Top > Vol15


Vol15

Last-modified: 2008-04-26 (土) 16:17:40
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ 
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |
            |  (´」=/./=「`) |      |
            |    || `       |      |

布告までの間、簡単にPT行動の基本を説明しておく。 
 
 
      _
    /   ̄ヽ
   .|  ノ ハ))) PTは自軍の味方と最大5人まで組むことができる。
    ||(|-□-□ PTを組むことによってマップで組んだ味方の位置と
     ゝ. _-ノ♭ 各自の残りHPを確認することができるようになる。
    ( \V>.「 |
     | ∥二|/ 
    .. |_二((◯ 
     /_/_|__|.ゝ 
      | .| .|
      |-|-|
     .L _~)~) 
 
 
            __  
         /      \ 
        /\  /    \      
      / (●)  (●)    \    ふむふむ
      |   (__人__)       |    一度も誘われたことないお!
      \  .` ⌒´      /_ 
     //              ヽ /\ 
    / /        _     /  / 
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/| 
    | もらってやってお!  | / 
    |__________|/ 
 
 
      _
    /   ̄ヽ
   .|  ノ ハ))) PTを組むことの最大のメリットはPTを組んだ味方の
    ||(|-□-□  名前を表示する色が変化するということ。
     ゝ. _-ノ♭ 混戦になりやすい前線において味方の位置を瞬時に
    ( \V>.「 | 把握できるということはとても大きいアドバンテージになる。
     | ∥二|/
    .. |_二((◯
     /_/_|__|.ゝ
      | .| .|
      |-|-|
     .L _~)~) 
 
 
     ____
   /      \  
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  色が変わるだけでそんな違うもんなのかお?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |
            |  (´」=/./=「`) |      |
            |    || `       |      |
全く違う。
「味方の位置が把握できている」というのは連携において最も重要な事項。
混戦時はどうしても視野は狭くなる。
狭くなった視野をサポートする意味でも前線に行く際はPTを組むといいだろう。 
 
 
            __  
         /      \ 
        /\  /    \      
      / (●)  (●)    \    ふむふむ
      |   (__人__)       |  やる夫は味方と間違って敵に近寄って
      \  .` ⌒´      /_  死ぬことが多いから助かるお。
     //              ヽ /\ 
    / /        _     /  / 
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/| 
    | もらってやってお!  | / 
    |__________|/ 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |
            |  (´」=/./=「`) |      |
            |    || `       |      |

例えば近くに氷皿がいた場合、ジャベリンで敵を凍結することが多いと思う。
ジャベリンの凍結時間は8秒。この時間にバッシュを決めるのが理想的だが
8秒は長いようで短い。片手があと一歩でバッシュできる場面で
解凍してしまうといった場面は誰でも経験していることだろう。 
 
 
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\   あるある~だお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      | やる夫が3HITコンボやろうとしてるのに 
  \     `ー'     /  氷が割れちゃうんだお。 
 
 
<居酒屋;やらない夫>

       。 ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ   …ビキビキ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }      
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く  カ ス は 黙 っ て ろ   
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}       
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ        
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、___
  人__/ーー 个-、__,,.. ‐'´ 〃;`-ー-ー\
. /::::::::::::|/::::::::::::、       〃 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |
            |  (´」=/./=「`) |      |
            |    || `       |      |

しかし、その場面で氷皿の位置さえ把握できていたのであれば
”凍結時間内でバッシュに行ける距離”に片手は位置取りできるだろう。
例えバッシュが間に合わなかったとしても解凍寸前にアイスボルトで
鈍足を付与することができれば結果としてバッシュできる確立は上がる。 
 
 
<居酒屋;やらない夫>

       。 ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ   …なるほど
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }      
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く   そういうことですか。  
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}       
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ        
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、___
  人__/ーー 个-、__,,.. ‐'´ 〃;`-ー-ー\
. /::::::::::::|/::::::::::::、       〃 
 
