが関係してる。 -- 2017-02-28 (火) 23:13:10
      • ポリゴンにテクスチャー張り付けているだけですものね。CADの講師が(実寸10cm程度のレタークリップを数GBのデータにしてしまった(普通はCADでネジの規格を入力しておけばPCがそれらしく仕上げてくれる所を、私は本当にネジの溝を切った等々。)私に)3DCGはいかにデータ量を削ってそれらしく見せるかが、腕の見せ所だって言ってましたっけ。 -- 鷹城? 2017-04-15 (土) 22:38:46
    • 水が関係するアナログ特撮なら軍艦は関係ないですが円谷プロの『マイティジャック』を観てください。時間が無ければOPだけで構いません。いまだにこれを凌ぐ特撮はないんじゃないかと思うくらいです。 -- 2017-03-22 (水) 21:42:43
      • これは良い!熱いです!取り急ぎOPをYouTubeで見ました。青い海に〜(^^♪もしや宇宙戦艦ヤマトの発進シークエンスはこれが元ネタでは「水位、艦橋を超えます」DVDレンタルで全話マラソンしようと思います。ありがとうございます! -- 木主? 2017-03-24 (金) 11:29:19
      • DVDマラソン終わりましたので追記。「飴のように伸びる水」と言われる表現が凄いです。特撮のスローモーションはもう一つの現実を描くものだと感じます。顕微鏡で雪の結晶を見るような。CGのそれは同じ世界でゆっくり動いているだけ。特撮は教材の宝庫だと思います! -- 木主? 2017-03-28 (火) 22:54:42
      • 観ていただいて恐縮です。本作は丁度49年前の今日に放送されましたが、それがレンタルで見ることができるとは良い時代ですね。当時私は10才だったので本当に現実に撮影したんじゃないかと思ったくらいです(テレビが白黒だったのもありますが)。10年後のさらばヤマトは大学の同級生たちと観に行って「発進シーンはMJ号だよなぁ」とか言い合ったのも良い思い出ですねぇ。 -- 2017-04-06 (木) 21:25:56
  • 『失敗の本質』過去に何度か提案されていましたが、特に肯定も否定もされていなかったため追加しました。陸軍の話も多いですが、海軍もミッドウェーとレイテについて詳細に分析されています。戦史や経営学に興味のある提督諸兄にとっても有用な1冊であると思います。 -- 2017-02-24 (金) 18:07:10
  • 「最後の雷撃隊」は当時の雷撃機乗りの実情がわかってよかった。華々しい海戦には出撃していないけど、哨戒任務や台湾沖航空戦の地獄など、戦闘機乗りに隠れがちな雷撃隊の話がよくわかる作品でした -- 2017-03-02 (木) 13:54:25
  • 今月発売の丸はドイツ戦艦特集でっせ。まぁビスマルクのページを担当しているのは大塚某ですがね... -- 2017-03-05 (日) 17:02:44
    • まだ紐緒閣下と組んでビスマルク批判してるの? -- 2017-03-06 (月) 18:59:09
      • あの某軍事ライターは、未だに大遠距離砲戦の夢が捨てきれず、実戦で大落角で重要区画に被害を与えたと書いた模様。 -- 2017-03-07 (火) 15:03:29
      • 続き)あと、海外資料では「高落角の防弾処理も含めて、配置は旧式で有効性に欠ける」と戦時の英海軍の評価が受け入れられている。と書いているあたり実はまともに資料も読んでないんだろうなぁ.... -- 2017-03-07 (火) 15:21:48
  • 軍艦青葉は沈まず -- 2017-03-11 (土) 20:00:03
  • 軍艦青葉は沈まず -- 2017-03-11 (土) 20:00:05
  • 軍艦青葉は沈まず -- 2017-03-11 (土) 20:00:05
  • チャンピオンREDの「紫電改のマキ」は? -- 2017-03-12 (日) 16:42:57
    • ドラマCDだとアルペジオの比叡が主人公の声だった -- 2017-04-03 (月) 23:56:35
