南奈川電鉄

Last-modified: 2021-10-12 (火) 23:12:44

南奈川電鉄は、新塚県にある小規模鉄道事業者である。現在は、JMR新塚線の原橋駅から、新塚県生野市、香田市を通って南奈川市に至る路線の鉄道敷設免許を取得している。但し、起点の原橋駅から、途中本社が立地する青柳へ至る路線(通称:南奈川線)が建設中であり、今年度中の開業を目指している。

 

当社SNSリンク

  • 公式Twitter
     
    YouTubeチャンネルについても近日中に開設する予定です。
     

会社概要

ロゴマーク


このロゴマークは、会社設立時に社長本人によって考案されたものである。沿線や南奈川市の緑が図案化されている。

 

基本情報

社名
 南奈川電鉄株式会社
 (みながわでんてつ かぶしきがいしゃ)

 

社長
 護/Mogoro

 

設立
 2021年9月1日

 

本社所在地
 新塚県新塚市西区青柳

 

駅数
 4駅(予定)

 

路線数
 1(予定)

 

電化方式
 直流1500V 架空電車線方式

 

閉塞方式
 自動閉塞式(SetBlock式信号システム)

 

事業計画

  • 新塚県新塚市と新塚県南奈川市を鉄道路線によって結び、地域流動を活性化させる。
  • 沿線を住宅地として主体的に開発する。
  • 地域経済の発展に寄与し、沿線に寄り添う鉄道会社を目指す。
     

路線

路線図


年度内に青柳駅まで先行開業する予定だが、その後に青柳駅から更に西へ延伸する構想がある。

 

保有路線

南奈川線(みながわせん)

JMR原橋駅から西に進み、青柳駅に至る路線。全線複線で、途中の北原橋駅、滝宮駅は停留場扱いとなる。
青柳駅西側には、青柳検車区を設置する予定である。

 

保有車両

1000型


製造:水音車両(水音標準A)
水音車両の規格型車両を採用することで、工期の短縮とコストの削減を図っている。
4両編成2本が導入される予定である。

 

1500型


製造:水音車両(水音標準A)
水音車両の規格型車両を採用することで、工期の短縮とコストの削減を図っている。
1000型と同様、4両編成2本が導入される予定である。
尚、1000型が鋼製車体なのに対し、1500型はステンレス製コルゲート車体を採用している。

 

2000型(ネタバレを含む)

折りたたみました

製造:水音車両(水音標準B)
水音標準Bを導入する計画。尚車体はステンレス製となる予定である。

 

歴史と背景

 新塚県南奈川市は、古くから城下町として栄えていた街であり、県庁所在地が置かれ、政令指定都市でもある新塚県新塚市との鉄路連結を望む声は以前から多くあった。この構想については、当初JMRが建設・運営することが決定していた。当時の敷設免許の交付内容は、JMR新塚駅から新塚線に沿うように南下し、旧南新塚駅付近で西へ分岐、そのまま直線的に南奈川市を目指すものだった。当初は既に、原橋・青柳地区における鉄道敷設用地は一部取得している。
 しかし、更なる用地買収が難航したことや、新塚線平馬駅付近から分岐し、北西に延伸して南奈川市を目指すほうが工期を短縮でき、建設コストも抑えられることから、当時の新塚県からの反対を押し切り一方的な計画変更を行った。
 その後、新塚市や新塚県の出資を受け、南奈川電鉄が設立された。現在開業が予定されている区間では、一部JMRの取得済み用地を流用する。尚、原橋駅から北原橋駅までの区間は、新塚市が運営・管理を行っている、原橋公園の土地を譲り受けて敷設する。

 

よくある質問

 

ご意見・ご質問

ご意見、ご質問等ありましたらこちらにお願いします。
尚、必ずしもご期待に沿えない場合がありますのでご承知おきください。

 
  • 間違ってwikiを変更してしまいました。当該部分はすでに修正させていただきました。申し訳ございません。 -- 夜羽急行電鉄 2021-10-03 (日) 23:31:57
  • 大丈夫です。わざわざありがとうございます。 -- 南奈川電鉄 2021-10-05 (火) 17:34:49