PPSSPP

Last-modified: 2021-02-10 (水) 14:26:26

PPSSPPは、Windows、Android、Mac OS X、Linux、iOSなどいろいろなOSに対応しているPSPエミュレーターです。
Wii/GCエミュのDolphinの開発者と同じ作者によって作られています。

Ver更新日製作者言語オンライン日本語対応ジョイパッド使用言語ソースコード
1.112021/02/07Henrik他多言語C++公開

最新のGitバージョンでは軽快に動くソフトも増え、タイトル表示まで進められないソフトはだいぶ少なくなってきました。
また、最新のGitバージョンではMPEG動画の再生とATRAC3+等の音の再現に対応しています。
v0.9.7~v0.9.9.1はVisual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージをインストールしないと起動しません。v1.0から不要になりました。


本体

 公式サイト
 ダウンロード
 Automated PPSSPP builds (Git version)(Win32bit、64bit、Android)
 EmuCR PPSSPP Git (Win32bit、64bit、Android)
 ソースコード

Free(無料)版とGold(有料)版の違いについて

現在の所、機能的な違いは全くありません。
PPSSPP開発チームを応援したい人が、ドネーションウェア(カンパウェア)のように金額を選んで支払うだけの意味合いです。

使い方

Windowsでは起動にOpen GL 2.1以上に対応したGPUとドライバー、Visual C++ 2013(v0.9.7~v0.9.9.1のみ)、DirectXのランタイムがインストールされていることが必要です。

上記からPPSSPPをダウンロードしたら、7-zipなどを使って任意の場所に解凍します。
解凍したらppssppフォルダに入っているPPSSPPWindows.exeをクリックして起動します。

設定はv1.4.0をもとに説明しています


初期設定

OSの言語設定を読み込むようになり最初の起動時から日本語になり、音声を鳴らすのにもプラグインが必要なくなったので
決定ボタンとボタン配置を設定するだけでよくなりました。
なおボタンの配置は初期設定では海外仕様の配置なので○と×を入れ替えてください。
設定 > システム > 決定ボタンを Oボタン で決定ボタンが日本仕様になります。


ファイルの読み込み

左上のFileタブからのロード...や画面内のロード...からPSPのイメージファイルなどを選択します。
画面にファイルをドラッグ&ドロップでも起動します
iso/cso、elfなどに対応しています。

Androidでは公式マーケット以外からインストールする場合、「設定」から、「提供元不明のアプリのインストールを許可する」にチェックしておくことが必要です。
また、ダウンロードする場所を変えると、署名が違い、アップデートができなくなることがあります。一度前のをアンインストールしてからインストールしてください。
DolphinブラウザなどではAutomated PPSSPP buildsからのダウンロードができないのでChromeを使いましょう。
インストールしたら右上のLoad...を選択し、予めSD等にコピーしておいたPSPのイメージファイルなどを選択します。


フォントについて

デフォルトのフォントだと一部ソフトでテキストが奇妙な表示になることがあります。
表示自体は正常でも、本来より細かったりする場合があります。
その場合、手元のPSPのflash0から抜くかこちらからダウンロードしたフォントを assets\flash0\font\ にコピー・上書きすると改善されるかもしれません。

Androidの場合は PSP/flash0/font/ にコピーをしてください。
フォルダがなければ新しいフォルダを作成する必要があります。
コピー後、ステートからロードをしてしまうと正常に反映されませんので、通常の方法でゲームを開始してください。
また、コピーしてもフォントが変わらない現象が報告されています。
その場合は作成したfontフォルダを削除し、flash0にfontフォルダごとコピーすると改善される場合があります。


マルチスレッドCPU/GPU

ONにするとフォントの文字化けや文字が一瞬正常に表示されない現象が解消されます。(ソールトリガーなど)
ただしOFFにしないといくつかのタイトルではムービー等が再生されずフリーズを起こします。
用途によって使い分けるのが最良です。


メニュー (ショートカットキー)

