Top > 94式高射装置

94式高射装置

Last-modified: 2017-09-03 (日) 13:26:05
No.121
94式高射装置94式高射装置高射装置
装備ステータス
火力雷装
爆装対空+3
対潜索敵
命中回避+1
射程
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修可
吹雪改二摩耶改二の初期装備
改修更新
91式高射装置94式高射装置(二番艦が秋月、照月、初月、吹雪改二) → 10cm高角砲+高射装置
(二番艦が摩耶改二) → 12.7cm高角砲+高射装置
比較的新しい高角砲対空射撃用の高射装置です
本高射機は測距儀がパッケージされており、高角砲の有効な対空射撃をサポートします。
新造大型艦や、防空駆逐艦「秋月」型に搭載されました。

ゲームにおいて Edit

  • 2014/11/14アップデートで実装。91式高射装置と同じく火器管制装置なので単体での強化値は低い。
    高射装置そのものの特性・検証は91式のページに集積されているのでそちらを参照。
    • シナジーやカットインとの関係等詳細な効果は現在検証中。91式に比べ、カットイン発動率(もしくは優先度)が若干上昇している模様。
    • 実装当初の入手方法は91式からの更新のみだったが、2015/1/9アップデートで吹雪改二が、2015/3/13アップデートで摩耶改二が実装され、現在は各艦初期装備としても入手可能。
      • 量産について、現状ではリランカレベリングでの「吹雪牧場」が最も手っ取り早い。レベルが5高い分必要経験値は多いが戦果稼ぎのついでなどで重巡を育て易い人は「摩耶牧場」も選択肢。
  • 改修に必要な二番艦は秋月照月初月・吹雪改二・摩耶改二のいずれか。
    二番艦により★+6以降の改修で必要な装備と、★maxからの更新先も変わる。
    なお、二番艦により★maxからの更新先が分岐する初の装備である。
    • ★+6以降の改修と更新に必要な装備は、秋月or照月or初月or吹雪改二なら10cm連装高角砲。摩耶改二なら12.7cm連装高角砲。それ以外の消費資材はすべて同じ。
      • 改修だけなら駆逐艦用主砲として優秀な10cm連装高角砲より、12.7cm連装高角砲を使った方がお得だろう。
    • 装備更新は秋月or照月or初月or吹雪改二なら10cm高角砲+高射装置。摩耶改二なら12.7cm高角砲+高射装置になる。
      • いずれに更新した場合も、本装備より装備可能艦が減ることに注意。もっとも両方作れば大半の艦種には対応できる。
        ただし、12.7cm高角砲+高射装置は副砲なので、弾着観測射撃への影響に注意。
  • 1番手前の妖精さんは秋月? ということは他の2人はまさか……!?
    • 照月初月が実装されましたが、四式水中聴音機の妖精さんを見る限り、後ろの二人は無関係の模様。
      他の姉妹の可能性も……。

小ネタ Edit

  • 絵では3人の妖精さんが持ち運んでいるが実物は大きい。全高はおよそ1665mm、左右には4.5m対空立体視式測距儀が突き出ている。
    大きな円筒形のカバーの内部中央にはターンテーブルが据えられ、その中央上部に高射機があり、周囲には7名分の座席が取り付けられ、操作器具と各種ハンドルがずらりと並んでいる装置で、ちょっとした物置小屋ぐらいの大きさはある。
  • 対空射撃はただばら撒けばいいものではなく、当てる為に計算しなければならないことが非常に多い。
    計算しなければならないのは敵機の距離・移動方向・速度・自分の弾速・弾速に影響する大気密度の計算・自分の移動速度・縦揺れ横揺れの高さ・角度差etc...といった具合である。
    • 高射機は航空機を観測し、上記のようなデータを割り出すものだった。絵では各種カバーが省略されているが、内部にはいろいろ装備されていた。
      • 特徴的な左右に突き出た4.5m測距儀は敵機との距離を測るものである。
      • 縦動揺眼鏡では水平線を観測し、艦の縦揺れを割り出す。
