Top > 30.5cm三連装砲

30.5cm三連装砲

Last-modified: 2017-05-17 (水) 07:53:47
No.231
weapon231.png30.5cm三連装砲大口径主砲
装備ステータス
火力+16雷装
爆装対空
対潜索敵
命中+1回避
射程装甲+1
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修不可
Гангутの初期装備
北の国の戦艦主砲です。
戦艦の主砲としては、超弩級戦艦の時代にはスケール的に時代遅れの感もありましたが、
三連装主砲として当時新鋭の弩級戦艦に装備されました。

ゲームにおいて Edit

小ネタ Edit

  • 元になったのは、「1907年型 30.5冕ぁ52口径)」である。ガングート級戦艦とインペラトリッツァ・マリーヤ級戦艦に搭載された。
  • 性能は重量470.9圓遼っ討鮑蚤膓蝶25度で23,200mまで到達させる事が可能で、射程9,140mで舷側装甲352mmを貫徹出来た。
    • この時期の30.5cm艦載砲としては長射程かつ高い貫通力を誇り、英国の初期の超ド級戦艦主砲にも匹敵する火力を有していた。また三連装砲でありながら砲身間の間隔が広く、遠距離戦における散布界も良好だったと言われている。
    • 最大の仮想敵だった帝政ドイツの同口径砲*1に対する大きなアドバンテージになっていた。
      もっともドイツ戦艦とガングート級では防御力が違いすぎるので、射程自体の差にあまり意味はないのだが。
  • 30年代に施された大改装に伴って主砲にも改良が加えられ、最大仰角は40度、射程は28,000m以上に延長されている。
    • ただし他国の改装旧式艦とは異なり主砲弾の更新が行われなかったため、就役時には優れていた貫通力も他国の同期艦に大きく後れを取る事となってしまった。艦これではif要素としてこの主砲弾の更新が行われていると思われる。
    • 第二次大戦期の戦艦群と比較すると最大射程は流石に短いものの、多くの国では戦艦の交戦距離を20,000〜25,000mと想定しており、更に実戦ではほとんどがそれ以下の近距離戦であった事を考えると射程面ではさほど支障は無いかもしれない。
  • 実戦では諸事情により対艦戦闘を行う機会自体がほとんどなく、もっぱら地上支援に徹して使われた。
    • 第一次大戦中に黒海艦隊所属の戦艦インペラトリッツァ・エカテリーナ・ヴェリーカヤがゲーベンあらためオスマン帝国の巡洋戦艦ヤウズ・スルタン・セリムと撃ち合ったのがほとんど唯一の事例である。この時は28cm砲に対し射程差を活かして撃退している。
  • また、本砲は沿岸要塞の対艦・対地要塞砲として広く用いられた。こちらの仰角は最大50度に達し、徹甲弾は29,340m、榴弾に至っては46,000m近い射程を誇った。
    • 測距精度を上げやすく動揺の影響もない要塞砲は、一般的に艦砲に対して圧倒的に有利である。そのため、幾分型落ちの本砲でも対艦砲として十分な価値があった。
  • 帝政時代に整備された要塞砲としては、「ピョートル大帝要塞群」と名づけられたフィンランド湾岸の沿岸要塞に使われた事例が挙げられる。
