Top > 連合艦隊

連合艦隊

Last-modified: 2016-12-08 (木) 00:44:36

概要 Edit

第1艦隊および第2艦隊の(最大)合計12隻を一つの艦隊と見なして出撃し、戦闘を行なうシステム。
戦闘の流れや戦果の処理は通常艦隊時とは大きく異なったものとなる。ゲーム内では詳しく解説されないため、事前に把握しておくことが望ましい。
連合艦隊は、対応海域が出現している時のみ編成することができ、その海域にのみ出撃可能である。それ以外の海域への出撃や、連合艦隊の状態での演習・遠征は行えない。
また、連合艦隊として組み合わせることができるのは第1艦隊と第2艦隊のみであり、かつそれぞれの艦隊の役割は固定である。第3、第4艦隊を連合艦隊に組み込むことはできない。

連合艦隊は構成艦種によって3種類に大別される。海域によっては出撃可能な連合艦隊が異なる場合がある。

  • 空母機動部隊(2014夏〜):空母を中心とした機動部隊随伴艦隊から構成される連合艦隊
  • 水上打撃部隊(2014秋〜):軽巡/重巡(航巡)/戦艦(航戦)を中心とした水上部隊随伴艦隊から構成される連合艦隊
  • 輸送護衛部隊(2015秋〜):軽巡・駆逐などを中心とした輸送部隊警戒部隊から構成される連合艦隊。大型艦艇は一部除き組み込めない
連合艦隊早見表
所属艦隊第1艦隊第2艦隊
開幕航空戦対通常×
対連合
対空カットイン
先制対潜攻撃×
先制魚雷攻撃×
彩雲(T字不利軽減)×
攻撃順空母機動部隊
輸送護衛部隊
21
水上打撃部隊12
砲撃戦二巡目
(要戦艦)
×
雷撃戦×
夜戦×
夜偵(夜間接触)×

編成方法 Edit

連合艦隊の作り方の手順や注意点は以下の通り。
ゲーム中のどこにも明確に書いていないので注意。
第2艦隊の編成条件は、水上打撃と機動部隊では同じ。輸送部隊では随伴艦隊の制限が変化する。
2015/02/06のアップデートにて、第2艦隊(随伴護衛艦隊)に高速戦艦以外の戦艦は編入不可になった。
2015/04/28のアップデートにて、第1艦隊、第2艦隊の旗艦は潜水艦不可になった。
2015/11/18のアップデートにて、輸送護衛部隊が追加された。

水上打撃部隊 Edit

  1. 第1艦隊(水上部隊)の編成を整える。これが連合艦隊本隊となる。
    艦種下限上限備考
    軽巡・雷巡26合計の混在は可能*1、この中から2隻は最低限必須。
    練巡は軽巡扱いではない。
    (重巡+航巡)5隻以上は不可
    (戦艦+航戦)5隻以上は不可
    雷巡を配置しても先制攻撃は行わない。
    重巡・航巡4
    戦艦・航戦4
    正規空母01装甲空母も含む。軽空母と同時編成不可
    軽空母02正規空母と同時編成不可
    潜水艦04旗艦不可
    その他042隻は必須枠のため
    練巡はこの枠に入る
  2. 第2艦隊(水雷戦隊)の編成を整える。これが連合艦隊随伴隊となる。
    艦種下限上限備考
    軽巡11必須 2隻以上は不可、旗艦でなくても可
    雷巡、練巡は軽巡の代わりにならない
    駆逐252隻は必須
    重巡・航巡02混在しても可能
    水母01同時編成可
    軽空母01
    低速戦艦・正規空母00投入不可
    高速戦艦02
    潜水艦03旗艦不可
    その他03雷巡、練巡はこの枠に入る
  3. 編成画面で第2艦隊を表示し、左上の艦隊番号「2」をドラッグして「1」に重ねる。
  4. ポップアップから「水上部隊」を選び、編成に問題が無いことを確認する。
  5. 第1艦隊と第2艦隊が囲まれ、「combined」と表示される。これで水上打撃部隊が編成される。

空母機動部隊 Edit

  1. 第1艦隊(機動部隊)の編成を整える。これが連合艦隊本隊となる。
    艦種下限上限備考
    空母24軽母と装母を含む
    水母はこの枠に含まれない
    戦艦02航空戦艦も戦艦枠
    潜水艦04旗艦不可
    その他04空母が2隻は必須のため
  2. 第2艦隊(水雷戦隊)の編成を整える。これが連合艦隊随伴隊となる。
    艦種下限上限備考
    軽巡洋艦11必須 2隻以上は不可、旗艦でなくても可
    雷巡、練巡は軽巡の代わりにならない
    駆逐艦252隻は必須
    重巡・航巡02混在しても可能
    軽空母01
    水母01
    高速戦艦02
    低速戦艦00投入不可
    航空戦艦
    正規空母
    潜水艦03旗艦不可
    その他03駆逐2、軽巡1は必須のため
    雷巡、練巡はこの枠に入る
  3. 編成画面で第2艦隊を表示し、左上の艦隊番号「2」をドラッグして「1」に重ねる。
  4. ポップアップから「機動部隊」を選び、編成に問題が無いことを確認する。
  5. 第1艦隊と第2艦隊が囲まれ、「combined」と表示される。これで空母機動部隊が編成される。

輸送護衛部隊 Edit

  1. 第1艦隊(輸送部隊)の編成を整える。これが連合艦隊本隊となる。
    艦種下限上限備考
    駆逐464隻必須、旗艦指定は無し
    軽巡・練巡02
    航巡02
    航戦02
    水母02
    揚陸01
    潜水母艦01
    補給01
    その他全ての艦種00(編成不可)
    戦艦、空母、潜水、雷巡等多岐に渡って不可能なので注意
  2. 第2艦隊(警戒部隊)の編成を整える。これが連合艦隊随伴隊となる。
    艦種下限上限備考
    軽巡・練巡121隻必須(旗艦指定)
    駆逐353隻必須
    重巡・航巡02混在可
    その他全ての艦種00(編成不可)
    戦艦、空母、潜水、雷巡等多岐に渡って不可能なので注意
  3. 編成画面で第2艦隊を表示し、左上の艦隊番号「2」をドラッグして「1」に重ねる。
  4. ポップアップから「輸送部隊」を選び、編成に問題が無いことを確認する。
  5. 第1艦隊と第2艦隊が囲まれ、「combined」と表示される。これで輸送護衛部隊が編成される。