  • 第七の空母とかだれか書いてくる人いないかな?表紙が無意味に生頼範義だったりして面白そうに見えたんだけどな… -- 2017-03-15 (水) 10:18:24
  • シー・バトル 戦艦クイーン・エリザベスを追え!!シー・バトル 戦艦クイーン・エリザベスを追え!!などはどうであろうか。タイトルの通りWarspiteのお姉さんが出てくる(敵だけど) -- 2017-03-19 (日) 20:49:55
  • アニメーション編にストパンがあるんだったら『モルダイバー』とか入れても良いかなぁ? -- 2017-03-24 (金) 11:02:15
  • 畜生なんて週末なんだ。レッドサン・ブラッククロス・・・完結させてほしかったよ。カリブ海の夜戦がどうなったのか気になって仕方がなかった。合掌 -- 2017-03-26 (日) 22:11:00
    • 佐藤大輔氏、亡くなったらしいね……合掌 -- 2017-03-27 (月) 16:53:43
    • さんざん書きかけで放っておいて、遅筆で有名だったのに、当人の寿命だけ速筆って皮肉と言うかなんと言うか……「征途」の一文でお別れさせてもらおう。「さよなら、マイティモンスター」 -- 2017-03-28 (火) 21:58:02
    • 「戦艦大和夜襲命令」と「征途」が数少ない完結作になったな。前者は大和のソロモン海突入やイクの活躍がなかなか良かった -- 2017-04-01 (土) 20:57:36
      • 「夜襲命令」だと、たしか野中さんも出てた気がする。あの侠客みたいなカッコして -- 2017-04-02 (日) 18:18:54
      • この中で、イクが食ったのが、ウォースパイトとサラトガなんだよね。艦これしてる自分としては、因縁めいたものを感じる -- 2017-04-25 (火) 22:55:57
    • マジかよ、金剛と長門と神通と川内最低だな -- 2017-04-03 (月) 23:57:56
  • ハイスクール・フリートはなぜ入ってないんだ?アニメを見るだけで艦隊戦の勉強になるし、ファンブックはさらに細かい説明も入っている。。 -- 2017-04-06 (木) 01:44:03
    • 少し上の木にもありますが土台は作ってくれた人がいます。更新してくれる人がいないだけかと… -- 2017-04-06 (木) 04:54:54
      • 執筆者の言い訳:折角、原案を掲出させて頂きましたが、主舞台の「晴風」自体が艦娘とは無関係な架空艦である事、公式コラボがあった『アルペジオ』ですら、「現代戦を持って来るのはどうなの?」という意見があった('15-05-22)という事を鑑みますと、私としましては、最低限公式コラボ等があるまでは、本文に加えるべきではないと判断しています。私事で恐縮ですが、知らなかったとは言え、無断であちこちの小ネタ等を加筆してしまっていて(もちろん荒らしをするつもりはなく、皆さんが知らない様な情報を提供したかっただけなのですが…。)、運営の方々からも嫌われている様なので、私にはこれ以上、事を荒立てる真似は出来ません。ごめんなさい…。ただ、ぜひとも本文に加えたいという方がいらっしゃいましたら、コピペ&加筆して頂いて構いません。(たいした出来ではありませんが、折角作ったので、むしろ使って貰った方が嬉しいです。)その場合、最後の一文(艦これ関連で艦影が〜)は、幹の「嫁艦が〜」に応えたものですので省いて頂けたらと思います。 -- 鷹城? 2017-04-15 (土) 22:24:17
    • 『アルペジオ』はSFの域に達してるからまぁ。ハイフリは海自?海保?実習生の話で、駆逐艦の艦内描写もあるから掲載してもいいと思うな -- 2017-04-15 (土) 22:42:56
      • 少なくても宇宙戦艦ヤマトを入れるよりはずっと違和感ないですね、はいふり… -- 2017-04-16 (日) 04:52:12