      • 横動遥眼鏡も水平線を観測し、横揺れを割り出した。
      • 俯仰眼鏡は計測する敵機の俯仰角を追尾、ハンドルで操作して高射機の角度を保持する。
      • 旋回眼鏡では敵機の左右方向への移動を追尾し、ハンドル操作により高射機を旋回させた。
      • もちろん一人じゃこんなものを全部計測できないので、一人ずつ操作手がついた。残りの二人は測距発信手と測距修正手である。
  • 得られた距離や角度のデータは、高射射撃盤と呼ばれるカム装置や歯車を精巧に組み合わせた機械式計算機によって処理された。
    • 具体的には、高角砲がどの方向へ何度旋回し、俯仰し、何秒に信管を合わせるべきかといった数値を算出したのである。さらに風力修正、自速修正、空気比重差、動揺修正なども数値に組み込んでなるべく正確に見越し位置を割り出したのであった。
  • この装置の能力としては、本装置と八九式高角砲の組み合わせで「射程8000m以下で撃墜1機辺り高射砲150発が必要」という数字が算出されている。
  • と、ここまで書くと凄い装置にも思えるが、実際は連合国側の火器管制装置に比べれば劣るものがあり、以下のような欠点が挙げられた。
    • 91式のような完全な機械式の場合、情報伝達に通信機や伝令を用いる必要があり、時間がかかった。
    • 距離などのデータは測距儀で観測者が目で測るため、目分量の個人差、測距儀自体の精度などで誤差が出ることが多い。
    • 機械式の歯車やカムには遊隙誤差*1が生じ、さらに正確性を落としている*2
      • とはいえ、米軍の調査レポートによれば計算誤差12分、信管調定秒時誤差0.02秒と劣らない精度を発揮している。
    • 一人が統合して全てのデータを扱っているわけではないため、旋回担当と俯仰担当、測距担当がそれぞれ別の敵機を測っているのに誰も気がつかない、なんてことが91式では多かった。
    • また、この装置自体が非常に複雑なため習熟には時間が必要だった。そのため戦争後半の新兵が多い状況になると94式の自動追尾を使わないなどその性能を生かし切れないことが多かった。
      • なお、戦争末期には生産性向上の為に指針自動追尾機能自体外されてしまった。
  • 同じような問題に当たった米国では電子技術の進歩によって計算の高速・高精度化を推し進めたり*3、砲弾自体の高性能化(VT信管)*4、対空戦闘システムの進化(戦闘指揮所(CIC)コンセプトの導入等)、マニュアルの整備などで補っていた。
    • 一方の日本では基礎工業力や技術力の格差、思想の違い等で対空戦闘の進歩では劣勢を強いられることとなった。
    • 勿論海軍自身もこの装置で満足しきったわけではなく、更なる改良を目指して後継の高射装置も開発していた(ただし制式採用には至っていない)し、その他試みは5500t型の防空艦化など多数あったのだが、劣勢を挽回するまでには至らなかった。
    • そもそもこの当時の対空火器は撃墜を第一目的としていたが、「弾幕を張って近づけなくする」為のモノでもあり、現代のような「確実に敵機をブチ落とす」というシロモノが出現するのは時代も大きく下って1960年代の話である。この当時は「敵機を落す」のは戦闘機の仕事であり米軍でもそう評価されている。
      • 要するに、爆撃機や雷撃機のパイロットからすれば「自分を正確に狙って弾をバラ撒いてくる砲台」には近付きたくなんかないわけで、攻撃を諦めさせれば目的は達成されるし、肝が据わったパイロットであっても敵に撃たれている状態で正確な投下の狙いをつけるのは困難である。
      • その意味で、照準の正確性よりとにかく広範囲に弾子をまき散らす三式弾は日本の工業技術力を考えれば発想自体は正しい兵器だった。しかし実戦での活躍は・・・・・・
      • 伊勢日向の対空戦闘を考えれば使い方さえ間違えなければ日本の対空火器でもその効果は十分に発揮できた。
  • 気になる生産台数は終戦まで80基。精密機構のため製造の手間がかかる上に非常に高価なため当時の日本では量産することができなかった。*5