編成に関する注意 Edit

  • 連合艦隊解除は、「combined」という文字をクリックする。
    • 「combined」にカーソルを合わせると、「連合艦隊解除」というポップアップが出る。
  • 連合艦隊編成後も第1艦隊、第2艦隊の編成は変更可能。
    • 編成を弄りすぎて連合艦隊の条件を満たさなくなった場合、自動的に連合艦隊は解除される。
      • 部隊の種類を変更する際も一度解除する必要がある。
    • 出撃後、轟沈により連合艦隊の条件を満たさなくなった場合、母港帰役時に自動的に連合艦隊が解除される。
      • また改造で艦種変更(軽巡→雷巡や潜水母艦→軽母、水母→軽母等)で同じく条件を満たさなくなった場合も母港で解除となる。
  • 第1艦隊と第2艦隊それぞれに、同一の艦娘やその改造艦を入れることができる。
    • これにより、同一の艦娘やその改造艦が2隻並んだ中破画像を入手できることも。この状況は航空戦で中破することが条件。もちろんそれなりの運と努力が必要である。
  • 連合艦隊となった第2艦隊は遠征に出すことができなくなる。
  • 連合艦隊に一度に補給をすることはできない。第1艦隊・第2艦隊にそれぞれ行う必要がある。
  • 最低5隻で組むことは可能(第1艦隊2隻、第2艦隊3隻)※この場合陣形は第一or二航行序列固定
  • 第2艦隊に高速戦艦や軽空母・水母を3隻投入することも可能。ただし、戦艦がいても攻撃は1巡しか回らないし、空母は航空戦に参加不可のうえ、夜戦も不可なので推奨されない。
    • 同じく第1艦隊に雷巡を投入することも可能だが、開幕雷撃も雷撃戦もなく、夜戦も参加しないので、現状入れる価値はない。
      • 潜水艦は、雷巡と違いデコイ戦法が可能なので一応入れる価値はある。ただし航空戦以外の攻撃が一部例外を除き不可能なので、攻撃力と安定度とのトレードオフとなる。

出撃・戦闘に関する注意 Edit

  • 出撃時は必ず第1艦隊を選択しなければならない。
    • 第1艦隊・第2艦隊旗艦のどちらかが中破以上だと出撃できない(通常海域&遠征は、旗艦大破時のみ出撃不可なので仕様違いに注意)
    • ちなみにこの時の艦隊性能を表すグラフは第1+第2艦隊の合計。またどちらを選択していても同じグラフになる。
  • 連合艦隊は、連合艦隊専用のマップ(主にイベント時)にしか出撃できない。
    • 演習や通常海域への出撃、遠征に出す場合は「連合艦隊を解除してください」と門前払いされる。
    • 連合艦隊の種類を限定して出撃制限を設けたマップもある(14年秋イベ以降)。
  • 戦闘後のMVP評価及び経験値取得は、第1艦隊と第2艦隊でそれぞれ別に評価される(詳細は後述)
    • リザルトの勝敗評価は特殊(同じく詳細は後述)
  • 渦潮の軽減判定が通常MAPとは異なり2パターン存在する。詳細は↓
    • A:第1艦隊の電探搭載艦数で第1艦隊の被害を軽減するパターン(第2艦隊に渦潮の被害は一切なし)
    • B:それぞれの艦隊の電探搭載艦数で別々に被害を軽減する場合(第2艦隊に電探搭載艦3で第1艦隊に搭載艦0の場合、第1艦隊は渦潮の被害が直撃)
    • 渦潮がA・Bどちらで判定するかはマスごとに固定(具体例として15冬E3-EはB、15冬E5-DはAで判定される)。


  • 戦闘では連合艦隊の種類問わず以下の仕様となる(2016年秋イベ現在)
    • 通常艦隊と比べて、大幅に命中が低下する。
      • このため、連合艦隊ではフィット砲が重視される傾向にある。
    • 通常同様の条件で、轟沈は第1艦隊も第2艦隊も旗艦以外に発生しうる。
      • 旗艦のみはどの艦種においても轟沈はしない。(各艦種、大破状態で50回を2015年春イベにて検証)
      • ただし、第1艦隊旗艦に関しては強制撤退が起きる。
    • 敵通常艦隊との戦闘では、航空戦参加部隊は第1艦隊のみ(制空値等も全て)
      • 第2艦隊の空母や航巡等の制空値は加算されず、また撃墜もされない。
      • 第2艦隊の機体は触接判定に寄与しない。
      • 対空カットイン判定は第1第2艦隊共にある。対空射撃も同様。
      • ただし第2艦隊も航空戦では攻撃対象になる。
      • 同様に彩雲搭載可否によるT時不利軽減判定も第1艦隊のみの模様
      • 艦載機熟練度は基本的に第1艦隊のみ上昇する。第2艦隊の水偵などは一切上昇しない。ただし減少もない。
    • 敵連合艦隊との戦闘(2016年秋イベ実装)では、第1、第2の両艦隊が航空戦に参加する。
      • 第2艦隊の空母や航巡等の制空値も加算され、攻撃も可能だが、撃墜が発生する。
      • 第2艦隊の機体も触接判定に寄与する。
      • 対空カットイン判定や対空射撃、航空戦での攻撃対象は通常艦隊戦と同じ。
      • T字不利軽減判定や艦載機熟練度の上昇などは要検証。
  • 対潜水艦の先制爆雷は第2艦隊のみが行う。第1艦隊に攻撃条件を見たしている艦艇があっても攻撃は行わない。
    • 敵の先制爆雷の攻撃対象は第2艦隊の潜水艦のみ。第1艦隊の潜水艦は攻撃されない。
  • 第1艦隊は敵味方双方いずれかに戦艦系(もしくは鬼、姫等で内部的に戦艦系と扱われる艦種)がいると砲撃戦が2巡する。
  • 一方第2艦隊は戦艦の有無問わず砲撃戦は1巡のみ。
  • 砲撃戦で狙われるのは現在攻撃している艦隊のみ(第1艦隊が攻撃中に第2艦隊が狙われることはない)。
    ただし、連合艦隊対連合艦隊の二巡目攻撃では狙われることがある。
  • 雷撃戦参加は第2艦隊のみ。開幕雷撃も同様。開始タイミングは第2艦隊の砲撃戦終了後。
    • 第1艦隊は雷撃戦(開幕含む)に参加せず、また攻撃対象にもならない。
  • 夜戦は第2艦隊のみ。第1艦隊は一切参加せず、また攻撃対象にもならない。
    • 開幕夜戦も同様※開幕夜戦スタートの場合陣形は通常の5つの陣形より選択。
  • 通常夜戦開幕夜戦問わず、潜水艦の強制カスダメ仕様なし。
    • よって通常夜戦でも敵潜水艦に普通にダメージが通る。もちろん敵も同様なのでご注意。

護衛退避 Edit

第1艦隊旗艦が艦隊司令部施設を装備している場合に限り、第1艦隊・第2艦隊問わず旗艦以外で戦闘中に大破艦が発生し、護衛艦になれる駆逐艦が存在している場合、リザルト画面と「進撃 or 母港撤退」画面の間に「離脱判定(意見具申)」画面が出てくる。
ここで「退避」を選択すると、大破艦と護衛艦を護衛退避させ、以降の戦闘から離脱させることができる。
護衛艦は未損傷(小破以上の判定を受けていない)の駆逐艦から自動的に選ばれ、その艦と共に離脱させることができる。
護衛艦は第2艦隊の中から2→6番艦の順で判定される筈だが、例外もある模様)
離脱すると両方とも赤疲労(正確には退避前の値に関わらずcond22に変更、加えて帰投時のcond-15により合計7)・燃料0になる。
「護衛退避が出ない」=「誰も大破していない」ではない。勘違いで大破進軍することの無いよう注意されたし。

