Top > 長月

長月

Last-modified: 2017-12-27 (水) 21:04:03
No.035
長月だ。駆逐艦と侮るなよ。役に立つはずだ。長月(ながつき)睦月型 8番艦 駆逐艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久13火力6 / 29
装甲5 / 18雷装18 / 49
回避37 / 69対空7 / 29
搭載0対潜16 / 39
速力高速索敵4 / 17
射程15 / 69
最大消費量
燃料15弾薬15
装備
12cm単装砲
未装備
装備不可
装備不可
改造チャート
長月長月改(Lv20)
図鑑説明
睦月型8番艦だ。
東南アジア方面の攻略作戦後は、船団護衛を任されていた。
コロンバンガラ島への揚陸作戦では敵艦の襲撃を受けながら奮戦したよ。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:日高里菜、イラストレーター:やどかり (クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

ステータス

  • 睦月型として性能は平均的。運が改造前は15、改造後は20と他の睦月型より少し高いのが特色。
  • その他のステータスや運用方法についてはほぼ同値の睦月を参照。
     

現在の入手方法

  • 現時点では1-1~6、2-1~2、5-1、6-1、6-3~5のボスマスと道中両方からのドロップが報告されている。3-5、4-5ではボスマスのみドロップ。
  • 建造では一般建造のみ可能。
     

出撃や任務関連

  • 2017年冬イベントE-2海域にて、初めてルート固定艦の1隻となった。
     

その他

  • 現時点では睦月型の中で唯一、改造後に61cm四連装(酸素)魚雷を持ってくる。
  • 運の最大値も睦月型随一であり、これは運初期値が高い艦に共通した特徴である。
     

期間限定グラフィック

  • 2017年12月11日のメンテナンスで、クリスマスmodeが実装された。
    • サンタ役にも付き合ってくれるが、堅物な彼女らしく無愛想。
限定イラスト:Xmasmode
 

