桜川鉄道

Last-modified: 2020-06-14 (日) 13:12:43

会社ロゴ

ST00.png

目次

 

会社情報

社名
 桜川鉄道株式会社
所在地
 箕島県桜川市中央区大通東1丁目2-2

 

社員
・代表取締役社長 宮月 香風
 社長、中の人、桜川のヤベー奴。暇なときは芋けんぴかグミを食べてる。

・社長秘書 佐倉 雪乃
 桜なのか雪なのか。真実は本人も知らない。私服が奥○美咲。大人の都合でこの役職になった。

・車輌開発部長 水無月なりと
 ST1500型を作った。車輌関連は彼が一番詳しい。

・主任 橘 隆司
 ハイボールと唐揚げが好きらしい。何かあったときはハイエースとともに駆けつけてくれる。 

・会計 大崎 海琴
 頭脳派。計算が得意。来客時などはよくお茶を淹れてくれる。探してもいないときはだいたい給湯室にいる。
※名前は全て架空のものです。実在の人物とは一切の関係はありません。

 

設立
 1943年「桜川運送」設立。
 1949年 鉄道部門を縮小し、トラック運送に力を入れる。
 1987年 国鉄分割民営化と同時に鉄道部門を再起。
 2000年 前社長 佐倉礼香氏からの現社長への受け継ぎ。同時に高速線計画が発足する。
 2017年 「D計画」が極秘裏に行われる。
 2018年 なにしてたっけ…(記憶喪失)
 2019年 速度計旅客鉄道様(SR)との直通運転が決定。桜風~SR瀬田駅間に連絡線を敷設。

何度か時空がゆがんでます。これも全てディケイドのせいだ

路線詳細

キャプチャー20200310173008.png
現在は箕島県に7路線、鳥丘県に2路線所持している。

鳥丘県

桜川本線
鳥丘県桜川瀬田駅~箕島県末端区間までを結ぶ路線。普通、快速、特急の三種別が走行している。社内最長路線の1つ。

 

鎮守府線
鳥丘県春風駅~箕島県櫻川鎮守府前駅までを結ぶ路線。途中、雪風駅から櫻川鎮守府前までは非電化区間となる。またこの路線は貨物線としての役割も果たしている。時々、弓道衣を着ている女性や、連装砲みたいなウサギを連れてるロングの子が列車に乗っているがこれはまた別の話…なのです!社長は夕張が好きです。

箕島県

中央線
桜川中央駅を起点としている循環線。簡単にいうと山手線。

 

学園都市線
桜川中央駅~梶間駅までを結ぶ路線。名前通り学校や研究所などが多くある地域にある。終点駅周辺は警備が厳しめの区画になっている。能力者や魔術師は多分いませんのでご安心ください。

 

桜川本線
鳥丘県桜川瀬田駅~箕島県末端区間までを結ぶ路線。詳細は鳥丘県側の説明を参照してください。

 

鎮守府線
鳥丘県春風駅~箕島県櫻川鎮守府前駅までを結ぶ路線。詳細は鳥丘県側の説明を参照してください。

 

スカーレットライン
鳥丘県と箕島県を南から東に結ぶ標準軌の高速線。一部、在来線と併走する。

 

オーシャンライン
箕島県を西から北に結ぶ標準軌の高速線。もともと国鉄の新幹線計画で使われなくなった線路を買収したため、桜川鉄道で唯一20m以上の長さの車輌が走っている

 

走行車両

営業用車

電車は基本的に1000より上の数字、気動車はそれより下の数字、電車兼気動車は型番の頭に W がつく。

 

・1000型
2両固定編成の車輌。歴史から消し去られた。

・1200型
2019-12-18_20.36.41.png
基本3両編成の電車。通勤電車として使われる汎用型、ごくごく普通の車輌。時々二両増結して走っている。

・1500型
2019-12-18_20.39.52.png
快速などで運用できる性能の高い車輌。元京急2000系。成立車輌製。

・1600型
2019-12-18_20.33.41.png
箕島~鳥丘間で普通、快速での運用。製造はNITSグループ傘下AzulBrave社。2ドア4両編成。

・W500型
現在のSanes社、NITS社と共同で開発をしている。

・SC801系
スカーレットライン専用の車両。製造はNITSグループ傘下AzulBrave社。
2020-03-12_18.31.47.png

事業用車

・980型
ST980-1事業用電気機関車 - ST980-2検測車 - ST980-3事業用貨車 - ST980-4作業車の四編成からなる。

・912型
ST1200型の初期車を必殺魔改造してできた車輌。

動画状況

桜川鉄道開発記

ニコニコ動画はこちらから
・Part1 https://www.youtube.com/watch?v=oFccwEJXAVs
・Part2 今作ってるヨ!

その他

ホームページ
公式Twitter