 
     ____
   /      \  
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    ?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |
            |  (´」=/./=「`) |      |
            |    || `       |      |

簡単に言ってしまえばPT行動で最優先して欲しいのは氷皿の
位置の把握ということ。 
 
 
      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\    それくらいなら簡単だお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     / 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |
            |  (´」=/./=「`) |      |
            |    || `       |      |

氷皿を視野に入れず好き勝手に動いているプレイヤーには
移動した先に氷像があった場合、それがカレスで凍ったのかジャベで
凍ったのか判断することができない。

その結果、バッシュが間に合うにも関わらず自分でその氷像を割ってしまうことになる。 
 
 
     ____
   /      \  
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    カレスとジャベで何が違うお?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / 
 
 
       。 ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ  おまww
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }      
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}       
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ        
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、___
  人__/ーー 个-、__,,.. ‐'´ 〃;`-ー-ー\
. /::::::::::::|/::::::::::::、       〃 
 
 
      _
    /   ̄ヽ
   .|  ノ ハ))) 
    ||(|-□-□  ジャベリンに比べてカレスは凍結時間が段違いに長い。
     ゝ. _-ノ♭ 
    ( \V>.「 | つまりカレスで凍らせることができれば、
     | ∥二|/ 
    .. |_二((◯ 片手がバッシュに行けるチャンスが増えるということ。
     /_/_|__|.ゝ 
      | .| .|
      |-|-|
     .L _~)~) 
 
 
     ____
   /      \  
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    なるほど!
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |
            |  (´」=/./=「`) |      |
            |    || `       |      |

前線において全ての情報を視野に入れることは難しい。
だが少なくとも氷皿の位置だけでも把握しておくことによって
このゲームの最大のキルパターンである「凍結→バッシュ」の
チャンスを潰すことが確実に減らせることができる。 
 
 
                           _,. -─- 、__
                        _,.-'´       `ヽ
                       ‐ァ'´          ヽ
                      /,ィ   , ,. 、   ヽ l    、\
                      '゙ | j ' j. ハ. 、 ヽ ',| | l |`¨
       ,.、               | | HV、ヽ',ヽ、.ト、j |l」,、|
       / /\      __       ヽト N{沙 ` 傍フ| レリ
       / /  \   (‐ェ'`)  _ ,..r─ヽ }、  ' _ `¨_,! ハ
.      / /    \    ̄   f,.   |    ヽ| ` ァニ -' /イ ',
    / /      ゙;.───‐└乞 -'ー──-//l、 /´  |  ・・・。
    / /        /        l.l    |     l.|゙シ'´      |
    ヽ′     /        l.l    |      j/ ,. -_ニ_-、|
     \.    /          l.l   |-─l二ヘ,r',r' ´   ヽ|
       \  /           l.l   |  |   {/       |
         \/         l.l.    |-ー { __,/       ,   |
         ヽ二二二二ニコl、__,. -ー '' ´      /   |
                {-   |           /       |

氷像を割るだけなら誰にでもできること。

”氷像を割ることを待つ”

このゲームで最も差が付くポイントはここ。
これが出来ないプレイヤーはどんなにスコアを出しても
決して周りから評価されないので注意して欲しい。 
 
 
       _________ 
      /     \ 
    /   ⌒  ⌒\ 
   /   ( ⌒)  (⌒)\ 
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i   了解しましたお! 
   ヽ、    `ー '   /   で、氷皿ってどうやって見分けるお?
     /     ┌─┐ 
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ 
     r     ヽ、__)一(_丿 
     ヽ、___   ヽ ヽ  
     と_____ノ_ノ 
 