小ネタ Edit

  • 第五水雷戦隊第二十二駆逐隊所属、隊員番号30、長月だ。真珠湾の前から中国大陸方面とかで働いてたぞ。
    その後もいろんな作戦や護衛の任務についた。ケ号作戦に参加できたのはちょっと誇りかな。
    • 東京・石川島造船所にて1926年(大正15年)10月6日進水、1927年(昭和2年)4月30日竣工。
      当初は「第三十号駆逐艦」という艦名で、1928年(昭和3年)に「長月」に改称された。
      佐世保鎮守府に配属され、皐月水無月文月とともに第二十二駆逐隊を編成し、第五水雷戦隊に所属した。
  • 私が搭載しているタービンは、睦月型の姉妹では唯一となる石川島ツェリー式タービン*1だ。他には弥生ヴィッカースのタービンを装備していたがな。
    • ツェリー式は海軍では普及しなかったが、日本郵船の大型客船のような商船などではよく用いられた方式だ。
      大鷹型や飛鷹のような郵船上がりの商船改装空母は殆どツェリー式が用いられているぞ。
      艦娘だと、これも商船出身のあきつ丸が私と同じ石川島製のツェリー式タービンを搭載しているな。
      が、このタービン実はもともと発電用だというのは重要軍機なので気をつけろ。
      • なに、私に搭載されたツェリー式と郵船上がりのそれとでは違うだと!?*2
  • 昭和7年の第一次上海事変、呉淞上陸作戦の時は陸軍の将兵たちを乗せて敵前上陸に参加した。
    私の艦橋の防弾板にも機関銃弾が音を立てて命中する中、水雷長は踏み台に上がって敵陣を睨みつけていたんだ。
    別にそこまでしないでも敵陣は見えるし、なんて無茶な男だろうと思ったんだが…。
    この負けん気の強い小男こそが、のちに大潮夕立の艦長として大暴れする吉川潔だったのさ。
  • パラオ、マニラ、シンガポール、ラバウル、護衛任務でありとあらゆるところを駆け回ってたよ。
    あまりあちこちに行かされたもんだから、一時はどこにいるのか誰にもわからない状態だった。
    二ノ方兼文*3氏が艦長に任命された時、呉鎮守府やスラバヤ根拠地隊で訊いてもどこにいるか分からず、結局私がシンガポールにいると分かって、着任するまで2週間以上探しまわったそうだよ。
  • そういえば昭和17年の暮、パラオに入港しているとき、艦長の発案で餅つきをやったこともあった。
    もちろん道具など無いから、杵と蒸籠は木工長の手製。臼はオスタップ*4の中にケンバスの丈夫なのを張って魚雷運搬レールに縛り付けて代用だ。
    カッタンコカッタンコとちょっと間の抜けた音だったが、艦長も乗員たちも戦場にいることを忘れて子供のように楽しんだんだ。つかの間の楽しい思い出だった。
  • 昭和18年2月のあのガダルカナル島撤退作戦、ケ号作戦には3回とも参加した。1回めと2回めは皐月や文月と共に警戒隊として、3回めは輸送隊としてな。
    • この頃私は艦橋の両脇にスポンソンを付けて三連装機銃を装備していたんだが、これを撃つと轟音で見張員がいくら怒鳴っても伝わらないという欠点がわかった。
      そこで二ノ方艦長は両手両足に紐を付けて、敵機が向かってきたら引っ張らせるというアイデアを実行したんだ。
      右舷なら右手、左舷後部なら左足、直上なら頭を叩くという具合にな。なかなか面白い工夫だが、けっこう有効だったそうだよ。
    • 1回目の時にちょっとした失敗をした。皐月と一緒に先行して警戒してたんだが、そこへ敵の魚雷艇が現れた。
      私は直ちに艦首を向けて主砲を撃ったんだが、真正面に撃ったもんだから目が眩んでな…その隙に煙幕を張られて、逃げられてしまった。
      艦長はそれまで鈴谷の水雷長で、駆逐艦の艦長は初めてだから、うっかりこういうミスをしたらしい。
    • 2回めの時は途中で舞風が至近弾を浴びて航行不能になったんだ。曳航して連れ帰るよう命令されたんだが、あの時は本当に困った。
      なにしろ舞風は艦首がやられているから尻を引っ張るしかないんだが、それでは6ノットしか出せない。
      しかもワイヤーで繋がってるから、敵機が来ても回避も何も出来ない。
      幸い途中で舞風が自力航行可能になったから護衛しながら帰ったが、あの時は本当に生きた心地がしなかったよ。
    • 3回めの時は輸送隊だ。途中で今度は磯風が直撃弾を浴びて艦首が滅茶苦茶になってな。私と時津風が曳航しようかと提案したんだが、断って自力で帰っていった。
      ……収容作業の時、私はこの世の地獄を見た。陸軍将兵たちは皆、ボロボロの服で装備も持たず、飢餓と熱病で衰弱しきっていて、まるで幽鬼のような姿だった。
      私に上がるための2メートルの縄梯子もなかなか登れず、力を入れると下痢を漏らす。しかし、そんな姿になるまで頑張って下さった苦労を思うと、汚いとは思わなかったよ。
      無事私に上がることが出来ても、安心して精魂尽き果てたのかそのまま息を引き取る者や、熱病が重症化して斃れる者が続出してな……何人ものの最期を、この腕の中で看取ってきたのさ……。
  • ウエワクまでの輸送作戦の時は12隻もの輸送船に大井北上、私を含む駆逐艦12隻という大船団だった。