    • 代わりにたくさん作ったのが4式高射装置。だがこれは機銃制御用の95式高射射撃装置を改良したもので性能は雲泥の差があった。しかし94式の数が足りなかったので松型駆逐艦や信濃がこれを搭載した。
  • で、例によってこの手のミドルウェア的装備の常で陸軍の方が開発に熱心だった。
    陸軍の高射装置は基本的に固定された砲台の為のモノであり、海軍のそれと直接比較するのはナンセンスな面もあるのだが……
    陸軍の高射装置

この装備についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • この秋は吹雪との邂逅が非常に多い。前は二週に一度も出なかったのに。もしやこの装備の出番か。 -- 2016-11-02 (水) 06:20:45
  • ところで陸軍特殊船や防空基幹船の高射砲は何で制御していたのだろう? -- 2016-11-14 (月) 22:04:44
    • ????「精神力なのであります。 」 -- 2016-11-14 (月) 22:19:36
  • 松型実装が宣言されたみたいだが、この記事にもある4式高射装置は実装されるんだろうか・・・ -- 2016-12-14 (水) 18:01:21
  • 94高射を改修して10cm高射にするのつらすぎる。 -- 2016-12-19 (月) 17:52:54
    • これはまだ要求される物にたいして、格段に良い物が手に入るからオトクな方だと思う -- 2016-12-21 (水) 12:58:30
  • これも増設に入れられる様にならんかな。そうすれば戦艦で三式CIを維持しつつ連撃もいけるんだが -- 2016-12-23 (金) 00:18:50
    • 増設に入れられなくても機銃が増設に積めるようになっただけでこれ入れられる選択肢が増えたもんよ -- 2016-12-23 (金) 00:45:50
    • 改修によるボーナス効果が幅広いから特にいれる物ないときに駆逐に入れとけって事も出来たし残念 -- 2017-01-05 (木) 10:06:56
    • 確かにこれも増設に入れられたら大口径主砲+主砲+三式弾+水偵+高射装置で、対空カットインと対陸上型が両立出来て便利だな -- 2017-02-28 (火) 16:22:56
  • これは実際のところ大鳳や大淀の長10センチの砲架型の方には付いてなかったのかな?あったのなら改修でこれの付属型実装されてほしい。(ついでにその新装備の改修も) -- 2017-01-08 (日) 22:32:03
  • 昔、これの改修Max作って、倉庫でゴミになっるけど、夜戦連撃+対空カットインなしにしたいときの解決として、有意義なのか? -- 2017-01-18 (水) 01:20:46
    • 赤い砲にしないと対空CI出ちゃうけどな -- 2017-01-19 (木) 21:10:43
    • 艦隊防空値、+7を超えるから穴開いてる艦に載せると良いかもね。火力や雷装も上がるし。 -- 2017-02-02 (木) 00:53:30
      • あ、穴に入れば話ね;; -- 2017-02-02 (木) 00:54:16
      • 遅レスだが高射装置の改修で上がるのは艦隊防空値(係数2)と火力(係数1)と夜戦攻撃力(係数1)。命中と加重対空値は不明だが雷装は上がらない。 -- 2017-02-22 (水) 15:35:56
      • 改修で上がる艦隊防空値は対空電探(係数1.5)以上だけど、機銃や対空電探の比じゃあないレベルで使いどころが難しい装備。真面目に考えると、高角砲を積めない事が多い重巡か、夜戦連撃の威力を追求するときの駆逐艦かなぁ…これを穴に乗るようにしろってのはちと無理があるし -- 2葉? 2017-02-22 (水) 15:51:14
  • 歴戦の提督方にお聞きしたいのですが、重巡にはこれのMAXとfumo電探どっち有用なのでしょうか? -- 2017-03-04 (土) 12:17:35