  • 大破艦・護衛艦ともに自動選択されプレイヤーが選ぶことはできない。
  • 未損傷の駆逐艦がいない場合は大破していても【護衛退避】の選択が出てこない。
  • 一度の戦闘で2隻以上大破した艦艇が出ても、1隻しか離脱できない。
  • 第1艦隊・第2艦隊旗艦は大破艦、護衛艦共に離脱できない。雪風は旗艦採用されやすいので特に注意。
    • 第1艦隊旗艦が大破すると、ダメコン(応急修理要員/女神)を消費しないと進撃できない。これは通常艦隊の旗艦と同様。
    • 第2艦隊旗艦は大破しても退避できない。ただし、前述のとおり第2艦隊旗艦には轟沈保護がかかり、沈まないという検証がある。
    • 第1艦隊も第2艦隊も、僚艦は普通に沈む。旗艦轟沈回避を誤認して随伴艦を轟沈させる提督が多いので注意されたし。
  • 艦隊司令部施設を装備しているのが第1艦隊旗艦ではない場合も当然ながら護衛退避できない。隊列をこまめに弄る場合はこの点にも注意。

連合艦隊の戦闘の流れ Edit

連合艦隊を編成しているときの戦闘は通常と動作が異なる。
以下、戦闘についての内容を参照したうえでの話となる。
戦闘では次のステップが順に行われる。

陣形の選択 Edit

陣形は通常のものとは違い、連合艦隊専用の陣形【警戒航行序列】が4つ用意されている。
通常戦の陣形と同じように、艦隊の編成数によって選べない陣形も存在する。
なお通常海域出撃時とは陣形の並びの一部が反対(第一が対潜、第四が砲撃戦向き)なので通常海域の癖で逆を選ばないように。
全ての陣形の編成条件は第2艦隊の人数のみに依存し、護衛撤退等で第2艦隊の人数が減少すると選べなくなる陣形もある。

  • 第1艦隊の人数は一切問わない(極論第1艦隊が2隻でも以下の陣形を組むことができるし、逆に第1艦隊が6隻、第2艦隊が3隻だと第一or第二警戒航行序列固定になる)
    • 余談だが、護衛退避した場合や元から人数が少ない場合、通常陣形と同じく左下の陣形が部分部分で欠ける。
特殊陣形通常対応陣形オススメ運用編成条件(第2艦隊の人数)
第一警戒航行序列(対潜警戒)単横対潜水艦隊、旗艦が潜水艦であり潜水水上混合艦隊制限なし
第二警戒航行序列(前方警戒)複縦敵艦隊が水上&潜水混在艦隊(旗艦水上艦)or第四選択不可時
第三警戒航行序列(輪形陣) 輪形航空戦マス5隻以上
第四警戒航行序列(戦闘隊形)単縦通常戦闘マス、ボス戦*24隻以上
  • 砲撃支援は第二or第四が主に命中する。第一or第三は命中率極小。
    • 航空支援は陣形を問わないため関係なし。
  • 開幕夜戦マスの場合はこの特殊陣形ではなく、通常の5つ(単縦陣~単横陣)より選択する。

  • 倍率等は既存陣形と違い、基本的に第三警戒は第一警戒より砲撃倍率等が下がったり、第二警戒より対潜力が低かったりする。詳しくは後述。

特殊陣形の効果 Edit

※以下の記述の大半は2014年秋イベントにおける検証データです(参照URL12)。他のイベントでも同様かは不明。


※連合艦隊の戦闘では通常の戦闘に比べ全体的に命中率が低下する。
※機動部隊、水上部隊共に先に行動する艦隊の命中率がより低い傾向にある(機動の場合は第2艦隊、水上の場合は第1艦隊)。
これは敵側の砲撃についても同様で、機動の場合は第2艦隊、水上の場合は第1艦隊が敵の砲撃を食らいにくくなっている。
雷撃命中率は通常艦隊とあまり変わらないため、非常に有効な攻撃手段となる。
※砲撃、雷撃の基本攻撃力の式は通常艦隊と同じだが、独自の補正がかかる(後述)。この補正は敵と味方で異なっている。
※対潜の基本攻撃力は各連合艦隊とも通常艦隊と同一(陣形補正倍率のみ異なる)。
以下の記述では次の5段階で命中を分類(命中率に関しては母数が少ない為あくまで目安)
・極高(80%以上)
・高(61〜80%くらい)
・中(41〜60%くらい)
・低(21〜40%くらい)
・極低(20%以下)
対潜命中はシナジー無しの場合を記載。
・水上打撃部隊の場合、シナジー有りの場合第四を除く3陣形の対潜命中は極高となる?(第四は高)


  • 空母機動部隊
    ・機動部隊本隊(第1艦隊)
    砲撃戦での基本攻撃力(空母系)=[(火力雷装 + 改修強化値(砲撃) + [爆装 × 1.3] + 2) × 1.5] + 55};([]内は小数点以下切り捨て)
    砲撃戦での基本攻撃力(空母系以外)=火力 + 改修強化値(砲撃) + 7
    陣形攻撃力命中回避対空かばう
    確率
    メモ
    砲撃雷撃対潜砲撃雷撃対潜砲撃雷撃
    第一(対潜)0.8--1.3?--??--??
    第二(前方)1.0--1.1中?--??--??
    第三(輪形)0.7--1.0?--??--高??
    第四(戦闘)1.1--0.7中?--??--??

    ・随伴護衛艦隊(第2艦隊)
    砲撃戦での基本攻撃力(空母系)=[(火力雷装 + 改修強化値(砲撃) + [爆装 × 1.3] + 10) × 1.5] + 55};
    砲撃戦での基本攻撃力(空母系以外)=火力 + 改修強化値(砲撃) + 15
    雷撃戦での基本攻撃力=雷装 + 改修強化値(雷撃) (通常艦隊とは異なり+5が加算されない)
    陣形攻撃力命中回避対空かばう
    確率
    メモ
    砲撃雷撃対潜砲撃雷撃対潜砲撃雷撃
    第一(対潜)0.80.71.3???????
    第二(前方)1.00.91.1低?高??????
    第三(輪形)0.70.61.0?????高??
    第四(戦闘)1.11.00.7低?極高?
  • 水上打撃部隊
    ・水上部隊本隊(第1艦隊)
    砲撃戦での基本攻撃力(空母系)=[(火力雷装 + 改修強化値(砲撃) + [爆装 × 1.3] + 10) × 1.5] + 55};
    砲撃戦での基本攻撃力(空母系以外)=火力 + 改修強化値(砲撃) + 15
    陣形攻撃力命中回避対空かばう
    確率
    メモ
    砲撃雷撃対潜砲撃雷撃対潜砲撃雷撃
    第一(対潜)0.8--1.3低?--高??--??
    第二(前方)1.0--1.1低?--中??--??
    第三(輪形)0.7--1.0低?--中??--高??
    第四(戦闘)1.1--0.7低?--低??--??

    ・随伴護衛艦隊(第2艦隊)
    砲撃戦での基本攻撃力(空母系)=[(火力雷装 + 改修強化値(砲撃) + [爆装 × 1.3] − 5) × 1.5] + 55};
    砲撃戦での基本攻撃力(空母系以外)=火力(通常艦隊とは異なり+5が加算されない)
    雷撃戦での基本攻撃力=雷装 + 改修強化値(雷撃) (通常艦隊とは異なり+5が加算されない)
    陣形攻撃力命中回避対空かばう
    確率
    メモ
    砲撃雷撃対潜砲撃雷撃対潜砲撃雷撃
    第一(対潜)0.80.71.3中?中?極高?????
    第二(前方)1.00.91.1中?高?極高????
    第三(輪形)0.70.61.0低?極低?高???高??
    第四(戦闘)1.11.00.7中?極高?低?????