    どうなるかと思ったが、これは上手く行った。途中で敵潜水艦を数回発見して爆雷攻撃で制圧しながらだったが、1隻も欠けることなく無事に送り届けられたよ。
  • それが終わったらフィンシュハーフェンに行って陸軍の高射砲連隊を収容しろという。それも私単独で。
    つい先日の3月3日、ダンピールの悲劇が起きたばかりの場所を1隻きり通らねばならなくてあまり良い気持ちはしなかったが、どうにか上手く抜けられた。
    • しかし、高射砲連隊といえば600人以上いるはずだ。私1隻だけで収容できるのかと案じたが……現地に行ってびっくりした。
      ガ島の時と同じく、ボロボロの格好をした幽鬼のような将兵が、たった20人しかいなかったんだ……。
    • 連隊長殿はどなたかと聞いたら、兵隊と変わらない格好をした人が「私です」と言うんだ。
      すぐに艦長室にお連れして何でも食べてくださいと言ったんだが、「おかゆと梅干しだけでいい、ご馳走は食べられない」と言う。
      ずっと川エビやザリガニ、木の芽ばかりを食べていて、栄養失調と下痢ですっかり体を壊しているから、おかゆしか食べられないと……聞いていて胸が詰まった。
      おかゆと梅干しをお出ししたら、ぽろぽろ涙をこぼしながら食べていたよ……。
  • そのうちまたフィンシュハーフェンに行けという。この時のメンバーはは文月、皐月、水無月だ。私は文月とペアで行動したんだ。
    ところが、魔のダンピール海峡のど真ん中に差し掛かった時、いきなり照明弾を落とされてB-17の爆撃を食らった。
    真夜中なのに何故爆撃が出来るのだろうと思ったが、今考えるとあれはレーダー照準だったんだろうな。
    • しかし、敵機に見つかったからにはもうただでは済まない。これはいかんと思ってカビエンへ退避することに決めたんだが、
      カビエンに行ってみるとなんと対空戦闘の最中で、青葉が大爆発を起こして燃えてるんだ。
      これはますますいかんと思って慌てて反転したんだが、今度はこっちまで攻撃を浴びて、文月が至近弾で浸水して12ノットしか出せなくなる始末でな。いや、ひどい目にあったよ。
  • あれは昭和18年5月28日だったか、コロンバンガラ輸送をやった時に大失敗をしてしまった。
    航海長が海図を読み間違えて、艦長も航海長を信頼してチェックしなかったもんだから、18ノットで思い切り座礁してしまったんだ。
    すぐに注意信号の赤ランプを点灯したんだが、後続の皐月も止まりきれず一緒に並んで座礁してしまった。
    • 皐月はすぐに離礁できたが、私はどうしても脱出できない。錨を捨てて主砲弾や陸兵を大発に移して乗員も後部に行かせたが、なんとしても動けないんだ。
      水無月が後ろから引っ張ろうかと言ってくれたんだが、そうすると狭水道だから今度は後ろの島に突っ込む可能性がある。
      そこで艦尾を直角にこじるように引っ張ってくれて、どうにか脱出できたんだ。
      驚いたことには、やっとの思いで離礁した私より、自力で離礁できた皐月のほうが深手を負っていてラバウルまで引き返すことになった。
    • 作戦を一つ台無しにした上に皐月も損傷したし、懲罰ものと覚悟してたんだが、私の船体が無事で作戦にも影響がないということで不問に付された。
      ほっと胸をなでおろしたが、恥ずかしくて顔から火が出そうだったよ。
    • だが、恥ずかしがっているだけの私ではないさ。同日の夕方には水無月と2隻だけでもう一度出撃し、コロンバンガラ島に物資と人員を届けたんだ。帰りには後送者もブインに連れ帰ったよ。
  • 昭和18年7月のソロモン方面コロンバンガラ島の鼠輸送。任務は達成できたが揚陸作業中にまた座礁してな。
    翌朝米軍機に見つかって爆撃され力尽きた(クラ湾夜戦)。下手を打ってしまった……勇み足というやつか。
    皐月が私を救おうと頑張ってくれたんだが、ダメだった。迷惑をかけてしまったな。*5
    • そうそう、この前日の戦闘で私は僚艦新月及び夕凪とともに雷撃を行って、米最新鋭駆逐艦ストロングを撃沈している。
      改造すると本来睦月型が装備したことのない酸素魚雷を持って来るのは、この武勲のためか。
    • ちなみに同型艦の全てが戦時中に沈没している。しかも12隻中10隻が空襲によるもの。こういう例は世界的に見ても稀有だったりする。
      他2隻のうち、卯月は水上戦闘で、水無月は潜水艦の雷撃で沈んでいる。
  • 私が沈んでから、二ノ方艦長は沢風(未実装)や若葉の艦長になって、第二十二駆逐隊の慰霊碑建立に携わったよ。
  • 「長月」の名前は私で二代目だ。先代は(初代)神風型として沢山の姉妹の中にいた。
    三代目として私の名前を継いだ護衛艦「ながつき」*6は、1976年のアメリカ建国200周年記念、1986年の自由の女神100周年記念とアメリカで開催された国際観艦式に二度も参加した。歴史というのは面白いものだな。
    ニックネームは「HARVEST MOON(中秋の満月)」。何とも粋な名前を付けてくれたじゃないか。