  • ファイル
    • ロード...
    • ディレクトリを開く...
    • MS:/PSP/GAMEを開く...
    • メモリースティックを開く
    • セーブステートのスロット (F3)
    • ステートをロードする (F4)
    • ステートをセーブする (F2)
    • ステートファイルをロードする...
    • ステートファイルをセーブする...
    • Record
    • 終了 (Alt+F4)
  • エミュレーション
    • 一時停止 (F8)
    • 停止 (Ctrl+W)
    • リセットする (Ctrl+B)
    • UMDを交換する (Ctrl+U)
    • 画面の向きを表示
  • デバッグ
    • Mapファイルをロードする...
    • Mapファイルをセーブする...
    • .symファイルをロードする...
    • .symファイルをセーブする...
    • シンボルテーブルをリセットする
    • 次のフレームをダンプする
    • スクリーンショットを撮る (F12)
    • デバッグ情報を表示する
    • 不正な読み書きを無視する
    • ロードして実行する
    • 逆アセンブル... (Ctrl+D)
    • GEデバッガ... (Ctrl+G)
    • ファイルを展開する...
    • ログコンソール (Ctrl+L)
    • メモリビュー... (Ctrl+M)
  • ゲームの設定
    • PPSSPPを常に前面に表示する
    • 非フォーカス時は一時停止する
    • Windowsキーを無視する
    • 言語...
    • キーの割り当て...
    • レイアウトエディタを表示...
    • 詳細設定
    • フルスクリーン (Alt+Return,F11)
    • VSync
    • ポストプロセッシングシェーダ
    • レンダリング解像度 (Ctrl+1)
    • ウインドウサイズ
    • バックエンド
    • レンダリングモード
    • フレームスキップ (F7)
    • 画面スケールのフィルタ
    • テクスチャフィルタリング
    • ハードウェアT&L
    • 頂点キャッシュ
    • FPSを表示する
    • 音声を有効にする
    • チートを有効にする (Ctrl+T)
  • ヘルプ
    • www.ppsspp.org
    • PPSSPPフォーラム
    • Gold版を購入
    • GitHub
    • PPSSPPについて...

設定

v1.5.4の設定です
設定>詳細設定

グラフィックス

  • レンダリングモード
    • バックエンド
      • OpenGL
      • Direct3D 9
      • Direct3D 11
    • モード  
      • バッファ効果をスキップ(高速化)
      • バッファレンダリング
      • メモリに読み込む(CPU,不具合あり)
      • メモリに読み込む(GPU,不具合あり)
    • ブロック転送の効果をシュミレートする
  • フレームレート制御
    • フレームスキップ
      • オフ
      • 1~8
    • オートフレームスキップ
    • 60FPS以下に抑える(God of Warを高速化)
    • 切り替え時の速度
      • 0~1000
  • 機能
    • ポストプロセッシングシェーダ
      • オフ
      • FXAAアンチエイリアス・CRTスキャンライン・ナチュラルカラー・Vignette・グレースケール・Bloom・Sharpen・色反転・スキャンライン(CRT)・アニメ調・4xHQ GLSL・AA-Color・Spline36アップスケーラ
    • フルスクリーン
    • 画面のレイアウトを編集する
    • 没入モード(Android)
  • パフォーマンス
    • レンダリング解像度
      • Auto(1:1)
      • 1xPSP~10xPSP
    • 画面解像度(HWスケーラー)(Android)
      • 機器のネイティブ解像度
      • 自動(レンダリング解像度と同じ)
      • 1xPSP~10xPSP
    • VSync
    • ミップマッピング
    • ハードウェアT&L
    • ソフトウェアスキニング
    • 頂点キャッシュ
    • テクスチャキャッシュを遅延させる(高速化)
    • 変更したテクスチャを保持する(低速化する場合がある)
    • 重いエフェクトを無効にする(高速化)
    • スプライト/ベジェ曲線の品質
      • 低・中・高
    • ハードウェアテッセレーション(実験的)
  • テクスチャスケーリング
    • アップスケールレベル
      • 自動
      • オフ
      • 2x~5x
    • アップスケールの種類
      • xBRZ 画像・Hybrid・Bicubic・Hybrid+Bicubic
    • ポスタライズを解除する
  • テクスチャフィルタリング
    • 異方性フィルタリング
      • オフ
      • 2x・4x・8x・16x
    • テクスチャフィルタ
      • 自動
      • Nearest・Linear・Linear on FMV
    • 画像スケーリングのフィルタ
      • Linear・Nearest
  • Google Cardboard settings(Android)
    • Enable Google Cardboard
    • Screen size(in % of the viewport)
      • 30~100
    • X shift(in % of the blank space)
      • -100~100
    • Y shift(in % of the blank space)
      • -100~100
  • ハックの設定(不具合あり)
    • タイマーをハックする
    • ステンシルテストを無効
    • 常にデプスバッファを書き込む
    • エフェクトを低解像度にする(生成物を減らす)
      • オフ
      • Safe・Balanced・Aggressive
  • オーバレイ情報
    • FPSを表示する
      • なし
      • 速度・FPS・両方
    • デバッグ情報を表示する
  • デバッグ
    • 次のフレームをログにダンプする
    • ソフトウェアレンダリング(試験的)