    • 総合性能でFuMO電探だろうね。艦隊対空ボーナスなどの一部分に限れば、これの改修MAXのが高いけれども。 -- 2017-03-04 (土) 17:29:58
    • 歴戦という訳ではないですが、状況によるとしか言いようがないです。FuMO電探は索敵と命中と弾着発動率向上が(対空は飾り)、改修高射装置は艦隊防空値が高いのが売りです。なので基本的には上の方の言う通りFuMO電探優位なことが多いです。ただ、イベント海域などで防空も考慮しなければならないときはこちらが優位になります。もっとも、防空も考慮するなら火力補正と若干の艦隊防空値を犠牲にする事になりますが、改修21電探その改も候補になるので、改修高射装置一択という状況はほぼ無いです。 -- 2017-03-05 (日) 08:40:13
      • 訂正 FuMOレーダーの艦隊防空値は2.8なので改修対空電探や改修高射装置にこそ劣りますが充分考慮に値する範囲です。申し訳ありません。 -- ? 2017-03-05 (日) 10:43:33
  • コレ単体の使い道をご教示いただけませんでしょうか。「改修して摩耶高角砲か秋月砲量産の餌」以外に全く分かんないんですけど、誰か教えてください。秋月砲が足りないとき??? 現在秋月砲は6つあります。戦艦で対空CIなんて考えられないし。う〜ん。全く思いつきません。補強の穴にも入りませんし。 -- 2017-03-20 (月) 16:21:49
    • 水雷戦隊でフラヲ改とかBBAを全裸にするのに使う。もち秋月砲★maxが12基と13号★maxが6基あれば要らない。
      真の価値は装備枠を圧迫しない無課金提督の友。必要なときに高角砲を作って、邪魔になったら降格砲を捨てれば装備18枠を6枠で代替可能って運営が実装する割に凄いよね。 -- 2017-03-20 (月) 17:25:31
    • 戦艦に対空CIをさせるなら「三式弾+高射装置」の他に「アイオワ副砲(5inch)+対空電探」や「12.7cm高角砲(高射装置付)+対空電探」など。高射系の副砲あれば組み合わせ次第で対空カットインをしつつ弾着観測出来るので悪くないです。秋月砲は駆逐軽巡にしか積めないがどうしても駆逐に対空CIをさせたくない局面が発生した時には派生先のひとつである「12.7cm高射砲+高射装置」結構使えます。ただし今のところ改修不可なので他に90mm単装高角とか5inchアイオワ副砲があるなら無理せずともOK。 -- 2017-03-20 (月) 18:38:57
    • いくつかの事例が分かりました。ありがとうございます。例えば「秋月型と他の駆逐艦を混在させているので、他の駆逐艦の方には対空CIをさせたくない。ただし艦隊防空は上げたい」というときに有用なのでしょうか。なお、現時点では副砲カテゴリの高射装置内蔵高角砲は無いです。イタリア戦艦もIowaも居ません。まずは★maxを1つ作り、2つ目を「12.7cm高角砲+高射装置」に更新すべきといった所でしょうか。摩耶改二あり・吹雪改二まだという段階なので、まず吹雪改二最優先、でしょうか。 -- 木主? 2017-03-21 (火) 04:25:37
      • 航空戦#antiairfireの固定ボーナスと備考爛と相談しよう。 -- 2017-03-24 (金) 02:40:58
      • ↑おっしゃりたいことが、良く分かりません。たとえば秋月型に、高角砲 / 高角砲 / 電探を搭載すれば、対空CIの固定ボーナスは7です。それに対して、「全ての水上艦」カテゴリだと、せいぜい4です。そして、秋月型CIの発動判定の順番が最後なので、艦隊に所属する他の「全ての水上艦」に対空CIをさせないように装備をしなければなりません。例えば雪風改に魚/魚/高射装置、など。 -- 木主? 2017-03-25 (土) 06:34:17
    • 改修済限定の話だけど単純に砲火力と命中が3くらい上がる補助装備と考えるのがいいと思う、主に駆逐用。具体的には3-5下ルートゲージ割りで駆逐を主主高射にしたりする。夜戦連撃を維持したままぬるめの航空攻撃に対応しつつ火力命中も稼げるのでまあまあ使えるよ。 -- 2017-03-30 (木) 02:53:33