  • 輸送護衛部隊
    ・輸送部隊本隊(第1艦隊)
    砲撃戦での基本攻撃力(空母系)=[(火力雷装 + 改修強化値(砲撃) + [爆装 × 1.3] − 5) × 1.5] + 55};
    砲撃戦での基本攻撃力(空母系以外)=火力(通常艦隊とは異なり+5が加算されない)
    陣形攻撃力命中回避対空かばう
    確率
    メモ
    砲撃雷撃対潜砲撃雷撃対潜砲撃雷撃
    第一(対潜)0.8--1.3?--??--??
    第二(前方)1.0--1.1?--??--??
    第三(輪形)0.7--1.0?--??--??
    第四(戦闘)1.1--0.7?--??--??

    ・警戒護衛部隊(第2艦隊)
    砲撃戦での基本攻撃力(空母系)=[(火力雷装 + 改修強化値(砲撃) + [爆装 × 1.3] + 10) × 1.5] + 55};
    砲撃戦での基本攻撃力(空母系以外)=火力 + 改修強化値(砲撃) + 15
    雷撃戦での基本攻撃力=雷装 + 改修強化値(雷撃) (通常艦隊とは異なり+5が加算されない)
    陣形攻撃力命中回避対空かばう
    確率
    メモ
    砲撃雷撃対潜砲撃雷撃対潜砲撃雷撃
    第一(対潜)0.80.71.3???????
    第二(前方)1.00.91.1???????
    第三(輪形)0.70.61.0???????
    第四(戦闘)1.11.00.7??
史実においての各隊形の説明(仮)

基本攻撃力の詳細 Edit

以下の記述は味方側について。敵側は補正が異なっている模様(要検証)。

砲撃戦での基本攻撃力(空母系)= [(火力雷装 + 改修強化値(砲撃) + [爆装 × 1.3] + 連合艦隊補正) × 1.5] + 55 ※[]内は小数点以下切り捨て
砲撃戦での基本攻撃力(空母系以外)=火力 + 改修強化値(砲撃) + 連合艦隊補正 + 5
雷撃戦での基本攻撃力=雷装 + 改修強化値(雷撃) + 連合艦隊補正 + 5


連合艦隊補正は敵味方、連合艦隊の種類(機動・水上・輸送)、攻撃分類(砲撃・雷撃)、艦隊(第1・第2)で異なっている。補正がかかる位置は改修補正と同じ。
昼の対潜攻撃、夜戦(対潜除く)、航空戦は通常艦隊と全く同じ(夜戦、航空戦の検証は水上/機動の第二陣形と第四陣形でのみ確認)。
2014年秋イベントの時点では空母機動部隊の第1艦隊における補正値は0であったが、2015年秋イベントでの検証では+2に変更されていることが確認された。

  • 連合艦隊補正の詳細
    連合艦隊攻撃分類第1艦隊第2艦隊
    空母機動部隊砲撃+2+10
    雷撃--5
    水上打撃部隊砲撃+10-5
    雷撃--5
    輸送護衛部隊砲撃-5+10
    雷撃--5

味方連合艦隊・敵通常艦隊の場合 Edit

味方連合・敵通常(味方:空母機動部隊、輸送護衛部隊の場合) Edit

  1. 索敵
  2. 基地航空隊の航空戦
  3. 第1艦隊の航空戦(制空権の決定を含む)
  4. 支援艦隊攻撃
  5. 第2艦隊の開幕先制対潜攻撃(第1艦隊は開幕先制対潜攻撃しない)
  6. 第2艦隊&敵潜水艦の開幕雷撃(第1艦隊は開幕雷撃しない)
  7. 交戦形態の表示
  8. 第2艦隊の砲撃戦(2巡しない)
  9. 第2艦隊の雷撃戦
  10. 第1艦隊の砲撃戦→(砲撃戦2巡目)
  11. 夜戦突入判定
  12. 第2艦隊の夜戦
  • 通常艦隊に比べて第2艦隊の砲撃命中率が低下している模様。
    • ただし敵の命中率も同様に落ちている。
    • 通常海域並にガンガンあてられると最大12隻中1隻や2隻同時大破率が異常に高くなり、難易度が跳ね上がるため、双方の命中率を下げる形でバランスをとっていると思われる。
  • 開幕雷撃、雷撃戦の命中率はほぼ通常通りである。
  • 第1艦隊の砲撃戦の前に雷撃戦が行われることや命中率の設定が理由となり、敵を撃ち漏らした状態で雷撃戦を迎える可能性が高い。そのため第2艦隊の被害が出やすい。
    • すなわち道中安定度で空母機動部隊は不利。

味方連合・敵通常(味方:水上打撃部隊の場合) Edit

  1. 索敵
  2. 基地航空隊の航空戦
  3. 第1艦隊の航空戦(制空権の決定を含む)
  4. 支援艦隊攻撃
  5. 第2艦隊の開幕先制対潜攻撃(第1艦隊は開幕先制対潜攻撃しない)
  6. 第2艦隊&敵潜水艦の開幕雷撃(第1艦隊は開幕雷撃しない)
  7. 交戦形態の表示
  8. 第1艦隊の砲撃戦→(砲撃戦2巡目)
  9. 第2艦隊の砲撃戦(2巡しない)
  10. 第2艦隊の雷撃戦
  11. 夜戦突入判定
  12. 第2艦隊の夜戦
  • 通常艦隊に比べて第1艦隊の命中率が大幅に低下している模様。制空権確保の状態でも戦艦の連撃が命中しない等が多発する。
    • ただし敵の命中率も同様に落ちている。
    • ちなみに敵の命中率を機動部隊第2艦隊のターンと水上打撃部隊第1艦隊のターンで比較すると、敵の命中率は水上打撃部隊の方が更に低い
    • すなわち道中安定度は水上打撃部隊のほうが有利。
  • 開幕雷撃、雷撃戦の命中率はほぼ通常通りである。

味方通常艦隊・敵連合艦隊の場合 Edit

  • 味方は通常艦隊のため、陣形選択は通常の5つから選択する。敵は連合艦隊用の4つのどれかを使用する。
  • 敵の護衛艦隊との砲撃開始時に、既に敵護衛艦隊が全滅していた場合、砲撃はスキップされ雷撃のみ行う。
  • 夜戦の敵が本隊になるか、護衛艦隊になるかの条件は不明。
    • 護衛艦隊にA勝利以上(6隻なら4隻以上撃沈済)で本隊と夜戦、そうじゃない場合は護衛艦隊と夜戦になると考えられてきたが、当てはまらないケースも報告されている。
    • 夜戦突入時に本隊が全滅していた場合、相手は護衛艦隊になる。
  • 現状、敵の連合艦隊は空母機動部隊のみ。
    水上打撃艦隊が現れた場合は変わる可能性がある。