オーディオ

  • オーディオ
    • 音声を有効にする
    • 全体のボリューム
      • 0~10
    • 音声のバックエンド(再起動が必要です)
      • 自動
      • DSound(互換性重視)・WASAPI(高速)
    • 音声レイテンシ
      • 低・中・高
    • Bluetooth-friendly buffer(slower)(Android)
  • 音声のハック
    • 音声速度をハックする(Dead Or Aliveなど)

コントロール

  • コントロール
    • キーの割り当て
    • 非フォーカス時はゲームパッドを無効にする
    • 触覚フィードバック(振動)(Android)
    • Tilt Input Type(Android)
      • なし(無効)・アナログパッド・方向キー・PSPアクションボタン・L/R trigger buttons
    • 傾きをカスタマイズする(Android)
  • 画面にタッチ用のコントローラを表示する
    • 画面にタッチ用のコントローラを表示する
    • カスタムレイアウト...
    • アナログパッドを自動でセンタリングする
    • コンボキーを設定する
    • 一時停止ボタンを表示する
    • 方向キーの斜め入力を無効にする(4方向タッチ)
    • ボタンの透明度
      • 0~100
    • 指定した秒数後に自動でボタンを隠す
      • 0~300
    • ボタンのスタイル
      • クラシック・薄い輪郭線
  • Dinputのアナログパッド設定
    • Deadzone radius
      • 0.00~1.00
    • Analog mapper mode
    • Analog mapper low-end(inverse deadzone)
      • 0.00~1.00
    • Analog mapper high-end(axis sensitivity)
      • 0.00~10.00
  • Xinputのアナログパッド設定
    • Deadzone radius
      • 0.00~1.00
    • Analog mapper mode
    • Analog mapper low-end(inverse deadzone)
      • 0.00~1.00
    • Analog mapper high-end(axis sensitivity)
      • 0.00~10.00
  • キーボード
    • Windowsキーを無効
    • アナログパッドのリミッタ
      • 0.00~1.00

ネットワーク

  • アドホックマルチプレイのフォーラムに行く
  • ネットワーク/WLANを有効にする(ベータ版)
  • PROアドホックサーバのIPアドレスを変更する
  • 内蔵PROアドホックサーバーを有効にする
  • MACアドレスを変更する
  • Port offser(0=PSP compatibility)
    • 0~60000

ツール

  • セーブデータの管理
    • セーブデータ
    • セーブステート
  • システム情報
    • Device Info
    • Build Config
    • CPU Extensions
    • OGL Extensions(Android)
    • EGL Extensions(Android)
  • 開発者向けツール
    • 全般
      • CPU Core
      • 開発者向けメニューを表示する
      • 復号したEBOOT.BINを起動時にダンプする
      • CPUテストを実行する
      • デバッグログを有効にする
      • Log Dropped Frame Statistics
      • ログチャンネル
    • 言語
      • 言語のiniをロードする
      • 言語のiniをセーブする
    • Texture Replacement
      • Sve new textures
      • Replace textures
      • Create/Open textures.ini file for current game
  • Remote disc streaming