    • 革命後、30.5cm砲台地区はフィンランドの手に渡り、戦後は要塞ごとソ連の租借地となった。一帯が1956年に返還されると、フィンランドの手により要塞は解体された。
  • 戦間期にはソ連によりバルト海沿岸・セヴァストーポリ・ヴラディヴォストークに要塞砲として設置された。
    • 特にセヴァストーポリの要塞砲については「ガングート級の主砲を連装化して流用」という説明がされることが多いがこれは誤りで、いずれも陸上砲台として新造されたものである。
    • 戦艦の搭載砲を流用したものとしては、1916年に事故で爆沈した黒海艦隊の戦艦インペラトリッツァ・マリーヤのものを流用した列車砲がある。
      • 3門が造られて冬戦争に投入されたのち、同戦争でソ連が租借したハンコ半島海軍基地に配備され、継続戦争開始を受けてソ連軍が撤退する際に破壊された。
    • また、白軍側に立ってフランスに逃れ解体された旧黒海艦隊の戦艦ヴォルヤの搭載砲がフィンランドに送られており、4門が沿岸要塞砲として用いられた。この他に2門が、上述の列車砲を修復するために用いられている。
      • この列車砲は戦後ソ連に引き渡され、なんと1991年まで稼働状態にあった。正式に退役したのは1999年のことで、現在はペテルブルクとモスクワに1両ずつ展示されているようである。
      • フィンランドはこのほか2門を予備砲身として保管しており、うち1門は実際に交換された。連装砲塔のうち1基が記念館として公開されているほか、残った1本の予備砲身も博物館に保管されている。
      • 全部で12門あった砲のうち、4門は輸送途中にドイツに接収され、ドイツが占領していたイギリス王室属領のガーンジー島に配備された。
  • セヴァストーポリの要塞砲はドイツ軍から「マキシム・ゴーリキー」と名付けられ、要塞攻略を目指していたエーリッヒ・フォン・マンシュタイン率いるドイツ軍第11軍の前に大きな壁となって立ちはだかった。
    • なお、同要塞砲は連装砲塔2基のペアが2組で構成されていたが、ソ連での正式名称はそれぞれ第30番・第35番といった。また、「マキシム・ゴーリキー」の呼び名は今も昔もロシアでは一切浸透していない。
    • そこでマンシュタインは、「デカい大砲には、もっとデカい大砲を」とばかりに80冦鷦嵋ぁ屮哀好織奸廚60兌走臼砲「カール」といった巨大ロマン砲を初めとする1,300門もの大砲を集結させ、およそ5日間にも及ぶ砲爆撃によって要塞砲群をほぼ完全に破壊する。
      • ただし第30番砲台のうち1基は損傷しながらも機能を保っており、最終的にはドイツ軍工兵の手により破壊された。
    • 戦後、「マキシム・ゴーリキー」のうち第30番砲台の2基は、ガングート級戦艦フルンゼ(ポルタヴァ)の三連装主砲塔を転用して再建された。
      • 第30番砲台はソ連崩壊後の1997年にウクライナに引き渡されるまで現役であった。その後もロシア黒海艦隊に租借され、有事の際は72時間以内に戦闘状態に入ることができるよう準備されているようである。
      • 2017年に租借期限が切れて返還される予定であり、その後は解体されるという計画であったようだが、全ては2014年のロシアによるクリミア占領によりうやむやになった。
      • なお、第35番砲台は一部が修復され、記念館として整備されている。

