Top > にげたきかんしゃのうた
HTML convert time to 0.003 sec.


にげたきかんしゃのうた

Last-modified: 2017-08-15 (火) 17:51:24
曲名にげたきかんしゃのうた
英米名There Once Was An Engine Who Ran Away
日本語版歌詞あるとき にげだしたのさ
きかんしゃ ドンドン ドンドン
きかんし のせて いちもくさん
さようなら グッバイ
いじわるディーゼルじいさんに
スクラップになるって
いわれてしまい きかんしゃは
そう にげだすことにきめたのさ

じょうきをあげて しゃりんをまわせ
シュッシュッポッポ シュッシュッポッポ
まっかにもえて
ブレーキゆるめ きてきならせ
さようなら グッバイ

こうして にげだしたのさ
きかんしゃ ドンドン ドンドン
みんなのやくにたてなくて
きかんしゃは にげだしたのさ

このことをしって みんなは
かなしいきもちになったよ
ディーゼルがなんていおうと
トップハム・ハットきょうにまかせて
かんがえた  どこにいったの?
てわけして みんなでさがす
どこにいる どこにいる
いっしょにつれてかえらなきゃ
だから みんなでさがして はしろう!
ずっと いっしょに
だけど さがしても みつからないよ
ああ どこにかくれてるのさ

トーマスがついにみつけた
ひとりぼっち ふるえてる

「なにをしてるんだ! はやくもどっておいで」
「えっ ぼくのこと?ほんと?!」

だってたいせつな なかま
じょうきをあげて しゃりんをまわせ
シュッシュッポッポ シュッシュッポッポ
まっかにもえて
ブレーキゆるめ さあかえろう
しゅっぱつだ ヤッホー
こうして としよりきかんしゃ
おうちに はしりだす
ウキウキ きてきをならすよ

「みんな〜、かえってきたよ!なかよくしてね!」

だって たいせつななかまさ
英語版歌詞There once was an engine who ran away,
Just up and went,
And ran away, ran away.
Stacked up his tender, and headed down the line,
Toot toot, farewell, goodbye!
He overheard the wicked old Diesel say,
He was heading for the scrapyard any day.
He didn't wanna wait for the fateful day.
So the little old engine ran away.

He huffed and he puffed, his wheels started turning,
He chuffed and he chuffed, his little firebox burning,
He slipped his brake, let his whistle fly,
Toot toot, farewell, goodbye!
And the little old engine ran away,
Just up and went,
And ran away, ran away.
Didn't feel part of the railway,
So the little old engine ran away.


And when the other engines heard he'd gone,
They felt so sad, 'cos they knew he had gone and gone.
No matter what Diesel had to say,
Sir Topham Hatt has the final say.
So he thought and he thought,
Where could he be, could he go?
Some searched high, the others searched low.
Where did he run, where did he go?
We gotta bring the little engine home.
So they all went out to look around,
Far and wide, and up and down
No matter where they searched,no one seemed to know
Oh where did the little old engine go?

Thomas finally tracked him down,
He was cold and blue, and all alone.
He told him he was needed back urgently.
"Who me, really?"
"Yes you, you silly engine!"
'Cos he's the pride of the railway!

So he huffed and he puffed,
His wheels started turning,
He chuffed and he chuffed his little firebox burning,
He slipped his brake and he was on his way,
Toot toot, hip hip, hooray!
Now the little old engine's heading home,
To toots and cheers, hear the whistles blow.
'Cos now he's the pride of the railway!
"Look everybody! Here comes Fergus!"
"Hooray!"
Yes the little old engine's coming home!
登場キャラクタートーマスエドワードヘンリーゴードンジェームスパーシーダックドナルドステップニーハーヴィーファーガスディーゼルデイジーボコメイビスハリーバートスカーロイレニアスラスティーハロルド
登場人物トップハム・ハット卿トロッターさんファーガスの機関士
メモファーガスのテーマ。
・原語版では歌のラスト近くで帰ってきたファーガスを歓声を上げて迎えるセリフがある(誰が出迎えているのかは不明)が、日本語版ではファーガスのセリフになっている。
・この歌は一部の歌詞をファーガス役の置鮎龍太郎さんがコーラスに参加している唯一の楽曲である。
・なぜかディーゼルが年寄り扱いされている*1
・原語版の歌詞には「Stacked up his tender, and headed down the line,」(炭水車を先にして、後前に線路を下っていく)とあるが当然ファーガスには炭水車はない。
・英米版で曲の一部を子供たちと歌っている男性の歌い手はジュニア・キャンベル氏である。
トーマス少年少女合唱隊
トーマス戸田恵子
ファーガス置鮎龍太郎
動画にげたきかんしゃのうた(英語版)
にげたきかんしゃのうた(日本語版)





*1 歌詞中のディーゼルが「ディーゼルじいさん」となっている。