味方通常・敵連合(敵:空母機動部隊の場合) Edit

  1. 索敵
  2. 基地航空隊の航空戦
  3. 味方艦隊、敵本隊の航空戦(制空権の決定を含む)
  4. 支援艦隊攻撃
  5. 味方艦隊の開幕先制対潜攻撃
  6. 味方艦隊、敵護衛部隊の開幕雷撃(対全体)(敵第1艦隊は開幕雷撃しない)
  7. 交戦形態の表示
  8. 味方艦隊の砲撃戦(対護衛部隊)(射程順で1順)
  9. 味方艦隊、敵護衛部隊の雷撃戦(対全体)
  10. 味方艦隊の砲撃戦(対本隊)(射程順で1順)
  11. 味方艦隊の砲撃戦(対全体)(上から1順)※敵味方に戦艦系統が1隻以上で追加。
  12. 夜戦突入判定
  13. 味方艦隊の夜戦(対護衛艦隊or対本隊)
  • 味方が通常艦隊で敵が連合艦隊のケースでは、まず敵の護衛艦隊と戦闘、次に敵本隊との戦闘が行われる。
    おおまかな処理の流れとしては、前述の味方機動部隊・敵通常艦隊のケースをひっくり返したようなかたちになる。
    • 雷撃戦の対象が敵の護衛艦隊だけでなく、敵本隊にも向かう点が異なる。

味方連合艦隊・敵連合艦隊の場合 Edit

  • 前述の通り、連合艦隊同士の戦闘の場合は両軍の第1艦隊、第2艦隊の全艦載機が航空戦に参加する。
    • 空母はもちろん、航巡や揚陸艦などの艦載機も全て参加する。
  • 双方の第2艦隊が行う雷撃は全体が標的になっている点に注意。
  • 第2艦隊の行動開始時に既に敵の護衛艦隊が全滅していた場合、砲撃はスキップされ雷撃のみ行う。
  • 夜戦の敵が本隊になるか、護衛艦隊になるかの条件は不明。
    • 護衛艦隊にA勝利以上(6隻なら4隻以上撃沈済)で本隊と夜戦、そうじゃない場合は護衛艦隊と夜戦になると考えられてきたが、当てはまらないケースも報告されている。
    • 夜戦突入時に本隊が全滅していた場合、相手は護衛艦隊になる。
  • 現状、敵の連合艦隊は空母機動部隊のみ。
    水上打撃艦隊が現れた場合は変わる可能性がある。

連合対連合(味方:空母機動部隊の場合) Edit

  1. 索敵
  2. 基地航空隊の航空戦
  3. 第1艦隊および第2艦隊の航空戦(制空権の決定を含む)
  4. 支援艦隊攻撃
  5. 第2艦隊の開幕先制対潜攻撃(第1艦隊は開幕先制対潜攻撃しない)
  6. 第2艦隊&敵の護衛部隊(第二艦隊)の開幕雷撃(対全体)(第1艦隊は敵味方問わず開幕雷撃しない)
  7. 交戦形態の表示
  8. 第1艦隊の砲撃戦(対本隊)(射程順で1順)
  9. 第2艦隊の砲撃戦(対護衛部隊)(射程順で1順)
  10. 第2艦隊の雷撃戦(対全体)
  11. 第1艦隊の砲撃戦(対全体)(上から1順)※敵味方に戦艦系統が1隻以上で追加。
  12. 夜戦突入判定
  13. 第2艦隊の夜戦(対護衛艦隊or対本隊)
  • 水上打撃部隊と比べると本隊が敵本隊に対してダメージを与えやすいが、敵護衛艦隊を取りこぼす可能性がやや高い。

連合対連合(味方:水上打撃部隊の場合) Edit

  1. 索敵
  2. 基地航空隊の航空戦
  3. 第1艦隊および第2艦隊の航空戦(制空権の決定を含む)
  4. 支援艦隊攻撃
  5. 第2艦隊の開幕先制対潜攻撃(第1艦隊は開幕先制対潜攻撃しない)
  6. 第2艦隊&敵の護衛部隊(第二艦隊)の開幕雷撃(対全体)(第1艦隊は敵味方問わず開幕雷撃しない)
  7. 交戦形態の表示
  8. 第1艦隊の砲撃戦(対本隊)(射程順で1順)
  9. 第1艦隊の砲撃戦(対全体)(上から1順)※敵味方に戦艦系統が1隻以上で追加。
  10. 第2艦隊の砲撃戦(対護衛部隊)(射程順で1順)
  11. 第2艦隊の雷撃戦(対全体)
  12. 夜戦突入判定
  13. 第2艦隊の夜戦(対護衛艦隊or対本隊)
  • 機動部隊と比べると本隊が敵護衛艦隊を狙いやすい。その代わり敵本隊が残りやすい。

航空戦マス(双方向矢印マス) Edit

  1. 索敵
  2. (?)基地航空隊の航空戦
  3. 第1艦隊の航空戦(制空権の決定を含む)
  4. 支援艦隊攻撃
  5. 交戦形態の表示
  6. 第1艦隊の航空戦(2回目)
    制空権状況が表示されないため制空状態は不明(ただし触接はする)
  7. 夜戦突入判定
  8. 第2艦隊の夜戦
  • この戦闘が行われるマスは、矢印が交差する特殊な形になっている。
    • 簡単に言えば第1艦隊の航空戦に参加する艦娘が2回航空戦を行うだけのマス。目標は前述通り敵味方とも全艦隊。
  • 航空戦の処理は開幕のものと同じ。空母が中破・大破していても艦載機は飛ぶ。撃沈された場合は艦載機が飛ばない。
  • 夜戦を行わない場合はA勝利以上を獲得しづらい。戦闘機が十分揃っていれば被害を減らせる。味方の攻撃機・爆撃機の損耗が激しい。敵に戦艦や潜水艦が混ざっていても怖くない。など良い面も悪い面もある。
    • 1度目の航空戦で敵のツ級やヲ級改を残してその他を撃沈すると、2度目の航空戦は必ずツ級やヲ級改が対空砲火担当になるため手痛い被撃墜数となりやすい。
  • 対空カットイン発動の判定は航空戦1回毎に行う。1回目だけ発動や2回とも発動、全く発動しない時などもある。
  • 開幕雷撃や開幕対潜は発生しない。
  • 索敵に失敗した場合は、敵側のみの航空戦が2回行われ、敵艦隊の姿が見えないまま昼戦が終了する。

  • 余談だが空襲戦マスの実装以降、新規に航空戦マスが実装されなくなっている。
    • 今では1-6でしか見ることができなくなった。

空襲戦マス(上から下向きに矢印マス) Edit

  1. 索敵
  2. 基地航空隊の航空戦
  3. 第1艦隊の航空戦(制空権の決定を含む)
  • この戦闘が行われるマスは、矢印が上から下に向かってくる特殊な形になっている。
  • 航空戦の処理は開幕のものと同じ。空母が中破・大破していても陸上型深海棲艦が損害・損壊していても航空機は飛ぶ。撃沈・破壊された場合は航空機が飛ばない。
  • ちなみに開幕雷撃や開幕対潜は発生しない。

  • このマスのみ勝敗判定が特殊で被ダメージで決まる。
    • 無傷、もしくは被害率マイナス*3で完全勝利S、以後被害率に依存してに評価が下がっていく。
      • 詳しいボーダーは不明だが被害率10%毎が一つの目安かも知れない。
    • なお通常E敗北は轟沈艦娘がいないと発生しないが、空襲戦のみ轟沈関係無しである。
      • 条件は索敵失敗かつ被害甚大?