 
                           _,. -─- 、__
                        _,.-'´       `ヽ
                       ‐ァ'´          ヽ
                      /,ィ   , ,. 、   ヽ l    、\
                      '゙ | j ' j. ハ. 、 ヽ ',| | l |`¨
       ,.、               | | HV、ヽ',ヽ、.ト、j |l」,、|
       / /\      __       ヽト N{沙 ` 傍フ| レリ
       / /  \   (‐ェ'`)  _ ,..r─ヽ }、  ' _ `¨_,! ハ
.      / /    \    ̄   f,.   |    ヽ| ` ァニ -' /イ ',
    / /      ゙;.───‐└乞 -'ー──-//l、 /´  |  ・・・。
    / /        /        l.l    |     l.|゙シ'´      |
    ヽ′     /        l.l    |      j/ ,. -_ニ_-、|
     \.    /          l.l   |-─l二ヘ,r',r' ´   ヽ|
       \  /           l.l   |  |   {/       |
         \/         l.l.    |-ー { __,/       ,   |
         ヽ二二二二ニコl、__,. -ー '' ´      /   |
                {-   |           /       |

自国民のスキル構成はある程度知ってて欲しいが
他国への援軍にいった場合はある程度時間が経過するまでは
味方のスキル構成を知ることができない。

しかしPTを組むことができればその問題も解消できる。
その場合は必ずPT内の職とスキル構成を確認すること。
味方の構成を把握していないのはPTを組んでいないも同然。

今回は私が氷皿を担当させてもらう。
まずは私のキャラクターを見失わないように付いて来て欲しい。 
 
 
            __  
         /      \ 
        /\  /    \      
      / (●)  (●)    \    了解だお!
      |   (__人__)       |  
      \  .` ⌒´      /_  
     //              ヽ /\ 
    / /        _     /  / 
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/| 
    | もらってやってお!  | / 
    |__________|/ 
 
 
                           _,. -─- 、__
                        _,.-'´       `ヽ
                       ‐ァ'´          ヽ
                      /,ィ   , ,. 、   ヽ l    、\
                      '゙ | j ' j. ハ. 、 ヽ ',| | l |`¨
       ,.、               | | HV、ヽ',ヽ、.ト、j |l」,、|
       / /\      __       ヽト N{沙 ` 傍フ| レリ
       / /  \   (‐ェ'`)  _ ,..r─ヽ }、  ' _ `¨_,! ハ
.      / /    \    ̄   f,.   |    ヽ| ` ァニ -' /イ ',
    / /      ゙;.───‐└乞 -'ー──-//l、 /´  |  ・・・。
    / /        /        l.l    |     l.|゙シ'´      |
    ヽ′     /        l.l    |      j/ ,. -_ニ_-、|
     \.    /          l.l   |-─l二ヘ,r',r' ´   ヽ|
       \  /           l.l   |  |   {/       |
         \/         l.l.    |-ー { __,/       ,   |
         ヽ二二二二ニコl、__,. -ー '' ´      /   |
                {-   |           /       |

PT行動を取る上で重要なのが指示を出すプレイヤーの存在。
PTメンバーが個人個人で動く場合はこれに限った話ではないが、
戦場にPTで固まって動く際はリーダーを決めておくのが良策。

指示を出すと言っても前線でチャットを打っている余裕はないので、
基本的な押し引きのタイミングは全てマクロで行う。 
 
 
     ____
   /      \  
  /  ─    ─\ ?
/    (●)  (●) \    
|       (__人__)    |     マクロス・・・?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |
            |  (´」=/./=「`) |      |
            |    || `       |      |

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ちょっと確認させてもらう。

キーボードのYキーを押してみて。 
 
 
            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |   お、押したお!?なんか開いたお?!
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \ 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |
            |  (´」=/./=「`) |      |
            |    || `       |      |

F1~F5まで数字があると思う。

一番上から読み上げてみて。 
 
 
         ____
       /      \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|   え、えーと
     \    u   .` ⌒/  
    ノ           \ 
 
 
       ____
     /⌒  ⌒\     F1 こんにちは
   /( ●)  (●)\    F2 よろしく
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ F3 ありがとう
  |     |r┬-|     |  F4 ごめんなさい
  \      `ー'´     /   F5 さようなら
                                  だお! 
 