この艦娘についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • いやー、侮るなよと言われてもその姿ではなwww -- 2017-12-17 (日) 19:30:11
  • 嫁に限定グラが来る.そんな日が訪れようとはなあ(成仏) -- 2017-12-18 (月) 10:36:05
  • 今こそサンタに指輪を逆プレゼントなのだ♪ -- 2017-12-18 (月) 18:18:34
  • ワカメのウィッグとは斬新だな -- 2017-12-19 (火) 00:24:14
  • この足にあるのパンツっぽくね?(視力0.1) -- 2017-12-20 (水) 01:58:04
    • タイツの上にパンツとか斬新だな!(知力25) -- 2017-12-21 (木) 18:49:09
  • 次の改二は主力オブ主力な駆逐艦らしいな。なんだ長月確定か -- 2017-12-23 (土) 14:59:59
    • 確かに長○だったな(白目) -- 2017-12-31 (日) 19:58:23
  • 長月ィェエアァ→↑ -- 2017-12-23 (土) 16:29:40
  • 一瞬スカートが透けてるのかと思った。いや…違うよな…? -- 2017-12-24 (日) 09:40:52
    • 変なところ触るんじゃない! -- 2017-12-24 (日) 09:49:26
  • ワカメ生えてる -- 2017-12-24 (日) 20:31:35
    • ウヅギガニゲテル! -- 2017-12-31 (日) 19:59:01
  • 長月「今年こそは夕月が実装されて欲しいな、私の改二なんかよりも遥かに大事な願いだ」弥生・卯月・水無月・菊月・三日月・望月「うんうん、とっても大事」 -- 2018-01-02 (火) 23:46:53
    • 嘆きの壁(仮)「ダメです」 -- 2018-01-03 (水) 21:01:38
      • ヘロデ大王(仮)「何でじゃ」 -- 2018-01-04 (木) 20:29:46
      • 黄金〇闘士12人『一筋の光明を!』 -- 2018-01-05 (金) 15:51:11
      • ???「救いはないんですか」 -- 2018-01-05 (金) 20:46:04
      • ??「なんでや!? うち関係ないやろ!?」 -- 2018-01-19 (金) 19:55:28 New
  • よそ見をしながら演習を消化してると、長月のボイスが。「酸素魚雷の力、思い知れ!」 どうやら対空カットインが発動したらしい。酸素魚雷が飛んできては、敵航空隊もさぞかし肝を冷やしたことだろうてw -- 2018-01-07 (日) 17:52:13
    • 巡航ミサイルかな -- 2018-01-08 (月) 07:32:21
    • アケ版では爆弾発言は無い模様 -- 2018-01-08 (月) 07:56:14
  • 妙高「長月ちゃんと巻雲ちゃん。今度のローソンコラボはバレンタインだそうですよ…?」 -- 2018-01-08 (月) 23:31:24
    • 欧米流に花か何か渡してくる長月というのもありだと思います -- 2018-01-10 (水) 19:49:15
      • そういや4コマ提督は所属艦娘全員にバラを送ってたな(そしてお返しで埋もれた) -- 2018-01-20 (土) 12:33:43 New
  • 長月と長門の距離が急速に接近しいてる(4コマ) -- 2018-01-19 (金) 13:03:12 New
    • 照れるけどサンタ任務は放棄しない長月。愛宕神社並みの良い仕事だモモーイ -- 2018-01-19 (金) 22:38:58 New
    • ビッグセブンさんの天職である -- 2018-01-21 (日) 22:13:53 New
    • 髪の色以外は割と似てる2人だな -- 2018-01-22 (月) 13:44:19 New!
      • おっ・・・いやなんでもない -- 2018-01-22 (月) 14:24:59 New!
      • 露出増やしてもいいのよ -- 2018-01-22 (月) 16:43:51 New!
  • 電話中の提督「もしもし家具職人さん?模型がさつながバージョンの桐箪笥はないのかな?」 -- 2018-01-19 (金) 23:26:24 New
  • 某提督が「改二にしたら嫁の火力下がって最終海域につれて行けなくなった!」って嘆いてたけど、それでも長月改より夜戦火力が20 -- 2018-01-22 (月) 13:47:10 New!
    • (ミス)20も上なんだから魚雷カットインでどうにでもなると思うんだがどうか -- 2018-01-22 (月) 13:48:00 New!
    • 他の艦の批判っぽい話題は荒れるから慎もう(良心)。 まあ、「今まで出来た事」ができなくなるのを嘆いてるんだろうな、誰だか知らんけど。あるいはエアプの難癖かもしらん。 -- 2018-01-22 (月) 16:41:39 New!
      • その程度で難癖つけるなら、所詮その程度のコンビニで買えそうな愛なんだろさ -- 2018-01-22 (月) 17:02:24 New!
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 石川島造船所がスイスのエッシャー・ウィス社の蒸気タービンをライセンス生産したもの。
*2 郵船で採用していたのは三菱造船が取得していたもので、船舶用。
*3 海兵59期、鹿児島出身。
*4 ウォッシュタブの訛った海軍用語。要は大型の金ダライ。
*5 皐月の夜を徹した離礁作業も功を奏さず、最後の曳索が切れると共に両艦の永遠の別れが訪れた。夜が明けるとともに敵機の集中攻撃がはじまり、爆撃で艦橋から前部が切断するなど大破、火災により船体は全焼してその艦歴を閉じた。座礁状態の艦は沈むことがないため、炎は全艦を覆い尽くし、火勢はことのほか凄まじかったという。菊月同様残骸が戦後も長らく残っていたが、菊月と異なり波荒い外洋に面した位置で、しかも最期の大火災で船体を保護すべきペンキが全て焼失していたため、風化崩壊は早かった。昭和50年代にはその姿を消してしまったという。
*6 たかつき型4番艦DD-167:1970年2月竣工、1996年4月除籍。