緑咲電鉄

Last-modified: 2021-08-11 (水) 14:14:53

会社ロゴ

目次

 

当社リンク

 

会社情報

緑咲電鉄は、緑咲、南西高間を結ぶ役8kmの路線で、現在延伸計画もされている。

基本情報

社名
 緑咲電鉄

 

代表者名
 西高
 

 

設立
 2020年5月18日

 

本社所在地
 緑咲県緑咲市

 

駅数
 21

 

路線数
 5

 

事業計画

延伸計画中

  • 近隣の都市圏に路線を延ばし、利便性を向上させる。:現在2駅完成
  • 他社との直通運転を行う。:現在4路線ぐらい
     

運行情報

本線全線運転運転
動物園線全線平常運転
緑咲神宮線路線制作中
港咲線路線制作中
緑咲モノレール路線制作中
 

路線図

車両

現在の車両
M500系(本線)

緑咲電鉄最古の車両。抵抗制御

M600系(本線)

M500系では足りなかったため、増やすために製造された車両。シーメンスGTO

M1000系(本線)

一番多く製造された車両。三菱IGBT-VVVF

M1500系(緑咲モノレール)

緑咲電鉄のモノレール用に作られた車両。日立IGBT-VVVF

M1600系(動物園線)

動物園線用のために作られた車両。日立IGBT-VVVF

M1700系(本線)

延伸区間用に作られた車両。一応本線でも活躍している。東芝PMSM

M2000系(本線)

緑咲電鉄の新型車両。東芝IGBT-VVVF

M2500系(緑咲神宮線)

緑咲神宮などに行く人のために、4両で作られた車両。日立IGBT-VVVF(初期)