 
     ____ 
    / ⌒  ⌒  \ 
  ./( ―) ( ●)  \ 
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ 
  |    ー       .| 
  \          / 
 
 
           __
        ,..::::´:::::::::::::: :`:ヽ、
      ,r´:::::::::::::::::::::::::: : : : :.
     /::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : :',
    了::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : l
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      lィ::::lヘ:へ::|::::::::::::::::::::::::::::::「
     \ト、(ヽ::::|:::::::::::::::::::::::::::rノ
        ヽ´::::|::::::::::::::::_;、::ル′
         ` ‐lイ::::::::::ヽ
              /⌒ヽ、::::ヽ
           |::::::::::::::`¨´!
           |::::::::::::::::::::::|  ・・・・・・。
           |::::::::::::::::::::::|
            ヽ__;:---─ヘ
           ヽ::::::::;、::::l´
               |:::::| |::::|
               |:::::| |::::| 
 
 
      。 ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ   
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }      
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    ちょwおまw 
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}       
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ        
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、___
  人__/ーー 个-、__,,.. ‐'´ 〃;`-ー-ー\
. /::::::::::::|/::::::::::::、       〃 
 
 
         ____
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\    またなんかやっちゃったのかお!?   
    /:::::::::: ( ○)三(○)\    
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  | ________
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ::::::::::u         \ | |          |  
  /:::::::::::::::::      u      | |          |
 |::::::::::::: l  u             | |          |
 ヽ:::::::::::: -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  | 























                           _,. -─- 、__
                        _,.-'´       `ヽ
                       ‐ァ'´          ヽ
                      /,ィ   , ,. 、   ヽ l    、\
                      '゙ | j ' j. ハ. 、 ヽ ',| | l |`¨
       ,.、               | | HV、ヽ',ヽ、.ト、j |l」,、|
       / /\      __       ヽト N{沙 ` 傍フ| レリ
       / /  \   (‐ェ'`)  _ ,..r─ヽ }、  ' _ `¨_,! ハ
.      / /    \    ̄   f,.   |    ヽ| ` ァニ -' /イ ',
    / /      ゙;.───‐└乞 -'ー──-//l、 /´  |  ・・・。
    / /        /        l.l    |     l.|゙シ'´      |
    ヽ′     /        l.l    |      j/ ,. -_ニ_-、|
     \.    /          l.l   |-─l二ヘ,r',r' ´   ヽ|
       \  /           l.l   |  |   {/       |
         \/         l.l.    |-ー { __,/       ,   |
         ヽ二二二二ニコl、__,. -ー '' ´      /   |
                {-   |           /       |

・・・いい。このあいだ説明し忘れた私の落ち度。

マクロとはF1からF5までのファンクションキーを使用し
様々なコマンドをショートカットすることを指す。

Yキーで開いたショートカット設定のウィンドウは最大5ページまで設定でき、
そのままの状態でショートカットの文章を変えることができる。 
 
 
                           _,. -─- 、__
                        _,.-'´       `ヽ
                       ‐ァ'´          ヽ
                      /,ィ   , ,. 、   ヽ l    、\
                      '゙ | j ' j. ハ. 、 ヽ ',| | l |`¨
       ,.、               | | HV、ヽ',ヽ、.ト、j |l」,、|
       / /\      __       ヽト N{沙 ` 傍フ| レリ
       / /  \   (‐ェ'`)  _ ,..r─ヽ }、  ' _ `¨_,! ハ
.      / /    \    ̄   f,.   |    ヽ| ` ァニ -' /イ ',
    / /      ゙;.───‐└乞 -'ー──-//l、 /´  |  ・・・。
    / /        /        l.l    |     l.|゙シ'´      |
    ヽ′     /        l.l    |      j/ ,. -_ニ_-、|
     \.    /          l.l   |-─l二ヘ,r',r' ´   ヽ|
       \  /           l.l   |  |   {/       |
         \/         l.l.    |-ー { __,/       ,   |
         ヽ二二二二ニコl、__,. -ー '' ´      /   |
                {-   |           /       |