    • 鈴谷航改二に持たせた -- 2017-04-10 (月) 20:29:11
  • 艦隊対空ボーナスの上昇を目的として補強増設にこれの★MAXを入れるのはあり? -- 2017-03-21 (火) 09:18:14
    • て補強に入れれないんだった -- 2017-03-21 (火) 09:20:20
      • この装備地味に改修で火力命中対空上がるから補強に入れられたら機銃より大分強いよ。 -- 2017-04-10 (月) 21:30:14
      • このコメントで気づいた。確かに強いな。そのうち補強に乗るかもしれんから2個ぐらいはMAXで保持しとこ -- 2017-07-23 (日) 00:48:08
  • あれ?マフラーを常備する秋月型ってもしかして・・・・・・冬月? -- 2017-05-20 (土) 17:42:21
    • 冬月と凉月・・・ -- 2017-09-06 (水) 20:19:37
      • 涼さん外見発表されたけどぜんぜんちがうのね。(これの妖精が秋涼冬だと思ってた) -- 2017-09-17 (日) 09:13:57
  • 秋月型がイベント報酬分しか持ってない(掘れてない)からこいつを秋月砲にしたけどネジの無駄だった感はあるな。改修もできてないし -- 2017-05-21 (日) 03:27:44
  • 着任半年提督なんですが質問させてください。弊ひよっこ鎮守府には秋月砲が2個、この装備が2個あるのですが、この装備は1個は秋月砲にしてしまってもいいでしょうか? -- 2017-05-22 (月) 14:04:07
    • 秋月型がいるなら秋月砲の改修も出来るので更新しちゃってもいいかもしれない。(まあ秋月型を数掘る方が楽ではあるけど) あとこの装備単体も改修効果が高いのと一応戦艦専用の対空カットインで必須装備なので1個は残してあるといいかも。個人的には火力命中の改修補正が美味しかったので★MAX1個作ってるのを今回のE-3輸送で夕立にB型改ニMAXx2と一緒に乗せて対空CIの邪魔しないように出してみたらなかなかの砲撃火力と命中だった(輸送第二なのにかなり駆逐軽巡を落としまくってくれた) でも優先度で言えば高くは無いねw -- 2017-05-22 (月) 14:14:02
      • なるほど、参考になります。秋月砲たくさんほしいんですが今後秋月型をどれだけ入手できるかわからないので…改修更新した方が早いのかなと。ただこの装備自体も改修MAXなら持ってると便利なんですね。とりあえず一個を改修進めて、様子を見て更新しようと思います。ありがとうございました。 -- 2017-05-22 (月) 15:13:38
  • ブッキーと摩耶さまが1個づつもってきてくれたから、一つは長門さん改二用に10cm高角砲+高射装置に改修してみようか (^Q^ -- 2017-05-26 (金) 07:52:13
  • 鈴谷型改二の乗せっぱなし装備パターンとして主砲/電探/これ/瑞雲 +増設8cm とか有りかな 夜連撃+昼電探CI+対空CIの万能型 -- 2017-07-01 (土) 16:12:25
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 歯車などには「遊び」=機械を動かすための隙間があるので、その遊びの分目盛が動いて誤差が発生する
*2 遊隙誤差自体は連合国側にも当然あるが、日本側の工業力が低く、この誤差が連合国側より大きかったのが問題。
*3 結実は戦後だが、ベル研究所の電気式アナログ高射装置Mk.8等の成果を反映したMk.IAに射撃盤が更新されている。
*4 従来の砲弾信管が設定時間(=想定接敵位置)で爆発する時限式だったのに対し、VT信管は自らが電波を発振し目標から反射してきた微弱な電波を検知して爆発する近接信管である。敵機の概ね15m以内を通るだけで爆発するため、従来型信管に対し7倍もの命中率を出したともいわれる。
*5 月産5セット
*6 開発時。最終階級は大将。