      • コンゴウとの決戦で「そういえば、こいつ潜水空母だったなー」と思い出させてくれたのは良かったと思う。 -- 2017-07-30 (日) 01:56:21
    • ハイフリ見ました ガルパンの海版といった趣ですが「何故おすすめに載ってないのか?」甚だ疑問レベルに感じます 主人公たちが乗る艦は確かに架空艦ですが、陽炎型駆逐艦のマル3計画艦(大和武蔵の予算調達の為)という設定で形状は陽炎型(カッターの代わりに大型水上バイク載せてますが)ですし、相手は比叡・武蔵・アドミラル・シュペー・伊201です ミサイルが出てきますが主人公たちの艦には積んでませんし戦闘は12.7cm連装砲や長10cm砲、魚雷水雷(と知恵と勇気)で行います 素人の私でも艦対艦の戦闘や操艦って「こんな感じなんだ」を分かり易く描いており戦闘シーンはかっこいいです 何より艦これプレイヤーにも受け入れ易い(と思われる)今時のアニメという意味でも自信を持ってオススメ出来るレベルに思います -- 2017-06-24 (土) 13:36:14
    • はいふりは「航空戦力が無ければ大和型はこのくらいヤバい」って事が描かれてて良いと思うです -- 2017-07-28 (金) 17:47:15
  • 「永遠の0」 -- 2017-04-07 (金) 20:45:34
  • 「永遠の0」があるならば、じゃありませんが、ゼロ戦絡みのモノで、本宮ひろ志さん(天地を食らう・サラリーマン金太郎・俺の空シリーズ)の「ゼロの白鷹(はくたか)」(集英社文庫より全3巻)、提督の皆さまも掛け値なしで一読の価値あり、であります!ぜひ是非ともココにくわえて下さいませm(_ _)m深礼 -- かぼちゃ大王? 2017-04-07 (金) 20:58:50
  • 征途があるならレッドサン・ブラッククロスはいかがじゃろうか?よろしければ土台だけでも作ってみたいと思いますが(たぶん時間はかかる) -- 2017-04-11 (火) 22:49:53
    • 是非やってほしいが、ここの限られたスペースで網羅できるかなぁ。あと艦名や計画名は史実のままで実際は別物も(「高速」戦艦大和等)あるから結構情報がややこしいい。 -- 2017-04-23 (日) 07:34:48
  • 艦これより少し前の時代になるけどコミック(元同人誌)の「蒼海の世紀-王子と乙女と海援隊-」(原作:野上武志)もいいんじゃないかな。改装前の金剛型とかも出てるし。三笠の舷側砲が火を噴く熱いシーンもあれば乗員達の艶姿も・・・(主人公と床屋のじーさん以外の三笠乗員は全員女性)。 -- 2017-04-22 (土) 01:50:38
  • 『戦藻録』の項。阿賀野のくだりで「満足を興ふる」との記載がありますが、「與ふる」(あたふる、「与」の旧字が「與」です)の誤記載でしょうか?重箱の隅で申し訳ないです。 -- 2017-04-25 (火) 23:47:09
    • ほんとだ、気付かなかった…修正しました。ご指摘ありがとうございました! -- 2017-05-02 (火) 02:37:07
      • この度、図書館から借りて読んでみました。(二週間では、読み切れない分量だったもので、摘み読みですが、長門に再会した時、「彼女」と呼んでいたり(1943-03-06付 原書房1968年版 P304)、亡き妻への想いが所々に出て来るのが、印象に残りました。実際の所は色々と描かれている人物像とは、だいぶ違うのではと…。) 引用箇所、私は探すのに結構苦労したので、今後読む方のために、日付と何ページに記述されているのかを注釈で加えさせて頂きました。 -- 鷹城? 2017-05-25 (木) 20:27:14
      • 私の駄文で『戦藻録』を読んでくださったのですね^^(かなりディープな世界です) ページ注釈の追加もありがとうございます。確かにあったほうが便利ですね…考えもしませんでした^^; 自分の日記だから自分を良く書くのはありますが、それを割り引いても宇垣纏は悪く言われすぎている感がありますね…第八戦隊(利根・筑摩)no個人的には沖縄海域への突入を批判する気にはなれません。 -- 2017-06-03 (土) 17:42:11
