Top > ミリー
HTML convert time to 0.007 sec.


ミリー

Last-modified: 2017-09-19 (火) 18:25:08

「伯爵が待ちかねているのよ!」
TV版長編第13作のミリー

名前ミリー
英名Millie
性別
濃水色(車体)+(ライン&字体&ランプ)+(屋根&車輪&煙突)+金色(ライン&バッファー&ランボード)+(バッファービ一ム)
車軸配置0-4-0
製造年1911年
所属鉄道領地鉄道
支線ウルフステッド線
運用ウルフステッド城を訪れた観光客を案内するのが主な仕事。
・たまにノランビー伯爵を乗せてウルフステッド線内を走る事もある。
・時々、裏庭の管理人の手伝いもしている。
分類蒸気機関車
タンク機関車
狭軌の機関車
他国の鉄道車両
TV版初登場シーズン長編第8作『きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠
TV初台詞「今行きまーす!坂を登ってた蒸気機関車はあなたね!」
「ボンジュール!」※短編初台詞
一人称
説明狭軌の機関車としては初の女の子の蒸気機関車
フランス出身のタンク機関車
スティーブンと共にウルフステッド城で働いている。
ノランビー伯爵から信頼されている。
裏庭の管理人と協力して、悪戯をした事がある*1
レディーと汽笛の音が同じ。
・海外版では、大人っぽい声になっているが、日本版では、 可愛い女の子の声になっている。
性格・天真爛漫かつ親切、フレンドリーでかなり積極的。
・落ち込んでいる仲間に励ましの言葉を掛ける、真面目な性格。
・普段は仕事熱心で働き者だが、おてんばで負けず嫌いな一面もあり、揶揄ったりすると仕返しが非常に恐い*2
フランス出身で、会話でたまにフランス語が出る時がある。
・以前は暗所恐怖症だったが、ルークとの仕事の交換トンネルが好きになった。
TV版での経歴第17シーズンではルーク仕事を交換したが、ブルーマウンテンの採石場で働いたのがきっかけでトンネルに興味を持つようになった。
第18シーズンではハーヴィーサムソン失礼な言葉を発せられた事に腹を立て、裏庭の管理人と共謀し、ドッキリを敢行した。
第21シーズンでは、失踪してしまう。
長編作品での経歴長編第8作で初登場。
その他の経歴・YouTube限定動画のミニミニトーマスプロモーションアニメではDCコミックスの悪党であるハーレクインに扮し、ジョーカーに扮したディーゼル10の悪事に協力した。そして、スーパーマンに扮したトーマスバットマンに扮したディーゼルサイボーグに扮したスペンサーと戦った。
他キャラクターとの関係スティーブングリンとは領地鉄道での同期。
ルークと仲良しで、交換した事がある。
ピーター・サムラスティーとはルークを通じて親しくなり、から仕事ぶりを感心された事がある。
ケイトリンとは初対面時から既に女子同士仲が良く、ウルフステッド城のオープンセレモニーに一緒に出席した事で更に仲良くなった。また、コナーとはケイトリンを通じて仲良くなった。
サムソンハーヴィーとは初対面で揶揄われ、火山の模型を噴火しているように見せるという恐ろしい仕返しを決行した。その後、和解して、サムソンハーヴィーと親しくなった模様。
マリオンとは初対面時から既に、女の子同士仲が良い。
トーマスパーシーとも仲が良い。
ミニミニトーマスのプロモーション映像ではディーゼル10と手を組んで悪事を働き、トーマスディーゼルスペンサーに捕まった。
エティエンヌとは同じフランス出身だが、交流及び会話は無い。
メリックオーエンヒューゴとは会話は無いが、面識はある模様。
人間関係ノランビー伯爵からはスティーブン以上に信頼されており、彼女自身もその事を誇りに思っている。
ミスター・パーシバルとはルークを通じて親しくなった模様。
裏庭の管理人とは、ウルフステッド城で働く同僚で、と共謀して、ドッキリを敢行した事がある。
モデルドコービル社・8069号機蒸気機関車『ダバマー』
玩具カプセルプラレール
木製レールシリーズ
テイクンプレイ/アドベンチャーズ
英米版CVミランダ・レーゾン長編第8作-第18シーズン第20シーズン-)
テレサ・ギャラガー(ミニミニトーマスプロモーションアニメ)
日本版CV斉藤美菜子長編第8作-第18シーズン第20シーズン-)
参照画像参照はミリー/画像





*1 その後、ノランビー伯爵に注意された。
*2 実際、サムソンハーヴィーが彼女をボロクソに言った後、彼女と裏庭の管理人の仕掛けたドッキリの餌食になった為、それ以降、2は彼女を罵倒しなくなった。