システム

  • UI言語
    • 言語
  • PPSSPPチームを支援する
    • 互換性をコミニュティに報告する
  • エミュレーション
    • メモリアクセスを高速化する(不安定)
    • マルチスレッドにする(試験的)
    • 入出力をマルチスレッドにする
    • 入出力のタイミング
      • 高速(遅いストレージだとラグあり)・ホスト(バグあり,ラグは少ない)・UMDの遅延をシュミレートする
    • リアルクロックへの同期を強制する(低速化,ラグ減少)
    • CPUクロックを変更(不安定)(0=デフォルト)
      • 0~1000
    • スナップショットの巻き戻し頻度(0=オフ,メモリ増)
      • 0~1800
    • メモリースティックを挿入する
  • 全般
    • 画面の向き(Android)
      • 自動・横・縦・横(反転)・縦(反転)
    • 新バージョンのPPSSPPをチェックする
    • 履歴を削除する
    • 設定をデフォルトに戻す
    • 最新のセーブステートを自動的にロードする
    • Windowsネイティブキーボードを有効にする
    • パスをMy Documentsに保存する
    • パスをinstalled.txtに保存する
    • ISO全体をキャッシュする
  • チート
    • チートを有効にする
  • PSP設定
    • PSPのモデル
      • PSP-1000・PSP-2000/3000
    • ニックネームを変更する
    • スクリーンショットをPNG形式で保存する
    • 画面を記録する
    • ロスレスビデオコーデックを使う(FFV1)
    • 音を記録する
    • Reset Recording on Save/Load State
    • サマータイム
    • 日付の形式
      • 年/月/日・月/日/年・日/月/年
    • 時刻の形式
      • 12時間・24時間
    • 決定ボタン
      • ○ボタンで決定する・×ボタンで決定する

ソフトが起動しない・先に進まない・動作が重い・画面が一部表示されない&おかしい&真っ黒等に試すこと

settingの項目はbuild versionによって追加されたり削除されたり統合されたり、あるいは表記が変更されたりするのでそれを念頭に置く事。

・ppsspp.iniを消す&SAVE DATAフォルダの中を消す(大幅な仕様変更があった場合など)
・JPCSPで作ったSAVE DATAをPPSSPPのSAVE DATAフォルダに移動する(AKB1/149など)
・Settings > Graphics > Read Framebuffers To Memory(CPU)&(GPU)にチェックを入れる(ダンガンロンパなど)
・Settings > Graphics > Rendering Modeと Hardware Transformのオンオフを組み合わせてみる
・Soundをオフにする
・Frame Skippingをオンにしてみる
・ムービーを決定ボタンやスタートで飛ばさない、もしくは飛ばす
・CPUクロックをdefaultに戻す
・マルチスレッドをオフにする。(The 3rd Birthdayなど)
・オートセーブ(システムデータセーブ)がきちんと出来ない場合、ゲームデータセーブしてからだとオートセーブが出来る(v0.9.1)
・UMD吸出しに失敗している可能性を疑う。Filer等で一度SDなどにISOを書き出し、PCに転送すると上手くいくことがある。

1.0以降の正式バージョンでは、ゲームごとに設定を保存出来るようになった。

・ゲームを読み込ませ、PC版の場合はESCキーを押しステートセーブ画面を出す。
(一度読み込んでサムネイルが表示されているソフトならば右クリックでOK)
・右側のメニューから設定に入り、各種設定を行う。
・ステートセーブ画面に戻り「ゲームコンフィグを作成」をクリック。
・ゲームサムネイルに歯車のマークが付けば成功。
・グラフィックBackendやレンダリングモードを切り替えなければならないゲームに対して特に有効。

日本語入力について

名前等を入力するときにセレクトボタンを押すごとに英数 > ひらがな > カタカナ > その他と切り替わります
ppsspp.iniの[SystemParam] BypassOSKWithKeyboard = False → Trueで漢字入力対応。
PPSSPP起動中にppsspp.iniの設定を変更しても、次回起動時に設定前の状態に戻ります。

  • 名前入力時に漢字入力用のポップアップが出ない場合、大抵の場合BypassOSKWithKeyboardがFalseに戻っています。
    まずPPSSPPを終了してからBypassOSKWithKeyboardをTrueにしてください。
  • 設定のWindowsネイティブキーボードを有効にするにチェックを入れる事でも可能になりました。

セーブデータの復号/暗号化

セーブデータは初期の状態では暗号化された状態で作成されていますのでセーブデータを直接改造することができませんが
memstick>PSP>SYSTEM内のppsspp.iniをメモ帳などで開き[EncryptSave = True]のTrueをFalseに変えれば復号化した状態(暗号化されていない状態)でセーブデータが作られるようになります。

チート

CWCheat形式のコードに対応しています。
「ゲームの設定」→「チートを有効にする」にチェックを入れることで使えるようになります。

 

チートを有効にした状態で一度でもゲームを起動すると、memstick\PSP\Cheatsに<ゲームID>.iniというファイルが生成されます。
(ゲームIDはPPSSPPにゲームを読み込ませたときにタイトルバーに出ている ULJM01234 といったものです)
その中にCWCheatのコードを記述してください。
コード名に日本語も使用可能ですが、文字エンコードをUTF-8にしないと文字化けするので注意。
v0.9.5以降では、フォルダのパスに日本語が入っているとチートを認識してくれないので、PPSSPPのフォルダをCドライブ直下に置くといった設定が必要です

