おみネット/季節臨時列車

Last-modified: 2021-07-18 (日) 01:11:02

このページでは双海新都市鉄道CTSくろしお鉄道碩田市交通局の全線、及び八洲旅客鉄道の丹宝本線を走る季節の臨時列車を紹介しています。定期運転している列車は各会社のページからご覧ください。

春の臨時列車

詳細が決まるまでお待ち下さい。

夏の臨時列車

特急スターマインはまゆう

臨時特急スターマインはまゆう
Starmine Hamayu Limited Express
運行会社八洲旅客鉄道
CTSくろしお鉄道
双海新都市鉄道
運行区間奥府~本双海間
使用車両381系
運行開始動画

概要

スターマインはまゆうは、奥府周辺で実施される「遠訪湖祭湖上花火大会」に併せて運転される八洲旅客鉄道の奥府駅から双海新都市鉄道の本双海駅までを結ぶ臨時特急列車である。車両は八洲旅客鉄道・双海新都市鉄道・CTSくろしお鉄道・妙見電鉄の381系電車。八洲・双鉄・くろ鉄の381系は6両編成(特急はまゆうに使用される編成)で全区間を運転する。奥府~新麻野黒間は妙見電鉄より貸し出しされる4両の編成(妙見特急もくれんに使用される編成)を増結して運転している。全席指定で運転され、1号車はグリーン車指定席。年に1度だけ、381系電車が大倉以北で運転される運行例かつ妙見電鉄の車両が八洲旅客鉄道、その先を走行する唯一の例である。

列車編成

停車駅

本双海―あまみ新港―初浦―蠣原―中木―新麻野黒―臼津―碩田―北浜―速吸港口―柳田浦―豊州大津―大倉―秋津―奥府

2019年のプレスリリース

file双鉄プレス遠訪花火.pdf

特急こうみ花火

臨時特急こうみ花火
Koumi Hanabi Limited Express
運行会社さくら栄急電鉄
八洲旅客鉄道
CTSくろしお鉄道
双海新都市鉄道
運行区間高速額川~本双海間
使用車両287系または681/683系
運行開始動画

概要

こうみ花火は神海島(栄都)で実施される「神海島観光花火大会」に併せて運転されるさくら栄急電鉄の高速額川駅から双海新都市鉄道の本双海駅までを結ぶ臨時特急列車である。例年2往復が設定され、1往復ずつで使用車両が異なる。双海新都市鉄道の287系電車(特急すいせんに使用される編成。8両編成を組成するため、3+3+2両で運転される 2両編成はこの臨時列車運転の際に3両組成の編成から中間車1両を抜き取って運用に入る)とさくら栄急電鉄の681系/683系電車(特急みやび・eみやびに使用される車両)が用いられる。何れも通常は乗り入れない路線へ入る運用となっている。(287系は原則双鉄線内のみの運転、681/683系は原則栄急・高鉄線内のみの運転)全車指定席での運転で、グリーン車指定席の連結もある。栄急側の終点、高速額川駅は折返しができないため、宝殿空港駅まで/から回送される。

列車編成

停車駅

本双海―あまみ新港―初浦―蠣原―中木―新麻野黒―臼津―碩田―北浜―速吸港口―豊州大津―大倉―秋津―奥府―山州小渕―古鷹―加古―崎原―栄都口―曽空―高速額川

2019年のプレスリリース

file双鉄プレス神海花火.pdf

寝台特急ファイヤークラッカー

臨時寝台特急ファイヤークラッカー
Fire Cracker Limited Express
運行会社二原高速鉄道
八洲旅客鉄道
CTSくろしお鉄道
双海新都市鉄道
運行区間百内~本双海間
使用車両583系
運行開始動画

概要

ファイヤークラッカーは、例年8月12・13日に実施される「百内(ももうち)祇園祭」・「百内祇園祭大花火大会」に併せて運転される臨時寝台特急列車。使用車両はみかづき水星でも使用されている583系8両編成。百内行きは両日ともに夜行列車、本双海行きは花火大会の無い12日は昼行列車、花火大会開催の13日は夜行列車で運転される臨時列車のため高鉄線内での停車駅は無く、百内を出ると途中秋津まで乗降不可。

停車駅

本双海―あまみ新港―初浦―蠣原―新麻野黒―臼津―碩田―北浜―豊州大津―大倉―秋津―百内

秋の臨時列車

詳細が決まるまでお待ち下さい。

冬の臨時列車

詳細が決まるまでお待ち下さい。