      • 上記「第八戦隊no」は、「第八戦隊(利根・筑摩)の指揮をまかされ喜んでいた姿はまことに可愛らしく萌えるものがあります」と書こうとしていたら、誤って送信してしまいました^^; -- 2017-06-03 (土) 17:47:16
      • 宇垣さん関係ないけどそんなに『利根』『筑摩』って良いフネだったんですかねぇ。福井静夫もべたぼめですし。 -- 2017-06-03 (土) 17:51:48
      • お返事ありがとうございます。ついでに、気になった点を一つ。「戦藻録」と同時に黄文雄氏の「日本人はなぜ特攻を選んだのか」も借りて来たのですが、宇垣さん、現在は靖国に合祀されているらしいです。(同書P85) -- 鷹城? 2017-06-06 (火) 22:19:31
  • 一式戦が来るということで、説明不要な「加藤隼戦闘隊」や(当然フィクションながら)開発物語な「燃ゆる大空」といった戦中製作の実機を使用した映画を紹介してもいいかも -- 2017-04-28 (金) 18:31:55
    • 「零」との対比で入れてみるのも面白いとは思いますが、海軍艦艇の援護を行ったという史実を考慮しても、陸軍機を「艦これ」Wikiのネタとするのはどうでしょうかねぇ?(水を注してしまってすみません。こんな事を書いてしまいましたけれども、個人的には「零」より「隼」の方が好きです。本当は、そういう記事を見てみたいのですが…。) -- 鷹城? 2017-05-03 (水) 22:50:19
    • 『加藤隼戦闘隊』は装備も実装されたし項目を作ってもいいと思います -- 2017-05-06 (土) 05:05:06
    • 22日夜、「加藤隼戦闘隊」・「燃ゆる大空」観てみました。記事、どうしましょう?(私自身は、書く自信が余りないので、何方かにお任せしたいなと思っているのですが…。) -- 鷹城? 2017-05-25 (木) 12:01:12
  • 神威が図鑑で触れている女性飛行家、アメリア・イアハートを題材とした映画に「アメリア 永遠の翼」や「ラストフライト」があります。前者は円盤も出ているので入手は容易ですが、上の一式戦関連映画よりさらに艦これから離れますので興味があれば程度で… -- 2017-05-04 (木) 23:08:51
  • E1、E2の左側ルートを見て即座に『石狩湾海戦だこれ!』と叫びだした佐藤大輔ファンは挙手。 -- 2017-05-06 (土) 00:01:54
    • 運営なりの手向けなのかもね。 -- 2017-05-06 (土) 05:06:58
    • 一巻の最後、黛大佐が乗っていた[大和]が、朝霞の中で北に向けて出港する場面が印象的。南北に分断された時、いろいろ書かれていた -- 2017-05-06 (土) 05:28:21
    • 水母だと、そっちにしか行けなかったヨォ…。 (--; (結局、E2突破出来なかった…。〇rz) -- 鷹城? 2017-05-25 (木) 12:33:33
    • 今更ながらwikiで敵編成見たけどその意見にうなずける。当時その発想なかった自分がうらめしい -- 2017-06-03 (土) 20:27:14
  • 水雷艇の話ではありますが、 -- 2017-05-14 (日) 13:10:31
  • 鴻型水雷艇の話ではありますが、小さな英雄水雷艇「鵯」 著・渡辺哲夫も当時の人から見た世界が描かれていていました。 -- 2017-05-14 (日) 13:19:28
  • ハヤカワNFで挙がってない本だと、ダドリー・ポープ『バレンツ海海戦』『ラプラタ沖海戦』がお薦め。崖っぷちに立たされたロイヤルネイビーの水雷屋が、知恵を絞り作戦目的を達成するまでの過程を描いた佳作と思います。『ラプラタ沖海戦』の終盤、シュペー艦長ラングスドルフ大佐の最期は、ロイヤルネイビー好きでも号泣するかも。 -- 2017-05-22 (月) 20:41:53