 

プログラムコードの場合、Jitコンパイラの影響か有効にしてから実際に効果が出るまでタイムラグが発生することがあります。
その場合はステートセーブ/ロードをすることで効果が現れます。


v0.9.6.2ではCWCheat用のcheat.dbからインポートできるようになりました。
まずcheat.dbを memstick\PSP\Cheats フォルダの中に配置。
PPSSPPの設定→システムからチートを有効にしてゲームを起動。
その後、ESCのメニュー→右のチートメニューを開いて「cheat.dbからインポートする」を選ぶと一旦メニュー画面に戻されます。
その後再びチートメニューを開くと、正常にインポートされていればコードが表示されているはずです。

データ(メディア)インストールについて

エミュレータ側で.isoイメージを読み込んでいるため、UMD読み込みのPSP実機のような速度向上の恩恵はありません。
読み込み速度はHDD、SSD等のストレージ速度依存となり、インストール分の容量を圧迫するだけです。
ただし、一部タイトルでインストールを行う事により動作が正常になるケースも報告されているので、適切に行って下さい。

再現性の向上について

今までと違い様々な項目が追加されました。
起動しない場合を除いて設定を変更することで速度アップ・再現性の向上が見込めますので、まずは試してみてください。

体験版、DLC、ダウンロード専売タイトル、ゲームアーカイブスについて

  • 体験版について
    体験版はPPSSPPの動作検証に使用したり、体験版をプレイする事によって製品版でゲーム上の特典が得られたりします。
  • 体験版のダウンロード先

PSP DEMO CENTER
http://www.pspdemocenter.com/

zipファイルをDL後、PPSSPPにドラッグ&ドロップでインストール出来ます。

  • Media Goでダウンロードする体験版の場合
    拡張子.pkgのファイルがダウンロードされると思いますが、PPSSPPでは.pkgファイルはサポートされていないので、下記のツールで解凍する必要があります。

PSNPKGDecryptor&Extractor
https://sites.google.com/site/theleecherman/psnpkgdecryptor-extractor

解凍後、isoファイルをPPSSPPに読み込ませて下さい。

  • DLCについて
    PSP実機のメモリスティックにDLCファイルがある場合は、x:\ppsspp\memstick\PSP\GAME(xはユニーク)等にコピー。
    Media Goからのダウンロードであれば、.pkgファイルを上記ツールで解凍後、x:\ppsspp\memstick\PSP\GAME等にコピー。