とりあえず、以下の文章をコピペしてF1~F5に貼り付けて欲しい。

F1 /eq グランパス
F2 /eq 飛丸
F3 ●<pos>やる夫現在位置HP<hp>●
F4 ●<pos>ハイド注意よろしく●
F5 ●<pos>回復のため下がりますHP<hp>● 
 
 
       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \ Y押して・・・・F1~F5までコピペ・・・と。
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /   やってみましたお。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   || 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |
            |  (´」=/./=「`) |      |
            |    || `       |      |

F1から順番に押してみて。 
 
 
         ____
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\    勝手に武器を持ち替えたお!   
    /:::::::::: ( ○)三(○)\    
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  | ________
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ::::::::::u         \ | |          |  
  /:::::::::::::::::      u      | |          |
 |::::::::::::: l  u             | |          |
 ヽ:::::::::::: -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  | 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |
            |  (´」=/./=「`) |      |
            |    || `       |      |

アイテムウィンドウを開いて武器を持ち替えていたのでは
前線では致命的なロスになる。今後はショートカットを用いて
武器の持ち替えを行って欲しい。

武器の持ち替えの硬直をキャンセルする「持ち替えステップ」
は次の機会に教える。この戦争では持ち替えの硬直を狙われないよう
安全な場所での持ち替えを意識して欲しい。 
 
 
            __  
         /      \ 
        /\  /    \      
      / (●)  (●)    \    ふむふむ
      |   (__人__)       |  ウィンドウ開いてる間に
      \  .` ⌒´      /_  いつの間にか半透明になってる
     //              ヽ /\ ことが多かったから助かるお!
    / /        _     /  / 
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/| 
    | もらってやってお!  | / 
    |__________|/ 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |
            |  (´」=/./=「`) |      |
            |    || `       |      |

F1F2は主に武器持ち替えのためのショートカット。
F3~F5はPT行動を取る上での必要なマクロになるので、
どの文章がどれに対応しているかしっかり覚えておくように。 
 
 
            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \   わかったお!
      |      `-=ニ=-      |
      \      `ー'´     / + 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |
            |  (´」=/./=「`) |      |
            |    || `       |      |

最低限必要なのは以下の三つのマクロ

「現在位置」 「ハイド警告」 「瀕死時の一時離脱」。

PTから孤立した場合や二手に分かれた際は現在位置マクロを、

ハイドを見つけたはいいが暴けなかったり見失った場合はハイド警告マクロを、

瀕死で前線から下がって回復する場合には一時離脱マクロを使い分けて欲しい。 
 
 
      。 ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ   
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  } ボイスチャットに慣れてしまって     
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く マクロとかあまり使ってませんでした。   
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}       
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    はふんはふん     
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、___
  人__/ーー 个-、__,,.. ‐'´ 〃;`-ー-ー\
. /::::::::::::|/::::::::::::、       〃 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |
            |  (´」=/./=「`) |      |
            |    || `       |      |

全ての戦争にボイスチャットを使用した部隊でのみ入るのであれば問題ないが、
大多数のプレイヤーはボイスチャットを使用していないのも事実。

ソロで参戦した際の即席PTを組む場合も多いと思うので、
マクロだけでも用意しておくことを薦める。 
 
 
         ____
       /      \
      /  u   ノ  \ でも前線いるときコメント読む余裕無さそうだお
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|  
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \ 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |

読まなくても問題ない。

マクロを出す利点はマクロ使用時にポップアップが表示されること。

ポップアップが表示されたキャラクターはとにかく目立つ。

例え内容を瞬時に読めなかったとしても、
そのプレイヤーに一瞬でも意識を向けることができればそれで十分。

PTを組む際の利点でも言ったように、
一番大事なのはお互いの立ち位置がどこなのかを常に知らせること。 
 
 
      。 ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ   
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  } 一応バッシュに行く際は使ってます!     
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}       
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    はふんはふん     
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、___
  人__/ーー 个-、__,,.. ‐'´ 〃;`-ー-ー\
. /::::::::::::|/::::::::::::、       〃 