この装備についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 列車砲が90年代まで現役って何に使う予定だったんだ?ま、かの国は日本とは別のベクトルで鉄道フェチだが・・・ -- 2017-05-12 (金) 14:50:33
  • 「北の国の」という説明文で、最近ミサイル撃ちまくってるあの国が頭によぎった。 -- 2017-05-13 (土) 21:56:26
  • 35.6より火力ある30.5とかバグかな? -- 2017-05-13 (土) 23:30:35
    • 連装と三連装の差、砲身の長さは両者とも差はないし -- 2017-05-14 (日) 20:01:13
      • 最上砲、OTO、パスタ砲、アイオワ砲、試製各種ももっと強化しなきゃおかしいよなあ? -- 2017-05-21 (日) 13:07:48
  • 52口径と長砲身であることをこと考慮してない人多いな -- 2017-05-14 (日) 20:33:32
    • 砲の貫通力を考慮してどうぞ -- 2017-05-21 (日) 03:41:23
  • ガンキャノン? -- 2017-05-15 (月) 23:22:24
    • ガンホー? -- 2017-05-24 (水) 15:41:35
  • シャルンホルスト級巡戦やドイチュラント級装甲艦、アラスカ級大巡が来る可能性が (兵装的には) 出てきたってコトね -- 2017-05-17 (水) 03:16:15
  • 三連装だとか長砲身とか言っても所詮は30.5cmなのに、どうしてここまで盛ったのか -- 2017-05-21 (日) 08:56:56
  • 三連装だとか長砲身だとか言っても、所詮は30.5cmなのにどうしてこんなに盛ったのか -- 2017-05-21 (日) 09:00:55
    • それな。ほんと白けるからやめて欲しい。謎の政治力でも働いたのかと -- 2017-05-21 (日) 13:00:50
      • 陰謀論でました -- 2017-05-21 (日) 21:28:41
      • プーチン閣下から運営にお届け物が・・・だったら笑う -- 2017-05-22 (月) 02:53:21
    • 砲弾重量のことをまるっと無視してるよな。結局装甲ぶち抜けなきゃどうにもならんのは、ソロモン海戦で霧島vsサウスダコタが証明してしまっている。 -- 2017-05-22 (月) 14:36:52
      • 三式弾装備したら対陸上基地以外には火力−100される艦これがお好みか。 -- 2017-05-22 (月) 16:39:08
      • 超弩級戦艦が巡洋艦や駆逐艦に割と簡単に装甲抜かれる不具合をなんとかしまかぜ -- 2017-05-22 (月) 16:48:53
      • 致命傷こと負わなかったがダコタには36徹甲弾の命中による大穴が数か所空いてる。かなり近距離だった為継続して浴び続けていたらダコタは没していたかも知れない。 -- 2017-05-24 (水) 18:55:49
      • 確かバーベット割れてたもんな。バーベットは円形だから命中角度が浅く着弾したので貫通せずだが装甲にはダメージ入って3番砲機能障害。正対で装甲に入射してたらバーベット貫通して弾薬庫入ってたかもな -- 2017-06-11 (日) 23:44:43
    • 盛らなきゃ誰も使わんだろ? -- 2017-05-23 (火) 20:55:00
      • どうせ盛るなら命中+6とかにして欲しかったよ。 -- 2017-05-24 (水) 00:22:57
      • これで自身のフィット砲が産廃性能だったら目も当てられないんだが、元々火力控え目だし -- 2017-05-24 (水) 00:33:36
    • 廃棄して存在を抹消してもいいんやで。基本ソロゲーだから、自身の手持ちがなくなればもう影響はない。 -- 2017-05-26 (金) 03:18:31
    • これゲームだからなあ。史実追い求めたら産廃だらけのクソゲーになる。く -- 2017-05-26 (金) 04:47:16
      • ゲームバランス補正だよな。まぁいいんじゃね? -- 2017-05-26 (金) 05:29:26
  • 気に入らない事を不具合扱いするのはやめようね! -- 2017-05-22 (月) 23:43:56
    • 無理やり納得しようとする不具合も解消しようね! -- 2017-05-23 (火) 01:45:02
      • ? -- 2017-05-23 (火) 10:37:56
  • ガンさん改二まで行くと30.5cm三連装砲改を計2つ持ってきてくれるから、この砲が2門余るね。他の艦にフィット補正もなさそうだからまた倉庫枠が・・・。皆さん海外艦の余った初期装備砲ってどうしてます? -- 2017-05-24 (水) 13:26:32
    • 使わないやつは邪魔にならないように予備艦確保してある戦艦に載せて保存。スパイト砲は割と強いので金剛型で運用、アイオワ砲は使わない選択肢は無い。38砲は場合によっては改に更新してもいいかもと考えてたがランカーで試製35.6貰ったりスパイト砲入手してやめた -- 2017-05-24 (水) 16:25:02
    • 他の艦にフィットが無いと決めつけるのは早計だよ。多分高速戦艦にフィットするってデータも上がりつつあるみたいだし。結局改修が来ても更新してまで使わないし、倉庫の肥やしだけど -- 2017-05-26 (金) 03:59:27
    • 持っててうれしいコレクションで何がわるいんです? -- 2017-06-17 (土) 09:22:32
    • とりあえず残しとく、再入手ができるかもわからんし 改修きて上位品に更新できて使い道が出るかもしれん -- 2017-09-17 (日) 19:36:55
  • というかこの砲の妖精さんめっちゃかわいいよね -- 2017-05-26 (金) 08:02:07
    • かわいいね。一式戦 隼III型甲(54戦隊)の妖精さんもかわいいと話題になってた。 -- 2017-05-26 (金) 10:51:22
    • ガングートちゃんのちっちゃい頃かなぁ…はっはっは、アドミラルに全てを委ねるのだ…(ごそごそ -- 2017-08-05 (土) 19:47:54
  • 早く改修可能にならんかな -- 2017-05-31 (水) 06:48:04
  • 今回のアプデで改修来るかと思ったが憶測だったか -- 2017-06-06 (火) 21:08:54
  • 顔赤いってウォトカ呑んでんだろ -- 2017-07-30 (日) 02:46:53
  • あるブロマガでこの砲と同改は35.6cm系列に属しかつ30.5cm系列に属すって乗ってた(ブロマガでは露砲表記だったが) -- 2017-09-20 (水) 17:58:40
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 高初速ながら最大仰角が不足していた