上記操作で、DLCは使用可能になります。

  • ダウンロード専売タイトルについて
    上記の体験版、DLCのファイル操作と同様に行えばプレイ可能です。
  • ゲームアーカイブスについて
    現在の所、PPSSPPにはPS1のエミュレーション機能がないため、PPSSPP上では全く使用する事が出来ません。
    将来的にも、サポートされる可能性は非常に低いと思われます。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • MHP2ndGのアドホック通信で -- 2020-10-03 (土) 07:07:28
  • PPSSPP Ver.1.10.3(最新)にて、設定のWindowsネイティブキーボードを有効にしているのに、日本語入力できません。『MHP3rd』で装備セットやオトモの名前で漢字が使いたいのですが……。 -- 2020-10-24 (土) 05:34:29
    • もう一点、フォントについて。デフォルトでも、ダウンロードして入れ替えたものでも、『MHP3rd』では《二重山括弧》が表示されないようです。『_』に置き換えられてしまいますし、また一文字一文字の間の空白も空いているように見えます。 -- 2020-10-24 (土) 06:39:39
      • こっちではデフォルトで二重山括弧は表示されるけどよく分からない(オトモ雇うところ)。文字の隙間が気になるなら文字の大きさを変えてみれば直るかも?ちなみにv1.10.3-1003使ってる。 -- 2020-10-25 (日) 08:44:52
      • 解決しました! v1.10.3-1003ってなんだろう? と思って、このページの上部から『Automated PPSSPP builds』のリンクを辿って、最新のWindows 64bit Buildである1085で上書きしたところ、『MHP3rd』起動直後のメッセージからして変化があり、ロードしたデータでも武具屋やネコバァの台詞、情報誌などで《二重山括弧》が表示され、気になっていた『刃』の文字(一部の太刀の説明文)も正常になっていました。文字サイズも大きくなり、文字間の隙間もなくなって読みやすくなりましたが、文字サイズってどこかで変更できるのでしょうか? -- 2020-11-02 (月) 05:37:28
      • 葉2 PPSSPP側では無理だからフォントファイル自体の大きさを変えるしかないはず。 -- 2020-11-02 (月) 22:16:46
      • なるほど、ありがとうございます。ちょっとPSPでプレイした当時の記憶が曖昧なのですが、まあポータブル版だから高解像度化しても文字サイズが大きく感じすぎますが、以前の怪しい中華系フォントよりは格段に見やすくなり、満足しています。Automated Buildsでは新しい機能も実装されつつあるようで, -- 2020-11-02 (月) 23:45:15
    • ちなみにWindows版(x64)、非パッチですが、上述以外では特に目立った不具合もなく、☆1クエストなどは問題なくクリアできました。 -- 2020-10-24 (土) 06:44:43
    • 漢字入力はフルスクリーンモードではできないようです。ウィンドウモードであればインプットダイアログが表示され、オトモの名前を変更することができました。Windows版では、いちいちフルスクリーンモードを解除しないと漢字入力をすることができないのでしょうか? -- 2020-10-25 (日) 07:44:33
  • 『iso全体をキャッシュする』を有効にするとフレームレートが安定しやすくなるようですし、未実装っぽい『フレームを複製して60Hzでレンダリングする』が実装されれば、30Hz(fps)固定のゲームでもフレームレートが向上しそうで楽しみです。 -- 2020-11-02 (月) 23:58:28
  • ver1.10の時R-typeタクティクス2で主人公や部隊名変えようとしたら、名前の一部にうどんが入っちゃいました。しかもフォースデバイスにまで。なにこのうどん推し。 -- 2020-11-13 (金) 22:05:03
  • 最新版でDLC(正規購入)が使えなくなったのですが(以前は使えてました)AndroidでDLCの仕様変わっちゃったりしましたかね? -- 2020-12-14 (月) 12:54:23
    • 特に変更は無かったはずだけど、読み込みエラーならDLCが壊れているかppsspp側のエラーか。そもそも読み込まないのならDLCを置く場所が違うかファイル名が違うか。 -- 2020-12-14 (月) 17:16:04
      • 全く同じままのものでフォルダ置く場所も色々変えたんですが……Ver古いのにしても駄目でした;;ありがとうございます;; -- 2020-12-19 (土) 18:11:31
  • 最新verで俺の屍を超えてゆけをやっていて、中盤に差しかりセーブができなくなったのでwikiなどをみて入出力のタイミングを変えるところでマルチスレッドをオフにするって書いてあるのですが、そのような表記がないのでどうすればいいのかよくわからないです… -- 2020-12-24 (木) 22:44:39
    • v1.9.3では「入出力をマルチスレッドにする」だったのが、v1.10.3では「I/O on thread (experimental)」と翻訳が変更された(未翻訳になった?)みたいです。それぞれバージョンの設定画面で、言語を「English」に変更して比較すると、バージョンごとの翻訳の差異が分かりやすいですよ。 -- 2020-12-25 (金) 05:07:30
  • あそこか!無事に発見してセーブできるようになりました!本当にありがとうございます!! -- 2020-12-25 (金) 14:48:14
  • dualshock4でキーの割り当てを行うと左パッドの上下の出力が逆転してしまうんですけど、この場合はどう対処したらいいのでしょうか。コントローラーは複数台試しましたが、出力はうまくいっているのでおそらくアプリケーション側の問題だと予想しています。 -- 2021-01-12 (火) 14:45:01
    • ちなみにキーボード -- 2021-01-12 (火) 14:48:13
      • ちなみにキーボードからの入出力は正常に動作していてdualshockの左アナログパッドの操作だけおかしくなっています。 -- 2021-01-12 (火) 14:49:42
      • 使用しているのはWINDOWS版です -- 2021-01-12 (火) 14:50:44
  • PPSSPP にて、カスタムサウンドトラックを使用するにはどうすればいいですか? -- 2021-01-15 (金) 17:58:52
  • Androidのフォント変更について書いてみた。加筆修正あれば頼む -- 2021-02-10 (水) 14:26:23
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

コメントの前の○をチェックするとその相手にレスできます。