 ★滅殺黒龍バッシュ予定!★
 ★滅殺黒龍バッシュ予定!★
 ★滅殺黒龍バッシュ予定!★ 
 
 
        __ 
       /ヽ /\  キリッ 
     / (ー -)\    
     (   (_人_)  )  ★滅殺黒龍バッシュ予定!★
     ノ   `-'  ヽ   ★滅殺黒龍バッシュ予定!★
    (_つ    _つ 









        __ 
       /ノ ヽ\ 
     / (● ●)\ だっておwwwwwwwwww 
     (  o゚(_人_)゚o )      厨二病にも程があるおwwww
     ノ/) )) lr-l  /) )) バン!! 
    (_つ ))`-' _ つ ))  バン!! 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |

意識が向けばいいと言った。

笑うのは失礼。 
 
 
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \ ふひっ!ふひぃぃぃ!ごめんなさいだおっ
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     / 
 
 
      。 ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ   
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  } yu・・・yukiさん・・・・・・ポッ     
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}       
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ         
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、___
  人__/ーー 个-、__,,.. ‐'´ 〃;`-ー-ー\
. /::::::::::::|/::::::::::::、       〃 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |

ショートカットは最大5ページまで、計25個登録できる。

最低限必要なものだけ紹介するが、
wikiを読んで自分の使いやすいようにしてみて欲しい。。

----------------------------------------------------
~敵の報告系~
/a 敵ナイト発見 <pos> 発言数=頭数
/a 敵ジャイ発見<tcl> <pos> 発言数=頭数
/a 敵レイス発見<tcl> <pos>
/a ◆◆◆ 敵キマイラ!! <pos> ◆◆◆

~召還出撃時~
/a 味方<msm>召喚
/a <pos>味方<msm> HP:<hp>

~建築用~
/a <pos>付近オベ建設予定。2回発言でエクリ
/a <pos>にAT建設します。

~クリスタル関係~
/a 銀行<pos> 在庫 <cry>

~サーチ用~
/search ホルデイン ソーサラー
/search ホルデイン スカウト
/search ホルデイン ウォーリアー

---------------------------------------------------- 
 
 
              _. -一-冖ー ._
           _.  ´     ヽ \   \
          /           ヘ  ヽ.   ヽ
         // /        ヘ.| ヘ    ヘ
.        //! / / /. ! ト、ト、. ||  |  ヘ!
       /イ/||∧ハ |ヽl __..ゝⅣ   !    N
        / 〃,小┼|‐-、 ヽ! '´  __.」、 | |  ||
       |∧ | ヽ ,.z=ミ.、   'イ´ レ | |、 |||
       |! lハ. ∧ 廴リ    'ー 1 .//ノv' lノ
          ルl ヘ         /.//T/_
           | l.\   -  .イ ル'レー  l、
           ∨レ´ _>--ヶ´ム'      ` ー .._
              _|   r'/      ___/ `!
             l´  /ー─一 ´ ̄   _    ./
           /`ー'´ ||        /   `ヽ  |
             〈     ||        /      | ノ
              ヽ  ====#====== ヽ.        |
            l     ||  ,_    |      |

サーチ用のマクロは職構成を調べるのに使う。

/search ○○ ソーサラー

○○の部分を変えれば敵国の構成も調べられる。

開戦前などは出来る限り職構成をチェックするよう心掛けて欲しい。 
 
 
            __  
         /      \ 
        /\  /    \      
      / (●)  (●)    \    了解しましたお!
      |   (__人__)       | 
      \  .` ⌒´      /_ 
     //              ヽ /\ 
    / /        _     /  / 
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/| 
    | もらってやってお!  | / 
    |__________|/ 
 
 

    続きはVol16・前編へ!(^^ω)→