敵が潜水艦のみの部隊の場合 Edit

  • 敵が潜水艦のみの場合、第1艦隊の航空戦が行われない。
    • その他の戦闘の流れは上記と同様。
    • 基地航空隊の航空戦や、支援艦隊の射撃・航空戦・雷撃は行われる。ただしダメージを与えることは無いので特に意味はない。しいて意味を探すならば、搭載数18機以上の航空機が制空権確保していても割合損耗するので若干損をする。この点は水上艦部隊との戦闘と同様。
  • 連合艦隊の場合、夜戦でも対潜攻撃が通る。

夜戦開始マスの場合 Edit

  1. 第2艦隊の夜戦
  • 夜戦で戦闘が始まるマスの場合、連合艦隊としてではなく第2艦隊が単独で夜戦に参加する。
    • 陣形選択では、通常艦隊の5つの陣形から選ぶことになる。
  • 第1艦隊は何もしないが、通常の夜戦マス同様に疲労は溜まり、燃料・弾薬も消費する。

勝敗・MVP判定に関して Edit

  • 以前は第1艦隊のみを見ていたのだが、現在は総合的に判断される模様で、完全に無傷か、女神等の発動で損害率がマイナスにならない限り完全勝利Sができなくなった。
    • こちらのゲージは艦数が非常に多いため、ゲージ上の被害率は低くなりがちだが、その一方、大破艦等がいてもゲージが少なすぎるため、見逃す危険性がある。
    • 総論から言えばリザルトは勝利敗北問わずしっかり見ておこう。特に司令部施設の使用時は、2隻以上の大破が出ても1隻しか離脱させられない点に注意。
  • MVPは第1・第2艦隊それぞれで一番ダメージを与えた艦娘が選ばれる。
    • 通常艦隊と同様に、同点の場合は並び順で上の艦が優先される。
  • その戦闘で全くダメージを与えなかった艦隊は、全員0点で同点なので旗艦がMVPとなる。
    • 開幕夜戦マスの場合、第1艦隊は自動的に旗艦がMVP確定となる。
    • 航空戦マスの場合、第2艦隊は自動的に旗艦がMVP確定となる。
    • 空襲戦マスの場合、第1艦隊、第2艦隊どちらも自動的に旗艦がMVP確定となる。
  • 夜戦に突入した場合、航空戦&砲雷撃戦の全成績がリセットされる。
    • その結果、第1艦隊は旗艦がMVP確定となる。第2艦隊は夜戦の結果で与ダメージが一番多い艦娘がMVP。
    • こちらが通常艦隊であっても相手が連合艦隊の場合は同様の処理がされる。
      要するに、夜戦の結果で与ダメージが一番多い艦娘がMVP。

各連合艦隊編成の長所、短所 Edit

空母機動部隊、水上打撃部隊の長所と短所を挙げると下のようになる。基本的に片方の長所がもう片方の短所と対応している。輸送護衛部隊はどちらにも勝らないが一応参考程度に。

空母機動部隊 Edit

長所 Edit

  • 第1艦隊に空母を多数投入可能なため制空権が維持しやすく、航空戦における敵艦掃討能力が高い。
  • 第2艦隊から攻撃が始まるため、第1艦隊が敵主力艦を狙いやすくなる。
  • 第1艦隊の砲撃命中率が高めなため、第1艦隊の砲撃が水上打撃部隊に比べ命中しやすい。
    • 最大の利点。また艦載機熟練度の実装により空母も砲撃戦において有効な打撃を与え得るようになったため、この利点は大きくなった。
  • 第2艦隊に火力補正がかかるため第2艦隊の装備を命中率重視にしやすい。
  • 水上打撃部隊に比べ、戦艦の数が少ない為ボーキサイト以外の消費は少なくなる。
  • 敵連合艦隊との戦闘では、第2艦隊で護衛艦隊を減らした後に第1艦隊の2巡目攻撃を行うため、敵本隊に攻撃を通しやすい。
    • ボス攻略時は、夜戦までに敵本隊の数を減らすことが重要なため水上打撃部隊より有利になる。

短所 Edit

  • 第2艦隊から戦闘が始まるため、第2艦隊の損害が大きくなりやすい。
  • 第2艦隊の砲撃命中率が低く、砲撃戦が1巡しかないため敵の雷撃を許しやすい。
    • 上2つが最大の欠点。上記特性から敵水雷戦隊は天敵中の天敵。特に装甲が高く倒しにくいネ級eliteやチ級flagshipとの相性は最悪。
      回避率が高く雷撃が強力な後期型駆逐艦も非常に厄介な相手と化す。こういった敵に出てこられると道中の安定性も低くなりがち。
    • また空母棲姫や戦艦棲姫といった、第2艦隊でまず倒せない敵には一方的に蹂躙されることになる。
    • 第2艦隊が被害を受けるということはボス戦での夜戦火力の低下につながる。
  • 中破または攻撃機・爆撃機全滅で行動不能になる空母を多く入れる関係で第1艦隊の攻撃力が不安定。
    • 道中で防空能力の高いツ級と連戦すると攻撃機・爆撃機が全滅しボス戦で棒立ちになる可能性が高まる。
    • 空母は基本的に短射程なので、ボス戦では強力な敵艦に先手を取られ、攻撃する前に無力化されることが多発する。
  • 空母を多数投入する関係でボーキサイトの消費が多い。
  • 敵連合艦隊との戦闘では、昼戦終了時に護衛艦隊の取りこぼしが起こりやすい。
    • 高耐久・高装甲艦(ワ級flagship、ネ級elite等)が護衛艦隊に含まれていると、第2艦隊の砲雷撃がこれらに吸われ、他の敵が残りやすくなる。
    • この性質上、S勝利狙いには不向き。

  • 第2艦隊の駆逐艦が大破しやすく、道中で護衛退避が行いにくい。
    • 特に駆逐艦同士で護衛退避を行ってしまう*4と、ボス戦で敵艦の攻撃が第2艦隊の残存艦により集中→更に夜戦火力低下という悪循環に陥る。


  • 水雷戦隊、後期型駆逐艦対策としては下記が挙げられる。
    1. 第2艦隊に高速戦艦や重巡といった火力に優れた艦を入れる(装備はフィット砲・改修砲など命中率重視に)。
    2. 第2艦隊に先制雷撃を行える雷巡や阿武隈改二を入れる。
    3. 空母に艦攻・艦爆を多数装備して航空戦での手数を増やす。(制空権が維持できる範囲で)
    4. 第2艦隊(特に脆い駆逐艦)にキラ付けを行い命中・回避率を上げる。
    5. 道中支援を入れる。
    6. 基地航空隊で支援させる(ボスより道中の水雷戦隊のほうが強力な場合など)