  • 2011年12月2日エピソード19の探偵ナイトスクープの「手作りの連合艦隊を海に浮かべたい!!」という話がアマゾンプライムでみれるよ -- 2017-05-24 (水) 16:00:39
    • 5m近くの大和、長門、赤城は圧倒されます -- 2017-05-24 (水) 16:13:20
  • 艦魂戦記も入れていいですか。 -- 2017-06-02 (金) 23:22:05
  • 海防艦も実装されたことだし、「海防艦「占守」電探室異状なし―小艦艇戦記」「海防艦三宅戦記―輸送船団を護衛せよ 」「海防艦第二〇五号海戦記―知られざる船団護衛の死闘 」を推します。しかし三宅は艦これ的に美味しいネタ持ってるなあ -- 2017-06-14 (水) 23:40:08
  • 仏独伊幻の空母建造計画はどうだろう。コマンダン・テスト -- 2017-06-16 (金) 01:12:10
    • 途中送信失礼 -- 2017-06-16 (金) 01:12:41
    • 途中送信失礼 -- 2017-06-16 (金) 01:12:42
    • 途中送信失礼 -- 2017-06-16 (金) 01:12:43
  • 仏独伊幻の空母建造計画はどうだろう。グラーフ・ツェッペリン、アクィラは細かく書かれてるしコマンダン・テストにも触れてるからここに載せるのには丁度いい本だと思う。基礎知識さえあればスラスラ読めるし、 -- 2017-06-16 (金) 01:20:18
  • 文量もちょうど良いと思う。 -- 2017-06-16 (金) 01:21:17
  • ぜひ、映画の方のすずさんを…(浦風にやられた) -- 2017-06-24 (土) 11:07:57
  • 架空戦記の装甲空母関ヶ原はおすすめしますよ。アングルドデッキ付装甲空母に改造された天城が関ヶ原と名前を変えて活躍します。日本駆逐艦では神風がメインで活躍してます。(米軍側は駆逐艦ワード) -- 2017-06-27 (火) 11:22:41
  • 戦艦大和 (講談社選書メチエ) 単行本 – 2003/5 平間 洋一 ISBN-13: 978-4062582698 -- 2017-07-03 (月) 17:58:40
    • 著者は防衛大学校一期生でちとせの艦長、防衛大学校の教授も務めた元自衛官。 内容は、大和の建造された理由や歴史的戦術的背景など。 ただし、専門家の書いた本のなのでしっかりと資料的裏付けがされている。 特に米軍側からの大和についての資料があるのは、珍しい。 資料的な価値の高い本である。 -- 2017-07-03 (月) 18:15:57
  • バトル360 空母エンタープライズの戦い -- 2017-07-10 (月) 17:55:22
  • エンタープライズやアメリカ艦だけでなく、日本の艦もそれなりに出てるので -- 2017-07-10 (月) 17:57:11
  • 映画『パシフィック・ウォー(2016年作品)』お勧めしたいです。伊58に沈められた「凄い重巡」ことインディアナポリス乗員たちの漂流記です。 -- 2017-07-17 (月) 09:36:58
    • インディアナポリスの任務。伊58との戦闘での轟沈。漂流から救助まで。戦後の艦長の処遇など。かなりしっかり描かれていたと思いますのでお勧めです。ラストの橋本艦長とマクベイ艦長の会話は必見かと。 -- 木主? 2017-07-17 (月) 11:14:00
  • 『征途』愛蔵版が9月末に発売という知らせを聞いてワイ感涙。既に3巻とも揃えているが、これは是非とも買わねばなるまい。 -- 2017-08-06 (日) 22:09:19
  • スピットファイアが実装されたのでこちらの映画の紹介を。「スピットファイア」という1942年製作のイギリス映画があります。スピット設計者のR・J・ミッチェルの生涯を描いた戦意高揚映画で、DVDも出ていますが「スーパーマリン」を「特殊海軍」と訳していたりと字幕に難があります(初見時特殊海軍という字幕に何でここで特殊部隊の話になるんだ、となってしまいました) -- 2017-08-16 (水) 10:03:59 New