水上打撃部隊 Edit

長所 Edit

  • 第1艦隊に打たれ強い戦艦を多数投入できるため、第1艦隊の攻撃力が非常に安定している。
  • 第1艦隊から戦闘が始まるため、第2艦隊に攻撃順が回る前に敵艦の数を減らせ、そのうえ雷撃戦がラストになるため、第2艦隊を保護できる。
    • 最大の利点道中の安定性は空母機動部隊より高い。
      空母機動部隊では怖い敵水雷戦隊をカモにでき、空母棲姫や戦艦棲姫も第2艦隊へ攻撃が回る前に中破させることが可能。
    • 空母機動部隊に比べ道中支援の優先度が低くなり、場合によっては必要ないことも。
    • 第2艦隊の被害が少なくなるため道中で護衛退避が行いやすく、ボス戦においても夜戦で全力を発揮しやすい(旗艦を狙いやすくなる)。
    • 潜水艦隊に対して雷撃戦を最後に回せるため被害の確率がかなり低下する。
  • 第1艦隊に火力補正がかかるため、第1艦隊の装備を命中率重視にしやすい。
  • ボーキサイトの消費が少ない。
    • 特に空母を制空特化(艦戦のみ)にしている場合はほとんど消費しなくなる。
  • 敵連合艦隊との戦闘では、第2艦隊の攻撃前に第1艦隊で護衛艦隊を攻撃できるため、敵護衛艦隊を減らしやすい。
    • 護衛艦隊の高耐久・高装甲艦を火力に優れる第1艦隊で先んじて倒せるメリットは大きい。
    • S勝利狙いの場合、昼戦終了までに護衛艦隊を全滅させる必要があるため空母機動部隊より有利になる。

短所 Edit

  • 空母機動部隊に比べ第1艦隊の砲撃命中率が低く、攻撃が当たりにくい。
    • 最大の欠点。下手すると敵艦がほとんど残った状態で第2艦隊にバトンタッチすることになる。水上打撃部隊の長所が完全に死にかねない死活問題である。
    • 後期型駆逐艦やツ級、ネ級といった新型艦は回避率が高く、戦艦4隻がかりの砲撃を全て回避するということも起こりうる。
    • 特に戦艦クラスについては、主砲のフィットシステムが大きく影響しているとの報告もアリ。
      金剛型は41cm連装砲未満、扶桑型・伊勢型・長門型は46cm三連装砲未満の装備に抑えないと、弾着観測カットインでさえカスダメに化ける*5事が多々ある。
    • 命中補正のついた装備や、改修で命中率を上げた装備を優先して組み合わせていきたいところ。重火力艦で取り巻きを確実に排除し、夜戦組が目当ての敵に集中射撃できる状況を作れるかがカギ。
  • 入れられる空母の数に制限があるため制空権を取りにくい。
    • 最大で軽空母2隻か正規空母1隻のみ。敵の制空値次第では艦戦のみ載せ、制空権維持に特化する運用も必要。
      また水上爆撃機等で制空を補助する手もあるが、ツ級には要注意。
  • 戦艦を多数起用する為ボーキサイト以外の資材消費が多い。
  • 敵連合艦隊との戦闘では、第1艦隊の2巡目攻撃が護衛艦隊に吸われやすい。
    • この性質上、本隊を減らして旗艦を狙いやすくする必要があるボス攻略時には不向き。


  • 第1艦隊の砲撃命中率を上げる対策としては下記が挙げられる。
    1. 第1艦隊のレベルをできる限り上げる(命中率はレベルに依存するため)。
    2. 第1艦隊の戦艦の主砲をフィット砲や装備改修済みの主砲にする。
    3. 第1艦隊の戦艦に徹甲弾を装備し、弾着観測射撃を行う(徹甲弾補正や弾着観測射撃を意識する)。
    4. 疲労をしっかり抜く。

輸送護衛部隊 Edit

長所 Edit

  • これといって特に大きな長所はない。
    • 完全に輸送特化であるため戦闘向きではなく、他の艦隊が編成できるなら一般戦闘でチョイスするメリットは皆無。
  • 強引に挙げるとすれば、全艦を対潜艦に出来るため対潜威力は高いが対潜特化にするとやっぱり水上打撃部隊のほうが有利。
  • 水雷戦隊中心に編成されるため、消費される資源は非常に少ない。唯一挙げられる利点といえるか。バケツ消耗は激しいが…。

短所 Edit

  • 水雷戦隊や輸送向きの艦しか編成できないため被害が大きくなりやすい。
    • 戦艦・空母・雷巡といった火力に優れる艦が軒並み制限されており、とにかくダメージが出ない。
    • 全体的に大破しやすいため、道中で護衛退避が行いにくい。
  • 空母を編成できないため、制空をとりたければ揚陸艦や航巡・航戦・水母を使う必要がある。制空値を高くするのは困難。
  • 初動の第2艦隊の砲撃命中率が低く、砲撃戦が1巡しかないため敵の雷撃を許しやすい。
    • 水母棲姫や戦艦といった、水雷戦隊の昼戦火力ではまず倒せない敵には一方的に蹂躙されることになりかねない。
    • 第2艦隊が被害を受けるということはボス戦での夜戦火力の低下にもつながる。
  • 第1艦隊に最低4隻駆逐艦が必須であり、命中率も低い&雷撃不可と、火力面ではアテにできない。
    • そのため基本的には第1艦隊は戦力外となってしまう。輸送に特化させておくのが賢明。

  • 水上打撃部隊と空母機動部隊の欠点ばかり複合したような連合艦隊であり、悩まされることは多い。
    突破率を上げるための対策としては下記が挙げられる。
    1. 第1艦隊に航戦や速吸といった火力に優れた艦を入れる。
    2. 第2艦隊に先制雷撃を行える阿武隈改二を入れる。
    3. 第2艦隊に重巡を入れる。
    4. 速吸に艦攻を装備ないし航巡・航戦・水母に瑞雲などを装備して航空戦での手数を増やす。
    5. キラ付けを行い命中・回避率を上げる。
    6. 強力な道中支援を入れる。

要検証項目 Edit

未検証の内容もいまだ多い。
順不同で羅列。※16年秋イベ現在

今わかっている不明な点、バグっぽい点

  • 【護衛退避】して離脱した艦艇が装備していた夜戦用装備(探照灯など)が発動することがある。
  • 2回目の護衛待避の護衛駆逐艦の順番が2番目を無視して3番目の艦にスキップする。
    3番目が条件を満たさないと、発動せずに進軍/撤退選択へ移行(4番目が居るとどうなるかは不明)。運営報告済。
  • 各陣形ごとの火力・雷撃・命中・対空・対潜などの補正値
  • 連合艦隊同士の戦闘での火力補正値。

コメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 『勝敗・MVP判定』についてですが、現状ではMVPの記述がメインになっているので、勝敗については勝利条件へ誘導してもいいでしょうか? -- 2016-11-28 (月) 17:54:47
  • 既出かもですが、秋E5 Aマスで基地航空隊&支援艦隊&開幕雷撃の間に敵第二艦隊を全部撃破した場合、こちらの第一艦隊の砲撃戦1巡目終了後、第二艦隊の砲撃戦は無いですが第二の雷撃戦はちゃんと発生。その後は通常通り第一の砲撃戦2巡目が開始されました。 -- 2016-11-29 (火) 01:21:08
  • 教えてください。 -- 2016-11-30 (水) 09:59:37
    • Androidでどうしても連合艦隊のドラッグができません。 -- 2016-11-30 (水) 10:01:31
      • すみません。続きです。第2艦隊の数字は浮き上がるのですが、それを第1艦隊に重ねるまで移動させられません。入渠している艦があると編成できないのは知っているのですが。どなたか同じ事象のかたはいないでしょうか。 -- 2016-11-30 (水) 11:14:13
      • 移動できないのであれば、タッチパネルの一部が駄目になってる可能性もあるかと。チェック用のツールなどもあるので、一度試して見ることをおすすめします。 -- 2016-12-01 (木) 03:22:11
      • アンドロイドだと、マークをタップしたら連合艦隊になりましたよ?最初私もドラッグしようとしてたけど全然いかなくって、イラッとしてマークつっついたら艦隊の選択画面になりました。一度第二艦隊の上のマークをタップしてみてください。 -- 2016-12-06 (火) 23:33:30 New
  • 敵連合の夜戦突入時に塞がれる件だけど、スクショ撮って見返したら「第二旗艦含め行動不能4隻以上」または「第二旗艦以外の5隻行動不能」(行動不能=大破以上)で本隊と夜戦できてるようです -- 2016-12-01 (木) 04:37:15
    • 参考までに 塞がれた例 塞がれなかった例 -- 木主? 2016-12-01 (木) 04:48:13
      • しまった上の木の枝にするのを忘れた -- 2016-12-01 (木) 04:49:14
      • つなげておきました。 -- 2016-12-01 (木) 06:47:29
      • 繋ぎありがとうございます、検証の一助になれば幸い -- 木主? 2016-12-01 (木) 07:15:07
    • 夜戦で行動不能の判定は面白いな -- 2016-12-01 (木) 12:14:38
    • こちらの記録と合わせてみると、「小破以下で1、中破で0.5、大破・撃沈で0」「旗艦は判定基準2倍」みたいな感じで判定され、合計値3以上で第二艦隊が出て来るような感じがしますね。 -- 2016-12-02 (金) 01:24:52
      • 「旗艦中破・随伴1隻無傷」「旗艦撃沈・随伴2隻無傷・1隻中破」でどちらも第一艦隊との夜戦になっていました。中大破で多数生存しているケースでもあればいいのだが・・・ -- 枝主? 2016-12-02 (金) 01:29:37
      • 旗艦のフラヘが鍵というか重要なのは間違いないと思ってよさそうですね 旗艦にツ級やネ級や姫なんかの硬い艦が置かれてないのはその辺りのバランス調整なのかも -- 木主? 2016-12-02 (金) 18:31:21
      • 随伴の旗艦、3番と5番。あとは本体の駆逐2艦を潰したものの夜戦は随伴戦。うろ覚えながら同じ撃沈数に加えて大破が混ざってたケースで本隊につながった場合もあるんで何ともですがね -- 2016-12-06 (火) 15:27:31 New
  • 第二艦隊旗艦大破進軍、今冬も轟沈しませんでした(E-4機動 司令Lv104 初月改Lv62)。航空戦の爆撃、雷撃戦、砲撃戦の爆撃で攻撃を受け全miss。仕様そのままっぽいです、多分。 -- 2016-12-01 (木) 16:04:56
    • アッE-3です -- ? 2016-12-01 (木) 16:08:25
    • これを見ないと安心できない…イベントの度に気になるポイント -- 2016-12-02 (金) 02:13:59
      • ダメコン積んどけよ -- 2016-12-02 (金) 13:30:40
  • 夜戦突入時の敵艦隊選択のシステムについては判明してますかね…? -- 2016-12-02 (金) 01:43:56
    • 二つ上の木くらいは参考にしような? -- 2016-12-02 (金) 14:43:59
  • 連合vs.連合の場合にこちらの第二艦隊の制空部隊が航空戦に参加するようになってますけど,それ以外に連合vs.連合時の仕様変化ってありますか? -- 2016-12-02 (金) 14:45:31
    • 味方の第一艦隊側に(開幕も閉幕も)敵雷撃がくる場合あるけど、これ何気に連合対連合で初めて発生したことじゃないかな。 -- 2016-12-03 (土) 17:30:40
      • 味方連合vs.敵通常では敵雷撃は味方第一艦隊を標的にしない。味方通常vs.敵連合では味方雷撃は敵第一艦隊も標的にする。連合vs.連合はこのルールの非対称が取り払われているのだな。 -- 2016-12-03 (土) 17:47:45
  • そろそろ連合艦隊も空6戦6とかで組んでみたいな -- 2016-12-03 (土) 00:55:16
    • 第二艦隊に夜戦6って夜戦で役に立たなくね? -- 2016-12-03 (土) 01:01:21
      • 夜戦6 とは -- 2016-12-03 (土) 14:18:06
      • やったー!待ちに待った夜戦×6だー! -- 2016-12-03 (土) 19:42:54
  • E5甲ボス夜戦で中大破艦が旗艦をかばうことがあるんだがバグだろうか -- 2016-12-03 (土) 17:35:49
    • E5じゃないけどどこかで見たことある -- 2016-12-03 (土) 19:44:06
  • 連合VS連合で第二だけに戦艦いても2巡するのか -- 2016-12-03 (土) 19:01:42
  • 輸送護衛部隊の編成ボタンが他の2つよりでかいのやめてほしいわ、なんかすごい決戦用の部隊を編成するように見えるw -- 2016-12-03 (土) 21:38:48 New
  • E3甲最終形態、護衛艦隊のフラ軽無傷、フラ重1隻小破(39/76)、他撃沈で昼終了後、夜戦で護衛艦隊との勝負となりました。 -- 2016-12-03 (土) 22:35:45 New
  • 連合艦隊の場合に命中率が下がるってのは百歩譲って許せるとして、弾着で命中してもカスダメ連発ってのはどうも納得いかん -- 2016-12-04 (日) 16:36:32 New
    • 弾着が発生してもmiss判定の場合にはカスダメになるんだぜ、だから弾着なら命中率下がっても無問題とは一概には言えぬのよ -- 2016-12-04 (日) 23:33:14 New
  • 今回のイベントの事で思い出した事が1つ連合艦隊の第二艦隊の駆逐艦に戦闘食もたせてたら使う使わない表記されずに勝手にパクパク食べてた -- 2016-12-07 (水) 08:03:13 New
    • 一定のマスを通過した段階で使う可能性があるんですよ。ボスマスに突入する際に残っていた場合だけ、選択肢が表示される -- 2016-12-08 (木) 00:52:37 New!
  • 連合艦隊VS連合艦隊は普通の雷撃戦の魚雷が結構装甲貫けるやつに当たって楽しいな。やっぱ魚雷は水雷戦隊の必殺技だな -- 2016-12-08 (木) 03:09:08 New!
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 例として、軽巡1、戦艦1でも最低条件は満たす
*2 ただし通常、ボス戦共に、敵艦隊に潜水艦不在の時or完全無視時
*3 女神等で完全回復したときの回復量のほうが他の被ダメ率より高い場合
*4 駆逐艦1隻が大破し、別の駆逐艦で護衛退避を実行する
*5 弾着観測射撃が発動しても命中しなかったと判定された場合、カスダメしか与えられない